小説検索
[TOP]

  
魔物娘いろいろ (1283) ヒ・ミ・ツ (157) アルラウネ (33) スライム (18)
レッドスライム (7) ゴーレム (18) ジャイアントアント (11) ラミア (50)
ハーピー (26) ブラックハーピー (18) デビルバグ (18) メドゥーサ (60)
ハニービー (11) ピクシー (23) リザードマン (72) ガーゴイル (13)
エキドナ (26) ゾンビ (35) ゆきおんな (36) コカトリス (17)
インプ (8) ワーウルフ (53) ワーバット (10) ゴブリン (13)
ホーネット (8) アカオニ (24) おおなめくじ (9) スキュラ (14)
シー・スライム (8) サキュバス (189) ミミック (22) マーメイド (15)
カラステング (24) ワーラビット (13) つぼまじん (11) マタンゴ (7)
ドリアード (14) レッサーサキュバス (18) ベルゼブブ (21) アラクネ (21)
バブルスライム (6) ケンタウロス (14) ラージマウス (12) サイクロプス (51)
エルフ (42) ダークエルフ (27) フェアリー (14) 妖狐(ヨウコ) (69)
ワーキャット (20) ローパー (18) 魔女(マジョ) (57) バフォメット (106)
河童(カッパ) (9) ジョロウグモ (24) 稲荷(イナリ) (109) デュラハン (58)
クイーンスライム (10) ミノタウロス (25) ホルスタウロス (54) エンジェル (47)
ダークエンジェル (15) アマゾネス (30) リャナンシー (25) オーク (41)
マミー (13) スケルトン (21) ナイトメア (34) アントアラクネ (10)
アリス (45) マンドラゴラ (20) ケサランパサラン (8) スフィンクス (13)
アヌビス (58) ダークスライム (16) ゴースト (43) セイレーン (61)
ヴァンパイア (111) ダークプリースト (50) ユニコーン (29) ギルタブリル (16)
シー・ビショップ (26) メロウ (15) カリュブディス (10) ネレイス (21)
ドラゴン (139) ダークマター (18) ウンディーネ (12) イグニス (9)
シルフ (11) ノーム (8) ドワーフ (11) オーガ (30)
サハギン (38) グリズリー (13) ホブゴブリン (15) ワーシープ (33)
マンティス (49) グール (26) アルプ (80) サラマンダー (20)
ドッペルゲンガー (54) リリム (105) ネコマタ (50) ぬれおなご (33)
ウシオニ (38) 提灯おばけ (32) アオオニ (16) 白蛇(シロヘビ) (89)
龍(リュウ) (25) 狐火(キツネビ) (11) 狐憑き(キツネツキ) (15) 刑部狸(ギョウブダヌキ) (57)
クノイチ (37) 大百足(オオムカデ) (45) アークインプ (12) バイコーン (19)
ダンピール (34) ワイバーン (60) ワーム (14) イエティ (23)
グラキエス (23) セルキー (23) ファラオ (20) アポピス (19)
ケプリ (9) サンドウォーム (14) サンダーバード (26) クラーケン (17)
リビングドール (65) マンティコア (27) リッチ (52) ワイト (28)
人虎(ジンコ) (36) ゲイザー (119) 寄生スライム&スライムキャリア (12) モスマン (14)
デビル (46) キキーモラ (60) チェシャ猫 (17) マーチヘア (15)
ドーマウス (14) マッドハッター (54) ジャバウォック (25) キャンサー (19)
ラーヴァゴーレム (7) テンタクル (29) ヴァルキリー (36) ダークヴァルキリー (15)
ファミリア (13) トロール (13) リリラウネ (20) 唐傘おばけ (23)
毛娼妓(ケジョウロウ) (21) あかなめ (12) キマイラ (24) 火鼠(ヒネズミ) (15)
レンシュンマオ (12) ヘルハウンド (55) バロメッツ (8) ガンダルヴァ (14)
アプサラス (12) ケット・シー (18) ウィル・オ・ウィスプ (24) カク猿(カクエン) (7)
フーリー (14) キューピッド (16) マインドフレイア (20) ウェンディゴ (8)
ショゴス (34) コボルド (20) ソルジャービートル (7) ミューカストード (15)
デーモン (48) ティターニア (15) キョンシー (7) ジャブジャブ (8)
ハンプティ・エッグ (9) 雷獣(ライジュウ) (10) ヴァンプモスキート (7) クー・シー (20)
サテュロス (16) フロウケルプ (9) 白澤(ハクタク) (12) バジリスク (19)
リビングアーマー (7) カースドソード (14) 一反木綿(イッタンモメン) (8) 鰻女郎(ウナギジョロウ) (9)
海和尚(ウミオショウ) (6) 乙姫(オトヒメ) (3) ホワイトホーン (10) 氷の女王 (6)
グリフォン (7) トランパート (9) アトラク=ナクア (9) ダークメイジ (9)
ドラゴンゾンビ (11) オートマトン (15) グレムリン (5) カマイタチ (4)
落武者(オチムシャ) (9) ぬらりひょん (17) レッドキャップ (9) ファントム (9)
ドローム (9) マーシャーク (9) ラタトスク (12) トリトニア (7)
ナイトゴーント (6) ハイオーク (10) グリーンワーム (9) パピヨン (4)
バニップ (5) オウルメイジ (12) 氷柱女(ツララオンナ) (2) ジーニー (6)
バンシー (6) マイコニド (4) オセロメー (3)
傾向・要素

舞台

登場人物

全小説数:6982

51件該当する作品が見つかりました。

≫ 検索結果
Empty  (緑青)
全く何の才能も無い男の
どこをどう間違ったのか波乱万丈な物語。


そこそこ長い上、エ○が無いです。
暇な人のみお付き合いください。

投票部分直ったみたいで良かったです。
...一体なんだったんだろう?
[サイクロプス/エロなし/ラブコメ/図鑑世界(中世)]
2574view 2vote 読切 [11/04/13 18:10] 感想(3)
サイクロプスな日々 (くびなし)
主人公に微妙に変態や絶倫成分が含まれてる・・・・って
もう私のSSじゃデフォだよね、そうだね

※単発魔物娘シリーズ
[サイクロプス/エロあり/ラブコメ/図鑑世界(中世)]
12000view 23vote 読切 [11/03/07 16:34] 感想(17)
鍛治屋『LILAC』とクリスマス (たんがん)
鍛治屋『LILAC』。
サイクロプスが経営しているこの店に、クリスマスがやってくる。
しかし、店主であるリラはどうやらクリスマスを知らないようで...?



※前作よりネタに走っています。特にニシカ君は相当酷いです。
前作と違い、ネタなんで図鑑世界から多少設定が外れてます。
[サイクロプス/エロなし/ほのぼの/ギャグ/ネタ/不明]
3519view 5vote 読切 [10/12/21 17:21] 感想(6)
俺の彼女は単眼娘 【完結】 (ロッテン)
あ…ありのまま今、起こった事を話すぜ!

「俺は 明日のデートに備えて布団をかぶって寝たんだ
 そして起きたら彼女に襲われていたんだ」

な…何を言っているのかわからねーと思うが
俺も何をされたのかわからなかった…

[サイクロプス/エロあり/ほのぼの/甘口/現代/近未来]
10028view 14vote 読切 [13/04/11 00:18] 感想(12)
単眼の愛 (霧崎)
 山に引きこもり武具を作り続ける夫婦。不器用な彼等はずっと気になっていたことを言えずにいた。

 不器用で純粋な二人の話

 ※記入形式変更により少し見やすくなったと思います
[サイクロプス/エロあり/甘口/ややシリアス/図鑑世界(中世)]
6815view 28vote 読切 [10/10/11 01:21] 感想(3)
ギルドの少年と山奥の鍛冶屋 【完結】 (星村 空理)


…………これは、山奥に住むサイクロプスと、ギルドで働く少年のお話…………

[サイクロプス/エロなし/ほのぼの/甘口/私の世界(年代不明)]
4691view 15vote 読切 [10/10/04 00:20] 感想(5)
子供じゃないよ (るーじ)
(本文とは関係のないあらすじ)
昔々ある所におじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんは山へアルラウネと会いに、
おばあさんは革でボンテージを作っていました。
ある日、おばあさんが革でボンテージを作っていると、
空の方から「どんぶらこ、どんぶらこ」とハーピーが桃を持ってきました。
「おばあちゃん! また一緒に食べようよ!」
「いいよ。今日もまた色んな話を聞かせておくれ」
おばあさんはボンテージを身につけながらハーピーにお茶を入れました。
[サイクロプス/グダグダ?/図鑑世界(中世)]
3717view 13vote 読切 [10/07/24 20:03] 感想(3)
一つ目っ娘 (るーじ)
山には神様が住んでいると言う。
神様が住んでいるから山の鉱石は尽きる事を知らない。
でも誰も神様に会ったことがない。

丸い月と太陽だけが知っている。
[サイクロプス/不器用な人達/グダグダ?]
3764view 12vote 読切 [10/05/08 12:12] 感想(4)
『狩猟者の一族と一ツ目巨人の頭骨』 (十二屋月蝕)
魔王の交代により魔物が姿を変え、人と魔物の戦い方は様変わりした。
とは言うものの、人間同士の争いに大きな変化はなかった。
今日も辺境の国同士がぶつかり合いで、一方がもう一方の都市を攻め落とした。
そして俺は攻め落とされた都市の端っこで、お供を引き連れて見回りをしていた。
俺の側にいるのはサイクロプスだ。
だが、魔王の交代により姿を変えた、可愛らしいサイクロプスではない。
見上げるほどの巨躯を備えた、魔王の交代以前の旧種のサイクロプスだ。
その首には金属製の首輪が巻きついており、首輪に繋がれた鎖が俺の手に伸びている。
詳しい理屈は知らないが、コイツは何でも古いサイクロプスの骨から再生した、一種のゾンビらしい。
そしてその技術により生まれた無数の旧種オークや旧種サイクロプスが、わが国は快進撃をもたらしている、というわけだ。
だが、いくら賞賛されたところで、コイツの口から漂う胸の悪くなるような臭いが消えるわけではない。
俺は臭いを堪えながら、お供を引きつれつつ廃墟の間を歩いていた。
「ぅが・・・」
不意に、旧種サイクロプスが喉が潰れたような低い声を漏らし、足を止めた。
「どうした?」
「が ぅが」
旧種サイクロプスは白い濁りがかかった目玉で廃墟の一つを見据えながら、声を上げた。
どうやら壁にあいた穴の向こうに、何かいるらしい。
俺は旧種サイクロプスを引きつれて穴に歩み寄り、中を覗いてみた。
「ひっ・・・」
闇の中にうずくまる人影が目に入ると同時に、小さな声が俺の耳に届く。
どうやら生き残りのようだが、ここは今日攻め落とされた都市だ。別に生き残りなど珍しくもない。
だが問題なのは、俺に向けられる恐怖の宿った瞳が、一つしかないということだった。
「お前・・・サイクロプスか・・・」
建物に開いた穴から差し込む月光の中、青みがかった肌に包まれた単眼の少女が、俺から少しでも距離を取ろうとするかのように後ずさり、壁に背中を押し付けていた。
「なんでこんなところに・・・」
サイクロプスの住処は山のはず、と自問するが、すぐに俺は答えに行き着いた。
この都市には、兵士達のための武器を打っていた大きな鍛冶場があった。
恐らくコイツは、武器を打つために山奥から連れ出されたのだろう。
そしてこの辺りが戦火に包まれた際、足を怪我して逃げ遅れた、といったところだろう。
最近は国同士の取り決めのせいで、戦場で軍関係者以外に手を出すと罰せられる。
だが、敵国軍の鍛冶場で働いていた彼女なら、問題は無いだろう。
「へへへ、丁度いい・・・おい、捕まえろ」
俺は下卑た笑みを浮かべると、お供の旧種サイクロプスに短く命じた。
ヤツは難なく廃墟の壁を引き裂くと、サイクロプスの少女に腕を伸ばした。
「ひ・・・!」
恐怖のためか、彼女は身を縮こまらせ、ろくな抵抗もせず捕らえられた。
「よしよし、いいコだ・・・」
声も上げないサイクロプスの少女に、俺は笑みを浮かべた。
繰り返しになるが、戦場といえども軍関係者以外に手を出すと、後々罰せられる。
その代わり、基地には常に兵士達の世話係の女が居て、俺たちの相手をしてくれるのだ。
ただ、ろくにその恩恵を受けられない連中も居る。
新入りの兵士だとか、捕虜だとか、俺のお供のような旧種の魔物がそうだ。
旧種の魔物もゾンビのようなものとは言え、いっちょ前に性欲があるのだ。
一応旧種の魔物にも世話係の女は宛がわれているが、ごく少ない人数しか居ない。
そのため彼女らの多くは過労か、全身を使っての世話中に死んでしまうことが多い。
軍関係者の、魔物の女ならばコイツらの世話係に丁度いいだろう。
「よーし、一旦戻るぞ」
俺は鎖を引き、旧種サイクロプスと共に道を戻ろうとした。
だがヤツは俺の命令に従わず、その場に立ち尽くしたままだった。
その理由は、振り返ると同時に分かった。
ヤツが腰に巻きつけた布の下から、それはそれは立派なものがそそり立っていたからだ。
そういえば思い返してみればコイツの世話係の女は、数日前に別の旧種サイクロプスに無理矢理ぶち込まれて死んだんだったな。
「戻るまで我慢できないか?」
「ぅが」
溜まっているところに同族のメスが現れたのだ。我慢できるわけがない。
俺は駄目もとでの問いへの返答に苦笑いを浮かべると、短く命じた。
「分かった分かった・・・いいぞ」
旧種サイクロプスは、手の中のサイクロプスの少女を両脚を広げるように握りなおした。
彼女も手足を縮こまらせてはいたが、旧種の力には叶わなかったようだ。
「ひ・・・!や、やだ・・・やだ・・・!」
彼女がヤツの屹立を目にするや否や、声を上げて暴れ始める。
太さも長さも俺の太腿ほどはあろうかという逸物だの上、張り出したカリ首の下には黄緑がかったカスが大量にこびりついているのだ。無理もない。
「やぁ!やだぁ!!」
必死に逃れようとする彼女をものともせず、旧種サイクロプスは亀頭の先端を彼女の両足の付け根に当てた。
そこでヤツは動きを止めると、許可を求めるように俺に濁った目玉を向けてきた。
人間の世話係が、ヤツのそれにほぼ抱きつくようにしながら扱いていたのを見たことがある。
だが、彼女にそんな技術があるとは思えず、ヤツも彼女で扱くぐらいで満足するとは思えない。
まあ、サイクロプス同士だし問題は無いだろう。
そう判断すると、俺はヤツに許可を出した。
「よし」
サイクロプスの少女の身体が、一気に下がった。
[サイクロプス/エロなし/ネタ/図鑑世界(中世)]
4552view 20vote 読切 [10/04/07 18:36] 感想(5)
アルとマティのWAY 第八話「顔面打撲により全治一週間」 (十二屋月蝕)
あらすじで遊ぶな。
そのコメントに意外とダメージを受けていた十二屋は、真面目にあらすじを書こうと決心する。
しかし彼の前に立ちはだかるのは、どこまであらすじに書くかという程度の問題と、もう少し遊ぼうぜという受け狙いの心であった。
果たして十二屋は正しいあらすじを書くことが出来るのだろうか。
自称小説屋のひたすら微妙コメディここに推参!
[サイクロプス/エロあり/ラブコメ?/グダグダ?/いろいろ/図鑑世界(中世)]
3793view 21vote 読切 [10/03/03 18:30] 感想(1)

[1][2][3][4][5][6] 前へ 次へ

TOP

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33