連載小説
[TOP][目次]
明かされた気持ち
「ここが係長の家ですか。らしいですね」
「・・・どういう意味?」
「いえ、さっぱりしているな〜っと」
私の部屋はワンルームだ。
簡単に説明すると、玄関から入ってすぐ右に台所がある。
左手の戸を開けるとユニットバスルームだ。
そして正面の戸を開けると部屋がある。
部屋にあるのはベッド、ローテーブル、タンス、本棚・・・確かに、私の部屋には必要最低限の物しか置かれておらず、『さっぱり』と言う言葉は間違っていない。
「・・・座って」
「あ、はい、どうも」
少し緊張しているのか、吉田はジャケットを脱いでローテーブルの近くに胡坐をかいた。
私はスーツのジャケットを脱ぎ、鎌の鞘を外してからキッチンにコーヒーを沸かしに行く。
と言っても、挽かれているコーヒー豆をフィルターに入れてドリッパーにセットし、お湯を注ぐだけなのだが・・・
コーヒーができるまでにちょっとキッチンを見渡してみる。
残念ながらアルラウネのシロップやハニービーのハチミツ、ホルスタウロスのミルクなどはない。
『・・・また何を考えているんだ』
首を振ってコーヒーを2つのカップに注ぎ、吉田のもとに持って行く。
「いただきます」
「・・・」
吉田がコーヒーをすする音だけが部屋の中に響く。
私はあまりコーヒーを口にできなかった。
せっかく家に招き入れて二人きりだというのに、何かしゃべりたいのに、何もしゃべれない。
そうこうしているうちに吉田がコーヒーを飲み終えてしまった。
「おいしかったです、ごちそうさまでした。これで失礼します。おやすみなさい」
あんまり長居しちゃ悪いですし、と吉田は言いながらスーツのジャケットを羽織り、吉田は帰る支度をする。
この様子だと彼は本当に帰るつもりだ。
嫌だ・・・もっと吉田といたい・・・もっと話たい・・・もっと・・・
背を向けた吉田を見ながら私は立ち上がったが、何をすべきか思いつかない。
『どうする・・・どうする!?』
そしてパニックに陥った私は、思考を魔物の本性に委ねていた。
すばやく吉田の前に回り込み、ベッドに押し倒す。
「なっ・・・係長、何を・・・!?」
吉田の抗議は耳に入らない。
次の瞬間には私は吉田のスーツのパンツと下着を鎌で切り裂いていた。
「あ〜っ! 俺のスーツ・・・じゃなくて、係長、もしかして繁殖期・・・」
「言わないで・・・」
マンティスがどんな種族か、吉田も大体分かっていたようだ。
だが、いざそう言われると自分が淫乱と言われたようで恥ずかしい。
そのくらいの羞恥心は残っていたようだ。
そして・・・吉田の顔が悲しそうに歪んだのを見て私に理性が少し戻ってきた。
吉田が口を開く。
「係長・・・あこがれの上司とエッチできるのはうれしいですけど、繁殖期と言う理由で襲われたりなし崩しにシたりするのは・・・」
「違う、そうじゃない!」
私の口から、それまで発したことがないような強い口調の言葉が飛び出す。
吉田に嫌われたくなくて、誤解されたくなくて必死だった。
そんな自分に自分でびっくりしたが、すぐに落ち着きを取り戻して話しかける。
「確かに私は繁殖期・・・だけど、その・・・」
言葉が迷子になる。
自分でも分からない感情をコミュニケーションが苦手なマンティスが表現するのは、コカトリスが男を襲うのと同じくらい難しいことだ。
私は黙ってしまうが、吉田はおとなしく待ってくれている。
普段、吉田にあまり人を待たせるなと言っている手前、私が彼を待たせるわけにはいかない。
私は分かる気持ちだけを伝えることにした。
「初めてのマンティスと違って・・・・誰でもいいってわけじゃない・・・あなたがいい。ただ繁殖したいわけじゃない。あなたが愛しい。昨日から・・・」
「き、昨日から・・・」
吉田はちょっと苦笑した。
「・・・気付いたのは昨日からだけど、あなたが愛おしい。だからあなたが・・・」
欲しい・・・と言うと淫乱みたいで気が引けた。
言葉の代わりに再び鎌を振り上げ、今度はジャケットとワイシャツを切り裂こうとする。
だが、吉田の顔が急に明るくなったので、思わず手を止めた。
「良かった、両想いだったんですね?」
「・・・?」
そう言えば、さっき私のことを『あこがれの上司』と言ってくれていたか。
「俺、実は係長が来る前まではモチベーションが下がっていて、だらけ気味だったんですよ」
吉田が半身を起しながら急に打ち明け出した。
「けど、係長がこの課に来た時、一発で好きになっちゃったんですよ。『俺、この人が上司なら頑張れる!』って・・・」
あの元気な返事ときびきびした行動は、そのモチベーションから来るものと、そして少しでも私に覚えられようとしたものだったらしい。
「なんか無茶苦茶なシチュエーションになっちゃいましたが・・・係長、いえ、梅軒先輩・・・俺は先輩が好きです。付き合ってください」
吉田は私の目を見てそう言った。
今までの胸の苦しさが一気に吹き飛んだ気がした。
代わりに沸き起こってくるのは、吉田が自分ことを慕ってくれている喜びと、吉田をこの上なく愛おしいと思う気持ち・・・
全部表現したかったが、やはりマンティスには無理だ。
「ああ・・・」
代わりに短く了承の返事をして、キスをひとつするだけで精いっぱいだった。



「しかしですねぇ・・・」
もう一度口づけを交わしてからくちびるを離した吉田が苦笑しながら言う。
「下半身まる出しで告白ってのはかっこ付かなかったです・・・」
そう言えば、吉田のスーツのパンツと下着は私が切り裂いてしまったのだった。
彼の下半身に目を落としてみる。
彼の象徴が鎌首をもたげていた。
「まだ・・・完全じゃ・・・ない」
まだ少し柔らかいそれを手のひらで包む。
吉田がちょっと身体を震わせた。
「いや、ちょっと興奮するシチュエーションですが、鎌でスーツを切り裂かれたのはびっくりしましたからね・・・」
それはすまなかったと私は言って、手を動かし始める。
しゅっしゅと吉田の性器をしごいていると、だんだんそれが硬度と大きさを増してきた。
吉田の息遣いも心なしか荒くなっている。
『吉田が・・・興奮している・・・』
その様子に、繁殖期で火が付いている私の身体が煽られる。
気付けば私は空いた手でスカートを脱ぎ捨て、ブラウスのボタンをすべて外していた。
吉田が息をのむ。
「係長、きれいです・・・」
晋太にも何度か言われて慣れていたと思っていたが、吉田に初めて言われるとちょっと顔に熱がのぼるのを感じる。
「・・・みどりでいい」
それを隠すため、自分の希望を伝えて話題をそらし、さらに行動に出た。
自分の身体をずらして顔をペニスに近づける。
そのまま先端に軽く2,3回くちづけをし、ペニスを根元から先っぽの方へとなめ上げる。
「っ・・・みどり・・・さん・・・」
少し上ずった声で吉田が私の名前を呼ぶ。
目だけを動かして見上げてみると、吉田は切なげな表情であえいでいた・・・
『吉田が・・・感じてくれている・・・』
なぜか分からないが心が躍る。
晋太と交わっていたときはそんなことなかったのに・・・だが分からないけれども心が躍っていた。
その動きに突き動かされるように、私はさらに口唇愛撫の動きを激しくする。
カマキリが鎌を舐めるように、吉田のペニスに舌を這わせ、さらにそのまま咥えこむ。
だが舌を動かし続けるのは忘れない。
「みどりさん・・・」
やられてばかりではいられないと吉田が私の体に手を伸ばしてきた。
手がブラウスをまくりあげて背中にまわり、もぞもぞと動く。
ちょっと手間取っていたようだが、ブラが外された。
ストラップレスだったため、それだけでブラはあっさりと体を完全に離れ、吉田の身体に落ちる。
自分だけ脱がされるのも癪だったので、私は吉田のジャケットも切り裂こうと鎌を振り上げた。
「わわわ、自分で脱げますって!」
吉田はあわてて私を止め、手早くジャケットとワイシャツ、ネクタイなどを脱ぎ捨てた。
吉田の細見だがしっかりしている男の身体が露わになる。
それを見た魔物の私はもう我慢できなかった。
吉田の上半身を押し倒し、片手で押さえつける。
脱ぐなんてもどかしいことはしない。
もう一方の手でショーツをずらし、腰を落としていく。
くちゅ・・・
すでに濡れていた私の秘所は何の抵抗もなく、吉田を飲みこんだ。
「くっ・・・うあ・・・」
「あ・・・はああ・・・」
月明かりが差し込む私の部屋に二つの嬌声が絡まり合って響く。
「ん・・・あっ・・・んあ・・・」
久しぶりに自分の中を満たす温かさと圧迫感に私は声を上げて身震いする。
ゆっくりと腰を動かすと、さらなる快感が全身を駆け巡った。
『でもなぜ・・・なぜか、昔より気持ちいい気がする・・・吉田は動いていないのに・・・なぜ? 分からない・・・』
分からないがこの快感をもっと味わいたい。
その思いでさっきより少し腰を早く、少し大きく使い始める。
「あ!? ふああああ!」
吉田に腰を打ちつけるたびに、快感がゾクゾクとそこから全身へと広がった。
崩れ落ちないように両手を吉田の胸元において突っ張り、そのまま腰を振り続ける。
「みどりさん・・・!」
吉田が反撃してきた。
下から腰を突き上げてくる。
「あ!? ふああああ!?」
一人では感じられない、予想していなかった急な快感に私は身体を大きく震わせて悶える。
吉田の反撃はそれだけではない。
下から手を伸ばし、私の胸を愛撫してきた。
快感が下肢だけでなく、胸からももたらされる。
一人での行為とはまた違う快感に私は酔い、じゅぷっぐちゅっ・・・と私の結合部から響く水音を聴きながら、夢中で腰を動かした。
「あ・・・あっ・・・あああ・・・」
だんだん頭に白い靄がかかってくる。
そう言えば、性交でイクのは初めてだ。
何も考えられなくなってきて、少し私は怖くなる。
これはただの自慰の延長なのではないか・・・覚醒して眼を開けたら吉田はおらず、自分で自分を慰めているのではないだろうか・・・
「よ・・・吉田・・・吉田ぁ・・・」
快感ではなく、彼を感じたくて私は吉田の名前を呼ぶ。
「俺は・・・ここにいますよ・・・」
あやすように吉田は私の声に応えてくれた。
声を頼りに私は吉田の両手の手首のあたりをつかむ。
そのまま胸から引き離した。
そしてその空いた手に自分の手で、指と指を絡めるようにして握る。
誰かの手を握る・・・自慰では味わえない感覚だ。
その状態で、自分と吉田を絶頂に追いやるため、腰を叩きつけた。
吉田もそれに合わせて下から腰を動かす。
すぐに絶頂が二人に訪れた。
「あ・・・ああああああっ!!」
「くっ・・・あ・・・!」
吉田の上で指をからめて手を握ったまま、私は身体を弓なりに反らせて硬直させた。
下腹部に温かいものが流れ込んでいるのを感じる。
しばらく私は体を硬直させていたが、絶頂の嵐が過ぎ去ると吉田の上に崩れ落ちた。


「吉田?」
手を握ったまま荒い息をつきながらベッドで並んで横になる。
シングルベッドだから少々きついが、それもまたいい。
「なんですか?」
吉田がこちらに首を向ける。
「・・・」
特に用はない、呼んでみたかっただけだ。
だが吉田は気を悪くした様子も不思議そうな様子もなく、軽く微笑んだ。
「・・・なぜ笑う?」
「え? みどりさんが微笑んだからですよ。何か良いことでもありましたか?」
私は笑っていたのか?
自分では分からないが・・・だが、笑っていたのだとしたら、心当たりはある。
「・・・気分が良いから」
少し前まで胸が苦しかったのに、それが取れた気分だった。
私の答えを聞いて吉田が頷いたが、どこか違う気がしたので、私は付け加える。
「・・・性的な意味じゃないぞ?」
「え、違うんですか!?」
「そっちの方は、まだ満たされていない・・・」
再び吉田の上に乗る。
くすぶっていた情欲の炎が一気にまた燃え上がり、私の秘部が潤む。
「また・・・吉田を感じさせて・・・」
夜はまだ長い。
月明かりで作り出された二つの影がまた重なった。
11/09/18 10:25更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
ついにエロまで来ました!
本当はもうちょっとエロはライトにするつもりだったのですが、ある方のアドバイスで濃くしてみました。
フェラ描写を入れてみるとか(それも私の中では結構濃いものを)
そしてあこがれの(?)裸ブラウスエロに、ずらし挿入、さらにラブ握り・・・!
いろいろ詰め込んでみました!
いかがだったでしょうか?


あ、エロだけが目的のSSじゃなかったんだった(汗)
梅軒さんの心理描写をモチーフにしたSSだったのですが・・・
それにしても両想いだったとは・・・
吉田の行動が功を奏していましたね。
彼が梅軒さんに一目惚れして元気にふるまわなかったら、この話はなかったでしょう。
さて、お約束♪
みんなで叫びましょう!
せ〜の・・・
モ・・・

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33