連載小説
[TOP][目次]
子供たちの前で……
ユストとシェミリが住む地域では、親魔物領となってから新しく作られた施設がいくつかある。魔物娘だけが通う女子小学校もそのうちの1つである。

「(それでね。私の友達の白澤がそこで働いてるんだけど、今度の授業にどうしても若いカップルの協力が必要なんだって。報酬も弾むらしいし、良かったら協力してくれないかしら〜)」

産婦人科の美人(←やはり重要)女医であるレイラの頼みに応じたユストたちは特別講師として、その日の授業に参加したのであった。

ーーーーーーーーーー

「というわけで、今日は特別にユストさんとシェミリさんの二人に来てもらいました。皆さん、挨拶をしましょう」

「「「こんにちはー!!!」」」

「「こ、こんにちは……」」

美しい白髪の獣人である白澤のメイユイに促されて、元気よく挨拶する魔物娘の子供たち。対するユストとシェミリはというと、顔を真っ赤にしておずおずと返事をするのがやっとだった。

そのような反応も無理はないだろう。何せ彼らは、肌着のみの姿で大勢の魔物の子たちの前に立たされているのだ。

「それでは今日の保健の授業は、男の人の体の仕組みと、セックスのやり方を勉強します」

「(あぁ……レイラさんに授業の内容をちゃんと問いただしておくべきだったなぁ……)」

そう、ユストとシェミリは今日、子供たちの前で性交をする羽目になったのである。

「それでは早速始めるとしましょう。ユストさん、服を全部脱いでもらえますでしょうか」

「は、はい……」

ユストは子供たちの期待の視線に晒される中、おずおずとした動きでシャツとパンツを脱ぎ捨てる。

「うわぁ……これが本物のおちんちん……」

「わー! かわいー♥ 」

男性の体の構造に興味津々の魔物の子たちは、ユストのペニスに熱い視線を注ぐ。性器を子供たちの純真な眼差しの前に晒してしまったユストの顔面は、沸騰しそうなほどに熱くなっていた。

「男性とセックスする際には、まずペニスを勃起させる必要があります。シェミリさん、始めてくださってもよろしいですか?」

「わ、分かりました……」

ユスト同様深く赤面しているものの、どこか期待している感じもあるシェミリ。

「じゃあユストさん、後ろからしちゃいますね……」

そう言うとシェミリはユストの体を背中からぎゅっと抱きしめ、少年のペニスに手を伸ばした。

「あっ、姉……ちゃん……」

少女の柔らかい指が緊張で縮み上がった竿を、優しくも不規則な動きで這いまわっていく。感じるポイントを知り尽くした的確な動きに、ユストは思わず小さな喘ぎ声を漏らした。

「わっ、わっ、大きくなってる!?」

「すごーい! 風船みたい!」

ふにゃふにゃだったペニスが元気よく膨らんでいく姿を目の当たりにした魔物の子供たちは、目を輝かせて歓声をあげる。

「男性が女性に対して興奮すると、このようにペニスに血が流れ込むことで固く、大きくなります。これが『勃起』という現象です」

「あうぅ……」

自身の生理現象をメイユイに淡々と解説されるユスト。死んでしまいそうな恥ずかしさの中でも、シェミリの細指は容赦なくペニスを可愛がっていた。

「ユストさん、すごく大きくなってる……」

シェミリはユストの耳元で囁くと、カリ首を巻き込みながら指先で、亀頭をくにくにと弄び始めた。

「うくっ? ね、姉ちゃん、だめぇ……!」

敏感な部分を刺激され、腰全体に甘い刺激の電流が走る。

ユストは天使の優しくも激しい手淫に崩れ落ちそうになるが、シェミリが彼の背中にしっかりと抱きつくことで彼の体を支えている。

しかしそうすると彼女の柔らかくてすべすべな膨らみが背中に押し付けられるため、ユストはますます興奮するのであった。

「あっ、おちんちんから何か出てきた!」

「おしっこ?」

「いいえ、あれはカウパー氏腺液です。男性が快感を感じた時に出てくる液体です」

シェミリは先端から滲み出てきた先走り汁を指に絡め、淫らな水音を立ててユストのペニスを責め立てていく。

「子供たちに見られながらこんなに感じて……ユストさんは変態です……」

「い、言わないでぇ……あぁ……」

火照った顔でユストの羞恥心を煽り立て、少年の耳を甘噛みするシェミリ。ペニスから腰にかけての甘い疼きが少しずつ大きくなっていき、とうとう陰嚢がきゅっとすぼまった。

「ユストさんの陰嚢が縮み上がったのが分かりましたか? 今のが射精の瞬間が近い合図です。しっかり見ておくように」

メイユイが言うまでもなく、真っ赤な顔で瞼を閉じ、口を結んで耐えようとするユストの表情は、射精間近の少年のそれだった。

このままでは子供たちの目の前で欲情の証しを吹き出してしまうーー。ユストの理性がそれを避けようと少しでも快楽に耐えようとするも、愛する少女の手でここまで高められてしまっては、我慢できるはずもない。

「ユストさんーー出してください♥」

「うあぁっ! あ……」

天使の柔らかな手のひらで絞り出されるように、ユストのペニスから勢いよく精液が溢れだした。

「あんっ……全部、出して……♥」

イっている最中にも竿を弄くり続け、少年に魂を抜かれるかのような放出感を味合わせるシェミリ。

びくんびくんと情けなく腰を震わせる度にシェミリの手を汚していくザーメンの挙動を、目を丸くした魔物の子たちが見届けていく。

「はい、今のが射精です。ユストさん、お疲れ様でした」

「うぅ……」

衆人環視の中で自身の体液をたっぷりと撒き散らしてしまったユストは、もはや恥も外聞もなくその場にへたりこみ、先端から白い筋を垂らすペニスを子供たちの前に晒すのだった。



「おや……ペニスがまだ勃起したままですね。それではこのまま、本番に行ってもらいましょう。シェミリさん、よろしくお願いします」

「ええっ!?」

メイユイの口から出た言葉に慌てるユストだったが、シェミリの方はというと既にシャツもパンツも脱ぎ捨てて、ユストの体を押し倒そうとしている。

「まっ、待って姉ちゃん……今イったばかりで敏感だから……!」

「ごめんなさい、ユストさん……私、もう我慢できません……!」

シェミリの言う通り、彼女の毛の生えていない秘裂からはぽたぽたといやらしい蜜が溢れている。純真な子供たちの目の前で恋人を射精させるという変態的なシチュエーションに、彼女は興奮しきっていたのだ。

結局ユストは抵抗らしい抵抗もできないまま組伏せられてしまい、亀頭に伝わる陰部の温もりと愛液の感触で完全に脱力してしまう。


「それでは今から2人がセックスを行います。挿入がどのようにして行われるか、見逃さないようにしましょう」

メイユイの言葉に生徒たちは目を皿のようにして、男女が目の前で繋がる瞬間をしっかり目に焼き付けようとしている。

「ユストさん……私の中で気持ち良くなってください……!」

「うぁぁ……!」

シェミリが騎乗位の体勢で腰を下ろすと、ユストのペニスは一気に狭くて温かい肉洞の中を進んでいき、先端が子宮口に到達する。

「あん……固いです……」

シェミリは自身の中に熱くて固いモノが侵入する感触に色っぽいため息を漏らすと、そのままリズミカルに腰を揺らし始めた。

「ねぇ、ちゃん……これやばい……」

これまで数えきれないほどシェミリとの交わりを経験してきたユストであったが、射精直後の敏感なペニスを責められてはひとたまりもない。股間だけでなく下半身全体を走る快楽の電流に対し、少年は両足をピンと伸ばして悶絶した。

「これは『騎乗位』と呼ばれる体位ですね。ペニスの挿入角度の調整がしやすく、なおかつお互いの顔を見ることができるので、迷ったときはこの体位でセックスをすれば間違いはないでしょう」

メイユイの解説は魔物の生徒たちの耳には殆ど届いていなかった。みな目の前で繰り広げられる、男女の愛の営みに釘付けになっていたのだ。

「はぁ、はぁ……あぁん♥ ユストさん、気持ちいいですか?」

「うん……すごいよぉ……!」


幾度もユストの子種を受け止めてきた天使の膣は、完全にユスト専用の器官と化している。柔らかく蠢く襞が竿の部分は勿論、弱点であるカリ首にも隙間なくねっとりとまとわりつく。

先端の亀頭は、膣奥にある狭い空間でぬるぬるの愛液に絡み付かれながらくにゅくにゅと揉みこまれ、子宮口の弾力が尿道口に優しくキスするような感触を与えていた。

これらの動きが少年のペニスの形に合わせて、無意識の内に行われているのである。

「んんっ……ユストさん、可愛い……」

めくるめく快感に翻弄されるユストの手を、指の間に指を絡めるやり方で握るシェミリ。そのままグリグリと腰を回して押し付けるような動きで、ラストスパートに入っていく。

「あぁ……姉ちゃん、気持ちよすぎて……もう……!」

ユストは自分の上で腰を振り乱す少女の姿に目を奪われていた。

滑らかな白い肌は全身が薄桃色に染まり、汗の滴が光を反射することで、キラキラと輝いているようにも見える。

ささやかな膨らみの先端にある可愛らしい乳首はツンと勃起し、とば口から滴り落ちる愛液は激しい腰の動きの影響で白く泡立っている。そして、大きく広げられた純白の翼からは、美しい羽根が零れ落ちていた。

二人の激しいセックスを見守る魔物の子たちのテンションも最高潮に達している。殆どの子供が自分の下着が濡れてしまっていることにも気付かぬまま、二人の一挙手一投足に目を奪われており、無意識にお互いの秘所をまさぐりあってる生徒たちまで出てくる始末である。

「あぁ……イキます! ユストさんも、一緒に……!」

不意にシェミリの動きが止まり、少女特有のしなやかさと色気を帯びた躰がぶるぶるっと痙攣する。

アクメに達したシェミリの膣内は無意識に少年のペニスを締め上げ、堪らずユストも二回目の子種を彼女の中に注ぎ込む。

「あ、あぁ……!」

シェミリの膣は射精するユストのペニスを貪欲に締め付けて、少年の欲情の証である白濁液を一滴残らず吸い上げようとする。

倒れこむように上半身を重ね合わせてきたシェミリが、小さくもすべすべな乳房を押し当てながら唇を奪い、ねっとりと舌を絡めてくれたお陰で、ユストは最高の放出感を味わうことになったのだった。

「セックスって……すごい……」

魔物の生徒の一人が、結合部からコポリと溢れた精液が床に流れていく様を見つめながら呟いた。

終業のチャイムが鳴り、無言で赤面したままの生徒たちが教室を後にしてからも、暫くの間ユストとシェミリの二人は繋がったまま抱き合っており、その仲睦まじい様子をメイユイは満足気な表情で見つめていた。


ーーーーーーーーー

「今日は本当にありがとうございました。生徒たちもきっと、お二人が愛し合う姿を見て、色んなことを学べたと思います」

「そ、そうですか……」
「ふふっ♥ 良かったです♥」

放課後、ユストとシェミリを職員室に招いたメイユイは、嬉しそうな表情で二人に感謝の言葉を述べていた。

尤も、感謝の言葉に対して誇らしげに、そして心なしかつやつやしているシェミリに対し、ユストの方は純粋な子供たちの前で痴態を晒してしまった恥ずかしさの方が大きいようだった。

「それで、もしお二人がよろしければ、後日もう一度セックスを行っていただき、その様子を撮影したものを教材として使いたいのですがーー」

「え、遠慮させていただきますです!」

シェミリが興味深げな顔で唾を飲み込む姿を見たユストは、慌ててメイユイの提案を断った。


ーー続く。
17/11/03 17:22更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
さんざん忙しいとか言いながら、エロは2週間ちょいで書ききっちゃうとかどういうことなのよん……。

ひとまず次回で連載は完結させる予定です。肝心の最終回はどんな内容にするべきか……幼児化ガチショタプレイはさすがにマニアック過ぎるかな……?

追記:twitter始めてました。趣味アカです。SS更新のお知らせなども行います。
 
ID:@tail1913

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33