連載小説
[TOP][目次]
メイド服で、目隠ししたまま……
「うふふ♥ どうですか、ユストさん?」


シェミリは楽しそうな表情でスカートの端を摘まむと、その場でくるりと回って見せる。彼女はいつもの純白のワンピースではなく、フワフワのフリルが可愛らしいメイド服を身に纏っていた。

「す、すごく可愛いけど……ちょっと目のやり場に困るというか……」

ユストが顔を赤らめてそう言うのも無理はないだろう。

彼女の着ているメイド服は業務用ではない。魔物娘がコスプレに使う、背部に翼を広げるための隙間があり、スカート丈を意図的に短くしている代物である。地味な色のスカートの裾から伸びる、油断するとパンツが見えてしまいそうな程に露出された真っ白な太股に、ユストは内心興奮を抑えきれなかった。

「これだけじゃないんですよ? ほらっ♥ 」

そう言うとシェミリは、2本の赤いリボンの様な形の布を取り出した。

「ここをこうして……」

シェミリは片方の布を自分の頭に巻き付けると、もう一本の布を、口も使って器用に両手首に巻き付けていく。

まるで誘拐される直前の様な姿になってしまったシェミリだったが、当の本人はとても嬉しそうな様子でベッドの端に腰掛けると、首を左右に振ってわざとらしい演技を始めた。

「いゃぁん♥ 性欲を抑えきれなくなった御主人様に無理矢理部屋に連れ込まれて、抵抗も出来ないまま縛り上げられ、慰みものとなる寸前ですわぁ♥」

「(うわぁ……マニアックなシチュエーションだなぁ……)」

とは考えつつも、視界と両手の自由を奪われたシェミリの背徳的な有り様にユストはなんだかんだ言って興奮してしまっていた。

少年は期待で頬をピンク色に染めた天使の少女の肩をつかんでベッドに押し倒す。

「ふふ……いっぱい乱暴してください♥」

ユストは甘ったるい声色で誘うシェミリのメイド服をはだけさせると、露出したささやかな膨らみの先端にある、可愛らしい桜色の乳首に迷わず吸い付いた。

「ひゃっ、やん……♥」

自分がされていることが見えない分感度が増しているのか、シェミリは少し驚いたような喘ぎ声を出して反応する。

ユストは口の中で乳首を転がしながら、空いている方の胸を手のひらで少し強めに揉みあげていく。すべすべで、柔らかな餅の様な感触が伝わってきた。

「んふ……はぁ……そんなに夢中に吸って……赤ちゃんみたいです……♪」

シェミリは乳首を走る快感に体を震わせつつ、ユストの頭を愛おし気に撫でている。


ユストの口が一旦乳首から離れたのを察すると、シェミリは「あーん♥」と声を出しながら、唾液で濡れた舌を突き出す。

彼女が期待していることに気がついたユストは、はやる気持ちを押さえながら、下半身を彼女の口元に近づける。

「んっ……♥」

シェミリは前が見えない状態でありながら、唇と舌の動きで器用に少年のペニスを取り出すと、可愛らしい舌を彼のいきり勃つモノに巻き付けていく。

「あっ……!」

ぬるぬるの舌がペニスを這い回る感触に、思わず喘ぎ声を上げてしまうユスト。

少年の可愛らしい声に気を良くしたシェミリは、先端をレロレロと舐め回しながら、根本まで口内に誘い込んでいき、じゅっ、じゅっ、と吸い付いていく。

「ね、姉ちゃんそれ、ヤバい…………」

弱点を知り尽くした口技もさることながら、目隠しをした女性の口の中にモノを突っ込んでいるという背徳感が背筋を走り、思わずシェミリの頭を掴んでペニスを奥まで押し込んでしまう。

「んっ、んっ、んっ……おいふぃ、です……」

シェミリは苦しそうな声も出さずに少年のペニスを喉奥まで啜り込むと、上目遣いで彼の表情を窺いながら舌を這わせ、頬をすぼめて追い詰めていく。前戯のフェラなどではなく、完全に射精させるつもりのディープスロートだ。

「ちょっ、ちょっと待って!」

「んむ……♥」

このままではすぐに果ててしまうと感じたユストは、慌ててシェミリの口内から自分のモノを引き抜こうとする。

「れろ……♪」

「うあっ!? あっ……! あっ……」

しかし引き抜く直前にシェミリが、名残惜しげにねっとりと這わせた舌の感触が、少年の限界を難なく突破してしまった。

ユストは自分の引き抜こうとした力で敏感な亀頭を舌に擦り付けてしまい、その衝撃で彼のペニスはあえなく暴発してしまったのだ。

「うぁぁ……」

心地よい脱力感と共にペニスが脈動し、目隠しをした少女の顔に向かって、白濁液をぶちまけていく。

シェミリは自分の顔がユストの子種で汚されていくのを肌で感じると、うっとりとした表情で唇に付いた精液を舐め取った。

「もう……節操のないおちんちんですね♥」

「ご、ごめん……」

シェミリはくすくすと意地悪な笑みを浮かべながら、ペニスの先端に吸い付いて、尿道に残った精液を吸い上げていく。射精直後の敏感な刺激に反応した少年のペニスは、固さを保ったままひくついた。

吸出しを終えたシェミリは、腰を曲げてスカート部分の裾を口にくわえると、そのまま姿勢を元に戻して捲り上げる。

「それじゃあ……今度はユストさん専属メイドの中で、いっぱい気持ち良くなってください♥」

彼女の可愛らしい誘惑に生唾を飲み込んだユストは、誘われるままに愛液でぐしょぐしょになった白のパンティーをずり下ろし、小さな割れ目にペニスの先端を当てがった。

「い、入れるよ姉ちゃん……」

「ああ……これ、入ってくるタイミングが見えないから、すごくドキドキします……!」

真っ赤になって口元を手でおおう仕草に堪らず、ユストは一気に腰を押し進めていく。

「はぁん……御主人様……♥」

ペニスを迎え入れたシェミリの膣は、初っぱなから手加減なしで彼のモノを締め上げていく。

「ちょっ、ちょっと……姉ちゃん締めすぎ……これじゃ動かせない……」

「ごめんなさい御主人様ぁ……興奮しちゃって、力が抜けないです……!」

少年のペニスは天使の少女の狭い膣にがっちりととらわれてしまい、前にも後ろにもいけない状態になってしまった。

このまま締められ続けては、彼女を感じさせられないまま、二回目の精を噴出してしまうと察したユスト。彼はやむなく拘束されたシェミリの両手首を掴んで自分の方に引き寄せると、そのまま強引に腰を揺すり始めた。

「いゃん! はうっ……!」

振動するペニスによって膣壁を擦り上げられる感触に、早くも悦びの声を漏らし始めるシェミリ。ユストはペニスをぐちゅぐちゅと締め付けられる感触に屈服しないよう、尻の穴に力を込めながら、一心不乱に腰を振っていく。それでも、今すぐ彼女の子宮の中にぶちまけたいという欲求に耐えることには努力を要した。

「はぁ……! 来てください、御主人様ぁ……!」

感極まったシェミリが、蕩けた表情で自身の細い腕を伸ばし、その誘いに応じたユストは彼女のからだに覆い被さって、上半身を抱き締める。

シェミリもユストの体を両腕と純白の翼で抱き締めると、互いに唇に吸い付き、舌を絡め合い、そのまま一つに溶けてしまいそうな程情熱的なキスを交わした。

「んふぅ……んっ……! ちゅ……!」

小柄な体格の二人にしては激しい、ベッドがギシギシと音を立てて軋む程の交わりが続く。ユストが唇を離し、再び正常位の形でピストン運動を始めると、エプロン部分のフリルがはさはさと揺れ、シェミリの口から漏れる喘ぎ声は一層切なさを増していく。

「やっ……はっ……ふぁん……♥」

やがてシェミリの嬌声に甘ったるい音が混じり始め、結合部の音が粘着質なものへと変わり、肌の色もほんのりと桜色に染まっていく。

発情した少女特有の、むせ返るような甘い香りが体から立ち上ぼり、その表情は愛しい少年の全てを受け入れようとする、とろとろに蕩けた顔となっていた。

永遠とも思える濃密な交わりの一時。だが、その時間は少年の腰の疼きが限界を迎えたことによって、終わりを告げた。

「ね、姉ちゃん……! 出すよ! 中に……!」

子種を求めて熱く絡み付く膣内に、ユストのペニスはビクビクと震え、射精直前の甘く痺れるような感覚が、腰からじんわりと広がってくる。

「はいぃ! メイドの子宮にいっぱいお射精してください、御主人様ぁ!」

シェミリの悲鳴にも似た嬌声と同時にユストの腰の動きが止まり、膣奥への射精が始まった。

「あっ、あっ……すごい……中に……!」

少年とほぼ同時に絶頂を迎えたシェミリは、顎を反らせて痙攣し、涎まで垂らしながら、ビュクッ、ビュクッと子宮を満たしていく熱い子種の感触を楽しんでいる。

射精が始まった後も、少女を孕ませようとする本能だろうか、ユストは腰を緩々と動かし続け、彼のザーメンは彼女の子宮へと注ぎ込まれてく。

シェミリの方も、最後の一滴まで子宮で受け止められるようユストの腰に、唯一自由に動かせる両足を巻き付けて、膣内で揉みしだくのであった。




「はぁぁ……私、ご主人様に屈伏させられちゃいました……あむっ……♥」

そう言ってシェミリが膣から引き抜かれ、そのまま唇に押し付けられたペニスに口で奉仕を行うと、勃起したままのそれはピクンと震えて悦びを表現する。

「姉ちゃん……もっと……もっと……!」

「あらあら、まだ犯し足りないのですか? いけないご主人様ですね♪」

今だ興奮冷めやらない少年が、甘えるように首筋を舐め、スカート部分の裾に手を突っ込んで、スベスベの太股を撫で回すのを見たシェミリは、嬉しそうに淫らな微笑みを浮かべた。


その後、何度も激しい交わりを重ねて、体力を使い果たした二人が抱き合ったまま眠りに落ちる頃には、シェミリのお腹は注がれた大量の精液の圧力で、ぽっこりと膨らんでいた。


ーー続く。

17/11/03 17:22更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
本来は只の目隠しプレイにするつもりだったのですが、それだといまいち華がないということで、メイド服を着せてみました。やはりメイドさんは誘い受けのタツジン……!(違

次の話のネタですが……正直言って少し迷っています。学校に呼び出され、性教育と称して子供たちの前で公開セックスか、それとも夜の公園で女装青姦、途中で魔物娘と男の子のロリショタカップルに見つかり、そのまま見学羞恥プレイか、あるいは全く別のネタか……取り敢えず、リディーマーズ書きながら考えときます。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33