連載小説
[TOP][目次]
大人のおもちゃで……
ユストとシェミリはベッドの上で向き合って座り、お互いそわそわした様子で、二人の間に置かれた棒状の器具を見つめていた。

「これが……いわゆる『電マ』というものなんですね……」

そう言ったシェミリが持ち手の部分を握りしめると、肉体の表面を帯びている微弱な魔力に反応した電マの先端が、小刻みに震え始める。恥ずかしい思いを押し殺し、天使と少年が二人でアダルトショップに突入して手に入れた「戦利品」が、この「初心者向け」のマッサージ器である。

「その……ユストさんどうぞ」

シェミリは頬を赤らめて、そのいやらしい形状のおもちゃをユストに手渡す。

「ええと……取り敢えず、肩から始めようか」

天使の少女と同様に赤面しつつも、少年は背後からシェミリの肩に、振動するマッサージ器を押し当てた。



「んっ……そこ、気持ち良いです……」

ユストが肩から背中にかけて電マを当てていくと、シェミリは満足気なため息をついて、純白の翼をはためかせた。どうやら、翼の付け根の筋肉の凝りがほぐれて、気持ち良いらしい。だが、これではただの健康器具としての使い方でしかない。

「姉ちゃん、前向いて……」

シェミリが言われた通りにユストに向き直ると、少年は彼女のワンピースの上から小さな膨らみにマッサージ器を押し当てた。

「ひゃあっ!?」

乳首が擦れる感触に、反射的に声をあげて電マを払いのけるシェミリ。

「あっ、ごめん姉ちゃん! 痛かった?」

「痛くはないんですけど……その、くすぐったくて……おっぱいにはもう少し優しくしてください」

ユストが電マを胸に、今度は軽く触れるような感じで当てると、シェミリは色っぽいため息を吐きながら目を閉じた。

「はぁん……これ、くすぐったいけど……なんか……エッチな気分になっちゃいます……」

シェミリの顔がじんわりと熱を帯びていき、太股をもじもじと擦り合わせ始める。乳首を刺激されて性感が高まっていく天使の様子を目の当たりにして、少年のぺニスもむくむくと膨らんできた。

「あぁ……これ、癖になりそうです……」

すっかり発情してしまったシェミリは体をピンク色に染めながら、ベッドの上で仰向けに倒れ込む。電マの振動でワンピースの肩紐がずり落ちてしまい、可愛らしく勃起した桜色の乳首が露になった。

ユストは興奮で胸をドキドキさせながら電マをスカートの中に潜り込ませて、パンツの上から彼女の秘部に振動を押し当てた。

「えっ、あっ、そこは! ……そこはぁ……♥」

最初こそ強すぎる刺激に驚いたものの、すぐに下半身を電気の様に走り回る快感に目を閉じて酔いしれるシェミリ。

胸は完全に露出し、口からはだらしなく涎を垂らし、太股には愛液がつたっている。彼女の腰は電マに股間を押し付けるような形で卑猥なダンスを踊っていた。

少年がスカートを捲り上げると、電マを押し当てている部分がぐっしょりと湿って黒ずんだ、白のパンティが姿を現した。布地の上から指を押し当てると、布ごと膣内に飲み込むほど濡れている。このまま刺激を与え続ければすぐにでもアクメに達するのは明らかだ。

ユストは電マを強く握りしめて振動を最大まで上げると、下着越しに淫らな香りを放つシェミリのアソコに強く押し付けた。

「ひゃうんっ!? やぁっ、はうっ……強すぎ……!」

予告なしに襲いかかってきた強烈な刺激に、シェミリは目を見開いてじたばたともがき、強すぎる快感から逃れようとする。だが、興奮の余り理性を忘れた少年に下半身を固定されていては、それも叶わない。

「むぐぐ……あうぅぅぅぅ……! 私、おかしくなっちゃいますうぅぅぅ!」

最初こそ両手で口を塞いでいた彼女だったが、やがて矯声を抑えようとする理性すら強すぎる快楽刺激に飲み込まれていき、首を振りながらあられもない悲鳴を上げることしかできなくなっていく。

「ふぁぁぁっっ!! だめっ! イきますっ! あぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!」

そして、いとも容易く彼女の我慢は食い破られた。顔を真っ赤にして甘い叫び声を上げると同時に、絶頂を迎えた少女の秘部から、大量の愛液が勢いよく噴出する。パンティの端から溢れていく液体が、シーツに大きな染みを作っていった。

「あ……はう……あぁ……あ……」

ユストが電マを止めても、シェミリの肉体の痙攣は収まらない。頭の中は絶頂の余韻でとろとろに溶けており、じっとりとした湿り気と熱を帯びた肉体は、蠱惑的な匂いを漂わせる。パンティから染み出す愛液の量は尋常ではなく、ベッドの上はまるで失禁したような有り様となっていた。

「ね……姉ちゃん……」

「ふえぇ?」

ユストの呟きに呂律の回らない舌で応えたシェミリは、愛する少年が血走った目で自身のぐちょぐちょになった下着をずり下ろしていることに気がついた。

「まって……本番の前に、少し休ませて……」

シェミリの弱々しい懇願にも耳を貸さず、ユストは彼女を四つん這いにさせると、少女の白く、ぷりんと引き締まったお尻を掴み、左右に押し広げる。

彼女の言葉とは裏腹に外気に晒されたシェミリのアソコは、溢れる淫蜜で潤んでおり、膣内は淫魔のそれのようにヒクヒクと蠢いている。愛しい少年の固いモノが欲しくて堪らないといった様子だ。

「ゆ、ユストさぁん……んひぃっ!」

天使の少女の痴態を前にしてとうとう欲情を押さえきれなくなった少年は、彼女の華奢な背中に覆い被さるようにして、背後からシェミリを貫いた。そのまま前後に腰を激しく動かして、彼女を責め立てていく。

「あひゃっ、そんな、わらひ……! らめぇ……!」

もはやまともに喋ることもできなくなったシェミリの膣を、獣の様な激しいピストン運動で突き上げていくユスト。彼女の体も、自身の耐久力も思慮していない、欲望を叩きつける様なセックスではあったが、シェミリの表情は苦痛でも屈辱でもなく、歓喜によって歪まされていた。

「ユストひゃん! あっ、ひゅごいぃ! もっと、もっとおかひてくだひゃいぃ!」

膣壁がぬりゅぬりゅと擦られ、子宮口が何度も突かれる暴力的な快感。首筋を甘噛みされながら激しく腰を打ち付けられ、とば口からはちょろちょろと愛液が滴り落ちている。愛しい人に背後から犯し抜かれ、だらしない表情で快感に身悶えするシェミリの姿は、清らかな天使のイメージとはかけ離れたものである。だが、彼女の頭の中は間違いなく桃色の幸福感で満たされていた。

「姉ちゃん……出るっ!」

獣と化していた少年のぺニスも、少女のねっとりと絡み付く膣内と自身の激しいピストン運動に耐えきれなくなり、甘い悲鳴と同時に中にありったけの精を注ぎ込んだ。

「でてりゅう! 中にいっぱい、ユストさんのザーメン、出てまひゅう!」

体温より高いのではないかと錯覚するほど熱い種汁を注ぎ込まれたシェミリも、ほぼ同時に二度目の絶頂を迎える。

汗だくの二人は絶頂を迎えた後も肩で息をしながら、犬の様に繋がったままで、交尾の余韻を味わっていた。

「ごめん、姉ちゃん……少し乱暴にしすぎた……」

落ち着きを取り戻したユストが謝りながらぺニスを引き抜くと、少女の白いお尻は太股を何度も叩きつけられたせいでピンク色に染まっており、とば口からは真っ白な欲望の証が、コポコポと音を立てて溢れ落ちた。

「す、すごい出た……」

ユストは真っ赤に腫れ上がってひくつく自身のぺニスを見下ろすと、へなへなと仰向けにベッドに倒れ込む。

それを見たシェミリはゆっくりとした動きで少年に覆い被さると、彼の唇を奪って舌を吸い上げた。

「姉ちゃん……まさか……」

「ユストさん、私……まだ体が熱くて……全然物足りないです……」

そう言って少年のぺニスを握りしめるシェミリの目は情欲に潤み、表情は完全に熱に浮かされている。

「だから……もっと中出ししてください♥」

「は、はい……」

ユストはシェミリのいやらしくも可愛らしい笑顔を間近で見せられて、ぺニスが固さを取り戻していくのを感じた。

結局、その日はザーメンを一滴残らず出し切り、空撃ちしか出来なくなるまで交わり続けたのだった。



ーー続く。
17/11/03 17:22更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
次回は目隠し拘束プレイにする予定です。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33