連載小説
[TOP][目次]
女装した姿で街に……
「さぁ、次はどこにいきますか?」
 
爽やかに晴れた休日の街中を楽しそうに練り歩くシェミリ。

彼女と手を繋いで歩いているのはいつものユストではなく、彼と同じくらいの年頃のブロンドの少女だった。

眼鏡をかけたその少女は俯きがちでも、すれ違った男が振り返るほどの美少女であり、紺色のブレザーに、赤と緑のチェックが印象的なスカートを履いている。

街の人々は、彼女が近所の魔導学園に通っている女子生徒だと思っているだろう。

しかしその推測は全くもって検討違いであった。

「(うふふ……♪ みんながユストさんのこと、本物の魔導学園の女の子だって思っているみたいですね♪)」

「(うぅ……そんなぁ……)」

そう、シェミリの隣にいるのは魔導学園の女子用制服のレプリカに、ブロンドの長髪のカツラとだて眼鏡をかけただけのユスト本人なのである。


ーーーーーーー

以前シェミリがユストとのプレイのためにメイド服を買ってきた時、彼女はそれ以外にも何種類かの服を買っていた。

シェミリはそれらの中で気に入ったものを、ユストにも来てほしいと彼におねだりし、ユストも前にメイド服を着てもらったのだから、と承諾したのだ。

ーーーーーーーー

その結果、ユストは知り合いも大勢いる街中を、女子校生のコスプレをして歩き回る羽目になったのである。

「姉ちゃん……その、そろそろ帰らない? この服、股間がスースーして……」

「何言ってるんですか? お楽しみはこれからですよ♪」

シェミリは悪戯っぽく微笑むと、ユストの腕を引いて路地裏へと連れ込もうとする。

「あぁ……結局こうなるんだ……」

ユストは半ば諦めたような表情でシェミリの後をついていった。



二人がたどり着いた路地裏には、土地の所有者である魔物娘の手によって魔法がかけられていた。魔術的な作用によってここには魔物娘とインキュバス以外は入り込むことができず、恋人たちが手軽に青姦を楽しむことが出来るスポットとなっているのである。

見た目こそエンジェルであるものの、体質は完全に魔物と化しているシェミリも例外ではない。

シェミリは早速ユストの背中を壁に押し付けると、チェックのスカートをまくりあげて、可愛らしい白のパンティーを露にさせた。

「ふふ……可愛いおパンツですね♥」

シェミリの言葉に顔を真っ赤にさせるユスト。

「うう……それは姉ちゃんが自分のパンツを履かせたんじゃん……」

シェミリが上気した顔でユストのパンティーをするすると下ろしていくと、女の子の姿をした者にはふさわしくないものがピョコンと姿を現した。

「あはっ♥ 勃っちゃってる……いけない女の子ですね♥ お仕置きしちゃいます♥」

シェミリはそう言って少年のぺニスに頬擦りをすると、嬉しそうに口を開けてパクリと一気に頬張った。
 
「あぁ……」

 ぺニスから伝わる温かくてぬめぬめした感触に声を漏らすユスト。シェミリはスカートの中から少年の耐久力を窺いつつ、唾液に濡れた舌を駆使して少年の弱点を的確に責めていく。
 
「ね、姉ちゃん、激しすぎ……」
 
「ええ? そうれふかぁ♥」
 
シェミリが前後に激しいピストンフェラを始めると、早くも射精感が込み上げてきてしまったユストは思わず弱音を吐いてしまう。
 
「ちゅぽっ……それじゃあ一旦口から出して……」
 
シェミリは口内の蜜壺からぺニスを解放し、竿の部分を舌でペロペロと舐めて、柔らかく責めるやり方へと切り替える。先程とは打って変わった優しく、穏やかな責めに、ユストは安堵の溜め息をつく。
 
「と見せかけて……」

 シェミリはユストの油断を察するといきなりぺニスを喉奥まで飲み込み、そのまますごい力でバキュームフェラを始めた。

「あひぃぃぃっ!?」

予想外のタイミングで強烈な刺激を味わうことになったユストは、思わず女の子のような甲高い悲鳴をあげてしまう。

「ね、ねえちゃ……ゆるして……!」

「じゅぼっ、じゅぼっ、じゅるる♥」

腰をがくがくと震わせ、シェミリの頭に手を添えて情けなく懇願するユスト。そのような状態でも容赦せず、シェミリの口内では真空のような状態になるほどぺニスが吸い上げられていく。

「う……くぁぁっ……で、でるぅ!」

自身が履いているスカートに遮られて、見えない中で行われる淫靡な口淫の嵐。そこから止めといわんばかりに尿道口を舌先でグリグリとこじ開けられ、少年は堪らず天使の少女の口の中に、快楽の証である白濁液を迸らせた。

「んぐっ、ごくっ、ごくっ……おいひいです……♥」

「あっ……! はっ……!」

射精直後のぺニスをじゅうじゅうと吸い上げられる感覚に、ユストはまともな矯声すら出すことができなくなってしまう。

「あ……あひぃ……」

「んん……れろれろ……ふぅ、ごちそうさまでした♥」

10秒以上は続いた射精が終わった後も執拗に敏感な部分を舌で刺激されて、悶絶するユスト。ようやくぺニスを口から解放して、スカートの中からいやらしく微笑むシェミリが出てくる頃には、彼のモノは再び固さを取り戻していた。

「はぁ……ユストさんの精液、恥ずかしい味がして……私、我慢できなくなっちゃいました……」

シェミリはそう言って自分のパンティーをゆっくりと足まで降ろすと、壁に手をついてワンピースを捲り上げ、ぷりんとした可愛らしいお尻をユストに向かって突き出した。

「ユストさん……来て……♥」

純白の天使の背徳感溢れる誘惑に、ユストはごくりと生唾を飲み込む。

「ん……あぁ……♥」

誘われるがままにシェミリの細い腰を掴んでペニスを秘貝に押し込んでいく。天使の少女は胎内を温かいものが貫いていく感触に、熱っぽい吐息を漏らしていた。

「ふふ……女の子同士で、エッチしちゃってますね♥」

「ね、姉ちゃん……」

彼女の言う通りで、事情を知らない第三者が彼らの情事を見れば、天使の少女と女学生がまぐわっているようにも見えるだろう。薄暗い路地裏で愛情を確かめ合う二人の姿は背徳的でありつつも、どこか絵画的な美しさを漂わせていた。


「ああ……すごい……♥」

少女の尻に少年の太股がぶつかる音が、パン、パンと何度も路地裏に響く。

ユストのスカートに遮られて外側からは見えないが、結合部からはぐちゅぐちゅとお互いの性器が擦れ合う音が漏れ出しており、白く泡立った愛液が天使の太股を伝って地面へと流れ落ちていた。

「姉ちゃん……これ、なんかすごいドキドキする……!」

ユストは真っ赤に上気した顔でシェミリの背中に抱き着き、盛りのついた犬のような勢いで腰を激しく振り乱し始めた。女性の恰好をして恋人を背後から犯しているという特殊なシチュエーションが、彼の中にある未知の領域を目覚めさせてしまったのだろうか。

「はぁ、はぁ……私も……すごく、エッチな気分です……!」

少年のまっすぐな肉欲と愛情を受け止めるシェミリの方も、いつも以上に昂った表情を見せていた。瞳は潤み、熱くて甘い吐息は止まることを知らず、ユストにも劣らず赤くなった顔は今にも蕩けてしまいそうだ。

「姉ちゃん……僕、もう……!」

「わ、私も……! お願い、いっしょに……!」

今や二人の交わりの熱は最高潮に達していた。シェミリは感じ過ぎるあまり、体を壁で支えることができずに四つん這いになり、ユストは後ろから抱き付いて覆いかぶさる形で激しく腰を振り乱している。結合部からとろとろとあふれ出してくる愛液は地面に水たまりを作っており、二人の体からにじみ出る汗の匂いと混じり合って、路地裏を淫靡な薫りで満たしていた。

「あぁ……出る、イく……!」

「奥で……! 一番奥で出してください……!」

少年のペニスが根元まで沈み込んだ瞬間に天使の膣がぎゅうっと締まり、亀頭部分を圧迫する。ユストの腰を失神してしまいそうな威力の快楽の電流が貫いていき、たまらず少女の体を腕で締め付けながら、溜め込んだ子種を膣奥で吐き出した。

「ああ……これ……あっ……!」

「どくどく……赤ちゃんみるく、きてましゅう……!」

ユストはだらしなく涎を垂らしながら腰をびくびくと震わせ、膣内射精の快楽に酔いしれる。それを受け止めるシェミリの方も舌を突き出し、膣を痙攣させ、結合部から白濁液をぴゅっ、ぴゅっ、と漏らしながら愛欲に溺れる雌犬と化していた。

「あうっ」

射精の勢いが衰えていくと、最後の方でびくびくっと腰を震わせて子宮に子種の残り汁を打ち放ち、ユストはそれきりピクリとも動かなくなってしまう。

「こんなの絶対赤ちゃん出来ちゃうじゃにゃいですか……私、女の子と犬の交尾みたいなセックスして、ママになっちゃいましゅ……♥」

快楽で一時的に頭をやられたのだろう。もつれた舌でうわごとのようにつぶやくシェミリが、ユストが失神していることに気が付くのには、もう少し時間がかかるのであった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「おめでとう。妊娠3カ月よ」

産婦人科の美人(←とことん重要)女医であるレイラが告げると、シェミリとユストの二人は感極まってお互いに抱きしめ合った。

「ユストさん!」

「姉ちゃん……!」

涙を流して子宝を授かった喜びを分かち合う二人を前にして、レイラもまた胸の奥が熱くなってくるのを感じていた。

「良かったわね、二人とも……さぁ、お薬を処方するわ」

ユストが受け取ったのは、「精力増強剤」と書かれたラベルが貼られた、薬の瓶だった。

「あの……これって……」

「あら、知らなかったの? 魔物の赤ちゃんは母親の魔力を糧にして育つから、妊娠している間は今まで以上にセックスをする必要があるのよ? シェミリも体は魔物になっているから、例外じゃないわ。むしろここからが本番といってもいいかもね」

「ユストさぁん……頑張ってくださいね♥」

ユストは精力増強剤の他に、腰痛対策の湿布も処方して欲しいと心の底から思うのであった。

FIN.




















ユストとシェミリの愛の巣である、里山の山小屋の近くに、何の前触れもなく一人の少女が姿を現した。

「主神様を裏切った天使と何度も交わっているにも関わらず、堕落させていない人間……あなたの秘密を、調べさせてもらいます」

輝くような金色の長髪に眼鏡をかけた、美しいその少女の背中には、大きな純白の羽が一対広がっていた。

to be continued……?
17/11/12 20:54更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
結局、コメント欄のリクエストを殆ど形に出来ずに申し訳ありませんでした……(泣) やっぱり、軽い気持ちで大きなことを言うもんじゃありませんね……。

さて、今後の予定ですがしばらくCGIでエロを書くのはお休みにして、代わりに自分の悪癖(風呂敷を広げすぎてしまい、物語を完結させるのに時間がかかる)を直すために、中編を書こうかと思っています。リディーマーズと比べて
暗い雰囲気は極力抑えた活劇になる予定なので、期待していただけると幸いです。

……えっ? そんなものよりエロを見せろって? それでしたらpixivの方に
自分の中のマイナーな性癖をこれでもかとぶちまけた小説を書いている(https://www.pixiv.net/member.php?id=2221542)ので、そちらをどうぞ!(大胆な宣伝は男の子の特権)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33