連載小説
[TOP][目次]
あなたは変態さんですか
アパートの最上階、その隅っこのベランダにて。
無地のシャツと黒いゴムパンツに身を包んだ男性が煙草を吹かしていた。

「…………ふぅ」

まるでため息のように、紫煙が月の欠けた夜空へ漂う。
彼の名は毬原 修平。俗にいうサラリーマンというヤツで、小さなガス会社に勤めている。
営業セールストークに、今日は一件修理まで入りこんで少し疲れているらしい。
飲める所とバッティングセンターがあれば世は事もなし、とまでは割り切れない。

クラクションの響く夜景は、捉えようによってはムーディかもしれない。
だが、疲労感をひきずる修平の身としては、やや眠たく映った。

「……あした休みかぁ」

休み、と聞いてもあまり嬉しいものでもない。
文字通り何もやることがない休日など、連なれば苦痛以外の何物でもないからだ。

「……今日はもう寝よ」

室外機の上に置いていた灰皿で煙草の火を消し、修平は自室に戻る。
そしてベッドにもぞもぞと潜りこみ、カチッと電気を消す。
フッと電気が消えて、窓からはうっすらと月明かりが差し込む。
瞼を閉じた修平は、ゆっくりとまどろんでいった……。











カチッ

電気がつく。

「なに勝手に電気消してるんですか、アホですか」

缶チューハイを片手に、心底呆れたようなため息を零す男性。
ベッドを見下ろし、彼は修平にやれやれと肩をすくめる。

「いや僕もう寝たいんだけど……」
「夜はこれからですよ。明けない夜はここにあったんです」
「お前なんでそんなにテンション高いの……」

寝惚け眼をぐしぐしと擦り、修平は仕方なくベッドから体を起こす。
グッと背をそらして大きな欠伸をおさえ、頬杖をついて男に向き直る。

「だいたいなんで僕の部屋で飲むのさ、チアキ」
「そりゃシューさんとこなら美味いおつまみ出ますしげふんげふん」
「その咳払いはかなり手遅れだと思うよ……はぁ」

チアキと呼ばれた男性、平坂 千秋の雑な誤魔化しに修平は頭をガシガシと掻き乱す。
千秋は彼の仕事の同僚であり、アパートのお隣さんでもある。
とぼけた性格のくせに世渡り上手で、修平にとっては頼れる友人なのだが……。

「毎度毎度、お肴たかるために来ないでよ……」
「砂肝のスモークめっちゃ美味いです」
「ははは人の話聞いてないよこいつ」

ふらっと家に来たかと思えばこれである。親しき中にも礼儀あり。

「まぁまぁ、シューさんの分もアルコール持ってきてますから。茘枝酒の水割ですよね?」
「……薄めにね。僕弱いから」

酒瓶を取り出した千秋に、修平は仕方なく彼の対面に腰を下ろす。
千秋は手際よくお酒を作り、修平は爪楊枝で砂肝を一つ口に放りこんだ。

「で、何かあったの?」
「黙って相談に乗ってくれるシューさんマジツンデレ」
「……いらっ★」

口で言っちゃうあざとさである。
冗談ですとへらへら笑いながらコップを差しだす千秋。
修平はそれを受けとりながら、小さくため息を吐いた。

大抵、こうやって意味不明に千秋が乗り込んでくるときは決まって相談ごとである。
もっとも大概が下らない内容だけに、ただの愚痴り合いになることが多いが。

「いやー、最近ちょっと困った友達がいましてね?」
「ふんふん」
「仮にその人をSさんと名付けます」
「うまうま」
「ちなみに27歳独身」
「それ僕のことでしょ?」
「ときどき裏工作して女性を差し向けても彼女ができません」
「最近やたら先輩に合コンに誘われるのはお前のせいか」
「どうすればいいですか?」
「おっちね」

真面目な相談ではないことに、修平はペッと唾を吐く真似をする。
人付き合いがいいためよくモテる千秋に言われると嫌味にしか聞こえない。
余計なお世話である。

「いいの、僕は独身貴族つらぬくから」
「などとS氏は供述しており、如何わしいゲームに勤しむことを正当化しています」
「如何わしいゲームなんかやってないよ!?」

素っ頓狂な声を出す辺りが怪しいが、生憎と千秋はそれが本当だと知っている。
かつて修平が愚痴ったことなのだが、彼は女性が苦手なのだそうだ。

「なんでしたっけ? 確か中学生の時のがトラウマなんですっけ?」
「……あまりこの話題ほじくらないで欲しいんだけどなぁ」

彼の愚痴とは単純なものだ。
なんでも給食当番で食器を配る際に、目の前でぼそりと悪口を呟かれたとか。
曰く「気持ち悪い」と。
特に何らかの落ち度があったわけでもない修平は、その意味不明ながらも生々しい悪意に女子がトラウマになったのである。決して実体験ではない。決して実体験ではない。

「中学生って刺々しい時期なんですから、今とは違いますって」
「いや、頭では分かっててもやっぱ苦手なものは苦手だし……」
「仮に気持ち悪いって思っててもわざわざ口に出すほど子供じゃないですって今は」
「それ尚のこと怖いよね!?」

悲鳴をあげる修平。
だが千秋はへらへらと笑うばかりである。

「他人が何考えてるかなんて分かりっこないんですから、いちいち気にしても仕方ないでしょうに」
「そうだけど……別にいいじゃん。女の子がいないと死ぬわけじゃないし」
「また極論をおっしゃる……」

27歳の男が言うとヘタレくさい発言だが、修平としては切実である。枯れてるね。
ちなみに30まで童貞を守ると魔法使いになると噂されているがあれは嘘だ。
行きつく先は何も貫けない蒟蒻ガンランス(水属性)である。うるせえ馬鹿野郎。

「でもアレでしょ? 俺が勧めたあのゲームはまだやってるんでしょ?」
「『マモライン』のこと? まぁ……ちょくちょくやってるけど」

マモライン、通称『マモノタイムオンライン』である。
何やらいい感じの手慰みになると、千秋オススメのゲーム。

「ちょいと拝見していいですか?」
「いいよ別に、そっちで充電してるから」

そう言うや否や、千秋は本棚の傍に置いてあったスマートフォンを手に取る。
ポチポチと操作し、ブックマークからマモラインを起動。

『きゃっ、ど、どなたですか……?』

小さな悲鳴に、修平はぶっと噴きだした。
どうやらいつの間にやらのアップデートで声がついていたらしい。
が、そっちよりもパートナーの設定を見られて動揺したようだ。

「……シューさん、ロリコンは犯罪ですよ?」
「バッ、ち、ちがわい! 別にそういうんじゃないやい!」

千秋がログインしたマイルームには、真っ黒なドレスに身を包んだ女の子が立っていた。
紅い瞳を不安げに潤ませて、わたわたと画面端に隠れてしまう。
ちらりとこちらを窺うロリガールに、千秋は思わずジト目である。
ちなみに、『ドッペルゲンガー』という魔物らしい。

「な、なんか他の魔物娘がちょっときわどすぎて……その娘が一番落ち着くんだよ」
「どれどれ、『セイレーン』『ダークエンジェル』『ワイト』……何気にレア揃ってますね」
「れ、レアなの……?」
「特にワイトはヤバいぐらいレアですよー」

修平、ワイトが一番苦手である。
なにか損した気分になるのは何故だろうか。

「ていうか、二次元すらダメとかどんだけですか」
「い、いやだって……なんかその娘たち、こっちを見る目が怖い……」

そういう修平に、はてと千秋は再び魔物のスロットに視線を移す。

『ボクを選んでほしいなぁ♪』(チラチラ)
『アタシはいつでもOKよ』(ニタァ)
『私が手とり足とり、教えて差し上げますわ♥』(クスクス)

その目は、肉食獣のそれだった。
油断すれば取って食われそうである(性的な意味で)。
思わず千秋も『戻る』ボタンを押してしまうほどであった。

「なんかシューさん好かれてますね……」
「最初はみんな自由気ままだったのに親密度上げていったらそうなって……」

独身童貞と気付いたからとは思うまい。
ホーム画面に戻ると、まだドッペルゲンガーは千秋に怯えたように画面端に隠れていた。

『あうあう……』
「あー、なんか怯えてるっぽいし、スマホこっちにパス」
「よく作られてますよね、ホント」

スマートフォンを修平に手渡すと、充電の延長コードがびろんと伸びる。
あまり気にした様子もなく受けとると、修平はハロハローと画面に笑顔を振りまいた。

「僕だよー♪」

声色まで変わっていらっしゃった。

「……き、キモい……キモいですシューさん」
「え、そ、そんなに?」
「二次元に話しかけるとかアイタタタな人ですよ。そりゃ親密度も上がりますわ……」

ドン引きした様子で後退る千秋。
一方、こういうゲームなんだと思っていた修平は顔を真っ赤にする。

「いっ、いいじゃん別に! ほら、ドッペルちゃんも心なしか距離縮まったし!」
『さ、さっきはごめんなさい……、こんばんわです……』

そう言って修平が千秋に見せた画面は、おずおずと画面端から顔を覗かせるドッペルゲンガー。
言いたいことは分かるが、言いわけにしか聞こえないこの不思議。
二次元と三次元の区別は正しくお願いします。

「ドッペルちゃんはあまり親密度上がってないみたいで、すごい和むなぁ……」
「いずれは上がるでしょうけどね……」
「いいのっ! ドッペルちゃん可愛いし大人しくていい娘だから好きだし!」

あははははは、と半ば自棄気味の爆笑である。
千秋としては呆れるしかなかった。
その掌の中のドッペルゲンガーは、それどころではなかったが。

(かっ、可愛くて……大人しくて……いい娘……っ、しかも、す、好きって……っ///)
※残念ながら本作は思考内容まではボイス化されておりません。ご了承ください。

スマートフォンの画面端で、プシューと顔から湯気を放つドッペルゲンガー。
残念ながら、その非常に愛くるしいさまは修平が騒いでいたため二人とも見れなかった。
ナムサン。

「そんなことよりほら、僕のコップ空! 注ぎ足せ!」
「はいはい、分かってますって……」

何かを諦めたかのように、やれやれと首を振って千秋はお酒を注ぐ。
こうして、無為に夜は更けていくのであった……。

















『フラグを 達成 しました』

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ふあ……ぁぁ……、あれ? いつの間に寝てたんだろ……僕……」

麗らかな陽光の差し込むフローリングで、修平はむくりと起き上った。
寝違えたのか少し首が痛む。
時計を確認すると、既に12時の針を回ってしまっていた。

「……チアキは……帰ってるね……」

部屋の中を確認し、グッと背をそらす。
卓袱台の上はどうやら千秋が片づけたようで、ほとんどはシンクに移っていた。
砂肝のスモークも、しっかりと冷蔵庫に仕舞われている。

「相変わらず気が利くというか何と言うか……くあぁ……」

タオルケットをサラッと修平に掛けている辺りに、モテる秘訣を疑う修平であった。
ボーっとする頭にふらふらしながらも、ペットボトルに入れていた水を飲む。
そしてメールのチェックをするべく充電器に近づき、修平ははたと違和感に気付く。

「……あれ? 画面がつきっぱなし……?」

千秋が忘れたのだろうか? と首を傾げるがそれもおかしな話である。
家主が寝ているのに後片付けをしてタオルケットまで掛けていくという繊細な性格の持ち主が、やたらと眩しいスマートフォンの電源を入れたまま帰るとは思いにくい。
それに、画面も何故かマモラインを起動していた。

「フラグ達成……って、なにこれ?」

無機質なフォントに、誰もいない殺風景なタイトル画面。
――何かのエラーかな?

「……まぁいっか」

スマートフォンをスリープモードに切り替え、修平は財布を置いている机の上に置く。
後に買い物にでもと思っていた彼は、特に気にすることもなく風呂と歯磨きを優先した。
この時、彼は知る由もなかった……。
このスマートフォンが、後に起こる大事件の発端であろうとは……。





(今日は人が多いなぁ……)

パーカーフードを目深に被り、耳にはイヤフォンの修平お出かけスタイル。
虹オタコミュ障ヒキニートではありません。

「こんちわーっす!」
「どうも、こんにちわ」

部活動生か、学校指定のジャージに身を包んだ女生徒がすれ違いざまに挨拶をする。
対して修平も、軽く会釈で返しながらも内心は戦々恐々だ。

(うぎゃあああああああああ、女子高生だあああああああああああああ)

だいたいこんな感じ。
だが、そんな修平の心を露知らず、女生徒はニコッと笑ってそのまま走り去っていった。
タッタッとリズムよく走りゆく彼女を見送り、修平はホッと胸を撫で下ろす。

(……き、キモいとか思われてないといいなぁ……)

実体験ではありません。
気を取り直して、と修平はポケットからメモ帳を取り出す。
お買い物メモである。具体的には特売の玉ねぎと豚コマ狙い。

「あとついでに香辛料も買い足して……」

メモ帳にオレガノと書き足し、ふんふんと一人頷く修平。
その背中を、ちょんちょんと指先が突く。

「? はい……っ!?」

イヤフォンを耳から外し、修平は振り返り、そして凍りついた。
表情筋を強張らせ、修平の顔が固まる。

「あの、少しいいでしょうか?」

一言でいえば、そこには美人がいた。
ふんわりと人の良さそうな微笑みを浮かべる、少しおっとりとした雰囲気の美人が。
暖色系のカーディガンの肩に、栗毛色の髪が少しかかっている。
頭のてっぺんからつま先まで、修平のストライクゾーンど真ん中だった。

「……………………」
「あの……?」
「は、はい!? な、なんでしょうか……?」

見惚れていたとは言えるまい。
思わず敬語である。

「少々みちをお尋ねしたくて……お時間よろしいですか?」
「はいっ……!?」

反射的に返事をしてしまい、修平はしまったと口を塞ぐがあとの祭りだ。
良かったぁ、と微笑む女性からは、ふわりと柑橘系の香りが漂う。

「私、ここに引っ越してきたばかりでどこでお買い物すればいいか分からなくて……申し訳ないのですが、よろしければどこが良いか教えてくださらないでしょうか?」

丁寧にそう言う女性に、あばばと修平は内心で泡を食っていた。
教えてあげるべきという良心と、女性不信の恐怖感に板挟みである。
ごくりと、生唾を呑む。

「や、え……えーと……ぼ、僕も引っ越してきたばかりでちょっと」

修平は 逃げようと した。

「そうなのですか。じゃあ、私と一緒に探しません?」
「………………」

しかし 回りこまれて しまった!

「………………は、はい……」

効果は ばつぐんだ!
冷や汗を垂らしながら目をそらす修平に、女性は艶のある笑みを浮かべた。





その後も。

「あ! あのお洋服かわいいですね。寄って行ってもいいですか?」

こんな感じで。

「ちょうど箪笥も欲しかったんです。このベッドもお洒落ですね」

そこらかしこへ。

「私、ジャーマンポテトが得意なんです。ご馳走しましょうか?」

買い物を終えても。

「日が暮れましたねぇ、そこで休憩しませんか……♥」

修平の不安は加速するばかりだ。
ちなみに、そことはもちろん言うまでもなくラブホである。

(な、何だこれ……超怖いんですけど……)

いつの間にやら腕まで組まれている始末。
冷や汗どころか情けないことに涙まで出そうである。
如何に好みと言えども、たかだか道案内だけでこの好かれようは恐ろしいものがある。

(……も、もしかしてこれ美人局ってやつなのかな……?)

あまりの展開に修平としては良からぬ疑念しか浮かばない。
本人の感想としては、死にそうの一言に尽きる。

「あ、あの……僕もう帰らないと……」

この場から逃げたい一心の一言。
もっと強く言えばよいのではないかとも思うが、これでも精一杯である。

「まぁ、そんなこと言わないで♪」

修平、心の一句。
逃げようと したけどやつぱ 駄目だつた。
残念 女の子からは 逃げられない !

「い、いや、あの……っ!」

と、抗議の声をあげようとする修平の頬に柔らかい感触。
気勢を削がれ、修平ははてと自分の頬をペタペタと触る。
そして、すぐ傍でうっすらと頬を染める彼女に気付き、同時に何をされたのかも気付いた。

「は……っ!?」
「ね♪ いいですか?」

ボンっと顔を真っ赤にする修平に、彼女はイタズラっぽく微笑む。
返事をする間もなく修平はされるがままに腕を引かれ、そのままホテルの入り口を越える。
流れるようにチェックインも済まされ、いつの間にやらエレベーター。

(いっ……いま……ちゅっ、ちゅーされた……っ!?)

思考さえ追いついていない修平であった。
熱でもあるかのように熱い、柔らかい感触を確かめるように撫で続ける。
そんな初々しい様子に、彼女はクスクスと笑うばかりだ。

「……へ、へるぷみぃ……ちあき……」

ドナドナされる仔牛の鳴き声が虚しく響いた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「シューさんの霊圧が……消えた……?」

仕事終わりに事務処理をしていた千秋は、なんとなく呟いたのだった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

彼女がシャワーを浴びている間に、日が落ちてしまった。
円形のベッドに座り、ネオンが光りだす街をみて修平の表情は強張っていた。

(お、おうち帰りたい……っ!)

引きつった笑顔のまま、水音だけがよく聞こえる室内で一人。
心細いせいか、不安はメーターを振り切って修平のキャパいっぱいいっぱいだった。

(しゃ、シャワーから出てきたら……何としても帰してもらおう……)

無言で帰ろうとしない辺り、ヘタレである。
小さくため息を吐き、修平は手慰みにスマートフォンを取り出した。
スリープモードを解き、そこで彼は首を傾げた。

「あ、あれ……? タイトル画面に、ドッペルちゃんが出てきてる……?」

寝起きに確認したときは、誰もいなかったマモラインのタイトル画面。
そこには、あわあわと画面の真ん中で何か慌てた様子のドッペルゲンガー。

「エラーが直ったってわけじゃなさそうだけど……何かの仕様?」

そう、呟いたときだった。




「にゃぁぁあああああああ!?」




素っ頓狂な悲鳴が、シャワールームから。
ビクッと修平は跳ね上がり、慌ててシャワールームの引き戸を開く。

「ど、どうしたの……っ!?」

ナチュラルラッキースケベ、と囃したてたいがそこで修平はぎょっと目を丸くする。

「あいたたた……」

幼女。幼女である。そう、幼女なのである。
あの女性が入っていたであろうシャワールームに、幼女がいたのである。
転んで腰を打ったのか、瞳に涙を浮かべてサスサスと腰を擦っている。

もちろん、マッパ。

水蜜桃のような瑞々しい肌が惜しげもなく晒されており、思わず修平は固まってしまった。
彼女ほどではないが、かすかに乳房も膨らんでいる。
などという視点で描写するまでもなく、マモラインのドッペルゲンガーだった。

「……ふぇ?」

と、そこでドッペルゲンガーはようやく修平の存在に気付いた。
大きな赤く潤んだ瞳で修平を見上げ、目と目が逢うー。
瞬間に好きだと気付いたというより、瞬間に幼女の顔が真っ赤になった。

「……み……っ!?」

見ないでくださいぃぃぃぃぃぃ!?
という悲鳴は、ホテルの一階ロビーまで響いてきていたらしい。





「い、いきなりシャワールームに入るなんて、あなたは変態さんなんですか!?」
「ご……ごめんなさい……」

ドッペルゲンガーは黒いドレスを身につけお冠であった。
ついでに修平はベッドの上で正座である。幼女の裸を見た罪は大きい。
ぷんぷんという擬音が聞こえそうな感じで、ドッペルゲンガーはお説教を続ける。

「も、もちろん悲鳴をあげた私を心配してくれたのは嬉しいですが、女の子には心の準備がいるんですっ! 男の子ならせめてノックくらいはしてくださいですっ!」
「お、おっしゃる通りでございます……」

つまり心の準備が整っていれば特攻してもいいってことですね分かります。
なんて、アホな考えは修平にはできません。

「まったく……まったく……うぅ……ふぇぇ……っ!」
「えぇ、なんでここで急に泣くの!?」

唐突にべそをかきはじめたドッペルゲンガーに修平は慌てる。
どうあやしたものか、あわあわと手を出しあぐねる。

「だって……だってぇ……!」
「だ、だってじゃ何も分からないよ!? 僕で良ければ相談に乗るから!?」

女性が苦手とは何だったのか。
幼女なら別なんですねこのロリペド野郎がっ!

「こんな、こんな恰好見られたら、嫌われちゃう……っ!」
「嫌われるって……誰に?」
「あっ、あなたに……っ!」

嗚咽をこぼしながら、まるで昼ドラの悲劇のヒロインの如く泣くドッペルゲンガー。
対して、修平は???と疑問符しか浮かばない。
鈍いことに、未だに昼間の女性=目の前の幼女と結びついていないのである。

「……なんで?」
「だって……こんなみすぼらしい格好……!」
「みすぼらしいって……難しい言葉知ってるね、君……」

呆れたように笑いながら、修平は彼女に視線を合わせる。
そして、にっこりと穏やかな笑みを浮かべた。

「っていうか、全然みすぼらしいとかないんじゃない?」
「……ふぇ?」
「僕はその、女の子のファッションとかはよく分かんないけどさ、すごく可愛いと思うよ?」

ジゴロスマイルである。ペッ。
その言葉に、一拍してドッペルゲンガーの顔がボンっと赤くなる。

「しょ、しょんなおしぇじを……っ」
「お世辞じゃないよ。控えめかもしれないけど、僕はすごく好みだな」
「あ、あうあうぅ……」

もはや呂律が回っていなかった。
その反応の良さに、さすがに修平も少し照れた様子でコホンと咳払いをする。

「ま、まぁ僕なんかに好かれても何だって話だけどね、あはは……」
「い、いえっ! 私はシューくんが好きですから……っ、すごく嬉しいですっ!」
「はいィ!?」

クロスカウンター。綺麗に決まった。
不意打ちの告白に、修平の声が180度裏返った。
ベッドの上でバランスを崩し、思わず後ろ手をつくほどの衝撃だった。

「え、い、や……ま、待って待って!? 僕ら出会って間もないよね!?」
「ま、マモノタイムオンラインの中で会ってますよ? 私、ドッペルゲンガーのセリです」
「い、言われてみればクリソツだけど……あ、わ、分かった!」

認めがたい事実に、修平は混乱していた。もはや錯乱とも言えるレベルで。

「そ、それはきっと気の迷いだよ! ストックホルム症候群みたいなもの!」
「ストックホルム症候群だとシューくん誘拐犯ですよ!?」
「ラブホに幼女と同室とか犯罪者と同じ同じ! 目を覚ますんだセリちゃん!」

意味不明なテンションで、兎にも角にも修平はセリの言葉を否定する。
マジヘタレである。あとおまわりさんこいつです。

「目なら覚めてますっ! 私は、本気でシューくんのことがすっ、好きでっ!」
「いいや気の迷い! こんな人に騙されちゃいけません!」

詰め寄るセリに、修平は耳を塞いで往生際悪くも否定する。
目をつぶり、耳を塞ぎ、もはや何も聞こうとはしていなかった。
その様子に、彼女はムッと頬を膨らませる。

「…………」

そのまま、静寂が続いた。
ベッドで目を閉じる修平を、セリが見下ろす。
時計の針の音がよく響き、体感時間が長引いているようだった。
あまりの静かさに、もしかして怒っているのかなと、修平は恐る恐る瞼を開く。








ちゅ、と。

唇に柔らかい感触がした。

「…………っ!?」

慌てて頭を引こうとするが、セリの手に押さえられ逃げられない。
瞼をギュッと閉じ、彼女もぷるぷると不安げに震えながら、修平を放そうとはしなかった。
息継ぎもできず、そのまま数十秒がたつ。
さっきの沈黙よりも、修平はずっと長く感じた。

「ぷぁ……っ」

ようやく解放された唇が、細い糸を引く。
ドキドキと早鐘のように心音が止まらず、修平はボーっとしていた。
そんな彼を、セリは潤んだ瞳で熱っぽく見上げる。

「ホンキ……伝わりました……?」















このあと滅茶苦茶セックスした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『や〜ん、甘酸っぱいですね〜♪』
『私もあんな青い春を味わいたものです』
『そこの貴方もどうですか?』
『いい娘、いっぱい揃ってますよ?』
14/03/21 01:02更新 / ぽんぽんぺいん
戻る 次へ

■作者メッセージ
あ、すいません床殴り代行ブラキディオスさん。リア充ちょっと爆殺オナシャス。

ニーハオ、秘密結社です。天丼ごめんねてへぺろ★
もういっそ『このあと滅茶苦茶〜』でオチを統一しようかなぐへへへへ。
にしてもアレです。自分で書いときながらラブコメとは気恥ずかしいですね。
誰だよ!? こんなラブコメ妄想させた奴!?(血涙)

ただいまー、素の秘密結社だよー。
今回はちょっと展開が急な気がしないでもないドッペルゲンガーちゃんでした。
第二次性徴を迎えたあたりのドッペルゲンガーちゃん私にも下さい。
ちなみに、第一回を投稿して今更な期間ですが内心かなりビビってます。
感想いっぱいもらうと次回もっと良くしないとって思うのは私だけじゃないはず。
そんなこんなで、次回もよろしくです。お粗末さまでした。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33