連載小説
[TOP][目次]
コロッケ
 かつて、この世界には四人の英雄がいた。
 
 この世界に住むものの中で最も主神に愛されたと言われた、教団が誇る聖人、レオ。
 国一、否、全世界の人間の中でも最高峰の魔術の使い手である天才、大賢人アルト。
 ハーフエルフが持つ長い寿命の大半を戦場で過ごし続け、剣一本であらゆるものを打ち倒した剣の申し子。剣聖アレク。
 ・・・・・・そして、アルトに匹敵するほどの魔術の才能と、アレクと互角であったジパングから伝わったジパングソードの腕前、そしてレオとおなじくらい受けた魔王からの愛。
 それらすべてを駆使して、異界より来た者達との戦いに終止符を打ち、その命と引き換えに、異界の魔王が深淵の混沌から呼び寄せた邪神を討ち果たした英雄、リリムのアヤ。

 この四人の活躍で、当時の人々に恐れられていた異界の魔王は討ち果たされ、再びこの世界の状況に戻った。およそ、七十年近く前の出来事である。

 アヤを主神教団は異界に魔王の妻としてあつかったが、それは教団国と教団よりの中立国のごく一部しか信じなかった。

 最後の戦いにおいて邪神を道連れに命を落としたアヤを除く生き残ったレオ、アルト、アレクの三英雄。彼らはそれぞれの道を歩んでいた。

 レオは誰にも真似のできない偉業を成し遂げたことにより、主神教国の一つを統べる法王の一人となり、信頼できる信徒にアヤの真実を伝え。多くの信徒を導いた。
 アルトはその天才的な頭脳で、歴史に残るほどに魔術を発展させた大賢人となり、ある王都の中心において、今なおおとろえぬ知性で魔術の真理に迫り続けてる。 
 ・・・・・・アレクは伝説の傭兵として、旅を続けてるがゆえに、行くえは知れない。
 自由気ままに旅をし、男と女の間にある美しく整った容姿を使って行く先々で見目麗しい女性との浮名を流し、金と引き換えに盗賊たちをぶちのめす、伝説の剣士。
 吟遊詩人に謳われる大冒険をいくつも成し遂げてきた彼が、久方ぶりに王都を訪れ、旧友の元を尋ねたのは、とある冬の日であった。
ハーフエルフである以上、相応に魔力を持つはずだが、魔術にはかけらも興味もなく使うこともできぬため魔王の影響を受けてないアレクは、王都の誇る魔術の本拠地を訪れ、こう言った。
「よ。おいらちょっとアルトに用事あるんだ、君ら全員、アルトの弟子なんだろ?ちょっと呼んでんできてよ」
 ・・・・・・大賢人アルトが直々に現れて、久方ぶりの再会の挨拶をするまでに面倒な騒ぎが起こったのは、言うまでもなかった。

「アレク。まさかお主が訪ねてこようとはな・・・・・・相変わらず元気そうで何よりだ」
 その日、大賢人アルトは実に数十年ぶりになるアレクとの再会を、素直に喜んだ。
 並の魔術師では生涯入ることができないと言わてれいるれアルトの私室。
 カビくさい紙の匂いと怪しげな薬の匂いが漂い。。ところせましと所狭しと訳の分からない道具が並んだその場所で、アレクは何事もなかったかのように笑って言う。
「うん。アルトも変わらず・・・・・・って言いたいところだけど、やっぱ老けたね。完全にジジィじゃん」
 伝説の大賢人アルトに対しアレクは旧友の気安さで歯に衣着せずに言い放つ。
 あの戦いから七十年。並の人間七十年。並の人間ならそろそろ死んでもおかしくない時が過ぎ、かつては今の自分に比肩するほどに整った顔立ちであった若き天才魔術師は、痩せて今にも折れそうな、枯れ木のような老人になっていた。
「・・・・・・本当に相変わらずだな、お前さんは。それで、今日は何の用だ?お前さんが男に会いに来る以上は、何か用事があってのことだろう?ただ旧友に会いに来ただけではあるまい?」
「うん。話が早くて助かるよ。実はさ・・・・・・異世界にある食堂って奴に行ってみたい。ちょっと食べてみたいものがあるんだよ」
「・・・・・・なるほどな。そういうことであれば、案内してやろう」

 そして次の日の夕刻。アルトの研究室に彫られた魔法陣を使い、二人は扉をくぐる。チリンチリンと軽やかな音が響き、二人は異世界に至る。
「いらっしゃい・・・・・・おや、今日はもう来ないのかと思ってました」
 店主はアルトを見て、意外そうに言う。店主の知る限り、異世界の客の中では一番の古株であるこの常連は、大体昼までに来るか、最後まで来ないかのどっちかだ。今回みたいに日が暮れたころになって姿を見せるのは珍しい。
「いやなに、今日は連れがいてな」
 コホンと一つ咳払いをしたところで、アレクが挨拶をする。
「よっ!アンタがあれか!異界の料理人って奴か。おいらは・・・・・・まあ野郎に名乗ってもしゃあねえか。とにかくよろしくな!」
「は、はあ。よろしくお願いします」
 いきなりの軽い挨拶に戸惑いながらも、店主はぺこりと頭を下げる。
「・・・・・・ま、まあ悪い奴ではない。よろしくしてやってくれ」
「大丈夫ですよ。若い子ならこれぐらい元気なほうがいいですし・・・・・・っと、メニューはどうします?」
 目の前の少年がアルトのざっと倍の年齢だなんて思いもせず。店主はアルトに注文を尋ねる。いつもであれば、わざわざ聞かない。
 いつものロースカツとビール。それで済むからだ。
 だが、今回は連れがいる。初めて見る顔の、異世界人の客だ。何を好むかは分からない。
「ああ、私はいつもどおりでよいが・・・・・・」
「コロッケをくれ。それと飲み物はこの爺さんと同じで」
 アルトも同じ疑問を抱いたところで、アレクはっきりと答える。
「・・・・・・そういえば、お前さん。食べたいものがあるとか言ってたな」
 その迷いのない態度に、アルトは昨日、アレクがそんなことを言っていたと思い出す。
「分かりました。コロッケとロースカツですね。それじゃあごゆっくり」
 店主の方も注文を聞いて頷き、厨房へ戻っていく。
「・・・・・・さてと。こっちだ」
 それを見送りつつ、アルトはいつもの席へとアレクを案内する。
「・・・・・・おう」
 そんなアルトに対し、アレクはそっちを『警戒』しながら座る。
「どうかしたか?何か気になることでも」
「ああ」
 その言葉に、アレクはアルトですら『気づいていない』ことを知り、ますます警戒を強めつつ、言う。
「なあ、あそこで料理運んでるエルフ、ヤバくね?」
「・・・・・・?な、なんと、また来ていたのか」
 その言葉にアルトは思わずアレクの視線の先を追う。

 いた。

 アレクの視線の先にいたのは料理を配り歩く黒い服を着たエルフ。一言も喋らず。ただ淡々と料理や酒を運んでいた。
「うん。あれはヤバい。エルフに見えるけど、違う。絶対に敵に回しちゃいけないものだ・・・・・・」
 長い時を戦場で過ごしたため鋭い勘を持つアレクが、わずかに冷や汗を流しながら言う。 
 彼は正確に悟っていた。自分ではどうやってもかなわない存在であると。
「ああ、だろうな」
 アルトも同意する。あれは絶対に敵に回してはいけない類のものだ・・・・・・おそらく自分たちが命懸けで倒した邪神よりも危険な存在、リリムでも何十人もいなくては勝てない存在だと。
「お待たせしました。コロッケと、ロースカツ。それと生ビールです」
「・・・・・・よ、よし。食うとするか」
「あ、ああそうだね。うん、旨そうだね、異世界のコロッケも」
 下手にちょっかいをかけなければ、向こうもこちらを気にしないだろう。
 実際、それに気付いている客は自分達二人だけなのだから。

「へえ・・・・・・これが本物のコロッケって奴か。んじゃまあ早速・・・・・・」
 ごくりと唾を飲みながら、アレクはナイフとフォークを手に取り、コロッケの端を切り取る。
 さくりと、小気味良い感触を残してコロッケが切れる。切り口から見えるのは、細やかな茶色いものが混じった、つぶした白いダンシャクの実。明るい茶色と白の対比が鮮やかで、アレクは再び唾を飲み込み、コロッケを口に運ぶ。
(・・・・・・うん。やっぱ別もんだな。これ)
 自分たちの世界でコロッケといえばつぶして塩を混ぜ込んだダンシャクの実を丸めて小麦粉をつけ油で揚げただけである。ここまで手の込んだことはしない。まあ、あれはあれで揚げたてを寒い冬空の下でぱくつくにはいいが、これは別格であった。
(わざわざこだわったのも分かるかな)

「いかんな、アレク。コロッケはソースが命だぞ」
 聞いた話をおもいだしながら、次を頼むべきか考えているとアルトがあきれたように言った。
「ソース?」
「うむ。異世界の料理こと揚げ物には決して欠かせぬもの・・・・・・これだ」
首を傾げるアレクにアルトは赤い瓶を渡す。
「それをかけてみろ。この店の揚げ物には欠かせぬ味だぞ」
「そっか。そんじゃ・・・・・・」
 アルトの言葉にアレクは頷き、ソースをかける。コロッケに茶色い染みを作り、その、茶色い染みが出来たコロッケをアレクは再び口にして・・・・・・
「・・・・・・なるほど。確かにこれがあると無いとじゃ大違いだな」
 その味に大きくうなずく。
(なるほど・・・・・・コロッケは、ソースをかけて食うものなんだな)
それ単体でも旨かったが、ソースをかけたら別格の味となった。少なくともアレクは、こっちの方が好みだ。
「残念だな。少なくともおいらたちの世界じゃ、こいつは手に入らないんだろう?」
「うむ。アヤの奴も言っておったぞ。こっちの世界のソースは向こうじゃ作れないだろうと」
 アレクの問いかけに上機嫌で答える・・・・・・ついでに、かつての戦友に大事なことを伝えるために。
「・・・・・・アヤ?」
 果たしてその名前を聞いた瞬間、アレクは思わずコロッケを食べる手を止める。
 アルトを思わずまじまじと見返すその瞳に宿るのは、驚き。
 何故、今、とうの昔に死んだはずのあいつの名前が出るのか。そう、瞳が問いかけたいた。
「ああ、アヤの奴な・・・・・・生きておったぞ」
 そんなかつての戦友の驚きを心地よく感じながら、アルトは今から三十年ほど前の再開・・・・・・この店を初めて訪れた日のことを思い出しながら、答える。
「なんでもあの時、邪神の断末魔の暴走のせいでこの異世界に飛ばされたらしい。私が出会ったときにはもう、完全にこちらの世界に馴染んでおったよ。・・・・・・この世界に孫もいると言っていた」
 ちらりと厨房と食堂を行き来する店主を見て、言う。
「・・・・・・もしかして、ここの店主がアヤの孫?・・・・・・にしちゃあ刀も魔法も使えるようには見えないけど」
 それだけで、察しの良いアレクはアルトの言葉の意味を悟り、ついでに疑問を呈する。
 先ほど見た、この店の店主。さっきまで食べていたソースつきのコロッケの味を考えれば料理の腕は良かろうが、筋肉のつき方は戦士のそれではないし、魔力も弱い。
 どう見ても、ただの料理人しか見えず、剣も魔法も天才的な腕前だったアヤの孫とは見えなかった。
「そりゃそうだ。この世界じゃ、剣も魔法もなんの役に立たんらしいからな。教えるわけがない」
 そんな友人の言葉にアルトは苦笑する。あの日再開した時、アヤは真顔で言っていた。

――こっちでは剣も魔法もいらないが、料理の腕だけは受け継いでほしいわね

 その言葉は現実となった。アヤの孫・・・・・・この店の店主は、剣も魔法も全く扱えないだろうが、料理の腕だけは天下一品だ。
「そういうわけでな、アヤはアヤでこっちで楽しくやっていたようだぞ」
 今から三十年ほど前に再会したときのアヤの笑顔は自然で・・・・・・かつて共に旅をしていた頃の、敵を殺すことしか頭にない、代替わり前のゴーレムや竜牙兵のような空ろさはみじんも残っていなかった。
 まるで『普通の人間』のように変わり果てたかつての仲間の姿に、アルトは大きな喜びとほんの少しの寂しさを感じた。
「そっか・・・・・・アヤも、それなりに楽しくやってたのか・・・・・・」
 それを聞かされたアレクもまた、アルトと同じく安堵を覚えた。
 あの『自分は異界の魔王を滅ぼすためだけに作られた』と真顔で、言い放ち、ただただ敵を倒すことしか知らなかったアヤ。
 最後に魔王が呼び寄せた邪神を倒し、面白いことなど何も知らないままこの世から姿を消した・・・・・・そう思っていた大切な仲間。
 それが生き延びて、異世界で幸せに暮らしていたということは、嬉しい知らせであった。
「そっか・・・・・・よし、飲もうか。アヤが生きてたお祝いってことで」
「そうだな。アヤを受け入れてくれたこの世界に感謝を込めて、な。・・・・・・すまない店主。ロースカツとコロッケの追加を」
 アレクの提案に、アルトも頷く。そして二人はそれぞれの料理をアテに夜更けまで酒を飲み続けた。

 そして、二人が異世界食堂を訪れた翌日。
「それじゃあ、色々世話になったね。ありがとう」
「ああ、またそのうち遊びに来るといい。どうせならドヨウの日にな」
 長年気になっていたことが片付き、ついでに思わぬ吉報を知ったアレクは再び旅に出ることにした。
 行き先は、風の向くまま気の向くままに決める。それが彼のやり方だった。
「さてと、物見がてら、二人の墓参りにでも行くとするかね。よく考えたら名所ってわりにおいらは行ったことないし」
 少しだけ考え、彼はあっさりと次の旅の目的地を決める。

 目指す場所は、ある帝国の首都である帝都。
 建国からまだ百年も経っていないが面白いものはたくさんあるが最も目立つ墓にだけは行ったことがない。
 あまりにも立場が違いすぎたし、一夜だけの恋人だった自分の女その息子の墓なんて見てもしょうがない。そうおもっていたのだ。

 あの日、最強で最高の仲間たちの協力を得て、異界の魔王に襲われた旧帝都から逃して以来、ついに一度も顔を合わせることのなかった、かつての恋人とその息子に会うために。
 



 

 

20/07/30 13:04更新 / 荒廃の魔王アゼル=イヴリスの友人の魔剣バハムート継承者
戻る 次へ

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33