読切小説
[TOP]
空飛ぶキャンバス
          ○

 貴女は自由でいいね、と言われる事が少なくない。
 その翼で、いつでも好きな所へ行けていいね――と。
 それを言う彼ら彼女らに悪気がない事は、リーザにも分かっていた。しかし、それでも好きにはなれなかった。
 別に、自分は自由などではないと思う。翼で風を捉える事も、魔力で身体を浮かせる事も、永久に続けられる訳ではない。
 なのに人は、無邪気に彼女の翼を羨むのだ。
 翼を持つ者は自由で、持たない自分たちは何処へも行けないとでも言うように。
 その足は何だ、とリーザは思う。
 確かに翼に比べれば移動できる距離はたかが知れているだろうが、なぜ比べる必要があるのか。そして、なぜ卑下するのか。
 魚に肺呼吸を羨まれたところで、嬉しいだろうか。確かに彼らは陸上では短時間で死んでしまうが、それは人が水中にいたって同じ事であろう。
 何にでも、利点と欠点があるというだけの事ではないのか。
 けれど人々は欠点にばかり目を向け、無邪気に笑い、悪意でもなくリーザの翼を羨ましがる。
 いいね、と。羨ましいね、と。
 それは、まるで呪いのように彼女を縛り、やがて、人々が豹変して自分の翼を奪いに来て毟り取られるのではないか、という妄想すら抱かせるようになっていた。
 好きにはなれなくても決して嫌いだった訳ではない人々へのもどかしさは、いつしか人前で翼を広げる事への恐怖へと変わっていた。

          ○

 ワイバーンといえば大きな国では軍に所属し、相棒となる騎士を背に乗せて竜騎士となるのが一般的だった。
 しかし野生種であるリーザは、その限りではない。のんびりと風景を眺めるのが好きな彼女は、気ままに麓の村へやって来ては、大きな木や屋根の上から下界を見下ろしていた。
 ただし、人目につかないように。
 翼の存在を疎ましく思うリーザは、人前では翼を畳み、彼らと同じように地を歩いていた。
 だから、その背の低い木に降り立ったのは、ただの偶然である。飛んでいる最中にクシャミをしてバランスを崩したので、一旦降りただけだった。
 その木は、木造二階建ての前に立っていた。
 人目を気にした彼女は地面に下りようと腰をかがめ、そこで目の前にある建物の二階の窓の向こうに、あの少年――年齢的には、そろそろ青年――を見つけたのだ。
 少年はリーザが覗いている小窓に背を向け、反対側にある大窓に向けてイーゼルを立てていた。
 絵描きだろうか。
 何となく興味を引かれた彼女は、枝に腰を下ろして彼の様子を眺めていた。


 絵を見る目もないくせに、リーザはどんな絵が出来るのか見てやろうと、気づけばそこへ通う事を日課としていた。
 少年は日によって勢いよく絵筆を振るっている事もあれば、眠っているのかと思うほど動かない事もある。
 その日もリーザは、彼の家から出てきた画商と思しき男性の姿が見えなくなるのを待って、いつもの枝へと腰を下ろした。そろそろ完成するはずなのだが、昨日は所用で来れなかったため進捗状況が気になっていたのだ。
 窓の向こうでは今日も少年が椅子に腰かけ、キャンバスに向かっている。絵は限りなく完成に近づいており、あとは細部の仕上げを残すのみとなっていた。
 リーザは目を見開いていた。キャンバスに描かれた風景に驚いたのだ。
 それは絶対に、彼の見ている窓の向こうには広がっていない風景だった。空の絵――それも、遥か高空から下界を見下ろす絵だ。
 彼女は、それを懐かしく思った。かつて見た事のある風景だ。
 しかし、それでもなお、あり得ない絵だった。
 千切れたように点在する雲の合間からは、青々と茂る森と、その中を蛇行する大河が見える。河畔には集落があり、人と思しきものが小さく描きこまれていた。
 その上空には、二股に分かれた長い尾羽を持つ巨大な鳥が三羽おり、彼らの向かう先には弧を描く地平線と、そこから顔を覗かせる太陽が世界を色鮮やかに照らし出している。
 だが、こんな高度から地表の人間を見分ける目など、猛禽でも持ってはいない。三羽の巨鳥は、明らかに架空の生物だ。地平線が弧を描いている事など、どうして人に知る事が出来る。何より朝日であれ夕日であれ、地平線に太陽が触れている時間帯の世界は、もっと薄暗いはずだ。
 現実とは、あまりに違う。それは、ともすれば荒唐無稽と失笑を買う絵だ。
 しかしリーザは、そんな絵に心奪われていた。凄い、と我知らず呟いていた。
 少年は想像のみで、これだけの絵を描いたのだ。その何ものにも囚われない心の在り様を、心底から羨ましく思う。
 だから彼女は、我慢し切れずにその窓を叩いていた。
 初めは何の音か分からない様子だった少年は、それが背後からのものだと気づいて振り返ると、ギョッとしたように目を見開く。
「何してんの!?」
 慌てて絵筆を置き、代わりに杖を手に取る彼を見て、怪我でもしているのかとリーザは怪訝に思った。
「邪魔をするぞ」
 少年が窓を開けると彼女は返事も待たずに窓枠を乗り越えようとするが、爪先を引っかけ、その向こうのベッドに顔から落ちる。
「……どんくさ」
「う、煩い!」
 自重で潰され赤らむ鼻をさすりながら、リーザは目を逸らした。
「それで、ええと……どちらさま?」
「……歩くワイバーンの噂くらい、聞いた事はあるだろう」
 彼女が僅かな自虐をこめて言うと、少年は気まずげに頬を掻く。
「あー……ごめん。あんまり外に出ないから」
「……不健康な」
 それでも自分の事を知らない人間がいた事に少しだけ安堵しながら、しかし直後、リーザは失言を悟る。
「お前、その脚……」
 少年は、左脚の膝から下がなかった。
「ああ、これ?」
 彼は少し照れくさそうに、
「二年くらい前に、嵐で山が崩れた事があったでしょ。あのころ僕は山裾の辺りに住んでて、それに巻きこまれたんだ」
「医者は……? この村にも、医者はいるだろう」
「ちゃんとした医者が常駐するようになったのは、その後だよ。当時は旅の医者が滞在してたけど、切断するしかないって」
「っ……ヤブめ」
 リーザは思わず舌打ちするが、途端に少年の眼差しが険しくなる。
「やめてよ。あの人は誠実だった。まるで自分が僕の脚を潰したみたいに、今の医療では手の施しようがないって、悔しそうに申し訳なさそうに頭を下げてくれたんだ」
「……すまない。軽率だった」
 シュンとなる彼女に少年は嘆息し、
「まあ、いいけどね。不便じゃないとは言わないけど、杖があれば歩けるし、時々だけど買い物にだって出るし。近所の人も、よくしてくれる」
 まったく無理なく笑う彼の表情を、リーザは眩しげに見返した。

          ○

 レオと名乗った少年に名乗り返し、リーザはベッドから降りた。
「それで、君は何しに来たの?」
「……お前の絵を、もっと近くで見たくなったんだ」
 レオの問いに、彼女は少しだけ間を開けて答える。
 それは半分だけ本当で、半分は嘘だった。本当は、もっと彼の事を知りたいと思ったのだ。
「って事は、遠くからは見てたのか」
「ああ。少し前から、けっこう毎日」
 背後の木の枝を指差すリーザに、レオは小さく溜息をつく。
「不審者じゃないか」
「む……失礼な。私の事を知らない者など殆どいないのに、何が不審だというんだ」
「行動」
「…………」
 即答されて、彼女は固まった。
 少しだけ考えてみる。毎日おなじ木の枝に腰かけては他人の家の窓を覗きこむ者がいたら、それが知己であるかないかなど関係なく不気味である。
「……不審者だな」
「でしょ?」
 やれやれとでも言いたげな彼の態度に気まずくなって、リーザは室内を見回す振りをして顔を背けた。と――その目が壁際に立てかけられた、布をかけられたキャンバスに吸い寄せられる。
「これも絵か?」
 歩み寄って布を取り去ったところで、彼女は動きを止めた。ほう、と感嘆の吐息が洩れる。
 それもまた、幻想的な絵だった。
 キャンバスに描かれているのは、森の中にある泉の絵だ。上端に描かれているのは明らかに夜空であり、光源となるものなど月しかないにも関わらず、泉の周囲は真昼ほどではないにせよ、淡く神々しい光に照らし出されている。しかし、
「それは、まだ未完成なんだ」
 その言葉通り、絵は、泉の部分にだけ色が塗られていなかった。
「夢で見た風景なんだけど、どうしてもその部分の色が思い出せなくて」
 苦笑気味にレオは言うが、リーザは彼の言葉を聞いていなかった。
 彼女は完全に、絵に魅入られていた。大きく目を見開き、そこから全く視線を動かせない。
 それ以外の、あらゆる情報が遮断されていた。何も入って来ず、何も考えられない。
 ただひたすら、言葉を覚えたばかりの子供のように、凄い凄いと胸中で繰り返していた。
 やがてリーザは、ゆっくりと振り返る。ずっと彼女を見ていたらしいレオは、目が合うと慌てたように瞬きをした。
 リーザには、そこに自由というそのものが存在しているように思えた。
 彼は現実も常識も飛び越えて、自由に想像の翼を広げている。そして描かれる絵は、見る者の胸を躍らせるのだ。
 心の奥底から湧き上がる名前も知らないような感情に急かされるまま、言葉が彼女の口をつく。
「何処か、行きたいところはないか……」
「え……?」
「何か、見たいものはないか! 何でもいいぞ――私が連れて行ってやる」
「ちょ、ちょっと!?」
 とつぜん勢いこんで詰め寄ってくるリーザに、戸惑うようにレオは後退った。
 しかしリーザには、それに構っている余裕はなかった。
 何かしたい。彼のために――彼の手伝いをしたい。
 本当は、泉に塗る色を自分が提案できたらと思った。しかし絵心もない身には、そこに何色を乗せればいいのか見当もつかない。
 それでも何かと考えて、結局、疎ましかろうが自分には翼しかない事を彼女は悟った。レオが夢の中の泉を思い出せるように、その切っ掛けになりそうなものを片っ端から見せてやるくらいしか出来ない。
「何か、あるだろう!」
「急に言われても――」
 更にリーザが近づくと同じだけ彼は後退し、
「ぅわ!?」
「きゃっ?」
 ベッドの縁に脚を引っかけて仰向けに倒れた。
 勢い余って、リーザも折り重なるように倒れる。
「…………」
「…………」
 間近で見つめ合ったまま、永遠とも思える時が流れた。
 実際には数秒だろうが、その間レオは、釘づけになったかのように彼女の瞳を見つめていた。
 やがて我に返り、リーザは慌てて身体を起こす。
「すっ――すまない! 大丈夫だったか?」
「ああ……、うん」
 相手の脚の事を失念していた自分を恥じる彼女だったが、レオは生返事をしながら思案げに天井を見つめていた。そして、
「……空を見たい」
 ポツリと告げる。
「その絵みたいに、凄く高いとこから地表を見下ろしてみたい」
 キャンバスを一瞥する彼の言葉に、ジワジワとリーザの顔に笑みが広がった。
「――任せろ! お前の望むところ全て、私が……」
 しかし、そこで不意に彼女の中に疑問が生まれる。
 いいのだろうか。本当に連れて行ってしまって、大丈夫だろうか。
 ハッキリ言ってしまえば、本当の空はレオの絵ほどの面白みはない。そんなものを見せる事は、彼の想像力を殺す事になりはしないか。
 自由を体現する絵は、知らないからこそ描けていたのではないのか。
 それは恐怖だった。レオがレオの絵を描けなくなる事への恐怖だけではない。
 忌むべき翼でもようやく前向きに羽ばたけるかと思った矢先に、そうする事で、むしろ他ならぬ自分が彼から彼の絵を奪ってしまうかも知れない事への恐怖だ。
 ただでさえ疎ましい翼が、呪わしくすら思えてくる。血が飛沫くまで胸を掻き毟り、両の翼を引き千切ってしまいたい衝動にかられた。
 笑みを張りつけたまま、歪に表情を引き攣らせるリーザの頬へ、不意に温もりが触れた。
「大丈夫だよ」
 今にも泣き出しそうなほどに瞳を揺らす彼女に、レオは穏やかに言いながら、強張る頬を優しく撫でる。
「僕は自分の描いた空が、本当の空じゃないって知ってる。……っていうか、僕の描いた空が想像でしかない事を知ってる。だから本当の空が想像と違ってたって、失望なんかしない。描けるものが増えたとしか思わないよ」
 真っ直ぐに見つめてくる彼のせいで、むしろリーザは泣きそうになった。
「強いな……、お前は」
 唇を噛んで俯き、彼女は声を震わせた。
「私も強くなりたい……。誰に何と思われようとも、構わず、囚われず、お前のように胸を張りたい」
 そのまま身体を倒し、レオの胸に顔をうずめる。
 翼を羨む人々を批判しておきながら、彼の強さを羨むのは矛盾だろう。それでも、いちど折れた心は、一人ではどうにもならなかった。だから、せめて――
「勇気を……くれ。少しだけでいいから……」
 濡れた瞳でレオを見上げ、リーザは彼に唇を重ねた。

          ○

 ごめん、とレオが呟く。
「ワイバーンは強いものだって、勝手に思いこんでた」
 初めは驚いたように身体を硬くした彼は、しかし唇から伝わる震えに気づいてか、すぐに力を抜いた。リーザの耳元で優しく囁きながら、その髪を撫でる。
 彼女は、その感触と相手の体温で傷を癒そうとするようにレオを抱きしめながら、彼の首筋に鼻先を擦りつけるようにして、ときどき甘く吸った。
「女の子なのにね……」
 反省するように言いながら、レオは少しだけ身体を離すように促し、今度は自分から唇を重ねる。
 互いの存在を確かめるようにキスを深め、やがて、どちらからともなく伸ばされた舌先が触れ合った。リーザは鼻にかかった、嗚咽のような声を洩らす。
 静かな部屋に途切れ途切れに水気を帯びた音が響き、やがて途絶えた。
 小さく覗く舌先から銀色の糸を引きながら唇を離し、リーザは気弱げに目を伏せた。レオの掌が濡れた頬に宛がわれ、温めるように雫を拭う。
 それでも強くあろうとするべきだったんだ、と彼女は言った。
「たとえ虚勢でしかなくても、そうすれば翼を疎んじるような醜態を晒す事はなかった」
 本当は、ずっと気づいていたのかも知れない。結局は全て、自分の心の弱さが原因だったのだ。
「ワイバーンとしての誇りを失って、人前で翼を縮こめるような女に成り下がったりはしなかった……!」
 悔いるように、自分を責めるように、リーザは弱々しく叫ぶ。
「薄ら笑いで歩くワイバーンなんて自虐をしながら、本心を押しこめて目を逸らして……」
 きつく瞼を閉じた目元から、ボロボロと大粒の涙が零れ落ちた。
「……辛かった。翼が……飛びたいって言うんだ。昔みたいに風を切りたいって……人目を避けたりしないで、思いきり羽ばたきたいって……!」
 痛いくらいに唇を噛んでから、彼女は無理やり笑おうとする。
「昔の事を、しょっちゅう夢に見る……。子供の頃――まだ飛べるようになったばかりの頃の事……。自由に飛べるのが嬉しくて、何処まで高く飛べるか試してみようと思ったのに、昇ったら昇ったで怖くなって、泣きそうになったところで、内緒でついて来てた母さんに助けられた」
 あのときの母の姿は、今でも瞼に焼きついていた。
「凄く綺麗で……私も母さんみたいに飛びたいって、毎日練習して……。そうやって私は、空と付き合ってきたはずなのに……なのに……!」
 まるで血を吐くような独白を聞いていられなくなったのか、レオはリーザを抱きしめる。
「もういいよ、リーザ……。もういいんだ」
「レオ……レオぉぉ!」
 幾度も彼の名前を呼びながら、彼女の我慢は限界を迎えた。
「うわああああああああ――っ!」
 火の点いた子供のように声を上げて泣くリーザの頭を、彼はあやすように撫で続ける。
「飛びたいよぉ……ちゃんと飛びたいよお!!」
「飛べるさ……。僕を空へ連れてってくれるんだろ?」
「うん……。うん……!」
「いっぱい泣いていいよ。元気になるまで、いつまでだって待ってるから……」
 そう言って抱きしめる腕を少し弛め、レオは彼女の額に口づけた。

          ○

 これ以上ないほど恥ずかしいところを見られてしまった、とリーザは思っていた。
 いつしか彼女は泣き疲れて眠ってしまい、目が覚めたのは真夜中だった。気づけばレオの腕の中で抱き合うようにして眠っており、真っ赤になって飛び起きたのだ。
 それで目を覚ましたレオと少しだけ話し、出発を夜明け前と決めた。どうせなら、自分が知っている一番きれいな空を見せたかった。
 その後もう一眠りしたのだが、気まずさからベッドの端で身体を丸めていたリーザが、目覚めたときには背後から抱き締められていたあたり、意外と彼はムッツリなのかも知れない。
 まあ男だしな、と彼女は思った。そもそも魔物な時点で、人の事は言えない。
 大泣きするところを見られていなければ、間違いなく押し倒していた。
 命拾いしたな、と訳の分からない捨て台詞を残して外へ出、リーザはレオが着替えて出てくるのを待っているのだ。
 やがて僅かな軋みと共に扉が開き、レオが姿を現した。
 行き先が空という事もあってか、彼は厚着をしている。ある程度はリーザの魔力で緩和されるとはいえ、するに越した事はなかった。
「来たか。少し急ぐから、しっかり掴まっていろ」
 そう言ってリーザは背を向け、首へ腕を回させる。実は、少し寝坊気味だったのだ。
 周りの建物や植木の関係で、地表で変身しても余裕を以って翼を広げる事は出来ない。そのため彼女は、ある程度上昇してから元の姿へと戻るつもりだった。
 背中に感じる温もりを心強く感じながら、リーザは数回、翼を空打ちする。そして――
「行くぞ!」
 誰よりも自分自身へ言い聞かせながら、思いきり跳び上がった。
 力強く羽ばたく翼は、すぐに風を捉えた。リーザは胸の奥から溢れてくる喜びに笑みを浮かべ、意識と魔力を集中させ始める。
 自分の存在が輪郭を破って更に広がっていく感覚と共に、光がその身体を包みこんだ。
 次の瞬間――ズバンという音に次いで、光の粒子を弾き飛ばす勢いで巨大な翼が広がる。
 そこには見る者に畏怖すら抱かせる、美しい翼竜の姿があった。


 空を引き裂きすらしそうな速さでリーザは飛び、雲を貫いて更に昇る。
 白む東の空を見遣りながら、どうやら間に合ったと彼女は安堵した。羽ばたきながら体勢を整え、魔力でその場に滞空する。
『見せたいのは、世界が目覚める瞬間だ』
 少しだけ自慢げに、リーザはレオへ思念を送った。
 つまりは、夜明けである。
 やがて太陽が姿を現した。その瞬間、弧を描く地平線をなぞるように赤い光が左右へ走る。
 眼下の雲が、赤く染まった。そして、それは次第に、更に下にある背の高い山々の山頂付近へと移っていく。
「……綺麗だ」
 放心したように、レオが呟いた。
「ねえ、リーザ」
『何だ?』
「帰ったら、モデルになってくれないかな」
『は?』
 あまりに唐突な言葉に、リーザは思わず背中を振り返る。
 レオは、真っ直ぐに彼女の瞳を見返してきた。
「あの絵の泉、君の瞳の色で塗りたいんだ。蒼とも碧ともつかない、見る角度によって変わる、神秘的だけど落ち着く色だ。間近で見たとき、目が離せなくなった」
 あのときか、とリーザは羞恥に視線を泳がせる。ふたり重なり合うようにベッドに倒れこんだときだ。
 やけに真っ直ぐ覗きこんでくると思っていたら、そんな事を考えていたらしい。
『夢で見た色でなくて、いいのか?』
「いいんだ。僕の絵なんだから、僕の塗りたい色を塗る」
 どうやら既に決定事項になっているらしい彼の様子に嘆息し、勝手にしろ、とリーザは呟いた。
『少し飛ぶか?』
「うん」
 その返事を受け、彼女は滞空のために使っていた魔力を解除する。暫く滑空して勢いをつけると、翼を羽ばたかせて一気に太陽の方へと加速した。
「凄い……、凄い!」
 無邪気な子供のように、レオが叫ぶ。
「僕の絵には、こんな疾走感はなかった」
 地平線で輝く赤い宝石のような太陽以外にも感動を与えられた事が、リーザは嬉しかった。
 もう大丈夫だと確信できた。もう二度と自分は、この翼を疎ましく思ったりしない。
「リーザ!」
『何だ?』
「絵が完成したら、貰ってくれる?」
『勿論だ!』
 おそらく生まれて初めて、本当の意味での感動をくれた絵だ。そんな物を貰って欲しいと言われて、断る理由などない。
「それでさ……!」
『ああ』
「ずっと一緒にいよう!」
『ああ!』
 首筋に触れる唇の感触に、幸せな少女のように胸を高鳴らせ、リーザは応えるように幾度も翼を羽ばたかせた。

          ○

「そうして、そのワイバーンは村人たちの見ている前で、村の真ん中へ堂々と降り立って見せたんだ」
 二人がけのソファに腰を下ろした彼女が言うと、
「それから、それから……?」
 隣に座る幼い少女が、小さな翼をバタつかせて先を促してくる。
「それから暫くして、二人は少しだけ大きな町に引っ越したんだ」
「どうして?」
「もっと沢山、絵を描いて欲しいって頼まれたからさ」
「へぇ〜」
 微笑みながら問いに答える彼女の耳には、玄関の開く音が聞こえていた。廊下を歩く足音が近づいてくる。
 やがて、リビングの扉が開いた。
「お帰り。客の入りは、どうだ?」
「まあ、上々かな。ただいま」
 左脚の膝から下がない男性は、杖をつきながら笑って見せる。
 幾度目かの個展の初日だった彼は、挨拶のために会場へ出向いていたのだ。
「お帰りなさい、パパ」
 そう言って花が咲くような笑顔を浮かべた少女は、母親へと視線を戻す。
「その後は、どうなったの?」
 続きを急かす娘の様子に視線を交わし合った夫婦は、やがて、どちらからともなく悪戯っぽく笑った。
 そして男性が口を開く。
「そのあと君が生まれてきてくれて、僕らは今日までも明日からも幸せなんだよ」
「え?」
 振り返った少女は、ポカンと口を開いた。
「ええ〜!?」
 昔話ではあっても、実話――それも両親の話だとは思わなかったのか、彼女は盛大に驚く。
 そんな幸せの象徴を慈しむように、夫婦は声を上げて笑った。
12/10/10 18:10更新 / 雲凪 蒼

■作者メッセージ
 そんな訳で、我が子にすら惚気る万年新婚馬鹿夫婦が出来上がりましたとさ、めでたしめでたし。
 ところでエロは何処へ行ったやら。初めは書くつもりだったのに、気づいたらなくなってました。迷子〜?
 リーザが翼を疎む事になった原因に、いまいち説得力があるかどうか自信がないのですが、はてさて。そして、ちょっと本気でエロを練習しないと。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33