読切小説
[TOP]
契約勧誘
魔物娘なる新種の女性が跋扈する昨今でこのような発言をすると誤解を招くかもしれないが、僕は女性が嫌いだ。かといって、男性が好きというわけでもない。
大きな枠組みで言えば、他人と言うものが嫌いなのだ。
その中でもとりわけ女性が嫌い、と言った方が僕の伝えたいニュアンスに即している。
こんなことを真顔でのたまっている僕を、世間は人間不信の弱虫野郎という烙印を下すのだろう。
しかし、正味世の中クソだなと思う僕をして言えば、世間の評価なんかどうでもよいものである。
目下にコケにされることほど滑稽なものはないと、斜に構えて受け流す自分が正しい姿だと思っている。

だって、そうだろ。
こんな生きにくい世界、素直に生きてるヤツがバカだ。

プリントを配るだけで嫌な顔をされ、目の前を通れば陰口を叩かれ、特に理由もないのにハブにされ、面倒なのか先生にもまともに取り合われず、嫌になって部屋にこもればやれ心が弱いだの。
まともに取り合ってたらキリがないんだ。
この世は煩わしいもの全部取っ払って、楽して楽しく生きたヤツが勝ち組なんだ。
ネットで希薄な人間関係を築いていればワイワイしてるみたいなそれっぽい気分を味わえるし、外に出なくても便利な世の中だから通販なんてものもある。
ゲームの通信対戦で他人に勝って優越感に浸ることを虚しいとは思わないし、遊びの範疇で済ましている分だけむしろ平和的とさえ思える。
好き放題やってても全部僕のお金なんだし、誰にも迷惑かけてないのに悪く言うヤツはひがんでるだけだ。

つまり、僕の生き方は何一つとして間違っていない。
外敵から身を守るために巣に籠る野生動物と何ら変わりはない。
餌が巣にあるなら引きこもって食っちゃ寝するのは生き物として自明の理だ。
だから、僕は一番賢い生き方を選んでいる―――。

「……………」

カチ……カチカチカチ、カチカチカチ。

『K.O! You are Winner!!』

なんて、自分を納得させるのに必死になっている時点で負けているのだろう。
でも、勝ち方なんてサッパリ見当もつかないんだ。
コントローラーを万年床に投げ捨てて、僕はごろりと仰向けになった。

『Continue? 10……9……8……』

ブラウン管TVの光がチカチカと天井を照らしていて、見上げた木目が人の顔のように見えた。
ように、なんて言っても、ここ最近、三次元の人の顔なんか全く見てないのだが。
Amazones(通販)も利用しなければ、僕を訪ねる人なんか一人もいない。

『3……2……1…………Game Over!』

プツッ、とTVの電源を消す。
ゲームのBGMが消えてしまえば、平日の真昼間のなんと静かなことか。
このまま寝ちまおうかなぁ、なんて半ばやけ気味に思わないでもない。

――しかしまぁ、そんな自堕落な判断は僕が許しても天が許さなかった。


ピンポーン


玄関から、そんな音がした。
いや、曖昧に濁してなんだが100%チャイムだ。
だけど、正直いやいやあり得んだろと思っていた。
通販注文した覚えはないし、平日の真昼間にくるような相手なんて尚更覚えがない。
だからきっと、隣の家のチャイムが鳴ったのを聞き間違えたんだろう。
そう思って、僕は瞼を閉じた。


ピンポーン


また鳴った。
あと、分かりたくなかったけど音量的にやっぱりウチの玄関からだ。
誰だよこんな時間に……、面倒くさいし居留守しようかなぁ……。


ピンポピンポーン


まるで見透かしたかのような連打。
うわ、こわ。
向こうも帰る気がないのか何を考えているのか、一定間隔でチャイムを押し続ける。
こうも煩いと眠気も覚める。仕方ない、と僕は重い腰を上げることにした。


ピンポーン


「はいはい……今行きますよっと……」

カチャリと鍵を開け、ドアノブを捻り、扉を開く。
よくよく考えてみれば、せめてドアスコープで相手くらい確認すればよかったかもしれない。
僕は、かなり迂闊だった。

「あの、チャイム何度も押さないで……くれま、せん……か…………」



そこには、悪魔がいた。
場違いなアパートの手すりを背に、何かのラスボスにでもいそうな悪魔がいた。
青い肌を惜しげもなく晒す、鬼のように禍々しい角と、蝙蝠のような不気味な翼をたたえた悪魔が。

「あら? やっと出てきたわね」

艶やかな微笑を浮かべて、悪魔がそう言った。
胃がきゅうってなるのが、手に取るように分かった。

「実は貴方にいい話が「か、帰ってください……」」




「え?」

我ながら、よく絞りだせたものだと褒めてやりたい。
しかし、残念ながらこの悪魔、まるで聞こえなかったみたいに目を丸くしていた。

「や、あ、あの……か、帰ってくださるとうれしいなぁ……みたいな……」

なけなしの勇気を振り絞ってもう一度。
さすがに今度はちゃんと聞こえたらしく、彼女はしぱしぱと目を丸くしたまま瞬きしていた。

「え、えぇ、いや、あのせめて話だけでも聞かない?」
「や、む、ムリっす……マジ勘弁…………」

3度目の本気。
えづきそうになる口元を押さえて、もう片方の手で悪魔を拝んだ。
仏に拝むのならまだしも、悪魔に拝む僕はちょっと混乱しすぎていたかもしれない。

その時、うっと、胃袋から何かがせりあがってきた。

「ちょっと、あなた顔が青いけど大じょ―――」

お、おぅえぇぇ……!
キャ―――――――――――――――――!?

僕は、他人が嫌いだ。
とりわけ、女性は大嫌いだ。
更に掘り下げると、悪女っぽい美人は生理的に無理なのだ。

◆ ◆ ◆

「す、すいません……こんな……うぇ……」

悪女っぽい、と言ったことを訂正させてもらう。
いや、外見はもう文字通り悪魔チックで悪そうなのだけど。

「い、いいから無理しないで横になった方がいいわ、はいこれお水」

玄関で盛大にリバースした僕を見かねたのか、悪魔さんは肩を貸して部屋まで運んでくれた。
なし崩し的に家に入れてしまったことに懸念する余裕は、正直僕にはなかった。
たぶん、この悪魔さんもそんなの意識する余裕なんてなかったのだろうが。

「うぅ……、すいません……女性苦手なんス……二次元なら問題ないんスけど……」
「どれだけ拗らせてるのよ貴方……」

心配半分、呆れ半分の視線が突き刺さる。
いつもであればその視線すら無理なのだが、意外といい人だと思えたおかげか何とか耐えれた。

「あの……見たところ魔物っぽいスけど……、どちらさんスか……? 僕、たぶんあなたみたいな知り合いはいないハズなんスけど……」
「そういえば自己紹介がまだだったわね。ちょっとあまりにもビックリしすぎて忘れてたわ……」

さすがの悪魔も、出合い頭に嘔吐されたら混乱するらしい。
彼女はコホン、と軽く咳払いした。

「私はデーモンのエオリア。貴方に契約を持ちかけに来たの」

契約? と、声に出すのも億劫で、視線で問いかけてみる。
締まらないわね、と肩をすくめ、エオリアさんは続けた。

「私はね、この世を魔界にしたいのよ。淫らで甘く美しい、全種族の桃源郷を築きたいの」

うっとりと陶酔したような声音に、ぞくりと背筋が粟立つ。
やっぱり、こういう雰囲気は好きになれない。

「同族が快楽にイく瞬間を見るのも嫌いじゃないけど、人間がズブズブと堕ちてく様を見るのはもっと好き♥ 魔性の愛を受け入れて、快楽によがる貴方たちの姿を見るのが私の生きがいと言っても過言じゃないわ……♥」

だからこの世を魔界にしたいの。エオリアさんはそう言った。
やっぱり悪女である。
胃袋がきゅうきゅうとすぼまるのを如実に感じる僕に、エオリアさんは赤い瞳を向けた。

「貴方も興味ない? 毎日、いや、永遠に愛を営む理想郷に……」

と、そこでスッとエオリアさんの目の色が変わった。
先ほどまでの妖艶な雰囲気を潜めて、ニッコリと笑う。

「と、こんな感じに契約を持ちかけようと来たわけなのよ♪」
「はぁ……」

情けないことに、そんな返事しか返せなかった。
いや、正直に言うと興味がないのだからそうとしか返事できない。
婉曲的に言っているが、要するにスケベしようやぁという誘いなのだろう。
だとすれば、お誘いをかける相手を間違えている。
自分に親切にしてくれる女性相手でさえ吐き気を覚える僕には、遠い世界の話にしか聞こえない。

「あの……」
「言わなくても分かるわ。でも自惚れた発言だけど、私、自分のこと結構キレイだと思ってたのに出会い頭にゲロ吐かれたから結構ショックなのよ?」
「それは、すいません…………」

遠い目でため息を吐くエオリアさんに申し訳なさしか湧いてこない。

「まさかこんなご時世にここまで拗らせてるなんて私もビックリよ……」

こんなご時世。
魔物娘という存在が世に現れてから、いじめのような負の感情を覚える事件はほぼ無くなった。
そうは言われても、もう女性というわけでトラウマになっているのだから仕方ない。

「うぇっぷ……」
「あぁ、ごめん長話なんかしちゃって。とにかく今はゆっくり休みなさい」
「すいません……」

もう、さっきから謝ってばっかりだ。
だけどここは甘えさせてもらうに他ない。
スッと立ち上がるエオリアさんを尻目に、僕は瞼を閉じた。
蝉の声一つしない部屋はあまりにも静かで、すぐに僕は眠りに落ちた。

◆ ◆ ◆

額が冷たい。
うっすらと瞼を開けると、眩しい。
どうやら部屋の電灯が点いているようだ。
エオリアさんが点けっぱなしにしていたのだろうか、そう瞬きした瞬間だった。

「あら、もう起きたの?」

普通にエオリアさんの声がした。
……何故か、勝手にもう帰っているものだと思っていた。
ぐるりと首を巡らすと、キッチンカウンターの向こうで、エプロンをつけたエオリアさんがいた。

「貴方ねぇ、堕落的なのはいいけどカップ麺ばっかりじゃ胃腸も弱るわよ。日本人なんだからお米を食べなさいお米をー」

苦笑いを浮かべる彼女の元から、ふわりとカツオ出汁の香りが漂ってくる。
瞬間に、腹の虫が盛大に鳴り、今ようやっと腹が減っているという自覚が湧いた。

「あの……何を……?」
「うん? おじやよ?」

いや、何を作っているのかじゃなくて。
なんでまだ家にいるのかを聞いたつもりだったんだけど……。
残念ながらエオリアさんはそんなことを意にも解さず、カチリとガス火を切った。

「はい、出来上がり。味見はしてないけど、たぶん美味しく出来たから召し上がりなさいな♪」
「いや……あの……」

ぐぐぅぅぅぅ……。
またおなかが鳴ったので、何も言えなかった。
キッチンカウンターに置かれた土鍋を台拭きごと受取り、情けなさに頬が熱くなる。
お醤油と、カツオ出汁の香りが、すきっ腹にひどく響く。

「………………」
「いただきます、は?」
「あ、え、い、いただきます……」
「召し上がれ♪」

行儀すら呆けて忘れていた僕に、エオリアさんはくすくすと微笑む。
普段ならそれだけで血の気が引いていただろうに、恥ずかしさに消えそうでそれどころじゃない。
とりあえず、誤魔化すようにスプーンでとろりと蕩けた白米を掬い、一口頬張った。

「…………あ、美味し……」

かきたまの具合といい味付けといい、すごく好みだった。
というか、他人の手作りなんて久しぶりだし、それも相まってすごく気分がよくなってくる。
もう一口掬い、またもう一口と匙が進む。

「…………♪」

エオリアさんがニコニコと笑いながらこっちを見ているのに気付かず、もくもくといただく。
気が付けばカリッと、土鍋の底をスプーンで掻いていた。
夢中で食べきってしまったみたいだ……。

「…………あ、え、と……ごちそうさまでした」
「はい、お粗末さまね♪」

いい笑顔に顔が熱くなる。
謎の悔しさを覚えながら土鍋を渡すと、彼女はニコニコと洗いながら手早く洗った。




「で、ですね……あの、大変僭越ながら聞きたいことが……」

ポン、と。布団を畳むエオリアさん、その距離1m。
重ね重ね情けなく、部屋の隅から手を挙げて、彼女に問うた。

「え、エオリアさんは、いつ頃お帰りになさるのでしょうか……」
「あら? 帰ってほしいの?」

ニコニコと。
おじやを平らげてからずっと笑い続けているエオリアさんが首を傾げた。
悪意をまったく感じないのにもはや謎の不気味さを感じる始末である。

「あっいえ、決してそういうわけでは……」
「ふふっ、分かってるわよ。意地の悪い返し方してごめんなさい」

こわい。
そんな僕の思いを知ってか知らずか、エオリアさんは顎に指を当てる。

「そうねぇ、貴方が帰れって言うまで居させてもらおうかしら?」
「え゛っ」
「いやね? 私、出会い頭にゲロられて魔物としての沽券を痛く傷付けられちゃったし、このままじゃ帰れないじゃない? 私も上位の悪魔の手前、落とし前くらいは着けたいのよねぇ……」

チロリ、と切れ長の瞳に射竦められる。
というか、まだそのことを根に持っていたのか。
やっぱりじょせいこわい。すごくこわい。

「い、いやあの……落とし前とかムリなんで穏便に帰っていただきたいのですが……」
「私を置いておけば……」

ニッコリ。
子供のような笑顔を浮かべて、エオリアさんが顔を上げた。

「また美味しいごはん作ってあげるわよ?」
「うっ」
「更に更に付足しますと、このくたびれたお布団や脱ぎ散らかした服も洗濯します♪」

ガッツリ胃袋を掴まれていた。
いや、別の意味で言えば初めて会った時から握りしめられていたのだが。
スペードの尻尾を揺らし、彼女は畳みかけるように続けた。

「まぁまぁ、お試し感覚でいいのよ。ちょっとくらいどーお?」
「………………………」

…………………………。
少し、考える。暗算は、苦手な方じゃない。
料理、足すことの看病、足すことの性格、足すことの引け目、引くことの面倒、引くことの女性。
いこーる、そんなことより申し訳なさで胸がいっぱい。

「……あの」
「何かしら?」
「僕なんかより、もっと、いい人のとこ、行った方が……」
「おぉっとぉ、まだ拒否する余力があるとはなかなかしぶといわね」

いや、だってまぁ……、その通りだろう……?
世の中クソだとのたまっておいてなんだが、僕以上のクソもそうそういない。
負け組だし、面倒だし、吐くし、こだわる理由が分からない。
落とし前とか着ける意味が分からないし、そんな不毛なことするよりも、もっといい人を探した方が、魔物のサガ的にも建設的なはずだ。
じっと、エオリアさんの顔色を窺う。
彼女は、そうねぇと腕を組んでいた。

「私が魔界を作った暁には、みんな、それこそこの上ないくらい幸せでいてもらわないと困るの」

もちろん、貴方も。
そう付け加えて、エオリアさんがピッと僕を指さした。

「そういう意味でも放っておけないのだけど、それ以上に個人的に因縁よ」
「……因縁、って」

ゲロのことじゃないわよ、と真顔で首を振られる。
年頃の女性がゲロゲロ言うのはいかがなものか。
エオリアさんは続けた。

「言ったでしょ、私は快楽の沼にズブズブと嵌っていく人間の姿がこの上なく好きだって♥」
「……………で、ですねー……」

すごく嫌な予感がしてきた。

「あなた、すごく落とし甲斐がありそうで燃えてきたのよ♥」

じゅるり、と、舌なめずり。
きゃあ、変態です。極めて特殊な変態です。いやあ、誰か助けてえ。
な、なんだ、魔物ってのはみんなこうなのか。
それともエオリアさんが個性的に変態なのか。
ぞっと立った鳥肌をさすっていると、エオリアさんはカラッと雰囲気を変えて快活に笑った。

「まぁ、貴方が嫌なら止めるけどね? 私も好きな子いじめるほど子供じゃないから」
「は、はぁ………………えっ、あっ……は、はぁ」

そんなサラッと好きとか言われても困る。そういうの免疫ないんだ。
熱くなった頬を押さえると、エオリアさんはカラカラと笑った。

「さ、どうするのかしら?」
「えっえっ」

な、なんだ。
僕は平穏無事な生活を望んでいるだけなのに、何か男としての度量を測られている気がする。
これを断るって、ほぼエオリアさんを僕がフった形になるんじゃないか?
何それ死ねばいいのに僕。

「え、えーーーーー…………………」
(困ってる困ってる♪)

魅力的、そう思ってき始めている自分は確かにいる。
それ以上に、こんなクズにかかずらわせるなんてという申し訳なさが強い。
引くことの、そもそも僕にこの人を断る権利があるのかという疑問。

「ん、んんんん…………………………………………………………………………………………………………」

すごく、すごく悩ましい事案だ。
エオリアさんは、ニコニコと微笑んだままだ。
そのまま、僕はじっと考えた。



じっと考えても、結果は出なかった。

「あ、あの……」
「あら、決まった?」
「いえ、決まりませんでした……」
「あらら……」
「ので……」

がっくりと脱力するエオリアさんに、付け加えることにした。

「ほ、保留と言うことでお願いします……」



「ほりゅう」
「保留……」

ポカンと呆ける彼女に、情けなさでこっちはぶっ倒れそうだ。
丸くなったエオリアさんの目線に合わせることもできず、あわあわと続ける。

「だ、だってエオリアさんすごくいい人なのに、それに見合った甲斐性なんか僕ないし……」
「……ふふふ、真剣に考えてくれてるようで嬉しいわ」

うぐ。
くすくすと笑うエオリアさんに言葉が詰まる。
心なしか、その頬がほんの少しだけ朱に染まっていた。

「なら、落ち着いてゆっくり考えていいのよ。私は急かすつもりはないわ♪」

そう言って、彼女はスッと立ち上がりパタパタと玄関へ向かった。

「あ、あの……どちらへ?」
「お夕飯の買いだし、一緒に来る?」
「………………………も、申し訳ありませんが遠慮します……」

日光浴びたら溶ける。死ぬ。
重ね重ね重ね情けなく、僕はエオリアさんを見送った。

「……………い」
「?」
「……………いって、らっしゃい」

エオリアさんは、赤い瞳を丸くして驚いて、照れたようにはにかんだ。

「行ってきます♪」

◆ ◆ ◆

「あの調子なら、私の手に堕ちるのも時間の問題ね♪」

ガサガサと、スーパーの袋が揺れる。
鼻歌交じりに独り言ち、エオリアは自分が上機嫌なのだと自覚した。

「難物だと思ってたけど案外チョロいじゃない」

ここまで入り込めば、もうこっちのものだ。
彼女はクスリと微笑みスーパーの袋を持ち上げ、気合いを入れた。

「さ、私は『すごくいい人』なんだから、お夕飯も美味しいもの作らなくっちゃ♥」

そう言い歩を早める彼女の足取りは、どこか弾んでいた。
夕焼けが差しこんでいるせいか、青い頬が赤く染まっているように見えた。
スーパーの袋には、なぜか彼の好物ばかりが入っていた。



後の話は、たぶんご想像の通り。
15/08/27 11:11更新 / ぽんぽんぺいん

■作者メッセージ
開幕ゲロッパ系主人公がチョロいのかと思ったら何気ない一言で実は惚れ込んでしまっていたデーモンちゃんが実はチョロいというお話の表現すごく難しいです。

どうも忘れた頃にやって来る、糸吉ネ土です。
なんか予想以上にパッパーと筆が進んでしまったので書き上げてしまいました。
おかしいな、私ミューカストードのSS書いてたはずなのに……。
勢い任せに書いた手前、だいぶ粗い仕上がりとなってしまいましたがいかがでせう?
デーモンちゃんが可愛らしければ幸いです。

というわけで毎度恒例お粗末さまでした、そろそろお暇しますね!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33