連載小説
[TOP][目次]
本編
「うーん、まいったなぁ……しおの流れから考えるとこの辺に流れ着くんだけど……」
 人は閑散としており、波の音だけが響く砂浜にて……彼は困った顔で下向き加減にきょろきょろと見渡しながら歩いている。近くの漁村の子どもだ。少年から大人になりかけているとはいえ、肉付きはまだ薄く、漁に出るにはまだ幼い。そんな彼が任されている仕事は、漁に使われる網の手入れであった。自分が将来使うであろう道具と言うことで、網の修繕は漁村の少年たちの仕事なのだ。
 彼もその仕事をしていたのだが、少し目を離した隙に、修繕していた網が波にさらわれてしまったのだ。このまま網をなくすと父親や網元に何を言われるか分かったものではない。ぶたれるかもしれない。もう数年もすれば漁に出るであろうが、それでも未熟な子どもなのだ。人気のない砂浜を一人で歩くのも怖いが、大人の説教の方が怖かった。その恐怖が少年の歩を進ませる。
 かれこれ数時間は探しており、そろそろ日の勢いも衰えてきた。帰った方が良いかもしれない。そう諦めたかけたその時であった。彼は視線の先に黒い塊を見つけた。村で何度か見たことがある。漁の網を積みに積み重ねるとあんな感じになる。
 少年ははやる気持ちに掻き立てられるかのようにそのうず高く積まれた黒い塊に近寄る。果たしてそれは彼が探していた網であった。しかし変である。彼がなくした網は一つだけ。ぐしゃぐしゃと置いたとしても、その黒い塊は大きかった。彼はもう少し網と何かに近づいて目を凝らす。そして驚いた。
 網の中に何かがいた。それは、女の子であった。身体の大きさから、少年より少し年下に見える。船が難破して海を漂ったのだろうか? 彼女の身体にはわかめなどが絡みついている。服はボロボロどころか、わかめに埋もれて見えない。死んでいるかと思ったが、肩が微かに、規則正しく動いていた。
「ねえ、だいじょうぶ!?」
 慌てて少年は網をひっぺがし、少女を抱き起こした。すぐに海藻まみれの彼女は目を開けた。どろんと力はないが、それでも開いた。
「良かった! だいじょうぶ?」
「水……のどかわいた……」
 小さな口がパクパクと動き、かすれ声で少女は囁く。少年は頷いた。なるほど、遭難して飲まず食わずなのであれば喉も乾くはずだ。お腹も空いているであろう。幸い、
「あ、ああ……ちょっと待ってね……」
 そう言って少年は腰に手を回した。そこには水筒と少量であるが携帯食が下がっている。
 だが、少女はそれに目もくれず、少年の身体からもぞもぞと降りた。そして這うようにして海に向かう。
「ちょっと!」
 慌てて少年は彼女を止めようとする。海の水は飲んでは行けない。海神の血とも言える海をそのまま飲む者はその呪いを受け、余計に喉が乾くと村に派遣された教団の司祭が言っていた。だから彼は彼女を止めようとする。
 しかし、少女が海に身体ごと浸かり、海水を飲むほうが先であった。塩辛い水を彼女はゴクゴクと音を立てて飲んでいく。
「キミ! ダメだよ! 海の水は飲んじゃダメなんだよ!」
 少年も海水に侵入し、少女の肩を引っ張るようにして彼女を止める。少女はきょとんとしたように彼を見た。何で止められたかが分からないかのように。そして小首をかしげた。
「どうして……?」
「どうしてって……」
 少年は返答に詰まる。村の司祭の教えをそのまま伝えようとしても、彼女は理解してくれないだろう。じゃあなんと言えば良いのか……海水を飲むと実際にどうなるか……少年は理解していなかった。
 黙っている少年に対して少女も黙っていたが、やがて合点が言ったように、ああ、と声を漏らした。
「あなたが水をくれるのね?」
「あ、ああ、そうだよ。だから……」
 少年は再度、腰の水筒に手をやろうとしたが、その動きが止まる。少女はおもむろに少年のズボンに手をかけたのだ。簡素な作りのズボンはあっさりと、下着ごと降ろされてしまう。まだ幼くはあるが、もう子どものものとは言いがたい牡器が露わになる。まだ生殖の準備は整えていないが。
「なななな、何をするの!?」
 突然の少女の行動に少年は腰を抜かさんばかりに驚く。同時に顔にカアァっと血が上る。初めて出会った少女に自分の大事なところを見られる……そのことに恥辱を覚えたのだ。
 そんな少年の反応をよそに、少女は彼の股間に手を伸ばした。そして人差し指と親指でその垂れたペニスを掴み、ゆっくりと手を前後に動かし始めた。
「うううっ!」
 異性の手によって触られ、しごかれる感触……司祭の教えに逆らって自分で触ったことがある少年であったが、目の前の少女によってしごかれるその快感は雲泥の差であった。彼女の手は柔らかで、すべすべで、それでいて少しぬめっていて……?
「……!?」
 突然、冷水を浴びせられたかのように、快感にとろけ始めていた少年の顔が引きつる。なぜぬるぬるとした感触が自分のペニスにあるのか? 明らかに海水ではない粘液が自分と彼女の手の間にあり、潤滑油として塗りたくられている。その粘液はどこから出ているのか?
 そも彼女は"何"なのか? 本当に、難破船から放り出されて服がボロボロになり海藻を身に纏っていた少女なのだろうか? いや、この海藻はそもそも……?
 答えを出すより先に少年は彼女から離れようと手をあげた。髪のように海藻が乗っている彼女の頭を掴んで自分の身体から押しやろうとする。ぐいっと海藻を引っ張られた彼女の頭がつられて反る。つまり、海藻は彼女の身体にくっついていて……身体の一部だ!
 髪だけではない。腕や脚、胸を覆っている海藻も彼女の身体の一部だ! その下に服なんか着ていない! もともとこれが彼女の正体だ!
「ひっ……!」
「……暴れちゃダメ……」
 逃げようとする少年を、彼女はやんわりと空いている手を彼の腰にまわして封じる。手だけではない。彼女の腕から伸びている海藻も彼の身体にべっとりと纏わりついて動きを封じた。
 もう一方の手は指だけで撫でていた段階から進んでいた。彼女からもたらされる刺激によって硬く伸びた彼の竿を、彼女は握りこんだ。手ではなく、腕から生えている海藻で。この海藻は彼女の意のままに操れるらしい。人ならざる者のそれらしい動きに、少年は顔を引きつらせる。だが、すぐにそれは押し流されてしまった。少女が、そのまま腕をゆっくりと動かし始めたのだ。にちゃ……にちゃ……っと、彼女の海藻が粘液質な音を立てる。彼女のそこから分泌される粘液によって。
 ねっとりとした粘液に濡れる海藻によって少年のモノはしごかれる。海藻の茎の硬さがアクセントとなり、少年の身体を楽しませた。
「あああっ……ダメッ、やめて……!」
 少年はもがくが、少女の藻はびくともしない。人ではない彼女の力は大の大人でも振りほどくことはできない。まして、一人前になりきれていない少年など。
 フロウケルプと言う魔物をご存知だろうか。今、少年を嬲っている彼女の見た目通り、全身に海藻のような葉を生やしたような、植物形の魔物娘である。今は陸に打ち上げられ、さらに網に絡みつかれていたため乾燥していた彼女だが、水分を獲ればねっとりとした粘液を体中から分泌する。その粘液と絡みつく藻をもって男を捉え、快感を与えて精を奪うのだ。
 少年が、村の司祭に世の中にどのような魔物がいるか、フロウケルプという魔物がいると教わっていれば、どのようにして男を捉えるのか、具体的に聞いていれば、このフロウケルプに捕まらなかったであろう。だが、淫らなことを嫌悪する主神教団は具体的になど言うはずがない。ましてや子ども相手に。ただ単に「魔物は恐ろしい存在」「仲良くしてはならない」「討伐するべき存在」としか教わっていない。
「ああっ、あっ、あっ、ああああ!」
 少年はもはや言葉を口にすることができていない。身体は陸に打ち上げられた魚のようにびくびくとわなないている。今、村で言われた恐ろしい存在に捕まっている事実。だが、その恐怖を股間から上る本能的に全肯定する快感が押し流そうとしている。その相反する二つの物に少年の心は嵐でもみくちゃにされる小舟のように引っ掻き回される。
 恐怖と快感……最終的には、快感が勝った。それによって少年の身体に反応が起こる。
「うわあああああっ!」
 雷に撃たれたかのように少年が身体をびくつかせる。その突起から白い粘液が勢い良く噴き出る。魔物娘が最も望むもの……このフロウケルプの乾燥を癒やす、海水より遥かに効率が良い物……精液だ。
「あっ♥ んっ、はむ……♪」
 自分の胸元にかかった精液を、フロウケルプは扱いていた手とは逆の方、少年の腰にまわしていた手を使ってこそぎとり、舐めとる。腰を支えられていた少年はその支えがなくなった事でざぶんと浅瀬に尻もちをついた。快感のあまり、立っていられなかったのだ。
 逃げなくちゃ……そう思っても身体は射精の余韻で動かない。それだけではない。彼の目は、自分の泌尿器から飛び出た体液を妖しげに舐めとる海藻女と、その体液が付着している胸元に釘付けであった。先ほどまで少女らしく平らであったその胸は、大人になり始めた女のように少し膨らんでいる。背丈も少し伸びたようだ。先程までは少年より少し小さいくらいであったのに、今は少年より少し高いくらいとなっている。
 恐ろしいと言われているとは言え、少年にとっては女の裸……そこから目をそむけて逃げることができるほど、彼の精神は強靭ではなかった。その女性によってまた気持よくしてもらえること……それを無意識のうちに期待している。まだ、勃起を保っているペニスをひくつかせながら。
 そして、フロウケルプの方もこれだけで終わるつもりがなかったようだ。少年の前で四つん這いになり、その勃起した竿に顔を寄せる。
「もっと……もっとちょうだい……」
「えっ!? あ、あ、あ……」
 近寄ってきたフロウケルプに、呆けていた少年は我を取り戻す。だが逃げようとするより先に彼女のほうが動いた。ぱくりと、フロウケルプは少年の肉棒を咥えたのだ。
「ふあああああっ!」
 思わず少年は快感の咆哮を上げる。手淫を少しだけやったことがある程度の彼。もちろん、特定の女などまだいない。そんな少年が初めて受けた口唇愛撫。そのフェラチオは一味も二味も違っていた。
 フロウケルプの身体から分泌される粘液。それはもちろん、手からだけではない。口の中からも分泌される。ねっとりとした、絡みつくかのような粘液が。それが、温かな女性の口の中で、柔らかで自由に動く舌を駆使されて男性器に塗りたくられるのだ。初めて受けた口による愛撫がフロウケルプによるものなのは、彼にとって幸なのか不幸なのか……
「ひうっ! ひううっ! やめてぇ……!」
 未知の快感に少年は悲鳴を上げながらフロウケルプに懇願する。だが彼女は聞き入れない。そこから吸い上げられる、精液を求めている。また、少年が快感を求めていることも見抜いているからだ。現に、彼はフロウケルプを殴ったり蹴っ飛ばしたりできるはずなのにそれをしない。尻もちをついた体勢で、彼女のフェラチオを受け入れている。口だけが身体と違うことを表現していた。
 本当に嫌がっていないなら遠慮しない。フロウケルプは口の中をきゅっとすぼめ、吸引をかける。さらに、頭を揺り動かした。じゅぷじゅぷと卑猥な音が、波と少年の嬌声混じって海岸に響く。
「だめ、だめぇえ! そんなにされるとまた何か出ちゃうよぉお!」
 快感から逃れるように頭をぶんぶんと少年は振る。先ほど何が何だか分からないうちに味わった、おもらしにも似た感触に泣き叫ぶ。しかしフロウケルプはやめない。ちらりと少年を見上げただけだ。彼女の目がにぃと淫らに笑った。その視線が引き金になったかのように、少年は射精を始めた。
 びゅるびゅると、粘り気のある唾液にまみれたフロウケルプの口の中に白濁の液が流れこむ。それを一滴も逃すまいと、彼女はさらに少年のペニスをまるでストローか何かのように吸い立てる。
「やめてぇ……おちんちんすわないでぇえ!」
 射精中の敏感なそこを刺激され、少年は身体を戦慄かせる。しかしその痴態はフロウケルプをより悦ばせるだけであった。こうして少年は二度目の精液を、最後の一滴まで海藻の魔物娘の口に捧げたのであった。
「ふふふ……ごちそうさま……」
 口をようやく離したフロウケルプはぺろりと自分のくちびるを舐めてみせる。その姿はもはや少女ではない。海水を吸収し、さらに魔物娘に力を与える精液を吸収したフロウケルプは大人の女性の姿になっていた。胸元はふっくらと悩ましい丸い円を描くたわわな果実がなっており、ぷるぷると揺れている。腰の幅もむっちりと広がり、女らしい丸みを帯びている。背丈もぐんと伸びていた。
 少年はぼうぜんと彼女の変化と妖しげな仕草を眺めるだけだ。もはや逃げる気力すら起こらない。身も心も、人智を超えた快感に解きほぐされ、魅了されていた。
 だが彼はまだ知らない。女性によってしか与えられない快感を……
 フロウケルプはゆっくりとかがみ込み、腰を抜かしている少年を軽く抱き上げた。そしてその身体を少し動かす。完全に横にしても、海に溺れない位置に。
 何のつもりなのだろうか。いぶかしがる少年をフロウケルプはまたいだ。そしてスカートのように彼女の下半身を覆っている海藻をそっとどけた。ごくりと少年は唾を飲み込む。魔物の物とは言え、それまで少年が見たことのなかった、女性のヒミツの花園がその奥にあった。海藻もぬめっているが、その股の間に咲いている秘花自体がぬらぬらと濡れ光り、糸を引いて粘液を滴らせている。
 目はそこに釘付けになり、牡器は二度の射精を経ても勃起を保っていたが……少年は手足をばたつかせて逃げようとする。これを知ったら自分の中の何かがすべて変わってしまう……本能的にその恐怖を感じたのだ。
「ダメ……逃げないで……」
 ゆっくりとした、低くやわらかな声でフロウケルプが少年に言う。その身体は動かなかったが、身体から生えている海藻が動いた。しゅるしゅるとそれはひとりでに伸び、少年の身体のあちこちにまとわりついた。ただ拘束しただけではない。そのまとわりつきかたはまるで愛撫のようであった。ふとももを、背中を、尻の膨らみを、肩口を、ねっとりと……自由を封じられたと言うのに、ぬめった海藻にそのようにまとわりつかれ、少年は快感に身体を思わず震わせた。
 彼の様子にフロウケルプは満足そうに笑った。そして少年の腰の上で膝をつく。熱り立った肉竿と、濡れた秘貝がいっきに近づく。そのままフロウケルプは膝を曲げて腰を落としていく。竿と割れ目が密着する。
「あああ……」
 先端に女陰とそこからあふれる粘液が触れる……それだけで少年は切なげな吐息を漏らした。
「んっ……♥」
 それまで一方的に攻めに回っていたフロウケルプがここで初めて、短くくぐもっていながらも快感の声を漏らした。女性の淫靡な声……初めてそれを聞く少年の耳をくすぐり、より少年の興奮を掻き立てる。だが、これはまだ序の口。
 フロウケルプは脚の位置を調整し、さらに腰を沈めた。少年の肉竿は秘貝をこじ開けて中に滑りこんでいく。
「あああああああっ!」
 少年は絶叫した。彼女のソコはぬるぬるとしており、程よく少年をしめつけてくる。ぬめっているだけではない。海藻の茎と同じように所々に硬い襞のような物を感じ、ペニスがそこを通り抜けるたびにコリッと刺激を与えてくる。海藻にペニス全体をくるまれたかのような快感にも近かったが、その柔らかさと温かさは海藻とはまた別モノであった。
「んふぅうう♥」
 一方、女の大事なところで男を受け入れたフロウケルプの方も、ただでは済んでいなかった。膣肉を押し広げて擦ってくる牡の象徴……その快感が彼女の身体に電気のように流れる。ぐんにゃりと、それこそ打ち上げられた海藻のように、彼女の身体が少年の上に崩れ落ちる。胸と胸、腹と腹、性器と性器……二人の肌が密着する。
「……ふふっ♪」
 不意にフロウケルプが楽しそうに笑った。肌の密着を喜ぶかのように。その笑みに少年は思わず心を打たれる。目の前にいるのが村の司祭が恐ろしいと説いていた魔物なのに。
 快感によってとろかされた身体と心は、それまで食わず嫌いに拒絶していた魔物娘を受け入れる余地を作っていた。
「……」
 フロウケルプがおもむろに目を閉じ、少年に顔を寄せた。彼は首を捻ったりしなかった。そのまま彼は彼女のくちびるを受け止める。キス。少年も村の若い衆が結婚をした時などで見ている愛を表す行為……それを少年は逃げること無く、海藻の魔物娘とかわしていた。
 魔物娘の舌が少年のくちびるを割って口の中に侵入してきた。ねちゃねちゃと粘り気のある唾液を口腔粘膜に塗りたくってくる。その粘液に触れるだけで少年の頭は快感でボーッとした。それに、彼女の唾液はどことなく甘い。気づけば彼は自分からフロウケルプの舌に自分のそれを絡みつけていた。
「んっ♥ んっ♥」
 少年から返ってきた反応が嬉しかったらしい。フロウケルプの舌の動きがより激しく、情熱的な物となる。激しくなったのはキスだけではない。彼女の身体の動きも活発になっていた。
 肌を少年に密着させたまま、フロウケルプは自分の身体をくねらせ始めた。粘液にぬめる彼女の身体はスムーズに少年の上を滑る。
「んんんっ!」
 乳首が、腹が、内股がフロウケルプの肌に擦られ、少年は思わず嬌声を繋がっている彼女の口の中に送り込む。一度、魔物娘はキスを中断した。少年を見下ろして訊ねる。
「気持ちいい? ぬるぬるされるの、気持ちいい?」
「きもちいい……」
 熱に浮かされているかのように、少年は答える。だが催眠でも傀儡でもなんでもなく、少年は自分の意思で答えていた。自分も肌が擦れ、胸が少年の胸板でひしゃげてこね回されているのに快感を覚え、熱っぽい吐息を漏らしながら、フロウケルプは笑う。
「そう……じゃあもっと気持ち良くしてあげる……」
 彼女の言葉と同時に動き始めたのは、少年を拘束している海藻であった。にゅるにゅると触手のようにうねりはじめる。
「あっ、あっあああ……!」
 背中や内股、尻を撫でられ、くすぐったさとは違う妖しげな快感がそこから沸き起こる。少年が身体をよじるとその動きでまた海藻と身体が擦れて快感が発生する。
 全身を少年は、フロウケルプの身体に包まれていた。ぬめった海藻、肌、膣によって……胸も背中も、尻も、脚も、陰茎も……全身をぬるぬると、気持ち良くされる。
 与えられる快感は少年の身体を最終段階に進ませる。
「はひっ……! また、また出ちゃう……!」
 気持ち良くなると自分の性器から出る体液……それが何だか少年はまだ理解していない。故に、彼女に漏れそうなことを伝えるが……
「んっ、あっ、あ……♥ おちんちん……中で膨らんで……♥」
 フロウケルプは聞いていない。彼女もまた、少年と肌がこすれることによって、ペニスとヴァギナがこすれることによって身体に起こる快感に夢中になっていた。それでも彼が射精直前であることをその膣肉で感じ取る。
「出して、出してぇ……私にもっと……」
 彼の射精を促すため、そして自身もアクメへと達するためフロウケルプは淫らに身体をくねらせた。にちゃにちゃと二人の身体から粘液質な音が響く。微かに二人の身体が離れると、名残惜しそうにフロウケルプの粘液が糸となって二人をつないでいた。
「んんんんっ♪」
 最後に、少年の頭を両手で包むようにしてつかみ、荒々しく自分のくちびるを押し当てて舌をねじ込んだ。同時にぐっと腰を落としてより下腹部の密着を高める。二人の密着が最大限になる。そう、彼女の膣内でも。亀頭と子宮口が密着し、擦れ……
「んっんっ♥ んんんんっ♥」
 先に我慢できなくなったのは意外にも彼女のほうであった。身体がびくびくと震え、膣肉が少年から体液を搾り取ろうとするかのようにぎゅっと収縮する。
 ぬめったその肉に締め付けられ、少年も我慢ができなくなった。三度、射精が起こる。肉竿から噴き出した白濁液は、フロウケルプの膣から分泌される粘液と交じり合い、そして彼女の膣肉に吸収されていき、彼女の潤いとなっていった……


「あの……ぼく、帰らないと……」
「や〜……」
 日はすっかり沈んで月と星が真っ黒な海と浜を照らしている。そこに、もぞもぞと動く二つの影があった。少年とフロウケルプだ。もともと少年は漁村の者、そしてここには網を探しに来ただけだ。その網も見つけ、帰ろうとするのだが……
「帰っちゃイヤ……寂しい……」
 フロウケルプがその身体にすがりついてくる。夜目でも分かる、つり上がった目をしているのに困ったように垂れ下がった眉がより彼女の寂しさを雄弁に物語り、少年の後ろ髪を引っ張った。
「ね? 帰らなくても寂しくないように、私がずっといるから……気持ち良くもしてあげるから……」
 海藻がにゅるにゅると伸びてきて少年の身体を包み、彼女の身体の方へと引き寄せてくる。困った顔をされた上にこんな事をされ……それに抗うことは少年にはできなかった。
 やがて少年が折れた。なんとか立ち上がって彼女から離れようとしていた力が抜け、彼女に身体を委ねた。形としては少年が背中から倒れこんで、それをフロウケルプが受け止める形となった。
 だから少年は見えなかった。彼女がどのような顔をしていたか。だが、ささやく彼女の声がとても嬉しそうだったのは分かった。
「ずっと一緒だよ……もう、離さないよ……」
 背後から腕を回し、覆いかぶさるようにして自分も体重を預け、耳元でささやく彼女の声が……
16/01/28 21:08更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
どうも、ご無沙汰しております。沈黙の天使です。
働き始めている状態で、十二夜月蝕様主催のアンソロジー同人に参加したり(『人外コレクション』をよろしくね!)動画を作ったり(『魔物娘 ga TRPG-魔女とバフォ様のSW2.0-』をよろしくね!)して、あるいはpixivでオリジナルSSやよその子SSやを書いていたらここに投稿する頻度がぐーんと減ってしまいました。
ってか俺、忘れられているかな? 最近、レベルが高い新人さんがたーっくさんいて私、かき消されてないかな(汗)

ですが、今回フロウケルプさんを見て「こんな娘ににゅるにゅるにされたい!」「ぎゅっと密着したい! されたい!」と言う欲望が暴発して、明日も仕事だと言うのに、プレゼンの準備もしなきゃいけないのにうっちゃってSSを書いていました。(おいおい)
ちくしょう、これもそれもフロウケルプちゃんがエロカワイイのがいけない!

さて、そんな感じで書いたSSですが、いかがだったでしょうか?
超特急で書いたし、最後はちょっと眠かったりもしたので粗もあるかな……うーん……でも勢いは殺したくなかったしなぁ……
そんな感じでちょっと反省点もあるのですが、みなさんのオカズになればこれ以上の喜びはないです、にゅるにゅる〜ん♪

なお、このSSは後日談があり……それは次のおまけの章に……衝撃の真実が明かされる!?

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33