連載小説
[TOP][目次]
プロローグ
とある親魔物領で産婦人科の美人(←ここ重要)女医として働いているサキュバスのレイラは、これまで様々な種族の魔物娘を診察してきた経験があった。だが、今回の様なケースの患者は、彼女にとっても初めてであった。

「まさか人間の子供と、エンジェルの夫婦とはね……」

レイラの前に座っているのは見たところ10を少し越えた辺りの年齢の、中性的な容姿を持つ、栗色の髪の毛の少年だった。その隣で肩を寄せあって座っているのは、人間離れした端正で清純な雰囲気をまとった、金髪の美少女で、背中に純白の優美な翼を纏い、頭上に黄金の輪を浮かべていることから、神族の一員である「エンジェル」であることが分かる。

「ダークエンジェルなら何人か診たことはあるんだけど……とりあえず、今日はどうしたのかしら?」

レイラが尋ねると、エンジェルの少女は顔を茹で蛸の様に真っ赤にして俯いた後、蚊の鳴くような声で囁いた。

「ユストさんの……赤ちゃんが欲しいのですが……なかなか出来なくて……」

その言葉を聞いたユストという名の少年もまた、照れ臭さのあまり顔を真っ赤にして俯いてしまう。その初々しい仕草には、女のみならず男であっても内心ドキッとしてしまうことだろう。

「……うーん……魔物化してるだろうとは言え……エンジェルに関しては経験も資料も少ないから、アドバイスし辛いわね……取り合えず、二人の馴れ初めから話してもらっても良いかしら?」

「馴れ初め……ですか?」

ユストはキョトンとした顔で聞き返す。

「そうよ。二人が出会ってから結ばれるまでの経緯を確認したいの。その中に、子供ができにくい原因の手がかりがあるかもしれないから」

レイラの言葉に納得したユストは、エンジェルのシェミリとの出会いから、現在に至るまでに何があったかを語り始めた。


ーーーーーーーーーーー

ユストは反魔物領の領地に属する、村の近くにある里山の山小屋で、薬師を営む夫婦の間に産まれた男児だった。

敬虔な主神教壇の信者であったユストの両親は善良で高潔な人物であり、ユスト自身もそんな二人の愛情を一身に受け取ることで、心優しい少年へと育っていった。



だが、ささやかではあるが暖かい幸福を享受していた家族に、前兆も無いまま悲劇が降りかかる。

ある日突然、都市の方から主神教団の兵士がやって来て、ユストの両親を悪魔信仰の容疑で異端尋問にかけるために、逮捕したのだ。

幸い村に住む人々は彼らが敬虔な信者であることを深く理解しており、ユストにも「すぐに誤解が解けて、帰ってくる」とこれまで通り優しく接していた。

しかし人々の予想に反して、ユストの両親は解放されず、幼いユスト少年は何ヵ月も孤独な夜を過ごすことを強いられた。だが、ユストはいつかまた、両親と出会える日を夢見て、主神に祈り続けたのだった。


独りぼっちの寂しさで枕を濡らしていたある日の夜に、「彼女」はユストの前に舞い降りた。

「私の名はシェミリ。苦難の中でも信仰を忘れない貴方を祝福するために、会いに来ました」

シェミリと名乗るエンジェルは、両親と引き離されて悲しみにくれる少年と共に一つ屋根の下で暮らすようになった。シェミリの献身は濃紺の悲しみに沈んでいた少年の心を少しずつ溶かしていき、ユストは失われていた笑顔を少しずつ取り戻していった。村人たちも、「天使様が直々に会いに来てくださるということは、やはり悪魔信仰の件は誤解なのだろう」と考えた。




そのような日々が続いたある日のこと、ユスト少年に人生の転機が訪れることとなった。

その日は不気味な赤黒い雲が空を覆い、何か良くないことでも起こるのではと村人たちは気が気でなかった。結論からいうと、彼らの予想は的中した。村に魔王軍が攻め込んできたのだ。

魔物が人々に危害を加える存在だと教えられてきた村人たちは、恐れをなして家の中に閉じ籠り、村の八百屋で夕飯の買い出しをしていたシェミリは急いで、ユストのいる山小屋へと戻っていった。

山小屋の中では、一人のサキュバスがユストの小柄な体を背後から抱きすくめて、彼を誘惑している最中だった。

これまでに無いほど激怒した表情で少年から離れるよう迫るシェミリに向かって、サキュバスは涼しい顔で全ての真実を語り始めた。


ユストは勇者の素質を持って産まれた男だった。しかし、ユストの両親は主神を深く信仰していたものの、魔物や主神が悪と定める存在への敵対心や憎悪は持っておらず、彼らの手で育てられたユスト自身も、敵意や暴力とは無縁の、純真な人間へと育っていった。このことを危惧した主神は一計を案じ、教団を通じてユストと彼の両親を引き離したのだ。シェミリを遣わせたのも、神族である彼女と親好を深めさせることによって、勇者としての使命感を駆り立てるという目的のためだったのである。

主神の企みを察知した魔王軍は、ユストの両親を連行していった兵士を襲撃して二人を保護、周到に準備を整えた後、先手を打ってユストが住む地域の襲撃を実行に移したのである。

おぞましい事実を告げられて絶句するシェミリをよそに、サキュバスはユストに魔王軍に入ることを勧めた。魔物は人間を傷付けたりしないし、自身に身勝手な理由で孤独を押し付けた主神に復讐できる。何だったらそこのエンジェルも魔物娘にして、一緒に魔王軍に入れば良いと。

主神の方も山小屋に飾られていた十字架像を通して、ユストの脳内に語りかけてきた。魔物の誘惑を振り払い、シェミリと共に魔王軍の侵攻を防ぎなさい、そうすれば勇者として神々も羨む名誉が授けられる、と。

だが、ユストの心は最初から一つに決まっていた。


「僕は……ただ、シェミリお姉ちゃんと、これからもずっと一緒に、ここで暮らしたい!」


ユストは最初から復讐も名誉も望んではいなかった。ただ人生の一番辛い時期に側に寄り添って、純粋な愛情を捧げてきてくれた天使の少女と、これからも共に生きることを望んだのだ。

こうして主神の目論見は失敗に終わり、サキュバスも「任務とは言え、これまで幸せにやってきた男女の人生に介入するのは気が進まない」として、その場を立ち去った。

彼女が去った後ユストは改めて、今まで自分が胸の中に抱いてきた想いをシェミリに打ち明けた。シェミリもまた、ユストに初めて会った時から感じていた、真っ直ぐな心を持つ少年への切ない恋心を彼に打ち明け、二人は静かな口付けを交わした。


このようにして純真な少年と天使の少女は結ばれたのだった。

その後、ユストの住んでいた領地は魔王軍の侵攻によって親魔物領へと鞍替えし、彼の両親も近々戻ってくる手はずになっている。ユストとシェミリは両親との再会を、新しい家族と共に迎えようとして、この産婦人科を訪れたのである。

ーーーーーーーーーーーー

「成る程ねぇ……ロマンチックな話じゃない。お姉さん、嫉妬しちゃうわ♪」

そう言ってレイラがウインクすると、二人の顔はまたしても真っ赤に染まる。

「でも話を聞いた限りでは、二人の過去に妊娠し辛い原因があるとは考えにくいわね……」

レイラは所在なさげに手元で羽ペンを一回転させてから再び口を開いた。

「それで、セックスは何回ぐらいしてるの?」

「えっと……1日に5,6回くらいは……」

恥ずかしさの余り顔から湯気でも出しそうなユストの代わりに、やはり言い辛そうにしながらも、シェミリが答える。

「うーん……魔物娘的には余り多いとは言えないわ」

「あ、あの……レイラさん……実は……」

ユストはしどろもどろになりながらも何とか声を発した。

「このセックスの回数は……オーラルセックス込みでして……本番そのものは1日に1,2回程度です……」

「ぶっ」

レイラは思わず吹き出してしまった。

「それじゃあ貴方、膣内射精は全体の回数の2割位しかやってないってことじゃない! それじゃあ子供が中々出来ないのも当然よ!」

「いや、ユストさんは悪くないんです! 私、いつもHの時は前戯に時間を掛けちゃって……口や手だけじゃなくて、足でも腋でも髪の毛でもイかせちゃうから、本番に入る頃には、ユストさんの体力が残ってなくて……」

「お姉ちゃんのせいじゃないってば! 僕が、毎回口とか手だけじゃなくて、足裏とか太股とか腋とか髪の毛とかほっぺとか胸とかお尻の穴でシて欲しいっておねだりするから、結果的に中に出す分が少なくなって……」

呆れた表情で溜め息をつくレイラ。

「なるべく中に出しなさい。私から言えるのはそれだけ。後は……昨日の夕飯の献立を教えてもらえる?」

「夕飯の献立……ですか?」

シェミリは指を一本一本曲げながら、夕飯の献立を一つずつ思い出していく。

「バタートーストと……野菜スープ……飲み物は……アップルジュースでした」

「粗食ねぇ……」

「ユストさんは昔から少食でベジタリアンでしたし、私の場合そもそも食べなくても生きていけるので……たまに鰻とかも食べることはあったんですけど……」

「もっと肉とか魚とかを毎日食べさせて、精力を付けさせなさい。後は……」

レイラは本棚から最近購入した医学書を取り出してページを捲ると、ある興味深い記述が記された頁で指を止めた。

「ねぇ……これは眉唾ものの研究結果なんだけど……試してみる価値はあると思うわ」

レイラは淫魔特有の、色気のある意地悪な笑みを浮かべて二人に話しかけた。

「『変態的なプレイをすると、妊娠する可能性が高くなる』……この本にはそう書かれているわよ♥」

「「えっ!」」

ユストとシェミリはまたしても頬を真っ赤にして声を上げた。



ーー続く。
17/11/12 20:10更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
※現実では変態的なプレイで妊娠の可能性が上がるという研究結果は、確認できていません。あくまで本作品内で言われている説としてお楽しみください。


Q.「お仕置き少年」の続編は?

A.書きたいときに書きたいものを書く。それがモチベーション維持に最適な方法なのです(暴論)



前作「天使の住む家」ではユストの両親は早逝している設定でしたが、本シリーズではなるべく優しい世界を書きたかったので、こっそり修正しときました。ていうか、「天使の住む家」自体は5年前の作品なんだよなぁ……たまげたなぁ……。

今のところプレイの内容は電マ責めと目隠しプレイは構想があるのですが……他に何か良さそうなプレイは無いかな……(チラチラ)誰かが良いアイディアを教えてくれないものかな……(チラチラ)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33