連載小説
[TOP][目次]
Sauhaguin Swim suites
「夕べはお楽しみでしたね」
「……おかげさまで」
 翌日の夜、リビングのサロンにて。ルナとソレーヌは食後の紅茶を楽しんでいた。ニヤニヤと楽しそうに言うソレーヌに対し、ルナは下から恨みがましい目で見上げながらポツンと呟く。きっとこの姉はどこかで自分たちの交わりの様子を面白おかしく、そして淫らに見て楽しんでいたに違いない。自分をチャイナドレスという普段とは異なる格好に着せ替えて遊んで。しかし、実際のところ自分も楽しんでしまっていたので、ルナは強く言えなかった。
「楽しんでいただけたようで何より! お土産にして良かったわ。と言うわけで次の服を試してみない?」
「まだあったの?」
 ルナは少し呆れた。
「あのスーツケースに一着しか入っていないはずがないでしょう? と言うか、見たでしょう?」
 昨日の盛り上がりですっかり忘れていた。くちびるを噛むルナの前でパチンと指を鳴らし、ソレーヌは侍女にスーツケースを運び込ませる。そしてそれを開けて一人ぶつぶつつぶやきながら中の服を物色し始めた。
「これはちょっと刺激が強すぎるわね……これは……刺激はともかく、次のステップにするとしましょう。と言うわけで……うーん、いやぁ……刺激は強いけどこっちの方がいいのかな……」
 ソレーヌがひらりと取り出したのはコルセットのような形をした薄い服だった。紺色をしている。こんな服、ルナは見たことがない。いや、これは服ですらなかった。服でないとしたら……思い当たったルナが恐る恐る姉に訊ねる。
「姉さん、それってもしかして……」
「ええ、サハギンの鱗よ」
 サハギンとは川に住む魔物娘だ。無口なことが特徴であるが、大きな特徴がもう一つある。それが今、ソレーヌが持っている鱗だ。
 サハギンは時々、鱗を脱ぎ捨てる。ラミアの脱皮と同じだ。その鱗に手を加えると、衣服の一種となる。糸や針が一切使われておらず、ショーツとボディースーツが一体化したような形をしている一品だ。しかし、ショーツとボディースーツを合わせたような形となると、それはほぼ下着姿も同然である。
 その恥ずかしい代物を姉のソレーヌはルナに着せようとしているのだ。
「いや、姉さん。そればかりは無理……」
「無理なはずないじゃない。小さいころは一緒にお風呂に入ってルナの裸は全部見ているし、大きくなってからもあなたの裸や下着姿も見ているもの。これだって大丈夫」
「その理屈はおかしい! ってきゃー!?」
 ソレーヌがルナの背後を素早く取り、床に強引に座らせる。そして彼女の貴族らしいドレスを脱がせ始めた。ルナはもがくが、その抵抗には力が入っていない。
「姉さん! ダンピールの魔力まで使うの反則……いやーっ!?」
「まぁまぁ。この恥ずかしさを通り越したらクドヴァンとのエッチもあって快感で天国だから」



 侍女の伝言を受けて、クドヴァンはサロンに向かっていた。二人は食後の紅茶を楽しんでいたはずだ。その二人がいるところに呼び出されたということは
『おそらく、また新たな服を着させられているのではないだろうか』
 クドヴァンはルナよりは頭が回っていた。ソレーヌの用意した"お土産"が、あのチャイナドレス一着のはずがないことを覚えていたし、そのことで呼び出されたのだと予測している。
 今度はどの服を着ているのかという期待が半分、またソレーヌが強引にルナに着させているのではないかという不安が半分。その気持ちでクドヴァンはサロンの扉を開いた。
「ぬわっ!? 何ですかこれは!?」
 昨日のことから、叫び声はおそらく上げないだろうと思っていたクドヴァンだったが、昨日以上の声を上げてしまった。部屋にはルナの黒と赤のワンピース・ドレスと紫の扇情的なブラジャーとショーツが散らかっている。そこから少し離れたところにルナがいて、背後から抱きつくような形で拘束しているソレーヌがいた。
 そのルナはサハギンの鱗を着ていた。イルカのようなつるりとした白い脚が惜しげもなくサロンのランプに照らし出されている。しかし魅力的ではあるが、ルナの生足を明るいところで見るのは初めてではなく、特別に新鮮と言うことはなかった。
 一番の魅力はルナの身体にぴったりと張り付いている、その鱗だった。身体のラインを出すのは昨日のチャイナドレスも出している。だがこれはぴったりと、ルナのボディーラインを出していた。
 形がよく、ツンと上を向いているバストは下の丸みもはっきりと魅せている。尻のラインもショーツと同じように包まれているのだが、その張り付き具合は下着と違う妖しさを醸し出していた。
「う、うう……クドヴァン、見ないで……」
 貴族の屋敷には場違いな水着姿……裸ではないのに裸以上に恥ずかしい。貴族たる自分がこのような姿をしていることに、ルナは涙目になっている。
 しかし、彼女の懇願などクドヴァンは聞いていない。自分の女のその艶やかな姿を食い入るように見つめている。そのことにルナを後ろから拘束しているソレーヌはクスクスと笑った。
「ほぉら、目をギラギラさせてクドヴァンが見ているわよ? こんなに見てくれるなら着ても良かったんじゃない?」
 ソレーヌの言葉にルナはくちびるを噛んだ。羞恥心は消えていない。だがそれでもソレーヌの言葉は正しかった。クドヴァンにこんなに見てもらえて嬉しいと思っている自分がいる。そしてそのクドヴァンの視姦が自分の官能的な気分を掻き立てていた。自分の腹の奥が熱くなっているのを感じる。
「クドヴァンが喜んでくれたのなら、買ったかいがあったわね」
 ルナに密着している姉は妹が発情していることもお見通しだった。ようやくソレーヌはルナの拘束を解く。もう妹は抵抗しないことが分かっているからだ。疼く身体を抱えているルナを尻目に、ソレーヌはクドヴァンに近寄る。そして彼の耳元に口を寄せた。
「あとでもっと良い物をあげるわ。それまではイチャついていなさい」
 彼女の言う良い物とは何なのか。聞き返そうとしたクドヴァンだったが、ソレーヌは笑うだけでもうそこから姿を消そうとしていた。砂が風で払われていくかのように、彼女の姿が霞んでいく。
「それじゃ、あとは二人でゆっくり楽しみなさい」
 最後に笑みを一つ残し、ソレーヌは魔法でその姿をかき消す。後にはルナとクドヴァンが残された。



「……」
「……」
 部屋は重苦しい沈黙に包まれていた。ルナは羞恥で何もいうことができず、クドヴァンはそんな妻にかける言葉が見つからない。ふたりとも黙ってしまうことがより口火を切りづらい状況を引き起こしていた。しかし、いつまでもこうしてはいられない。
「ルナ……」
 先に動いたのはクドヴァンだった。ゆっくりと歩み寄り、サハギンの鱗に身を包んだヴァンパイアをそっと抱きしめる。
 一瞬身体を硬くしたルナだったが、すぐにその身体から力を抜いた。抱きしめられているということは、彼の視界にあまり入っていないということ。そのことが少しルナを安心させる。また、最愛の夫に包まれているということが、彼女の精神的な落ち着きを取り戻させていた。
 しかし、心が落ち着き、さらに男に抱きしめられると、それまで羞恥心に覆い隠されていた気持ち、情欲が表に出てくる。クドヴァンの腕の中で、ルナはむき出しの脚を軽く擦り合わせた。
 それを見逃すほどクドヴァンも優しくはない。片手でルナの顎を軽く掴んで上を向かせた。そしてそのくちびるを奪い、口内を蹂躙する。大胆でありながら繊細なその舌使いにルナは羞恥心をさらにとろかされ、官能をかき立てられた。
 クドヴァンが身を屈めながらルナの身体を軽く押す。あっさりとルナの身体は崩れ、カーペットの上に座り込んだ。彼女に覆いかぶさるようにクドヴァンもしゃがみ込む。そして再びそのくちびるを奪った。ルナもそのキスを貪るように、侵入してきた舌に自らの舌を絡みつかせる。
 キスだけで止まるはずがない。情熱的なくちづけを交わしながら二人の手が互いのプライベートゾーンを這いまわる。クドヴァンの手はルナの丸い胸丘を鱗の上から撫で回し、ルナの手もクドヴァンの股間に差し入れられ、ズボンの上から硬起したものをさすった。
 服を脱ぐ時間を待つのも惜しかった。二人のくちびるが少し離れた時、ルナが指を鳴らす。次の瞬間にはクドヴァンの服は霞のように消え、近くのソファーに掛けられていた。淫らなことを好む魔物娘だからこそ使われる魔法だ。
 ルナの手が直接、クドヴァンの肉茎に這わされる。サハギンの鱗姿の妻のいつもとは異なる魅力、発情した妻、情熱的なキス、ズボン越しのもどかしい刺激……それによってクドヴァンのそこは限界まで張り詰めていた。
 一方、ルナの興奮もかなり高まっていた。彼女の淫洞からはこんこんと泉が湧きでており、鱗のクロッチを色濃く変色させている。そのシミをクドヴァンは思わずまじまじと見つめた。
 ヴァンパイアの発情の証によって濡れたそこはさらに肌にぴったりと張り付き、他の布地と違って妖しげな光沢を放っている。ルナが身体をよじるたびにその光沢が波打ち、彼女が濡れていることを語っていた。その見慣れない妖しげな光沢をクドヴァンは少しの間、飽きることなく見ていた。
「クドヴァン?」
 動きを止めているクドヴァンにルナが訝しげに声をかける。すまない、とクドヴァンは謝ったがその時、悪魔めいた考えが彼の脳裏をよぎった。
 サハギンというのは水棲の魔物娘であり、この鱗も水着のようなものだ。そして濡れると、今ルナの股間のようなことになる。もし、この水着がすべて濡れたらどうなるか……しかも、それが真水だったらどうなるか。ヴァンパイアと言うのは真水に弱い。触れるとそこから電気のような快感が全身を駆け巡るのだ。
 ふと何かを感じ、クドヴァンはルナから視線を外して近くにあるテーブルに目を向けた。いつの間にかそこには水差しが置かれている。さっきまではここになかったはず……いや、この水差しがそもそもこの家にない物だ。
 クドヴァンはピンと来た。これが、義姉が言っていた『良い物』なのだと。おそらく、中には真水が入れられているはずだ。
 手を伸ばそうとしたクドヴァンだが、少し躊躇した。真水をヴァンパイアにかけると本当にすごいことになる。最中は終始イキっぱなし、情事後はもう身体を動かせないほどルナはぐったりとしてしまう。そのためルナも、たまにならいいが真水を使っての性行為はあまり望まない。だが……
「ごめん、ルナ……!」
 一言謝って、クドヴァンは水差しをむんずと掴む。欲望が妻への気遣いを上回ってしまった。どうしても今、濡れたサハギンの鱗を纏い、そして真水の快楽に悶える妻を見たかった。
「え、何クドヴァン、急に謝って……ひああああああ!」
 悲鳴がルナの口から上がる。水が水差しから落とされていた。びちゃびちゃと音を立てながら水はルナの着ている鱗を、そして胸を濡らしていく。
 無言でクドヴァンは水差しを動かす。胸に注がれていた水が今度は腹に注がれていく。
「あ、ああああ! だめっ! だめぇえ! 水はだめええ!」
 恥も外聞もなく、ルナは拒絶の声を上げる。だがその声は快感に染まりきっており、身体は拒んでいないことを示していた。
 ルナのダメと言う言葉に少し罪悪感を覚えながらも、クドヴァンは水を浴びせるのをやめない。とうとう、ルナの体幹は真水で濡れきった。彼の期待通り、サハギンの鱗は黒色に染まりながらも妖しい光沢を放つ。ルナが快感で身体をよじるたびにその光も動き、ルナの身体のラインを強調した。
「ばかっ! バカ者! なぜ私にこんなことを……ひ、ひう!」
 疲れはするが気持ちいいことは好きだし、夫が望むのならそれにできるだけ応えようとも思う。だがいきなり水を浴びせられたのは不満だったようだ。ルナがクドヴァンを睨む。もっとも、その目は快楽に潤んでいて迫力はなかったが。
「ごめん……どうしてもこの服を着て濡れているルナの姿と……水に濡れて悶えているルナを見たかったんだ……」
 苦しげに搾り出すように懺悔しながらも、血走った目でルナをクドヴァンは凝視している。自分の姿に夢中になっている最愛の男の姿を見て、ルナは何も言えなくなってしまった。
「……んく!」
 びくんとルナは身体を一つ、波打たせた。水の影響で触れられてもいないのに達してしまったのだ。真水に濡れている限りこの効果は続く。連続で絶頂を味わわされてしまうのだ。これで疲れてしまうのが、ルナが真水を情事に使うのを好まない理由の一つであった。だが、もっと大きな理由が彼女にはある。
「ばか……」
 かすれ気味の声でささやきながらルナは下から腕を伸ばしてクドヴァンを抱きしめる。
「イク時はあなたの身体でイキたいって……いつも、言っているじゃない……んんっ」
 夫に触れたことでさらに身体の感度が上がってしまったようだ。またルナの濡れた身体がオーガズムを迎える。ひとしきり、クドヴァンの腕の中で身体を震わせたルナは、ハスキーな声で続けた。
「だから……ちょうだい……あなたの身体で、イカせて……」
 妻にそんなふうにねだられて断れる夫などいない。まして、今は自分の欲望を優先して妻を淫ら地獄にたたき落としてしまったのだ。その責任をとって、彼女のリクエストには答えねばなるまい。
 手をルナの下腹部にクドヴァンは伸ばした。サハギンの鱗のクロッチ部分をぐいっとずらす。その状態でクドヴァンは腰を押し進めた。何度も交わった妻の身体だ。手で調整したりすることなく亀頭でルナの膣口を探り当て、そのまま自分の分身を入れていく。
「ぅう、ぅぁあああああ!」
 はじめは抑えたように、だがやがて抑えきれないと言った感じでルナは背中をのけぞらせながら声を上げた。
 一方のクドヴァンは暴発に耐えるように、歯を食いしばっている。真水に濡れて快感を受け続けているルナの膣内は、身体以上に濡れていて、熱かった。
「あっ、あうぅう!」
 クドヴァンに抱かれたまま、ルナがビクビクと身体を跳ねさせる。また達したのだ。ぎゅぎゅぎゅっとルナの膣が男の精を求めて収縮する。クドヴァンの射精をこらえようとする顔がさらに硬いものになった。ルナの絶頂が過ぎ去り、締め付けから解放されるまでじっと動かずにやりすごそうとする。やがてルナの身体から力が抜け、締め付けもおさまった。だが……
「クドヴァ……あ、あああああ!」
 再びルナの身体が跳ね、膣の収縮が始まる。真水に濡れて快感を味わわされ続けている身体で愛する男を受け止めて平然としていられるヴァンパイアなどいない。動いていないのに、クドヴァンとつながったままルナの身体は何度もアクメを迎えた。その度にクドヴァンはルナの締め付けに射精へと誘われそうになる。しかし、そう何度も耐えられる物ではない。
「くっ、うっ……!」
 彼女の膣内のきつい締め付けと吸い付き、そして幾千もの舌に舐められているかのような刺激にとうとうクドヴァンは屈した。ルナの中でペニスが爆ぜ、どろどろの白濁液で肉壷内を満たす。
「どくどく……いってる……うっ、ううう……」
 掠れ声で、クドヴァンの精をその身体で受け止めながらルナは囁いた。そしてその身体をまた震わせた。水の快楽で何度も絶頂し、男の精まで受けた恍惚のヴァンパイアはすでにとろけきった顔をしていた。
 ルナの身体のラインを強調してぬらぬらと妖しく濡れ光るサハギンの鱗、それで包まれている彼女の下腹部では、自分の出した子種があふれているのだ。ルナの姿はクドヴァンをこれまでにないくらい興奮させた。その興奮は気持ちに正直に、クドヴァンの象徴に力を与える。絶頂に絶頂を重ねて敏感になった膣で、ルナはクドヴァンの変化を感じ取った。
「クドヴァンのが……またおっきく……」
「ああ……ルナの姿が……エッチすぎて……」
 他にもいい表現があったのかもしれない。貴族に「エッチ」なんて単語はふさわしくないとも思う。だが、今のルナの姿を表すのに一番いい表現なのではないかとクドヴァンは思った。
 もう、と言いながらもルナもそう言われてまんざらではなかった。恥ずかしさを偲んでサハギンの鱗を着、さらには真水も浴びせられてしまったが、夫の興奮はそれだけの価値があったと思う。
「ああ、ルナ……」
 男は妻の名を呼びながらゆさゆさと細かく腰を揺すった。不意打ちの攻めに甲高い嬌声がヴァンパイアの口から漏れる。そして仕方ないなとばかりにその顔が苦笑を作った。
「我慢できないかしら? 動きたくなっちゃった?」
「……すまない」
「いいわ……今日は特別よ。ここまで来たのなら好きなだけ私の身体を貪りなさい」
 そう言ってルナは、サハギンの鱗に包まれ、濡れているその肢体をクドヴァンに委ねた。許可が下りたらもう止まれない。妻の腰を掴み、上体を起こしてクドヴァンは猛然と腰を動かし始めた。ぱんぱんと、クドヴァンの下腹部とルナの尻が当たる音が、上質なサロンで下品に響く。
「ふああああっ! あ、あ、あぁあああ!」
 本能のままに繰り出される抽送にヴァンパイアは悶える。もう少しゆっくりとした動きの方が彼女は好みだが、こういうのもたまには悪くはない。手足を亀のように縮こまらせてルナは刺激に耐える。
 絶頂の時に収縮する膣は、そうでない時は弛緩しきっている。その柔肉を抉るように、クドヴァンのモノはルナの奥を蹂躙した。
「たまらない……! 中で掻き毟られて……すごいっ!」
 理性のタガが外れかけ、自分のことをルナは実況した。そんな妻の痴態をクドヴァンは目を血走らさんばかりに見つめる。サハギンの鱗を着て、自分のモノで悶え狂っているルナの姿を。
 だが、彼がルナの姿を見ているのには、もう一つ理由があった。意識を視覚に集中させないと、すぐに精を放ってしまいそうだったからである。
 そんなクドヴァンにすぐルナは気づいた。夫の抽送の快感に顔を歪めながらも、笑顔を作ろうとする。そして言う。
「いいわ……イッても……くぅう! 何度も、私の中に……っく……!」
 言葉は最後まで続かなかった。もう何度目か分からない天国をルナは見る。そして身体もそれに反応する。ルナの膣壁がクドヴァンの肉棒をぎゅうぎゅうと締め付ける。
 ルナの言葉に気を抜いてしまった。今まであえて意識を遠ざけていた股間への感覚がクドヴァンの脳へと響く。まるでルナの中にミミズや蛇でもいるのかと思うくらい、ぬめった何かが自分の肉棒を締め付けていた。さらに幾千もの舌がクドヴァンの精をねだって貪欲にしゃぶってくる。
 その甘いおしゃぶりにクドヴァンの身体は屈した。雄の咆哮を上げながらクドヴァンはルナの腰をがっしりと掴み、自分の欲棒を彼女の奥までねじ込む。そして射精が始まった。精液の量はヴァンパイアのその痴態を見ていたことに加えて肉壁での刺激があったためか、相当な量であった。
「ああ、熱い……すごい……クド、ヴァ……」
 濡れたサハギンの鱗を着た身体で自分の精液を受け止めて震えるルナを目に焼き付けながら、クドヴァンは何度も彼女の中に欲望の白濁液をぶちまけつづけた。

 

 上りたての鈍い朝日が天窓からから差し込むサロン。そこにルナとクドヴァンはいた。二人共生まれたままの姿だ。ルナが着ていたサハギンの鱗はテーブルの上に置かれている。その横には真水が入っていた陶器の水差しが置かれていた。
「……いじわる」
 クドヴァンの胸にしがみつくように身を寄せているルナがぽつんとつぶやいた。その身体はもう快感で震えておらず、彼女の口調もしっかりしている。真水を洗い流したのだ。真水が入っていた水差しの横にもう一つ、水差しが置かれている。中にはハーブのエキスがたっぷりと入った薬湯が入っていた。これによってルナにかかっていた真水を薄い薬湯に変え、真水の効果から彼女を回復させるのだ。
 よって今は彼女は激しい快楽にさいなまれることなく、夫の腕の中で静かに情事後の甘い時間を過ごしている。しかし、その表情は少しだけ不満そうだ。
「久しぶりに気が狂うかと思ったわ……あんな恥ずかしい格好されて、さらに水までかけられて……」
「……申し訳なかった」
 素直にクドヴァンは謝る。確かにルナは恥ずかしがっていたし、真水を使ったセックスは快感が激しすぎて疲れてしまうことも知っていた。それなのに自分の欲望に任せてやってしまったのは、クドヴァンが悪い。
 クドヴァンが本気で謝っているのはルナも分かっていた。だけど、本気なのは半分だけ。
「謝ってはいるけど、またいつかやってみたいとか思っているでしょう?」
「……申し訳ない」
 今度の謝罪は混じりけなしの本気……つまり、図星だ。やれやれとルナは苦笑する。
「そんなに良かったの? 水に濡れたサハギンの鱗は?」
「ま、まあね……しかもそれが真水で、それに悶える君は……」
「い、言わないで……!」
 夫の口から自分の痴態が説明されそうになり、ルナは彼の口を人差し指で塞ぐ。官能の渦で理性が飛んでいる間ならともかく、そうでない今は恥ずかしい。
 とは言え、クドヴァンがここまで夢中になり、喜んでくれたのは価値がある。
「ま、まあ……湯浴みの時とかなら……特別なサービスで着てもいいわ」
「本当に?」
 げんきんといおうかなんと言おうか、声が弾んでしまった。あらためてクドヴァンはサハギンの鱗を着たルナの姿を思い浮かべてみる。
 身体にぴったりとフィットしていて、さらに妖しげな光沢を放ってまるい胸や尻のラインを強調するサハギンの鱗。しかもその光沢は彼女が身体を動かすたびに、丘陵があることを示して動く……
「ほ、本当にたまによ? それに、真水はもっとまれよ?」
「それでもいいよ」
「……感謝しなさい」
 確かに感謝しなければならないだろう。サハギンの鱗というのは、貴族であるヴァンパイアは絶対に他の人の前で着ることはないだろう。それを、無理を言って自分の前で着てくれると言うのだ。夫のために、恥ずかしさを忍んで。 彼女のいじらしい気持ちを噛み締めながら、クドヴァンはルナを抱きしめ、目を閉じた。
13/08/04 23:05更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
はい、という訳でデレデレ・ヴァンパイアなルナがまたコスプレエッチをしました!
着た服は……ええ、名無しの旅人様、どんぴしゃりです(汗)
サハギンの鱗でした。
スク水と言えばロリかもしれないのですが、それをあえてグラマラスな大人の女性が着るこのギャップが萌え、さらにその身体が強調されるのも萌え、さらにさらにヴァンパイアの特性の「真水に弱い」が萌え!
なかなかいい素材でした まる
しかし相変わらず、イラストにすれば分かりやすく萌えられるスク水なのですが、これを文章で表すとなるとやっぱり難しいですね……また頑張っていこうと思います。

さて、次回のコスプレは……コスチューム自体はオーソドックスではあるのですが、やることはちょっとステップアップさせようと思います。
頑張ります。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33