連載小説
[TOP][目次]
Mystic Dress
ルナに呼ばれ、クドヴァンは応接間に向かっていた。
『ソレーヌ義姉さんが来ているって話だけど……』
廊下を進みながらクドヴァンは考える。何の用で呼び出されたのかと疑問に思いながら。ただ単にソレーヌが妹の夫の様子を見てみたかったのか、あるいはルナが姉に夫のことを惚気たいのか……
応接間に着いたクドヴァンはその扉を開けた。
「お呼びでしょうか……って、なんですかこれは!?」
応接間に入るなり思わずクドヴァンは叫んでしまった。部屋には義姉のソレーヌと妻のルナがいた。しかしルナの服装はクドヴァンがまったく見たことのない物になっている。
光沢のあるシルク製らしき紅いドレスを彼女は身にまとっていた。ドレスには金の刺繍が入っており、そのドレスが高価な物であることを物語っている。そして何より特徴的だったのはそのドレスには裾から腰まで深いスリットが横まで入れられていることであった。
いわゆる、チャイナドレス。
霧の大陸で妖狐などが好んで着ると言われているドレスだ。クドヴァンも何度かルナに連れられて貴族のパーティーに参加した際、見たことがある。そのドレスを今、ルナが着ていた。
「こんにちは、クドヴァン。久しぶりね」
「ソレーヌ様、お久しぶりです……それにしてもどうしたのですか、このルナ様の格好は……?」
「うふふ、似合っているでしょう?」
誇らしげにソレーヌが言う。改めてクドヴァンはルナを見てみた。ドレスはルナの身体にぴったりとフィットしており、彼女の胸のラインや平らな腹のラインを惜しげもなくあらわにしている。背中も大きく開かれており、ヴァンパイアのマントのような翼とシミ一つないすべすべした背中がさらされていた。ドレスに袖はなく、白くて丸い肩がむき出しになっている。胸元の布地もカットされており、ルナの胸の谷間がそこから覗いていた。しかしなんと言っても横のスリットだ。横のスリットからルナの白くてつるりとした形の良い脚が顔を覗かせている。少し動かすと尻までが見えてしまいそうだ。しかしそれらはドレスの裾によってひらひらと隠されてしまう。
見えているのだけれども全部は見えない。短いスカートや下着姿とはまた違った露出の仕方をスリットは提供している。そのドレスをルナは見事に着こなしていた。クドヴァンはソレーヌに向かって大きく頷く。
「はい、似合っています。素晴らしいと思います」
「くっ、クドヴァンまでそう言うの……」
ルナがこぼす。着ている彼女はかなり恥ずかしいみたいだ。その頬がドレスの色と同じくらい赤く染まっており、身体も縮こまらせている。腰を少し引いていることによって膝から太腿までがスリットから覗いた。それをクドヴァンは食い入るように見つめている。
「はい。素敵だと思います、ルナ様」
「うぅう……」
服装は恥ずかしいが、夫にそう言われたらやはり嬉しい。唸るルナの表情は複雑だった。
二人の様子にソレーヌは満足げにうんうんと頷いた。
「クドヴァンが喜んでくれたのなら、買ったかいがあったわね。それじゃ、あとは二人でゆっくり楽しみなさい」
「え? あ、あの姉さん……?」
「あ、ベッドとかはメイドさんたちに頼むから遠慮なく。それじゃ、ごゆっくり」
チロルハットとサーベルを取り上げ、一方的にそう言いながらソレーヌは出て行った。あとにはチャイナドレスを纏ったルナとクドヴァンが取り残される。
「相変わらずソレーヌ様は嵐のような方ですね」
クドヴァンが苦笑する。
「そうね……そんなことよりクドヴァン。もうフォーマルモードはやめて、いつものクドヴァンに戻ってくれるかしら?」
扇情的なドレスを纏った女と男が意図的に二人きりにされ、ごゆっくり、と言われる。つまり、ソレーヌは二人に夫婦としての時間を過ごせと言っていた。この着慣れないドレスはやはり少々恥ずかしかったが、逆にそれが交わりの際、刺激になりそうだ。
恥ずかしがっていたルナであったが、もう既にその気になっている。そのルナを見てクドヴァンは軽く笑った。
「分かりましたよ……ルナ」
二人きりの時の呼び方で、クドヴァンがルナを呼ぶ。そしてチャイナドレスに包まれた細いウエストに腕を回して自分の方に抱き寄せたのだった。



「ん、あむ、んちゅう……」
「ん、んん……」
ブラントーム家の主の部屋で。既に月は沈んでおり星明かりしか入ってこない。その薄暗い部屋に熱っぽい吐息と水音が響いている。
ベッドの上でルナとクドヴァンが抱きしめ合い、キスをしていた。ルナは応接間で着ていたチャイナドレスを身にまとっており、クドヴァンは下着のみだ。金の刺繍とシルクの生地が星明かりを静かに反射して光っていた。
「ルナ……」
キスをしているくちびるの端でクドヴァンが呼ぶ。そして、手が動き始めた。開かれている背中を通って降りていく。背中をふわりと撫でられるたびにルナは身体を震わせ、小さく喘いだ。
背中を這い回っていたクドヴァンの手だが、その手がさらに下に降りる。たどり着いたのはチャイナドレスを着た者の肝とも言える、脚だ。スリットの隙間からクドヴァンの手が侵入し、ルナのスベスベの脚を這い回る。何度も、何度も、執拗に。ベッドに完全に身体を預けたルナがくすぐったそうに脚をもぞもぞと動かす。
しかし、脚を動かしたのはくすぐったさからだけではない。妻のその細かな変化を見逃すクドヴァンではなかった。
「どうしたの、ルナ? もしかして、もう濡れてきちゃった?」
「……バカっ」
自分の淫乱さを指摘されたようで恥ずかしくなり、ルナは赤くなって言う。それがクドヴァンの言葉に対する答えとなっていた。まだ胸や性器などプライベートなゾーンに触れられていないのに、すでにルナの身体は興奮していた。チャイナドレスの下にあるショーツはすでに淫液を吸って冷たくなり始めている。
ルナの答えにクドヴァンはニヤリと笑った。しかし、脚への愛撫は止めない。それ以上も進めない。
「ど、どうして……」
クドヴァンの愛撫にぞくぞくと身体を震わせながらルナは訊ねる。上目遣いでクドヴァンを見上げる目は少し潤んでいた。
「いや、このドレスでルナの脚が素敵なことを再認識させられたから、もっと触って見たくなってね……」
「もう……でも、タダで触れると思ってないでしょうね?」
ルナの目に挑戦的な光が宿った。身体を起こして膝立ちの状態になる。
その状態でもサイドのスリットからルナの脚がそれぞれ現れる。しかし内股の部分は裾で隠れていた。全部が見えない……そのじれったさにクドヴァンはルナの脚を凝視してしまう。
「うっ……」
脚や下半身に気を取られていたクドヴァンが呻き声を上げる。ルナが彼の首筋に噛み付いていた。脚に触れる事に対するルナが要求した代償。それはクドヴァンの血液だった。ちゅうちゅうと音を立ててルナはクドヴァンの血を啜り上げる。ヴァンパイアの吸血は吸っている者にも吸われている者にも快感をもたらす。ルナの脚を撫でていた時から鎌首をもたげていた男の象徴が硬度を増し、自己主張を始めた。
仕返しが成功したことが分かり、血を吸っているルナがにぃと笑う。そして少し腰を落とした。互いの下着二枚を隔てて、ルナのヴァギナとクドヴァンのペニスが触れる。焦らすようにルナはゆっくりと腰を前後させた。じれったさにクドヴァンが悶える。
「あ、あ、ルナ……」
「んふぁ……なに?」
首筋に噛み付き、腰の動きを止めぬままルナが澄ました調子で訊ね返す。しかしそれは上辺だけ。吸血によってルナの中の女も彼女が耐え難い程に疼いていた。ルナの秘花よりにじみだした蜜は今やクドヴァンの下着にすら染み込み始めている。もっとも、クドヴァンの下着の染みは彼が先走り汁を鈴口よりにじませているためでもあるが。
「我慢……できないよ……ルナがエッチで……気持ちよくて……」
クドヴァンがドレスのスリットに手を挿し入れ、尻の方からルナのショーツを下ろそうとする。しかしルナはそれを、腰を引くことで遮った。密着していた二人の股間も離れてしまう。
「私はまだまだ我慢できそうだけど? クドヴァンはもう我慢できないのかしら?」
痩せ我慢だ。実際は彼女も早く彼の象徴をくわえ込みたくて仕方がない。しかし、ただでさえこのような普段とは異なる恥ずかしい格好をさせられていて、なおかつ自分が淫乱であるかのように見られるのは、ヴァンパイアのプライドが許さなかった。たとえ、愛しい夫の前だとしても。だから、クドヴァンの方から求めさせようと仕向けているのだ。
クドヴァンもルナの気持ちが良く分かる。そして、どうすればいいのかも。たった一言、自分から「いれて欲しい」と言えばいいのだ。しかし、ここで簡単に自分の方からそれを言うのも気が引けた。がっついているような気がするのが嫌なのだ。男のプライドと言う物もある。
ルナとクドヴァンの我慢比べが始まるかと思われた。しかし、これは夫婦の愛を交わす行為だ。どっちが勝った負けた折れたなど関係ない。そしてこのまま硬直状態が続くと互いの淫らな気分も冷めてしまいかねない。
先に自分の気持ちを折ったのはクドヴァンだった。ルナが望んでいる通りの事を実行する。
「ルナ……頼む……入れてくれ……」
「言葉がなってないわ。『入れてください』でしょう?」
クドヴァンを見下ろしながらクスクスとルナは笑う。夫がまだ人間だったら彼女は本気でそう言っていたかもしれない。しかしクドヴァンはすでにインキュバス。今やっていることはお遊びのようなものだ。交わりの際にこのような変わった服を着たついでの戯れ。
クドヴァンもそれが分かっていた。素直に、ルナの言葉に従う。
「入れてください、ルナ様……」
「はい、大変よくできました」
そう言ってルナは左右のスリットにそれぞれ手を差込んで腰に当てた。その手を下ろすと、ショーツも一緒に降りていく。膝まで降ろしたらそれを脚から抜き去った。
一見、ルナの姿は変わっていない。しかし、外見では分からないところは大きく変わっている。彼女は下着を着けていない。あのスリットの奥には生の女性器が男を求めて涎を垂らしているのだ。思わずクドヴァンは喉を鳴らした。
夫の様子に満足げにルナは笑いながら、彼にまたがり直した。そしてクドヴァンの下腹部の上に腰を持ってくる。腰をひねるようにして落としていった。
クドヴァンのペニスはチャイナドレスの裾に隠れている。見えないからこそ、クドヴァンは自分の下腹部を凝視してしまう。
その亀頭にぬるりとした物が触れた。ルナの秘裂だ。ルナのチャイナドレスの中に二人の性器はあるため、二人共中の様子は窺い知れない。それゆえに不意の感触だった。思わず二人はびくりと身体を震わせる。
しかし、一瞬だけ。二人は止まらない。ルナが腰をさらに落としていく。ついにクドヴァンはルナの中に受け入れられた。深い快感のため息を二人はつく。
服装は違うが、互いにいつも通りの快感を味わっていた。納まるべきところに互いが納まっている。そんな安心感がある。
「動く……わよ……ん、くぅ……」
ゆっくりと、ルナが腰を前後させ始めた。彼女の腰の動きに併せてドレスの裾は揺れ、ぴったりと腹にくっついている生地がよじれる。その妖しげな動きが、クドヴァンを楽しませた。
ドレス地がぴったりと張り付いているのは腹だけではない。胸でもその綺麗な丸いラインをチャイナドレスはくっきりと見せていた。その見た目を楽しむのもいいのだが、自分の手で少し崩すのも一興。クドヴァンは手を伸ばし、チャイナドレス越しにルナのバストを撫でた。
「ん、んん……」
ルナがかすかに甘い声を上げたが、物足りなそうだ。それを補うべく、腰の動きを少し彼女は早めた。お望みとあらばとばかりに、クドヴァンはむにゅりと無遠慮に、その手に力を込めてドレスに包まれた柔らかな果実を揉みしだいた。
「あっ!? ひゃん! んん……そんなにしたら……!」
「そんなにしたら? ルナはどうなるの?」
「……!」
どうなるか、わざとルナに言わせようとクドヴァンは意地悪をしている。闇の中でも分かるくらい、ルナは顔を赤くした。チャイナドレスも魅力的だったが、彼女のその反応が可愛らしくて、クドヴァンはニヤニヤしながら胸を揉み続ける。
「……そんなことするなら、イカせるわよ?」
ルナが開き直ったようだ。膝を上げて大きく左右に広げる。用足しよりもはしたない格好となるわけだが、チャイナドレスの裾が肝心の股間を隠し、その分隠れていない生足を強調した。
その格好でルナは激しく腰を上下させ始めた。ヴァンパイアの吸精の蜜壷が貪欲に男を貪る。彼女が腰を上げるたびにカリが肉襞に擦れ、腰を打ち付けるたびに亀頭を肉襞が撫でた。
「あ、あ、うあああ……!」
ルナの激しい腰さばきにクドヴァンは声を上げた。胸からも手を離し、シーツを握る。もともと吸血と素股でぎりぎりのところまで追い詰められていた。少しでも気を抜くとすぐに精を放ってしまいそうだ。
夫が射精を我慢しているのを見てルナは嗜虐的な笑みを浮かべた。それと同時に自分の羞恥心が少し麻痺する。もともと普段着ない服を着て恥ずかしい思いをしているのだ。これ以上さらに貴族らしからぬことをしたところで、なんの変わりがあろうか。
足を大きく広げたはしたない格好のまま、彼女は手を頭の後ろで組んだ。そして上下運動を時々とめて、腰を回転させるようにして動かす。
「ほぉら……こんなのはいかがかしら……!」
「あ、あ、やめ……すぐイクから……!」
「ふふふ……ダメよ。私にこんな恥ずかしい格好をさせているんだから、あなたもイク恥ずかしいところを私に見せなさい」
そう言ってルナの腰が艶かしく動きつづける。くねる腰とそれに併せて動くドレス、揺れる胸、自分の上で淫らに踊るいつもと違う格好をしているヴァンパイアの妻。そして自分の股間にもたらされる極上の性器の快感。それらがクドヴァンの我慢の堤防を打ち崩した。狂おしい白濁の奔流が尿道を通ってクドヴァンの体外へと放たれる。
「うっ、うううう……!」
ルナの下でクドヴァンが小さく身体を震わせた。どくんと音がしたかのように、彼のペニスが脈打ち、ルナの中に精液を出す。。しかし、膣内に納められているのではその様子は見えない。ましてや、チャイナドレスの裾によって結合部も見えていない。一見、ただ震えているクドヴァンの上にうっとりとした表情のルナがまたがっているだけのように見える。しかし、実際は今、ヴァンパイアのルナの中に男の精液が注がれているのだ。
「んん、出てる……クドヴァンの精液が、どくどくって……」
クドヴァンの上に腰を落としたまま、自分の胎内に注がれている温かい体液にルナはうっとりとした声を上げる。
ワインを舌先で転がして味わうかのように、ルナはしばらくクドヴァンによる中出しの快感を黙って味わっていた。ややあって、彼女はいたずらっぽく笑った。
「ふふふ、イッてしまったわね、クドヴァン……イクところの情けない顔まで見せてもらったわ」
「うぅ……」
ルナの言葉にクドヴァンは悔しそうにくちびるを噛んだ。少しいじめすぎたかなとルナは反省する。また、自分はイッてなかったので、夫に満足させて欲しいという気持ちも起こってきた。
「今度は私をイカせて……クドヴァンの好きな体位でいいわ」
「え? あ、ああ、分かった。それじゃあ……」
今、目の前でチャイナドレスを身にまとっているヴァンパイアにどのような格好をさせようか、クドヴァンは少し悩む。ややあって彼は答えを出した。
「それじゃあルナ、横向きになってもらえる?」
ルナは腰を上げ、自分の中からクドヴァンのモノを抜き取る。
「んっ……」
その様子はドレスの裾で見えないが、クドヴァンのペニスがつるんとルナのヴァギナから出た。その感触にルナが小さく声を上げ、身体を震わせる。
結合を解いたルナは夫のすぐとなりに、身体を横向きにしてベッドの上に沈めた。身体はクドヴァンの方を向いている。そのルナをクドヴァンはまたぐようにして後ろに回った。
「えっ? 後ろからするの?」
後ろからと言うのは獣と同じ体位。ヴァンパイアのルナにとって貴族らしからぬその背徳感ある体位は嫌いではないが、やはり羞恥心も強かった。今は横向きになっているため獣の体勢とは少し異なるが、やはり後ろに回られるのは言いようのない感覚がある。
そのルナに、クドヴァンは無言で上の脚を持ち上げて開脚させ、腰を押し進めた。ぬぷっと音を立てながらクドヴァンのモノがルナの中に入り込む。ルナの方から見てみると、やはりチャイナドレスの裾の影響で、ただクドヴァンがルナに後ろからくっついているだけのように見える。だが今の二人はそれ以上に、限りなく一つになっていた。
「ん、くうぅうう! こ、こんな格好なのに……奥まで……ひぅううん!」
自分を貫いている夫の象徴にルナは悶え、腰を逃げるように前後にうねらせた。それによってクドヴァンのペニスがゆるゆるとルナの肉壷によって刺激される。
クドヴァンも腰を動かし始めた。彼女の脚を持って後ろから挿入しているため、彼の方が調節がしやすい。ゆっくりと、ルナの無意識の動きに合わせるようにして腰を動かす。
「ふっ……んふぅうう……!」
付き上がってくる快感をこらえるかのように、ルナはシーツをギュッとつかみ、さらに顔を押し付けた。嬌声がシーツに吸収されてくぐもった物になる。
彼女の声が出るのを我慢している様子が愛おしく、でもその声を聞きたいという気持ちで、クドヴァンは腰の動きを少し激しくした。
「くひぃいうう!」
かくんとルナの首が反り、彼女の口から嬌声が迸る。ルナの啼き声を聞けたことにクドヴァンは彼女の後ろでしてやったりとばかりにほくそ笑んだ。だがそれで満足はしない。チャイナドレスのスリットから伸びた脚を抱えながら腰の律動を続ける。
「ひゃっ、あああっ! 」
シーツにしがみついてルナはクドヴァンの抽送に耐える。吸血鬼の尻と男の下腹部が当たる乾いた音と、結合部から響く水音が響いた。
「ね、ねぇ……クドヴァン……だめ、クドヴァン……激し……ふあっ、あああ! んっ、はっ、はっ……」
首をひねってルナは夫を見る。その目は快感で潤んでいたが、どこか寂しそうだった。それ以上は何も言わなかったが、すぐにクドヴァンは理解する。
腰の律動を少しだけゆるめ、クドヴァンは首を伸ばした。ルナのくちびると自分のソレが重なる。
「ちゅっ、ぴちゅ、あむっ……」
甘噛みしあうかのように二人のくちびるが蠢き、その影で舌が絡み合った。二人の唾液が混じり合う。こくんと喉を鳴らしながら二人は自分と相手のが混ざった唾液を飲み下した。
「はぁあ……クドヴァン……はむっ、んんっ、んちゅう」
「ルナ……んんっ」
息をつくほんのわずかな間を利用して互いの名前を呼び合う。いつまでもこうしてキスしていたかったが、下半身の方はそれだけでは我慢ができず、オスとしての本分を果たしたいと叫ぶ。それはルナも同じだった。
「イカせて……」
くちびるを少しだけ離し、かすれた声でルナは囁いた。言われるまでもない。ルナの脚を抱え直し、クドヴァンは最後の追い込みにかかった。
「んああああっ! うっ、うううっ! いいっ! 後ろから……ズンズンきて……くうう!」
知らず知らずのうちに彼女は右手をチャイナドレスのスリットに潜り込ませ、クリトリスをいじっていた。敏感な部分を何度も細い指がかすめるたびに彼女の身体がびくんと震え、膣がきゅきゅっと収縮する。その刺激にクドヴァンも追い詰められた。ぷくりと彼女の中でペニスが膨らむ。
「ルナ……もう、イキそう……」
「うん……いいよ、っく、イッて……! 私も……ふああん、私も……! イく……から……!」
チャイナドレス姿で、脚をスリットから開いて伸ばし、さらにそこから手を潜り込ませて自分を刺激しながら、ルナがうわごとのように言う。その姿がどんなに貴族らしからぬだらしなくて淫らな姿か、今の彼女には考える余裕はなかった。
欲望と快感に忠実になり……そしてその爆発と解放を身に受け入れた。
「出る……うっ、くううう!」
「ふあ、あああああ!」
二度目の膣内射精が、チャイナドレスの奥で行われていた。どくどくとクドヴァンの欲望の証が注がれていき、それをルナが膣で受け止める。
「あ、ああ……クドヴァンのあったかいのが、お腹に広がって……」
「ルナ……」
クドヴァンの腕がルナの腹のあたりに回される。その手を彼女はそっと優しく自分の手を重ねるのであった。



朝日がカーテンの隙間から僅かに差し込むベッド。その中にルナとクドヴァンは潜り込んでいた。二人共生まれたままの姿である。チャイナドレスはシワにならないよう、ベッドの脇に伸ばされて置かれていた。
「……思った以上に盛り上がってしまったわね」
クドヴァンの胸にしがみつくように身を寄せているルナがぽつんとつぶやく。そんなルナの背中を抱いてクドヴァンは笑った。
「そうだね……素敵なドレスだったよ。いつかどこかで開催されるパーティーの時に着てくれないかな?」
「……無理かもね。今日のことを思い出してしまって、パーティーどころじゃなくなると思うわ」
それは残念だとクドヴァンは苦笑した。ルナがクドヴァンを見上げる。
「何かしら? クドヴァンは着て欲しいの?」
「絶対に注目され、他の貴族がたに一目置かれるのは間違いないと思うけど……」
けどだ。注目されると言うことは、他の男の目を引いてしまうということでもある。番のいる魔物娘が浮気などはしようはずもないが、それとは別に、自分の妻が他の男の好色な目で見られるのも何か癪ではあった。
そんなクドヴァンの思考を見透かしたように、ルナがくすりと笑い、ささやく。
「まあ、パーティーでは着ないけど……たまに、あなたの前でなら着てもいいわ」
「本当に?」
げんきんといおうかなんと言おうか、声が弾んでしまった。あらためてチャイナドレスを着たルナの姿を思い浮かべてみる。
ヴァンパイアに似合う、血のように赤くて上品な金の刺繍が入ったチャイナドレス。身体にぴったりとフィットしていて、胸や腹のラインがあらわになっている。背中は大きく開かれていて袖もなく、白くて肌が見える。そして見せながら見せない、男の妄想を掻き立てる横のスリット……
「ほ、本当にたまによ?」
「それでもいいよ」
念を押すルナの背中を強く抱きしめる。
ルナがパーティーでこのドレスを着ていかないと言うことは、自分だけがルナのチャイナドレス姿を見ることができることを意味する。独占感がクドヴァンの心に沸き起こっていた。
そのことに満足しながらクドヴァンは自分の妻のぬくもりを感じながら目を閉じた。
13/07/17 23:08更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
という訳で先鋒は妖狐さんも愛用しています、チャイナドレスです!
ちきしょう、自分に絵心がないのが残念でなりません……チャイナドレス姿のヴァンパイアのイラストを描きたいのに……
でも描けないのでそこを何とか文章で表現しようと思いました。
みなさんの頭の中で真紅のチャイナドレスを着たルナが恥ずかしがったりポーズをとったりセックスしたりしている姿が浮かび上がっていたら幸いです。

さてさて、次回はルナ様はどんなコスプレをしてくれるのか!
頑張りまする。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33