読切小説
[TOP]
雷撃マッサージスクール
「お兄さんお兄さん!」

「ん?」



峠を歩いていると、そこに可愛いくぁいいサンダーバードちゃんがおりました。

男は「ウホッ、いいサンダーバード……」と思い、思わず立ち止まりました。



「お兄さん、あっしのマッサージ受けてかない? お母さん直伝、これを受けた男の人はみんな元気になるんだけどー」

「マッサージ!?」



男は思わず荷物を落としました。

鼻息は荒く、しかも鼻から血がでています。

絶対いやらしいこと考えていますね、はい。



「受ける受ける受ける!! どんなマッサージも受けるよ!! いつ受けるか、今だし!」



どこぞのハイスクールですか。



「まいどありー♪」



嬉しそうな顔で男はその場に寝転んで、



「さあ早く! 僕は寝転んでいるけど、僕の息子はもうこれ以上にないってぐらいに立ち上がってるよ!」



と、叫びました。

いくら魔物でも初対面の女の子に言うセリフとは思えませんね。



「まあまあ、とりあえずは〜……」



ズルズルと男のズボンを下げて、天を指すペニスを観察します。



「これがおちんちん……うむう、とりあえず舐めて……♥」



少しだけ舌を出して、ペロッとペニスを舐めるサンダーバードちゃん。

童貞の上女性と付き合ったこともない男は、「ひぎぃ」と言いながら、二秒と待たずに射精してしまいました。



「きゃっ♥」

「おほお……うほっ」

「あーん、もう射精しちゃったー? お兄さんもっと……キバってイこうよ! いつイクの、今でしょ? ほぶぅっ♥」

「んぐぅ!?」



どこの東進ですか。

あ、サンダーバードちゃんが急にペニスを咥えます。

その瞬間、男のペニスがまた大きく……いや、さっきより大きくなったようです。

どうやらサンダーバードちゃん、体内の電気をペニスに流したみたいですね。



「やったぁ、初めてだけど成功しちゃった♪」



そう言いながらサンダーバードちゃん、男のペニスに自分のオマンコに当てがってます。



「このまま性交も成功させちゃう……♥」



誰が上手いこと言えなんて言ったんでしょうね。



「今からマッサージ……そのう、膣でおちんちん扱いちゃう、代金はお兄さんの精液一生分となってまぁす……♥ いい? ていうかもう我慢無理ぃいいいい!! もう今でしょ、ヤるのぉおおおお!!」

「おごぉ!!」




だからどこの東進なハイスクールなんですか。

サンダーバードちゃんが容赦なく、そして一気に腰を下ろしました。

それからは舌をダランと垂らして、白目になりかけながらも腰を振って必死に「マッサージ」を続けます。



「も、も、らめっ、しぬ、イキすぎてっ、もうにゃにかにゃんりゃかぁああああ!? あえっ!?」

「犯しっぱなしは疲れたでしょ!? いつヤると思う?」

「いみゃあああああああ!!」



どこの東進ハイスクールですか。



「クソッ、もうお兄さん精液出そうだよ!」

「わらひっもまらイクぅうううううううううううううううううう!!」

「うっ」



またもやの射精です。

男は漏電するサンダーバードちゃんの雷で未だに元気モリモリですが、あまりのイキすぎでサンダーバードちゃんがぐったりしてしまいました。



「ふあっ、あへっ」

「大丈夫かい、サンダーバードちゃん」

「お兄さんのおちんちんしゅごいの♥ もっろもっろ♥ マッサージするからちょうだあい……♥」



おねだりするように腰をくねらすと、



「今日は初夜だぜ、マイハニー!!」

「あっへええええええええ!!」



男にまたペニスをぶち込まれました。

結局、二人は翌日の朝日が昇るまで、青姦をつづけましたとさ。







***







「っていう男の話があったんだけどさー」

「嘘に決まってんだろ、アホだなー」

「それもそおかぁー、アハハ」



数年後。

騎士が二人、峠を歩いていました。



「でももしいたらどうする?」

「退治退治」



と、そこに。



「お兄さん方お兄さん方!」

「「んん?」」

「今から私たちにぃ……♥」

「マッサージ、されたくないですか? 代金は……お兄さんたちの精液一生分で♥」



二人の騎士は顔を見合わせました。



「いつ童貞を捨てるか」

「もちろん」

『今でしょ!!!』



だからどこの(ry

ああ、そうそう、この峠はいつからか、サンダーバードのマッサージ谷と呼ばれるようになったとさ。

おしマイケル。
13/06/15 00:34更新 / 且元やさみ

■作者メッセージ
我に笑の天使舞い降り、突なる時に書いた物也(ネタで書きました)謝罪せし二酸化(ごめんなさい)←←

リビングドールちゃんは思いつかず、書いていなっかったサンダーバードちゃんで書きました

次はもっとマシな作品を投稿したいです……(´-ω-`)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33