読切小説
[TOP]
蒼の世界へ
 満月に近い、明るい月の浮かぶ夜だった。
 時間は夜の十一時を回っている。
 誰もいない、非常灯の明かりだけが淋しく輝く小学校のプールだ。目を凝らすと、そのプールサイドには膝を抱えて座る影が一つ見て取れた。
 少年だった。
 小学生ではなく、高校生くらいだろうか。
 彼は何をするでもなく、揺れる水面へ視線を向けている。時おり痛みを堪えるように唇を噛んだり、助けを求めるように瞳の奥を揺らしたりしていた。
 ゆらりゆらり――水面が揺れて、歪んだ月が暴れる。覗きこめば、かすかに判別できる自分の顔も歪んでいた。
 嗤っている、と彼は感じた。断ち切る事も出来ずウジウジとこんな所に蹲っている自分を、もう一人の自分が蔑んでいるのだと。
(……だったら連れてってくれよ)
 逆さまな世界で嗤っているもう一人の自分へ、彼は助けを求めるように手を伸ばした。その途端、バシャッと水面が爆ぜる。
 息を呑む暇もなかった。
 水面から伸びた手が彼の手を掴み、そのまま水の中へと引き摺りこんだのだ。
 全く想像もしていなかった状況だからなのか、頭は真っ白になっていた。どうするべきなのかを考える事も出来ない。大量に水を飲みこんだ。そのうちの一部は気管の方へ流れこむ。
 周りが全て水なせいで咳きこむ事も出来なかった。浮上しなければと思っても、水を吸った服が体にまとわりついて動きを阻害する。
 ようやく伸ばした手が壁に触れた。少年はそれを頼りに力ずくで身体を引き上げる。顔が水から出たところで、激しく咳きこんで水を吐き出した。
「何が……」
 荒く息をつきながら、手首を掴まれた感触を思い出して周囲を見回す。すると、
「ふ……ふふっ……あはははは!」
 すぐ近くのプールサイド――非常灯の明かりも届かない闇の深い場所から、少女の涼やかな笑い声が聞こえてきた。
「ごめんなさい。ちょっとした悪戯のつもりだったんだけど、苦しかったわよね」
 笑いの成分を多分に残しながらも、少女は謝ってきた。
「別に、いいけど……」
 本当は良くなかったが、少女の楽しそうな声を聞いていると、服がズブ濡れになった事など瑣末な事のように思えてくる。
 翳っていた月が再び顔を出し、少女の姿が照らし出された。
 髪はサイドこそ長いものの、後ろは白い首筋が覗く程に短い。目は大きいが、やや垂れ目――いつでも笑っているような感じだった。服装はキャミソールにミニスカートと、いかにも涼しげた。
「さっき俺を引き摺りこんだの、君?」
「うん。ごめんね? 何だか深刻そうな顔してたから」
 深刻そうな顔してる奴を引き摺りこむなよ、とボヤきながら彼はプールサイドに上がった。少女からは少し離れて座る。
「こんな所で、こんな時間に何してたの?」
「……別に。そっちこそ何してたの」
「泳いでたのよ。ほら」
 そう言って少女は、水面下に下ろしていた脚を持ち上げて見せる。だが、少年の目の前に現れたのは人間の脚などではなかった。
 それは魚のような鱗の生えた下半身と、三日月のような尾びれだ。
「マーメイド……」
 驚いて呆然と呟く彼に、マーメイドの少女は満足げに頷いた。
「……ていうか、何でマーメイドが学校のプールに?」
「昼間散歩してたら、子供たちが楽しそうに泳いでるのが見えたの。でも私たちには泳ぐのなんて呼吸と同じようなものだから、何が楽しいのか分からなくてね……。もしかしたら海で泳ぐのとプールで泳ぐのは違うのかと思って、忍びこんじゃった」
 てへ、と些細な悪戯が見つかった子供のように、少女は小さく舌を出す。それを横目に、少年は親指でこめかみを揉みほぐしながら溜息をついた。
「どうしたの? 頭痛い?」
「……いや。マーメイドと散歩って単語が、どうしても結びつかなくて」
 どうやってここまで来たのだろうと思っていると、ふふん、と少女は笑う。
「短時間なら、魔法で脚に変化させる事も出来るのよ――ほら」
 ザバッという音と共に、少年の前にスラリとした白い脚が差し出された。
「凄いでしょ」
「うん……」
「何せ、陸を散歩したいがためだけに人化の魔法を習ったくらいだからね」
「……変わってるね」
「仲間内でも、そう言われてる」
 少年が素直な感想を洩らすと、少女も苦笑を浮かべた。
「でも、喋れなくなったりはしないんだ?」
「あら、そこはかとなく知的な香りのする返し。そういうの、結構好きよ?」
 冗談めかした少年の言葉に、少女は嬉しそうに笑う。
「どうも。けど、童話くらい誰でも知ってるよ」
「そっか」
 お世辞として受け取ったらしい少年に、今度は少し残念そうな顔になった。


「それで――実際に泳いでみて、どうだった?」
 少年の問いかけに、少女は思い悩むように唸った。
「よく分からない。海との違いなんて、塩素の香りと流れがない事くらいだし……」
 泳ぎ足りないのかな、と彼女は一人ごちる。
「ねえ。良かったら、貴方も一緒に泳がない?」
 少女が少年の方を振り向いた瞬間、彼の表情が暗くなった。
「……俺は、いいよ」
「ふうん……じゃあ、何しに夜のプールに忍びこんだりしたのかな」
 それは質問ではなく、ただ疑問が口から零れただけなのだろう。少女は、そのままプールに跳びこんでいってしまった。
「何しに、か……。ほんと、何しに来たんだろう」
 少年は目を伏せる。
 視界の上端あたりでは、派手に水飛沫が上がっていた。本人は分からないと言っていたが、傍目には充分楽しんでいるように映る。
 バシャバシャという水飛沫の位置は、殆ど変わらない。
 案外、分からない事で腹を立てて、ああして暴れて憂さ晴らしをしているのではと彼は思った。むきー、と手足をバタつかせている少女を想像し、自然と笑みが零れる。
 その水飛沫は少しずつ小さくなっていった。ようやく飽きたのかと思ったが、少女が浮かんでこない。
 まさか――と彼は思った。溺れているんじゃないだろうか。
「く――っ!」
 慌ててTシャツを脱ぎ棄てて跳びこむ。
 暗い水の中は殆ど視界が利かなかったが、それでも少女との間に障害物がある訳ではない。一直線に潜水すると、口から空気の泡を零して沈んでいく少女の姿を捉えた。
 その身体を背後から抱え、急いで水面へ押し上げる。幸いにも呼吸はしており、激しく咳きこんではいたものの大事には至らなかったようだ。
「けほっ……ありがと」
 クルリと身体を回すと、少女は少年の肩に手をかけて浮輪代わりにしながら礼を言った。少年は溜息で応える。
「何で、マーメイドが溺れるの」
「う〜……だって普段は手で水を掻く事なんて殆どしないし、脚で水を蹴るのなんて初めてだもん」
 そういえば彼女は、さっきまでは本来の姿で泳いでいたのだった。
「そういう貴方は、泳ぐの上手そうね。良かったら教えてくれる?」
「いや、俺は……」
 目を逸らす少年に、少女は半眼でボソッと呟く。
「教えてくれないと、また溺れてやるから」
「どういう脅し文句だよ。マーメイドのプライドはないの?」
 少女は無言で背を向けた。
「溺れてきま〜す――」
「分かったから、せめて『泳いできま〜す』にしてくれ!」
 少年は慌てて少女の身体を引き寄せた。


 プールサイドに両手で掴まりながら、身体を伸ばして浮かんでいる少女が不意に口を開く。
「そういえば自己紹介もしてなかったわね。私は咲夏(さいか)。貴方は?」
「……水無戒(みずなし かい)」
「戒、ね。私の事は、咲夏でいいよ」
「了解」
 それから戒は、咲夏に基礎中の基礎から泳ぎを教えた。
 水に浮く事。息継ぎのしかたとタイミング。水の掻き方、蹴り方。
 流石にマーメイドだけあって、咲夏の上達は速かった。比較的息継ぎのしやすい平泳ぎはすぐにマスターし、クロールも何度か水を飲みながらも二十五メートルプールを往復できるようになった。跳びこみも、滑りこむように綺麗だ。
「戒、見ててくれた? さっきより速かったでしょ?」
「うん……」
 スタート地点まで戻って来たところで達成感の滲む顔を向けてくる咲夏を、戒は微笑で迎える。けれど咲夏は、そんな彼を見て表情を曇らせた。
「……淋しそうに笑うんだね」
「え……?」
「最初にプールに引き摺りこんだときも、そうだった。見てられなかったわ」
「……ごめん」
 戒は目を逸らして俯く。楽しそうに泳ぎを覚えていく咲夏の気分に水を差してしまったのが申し訳なかった。
「プールで何か悲しい事があったの?」
「プール……では、なかったかな。ちょっと、昔の事を思い出してたんだ」
 戒は踵を返し、プールサイドへと歩いていく。咲夏も後に続いた。
「友達がいたんだ……小学校の頃から仲の良かった友達が」
「そう……」
 穏やかな声で、咲夏は先を促す。
「スポーツ万能な奴で、俺に泳ぎ方を教えてくれたのも先生とかじゃなくて、そいつだったんだ」
 戒はプールサイドに上がって腰掛けた。
「夏休みとかもさ……もっと泳げる奴らと遊べば楽しいのに、端っこに区切られた初心者用のコースで、つきっきりで教えてくれた」
 跳びこみと息継ぎが下手だったんだ、と彼は照れくさそうに笑う。
「中学に上がってからも、よくつるんでた。二人とも水泳部でさ……夏休みとか、サボって海行って、二人で遠泳とかしてた」
「怒られなかった?」
 プールサイドに両腕を重ね、その上に顎を乗せた咲夏が、困った弟でも見るように苦笑する。
「怒られた。自慢じゃないけど、一応エースだったから……俺たち」
 戒も苦笑を返した。
「それでも毎年、夏休みにはサボってたんだ。二人で海行って……」
 懐かしむように言い、そして彼は辛さを堪えるように吐き出した。
「それで三年の夏休みに、あいつが死んだんだ……海で」
「え……」
 流石にそこまでは予想していなかったのか、咲夏は言葉を失くす。
「あいつが溺れるとか絶対あり得ないと思ってたのに、水面で沈んだり浮かんだりを繰り返しててさ……苦しそうにもがいてた。助けようとしたのに、流されて届かなくて……気づいたライフセーバーたちに二人まとめて引き上げられた」
 情けないよな、と戒は自嘲的に笑った。
「あいつの両親とかにも、あんたが殺したとか言われてさ。結構キツかったし、それを別にしても、泳ぐのが怖くなって……部活も辞めた」
「……罪悪感もあった?」
 咲夏が言うと、項垂れたまま戒は頷く。
「あいつ死んだのに、俺だけ呑気に泳いでていいのかって気もしたし」
 その言葉に咲夏は、僅かに考えこむ。
「それって、ちょっと違わない?」
「え?」
「だって戒は、その友達に頼んで泳がせてもらってた訳じゃないでしょ? その友達が泳ぎを教えたのだって、恩に着せるつもりだった訳じゃないと思うし」
「……それは咲夏の想像だろ?」
 戒は宥めるように無理をして笑う。それが彼女には、少しだけ頭にきた。
「じゃあ訊くけど、戒はさっきまで私に泳ぎを教えてた事を恩に着せるつもりなの?」
「いや、別に……」
「私が少しずつ上手に泳げるようになってくの見て、こんなのにつきあってるのは時間の無駄だとか思った?」
「…………」
 戒は無言で首を振る。
「私ね……子供たちが楽しそうにしてた理由、ちょっとだけ分かったよ」
 そう言って咲夏は水から上がり、戒の隣に腰かけた。
「あれはね……多分、出来なかった事が出来るようになるのが楽しいんだと思う。私も楽しかったよ……戒は、どうだった?」
「……楽しかった、よ。咲夏は上達も速いし」
「ほらね。教える方も楽しいのよ。だから、きっと貴方の友達も楽しかったはず。じゃなきゃ、つきあいが続くはずないわ」
「そうなのかな……?」
 そうよ、と咲夏は満面の笑みで応えた。
「戒は泳いでいいの」
「…………」
 それまで俯いていた彼は、ゆっくりと空を見上げる。
「咲夏は、泳ぐの好き?」
「それは人間に歩くの好きかって訊くようなもんなんだけど……でも、戒に教えられて人間の脚で泳ぐのは楽しかったわ」
 帰ったら友達にも教えてあげるの、と彼女は笑う。若干苦笑気味なのは、仲間内での変わり者扱いが加速する事を半ば確信しているからか。
「戒は、泳ぐの嫌いになったの?」
「…………」
 彼はかなり長い間、沈黙していた。けれど、やがてゆっくりと視線を下ろし深く息を吐く。
「いや……」
 諦めるような微笑と共に首を振った。
「泳ぐのは好きだよ」
「そう……」
 咲夏も何処か嬉しそうに笑い返す。
「でもね……さっき咲夏に泳ぎを教えてて気づいたんだけど、どうも俺って、好きなのはあくまで泳ぐ事≠セけらしいんだ。大会で記録出しても、あんまり嬉しくなかったし」
「じゃあ部活とかいうのは、もうやらないの?」
 うん、と戒は頷いた。そして、でも、と続ける。
「水泳自体は、また始めるよ。変な制約もなくなったんだし、泳げさえすれば他はどうでもいい」
 清々しい表情で伸びをし、咲夏の方へ視線を向ける。目には何処か悪戯っぽい光が宿り、唇の端が上がった不敵な表情。そこには意志と生命力が溢れていた。
 その表情を見て、咲夏もまた笑顔になっていた。けれど、それは今までとは違う笑顔だ。
 楽しい事を楽しいと十全に表情に表すものではなく、何処か気恥かしげで、頬も薄く染まっている。
「そっか……よく決心したね」
 称えるように言って、咲夏は戒の頭に手を伸ばした。
「子ども扱いすんな」
 彼は撫でられる事を嫌ってその手を避けようとするが、僅かに早く彼女の手は頭の後ろへ回る。
「え……」
 そして気づいたときには引き寄せられ、すぐ目の前に彼女の顔が迫っていた。
 ふわり――と、ひんやりした唇同士が重なる。
「…………」
「…………」
 目を見開いて硬直する戒の唇を、咲夏は自分のそれで温めるように愛撫する。
 どれほどの時間が経過しただろうか。咲夏は、ゆっくりと唇を離した。
「さっきの表情は、ちょっと素敵だったから――ご褒美」
 でも目は閉じてほしかったなぁ、と照れる咲夏へ、今度は戒が手を伸ばす。
「え……?」
 流石に予想外の展開なのか、咲夏は僅かに焦った表情を見せた。が――
「いきなり何してんだ、お前は! 痴女か!? この痴女!!」
 伸ばされた手は頬ではなく背中へ回され、そのままプールへと突き落とされる。派手な水飛沫が上がった。
「ちょっと! また溺れたら、どうしてくれるのよ!?」
「ギネスに申請する! リアル河童の川流れとか、猿も木から落ちる的な感じで」
 頬を膨らませる咲夏に、戒は不敵な笑みを浮かべる。そして、どちらからともなく噴き出した。
「ありがとな、咲夏。お前のおかげで、少しだけ前に進めそうな気がする」
「こちらこそ。戒のおかげで、普段当たり前の事も視点を変えれば新しい発見があるって気づけたわ」
 戒は咲夏を引き上げるために手を伸ばし、咲夏はその手を取って体重をかける。
 そして――
 お約束のように、戒は再びプールに引き摺りこまれたのだった。



 それから数週間後――戒は海にいた。
 最寄りの駅から各駅停車で、のんびり一時間。小さな海辺の町にある市民プールで、彼はインストラクターのバイトを始めたのだった。
 といってもジムのような本格的なものではなく、近所の子供たちに泳ぎを教えたり、お年寄りの運動の補助をしたりするのが主だった。しかもバイトなので、どちらかというと雑用が彼の仕事である。
 それでも休憩時間には好きに泳いでいいと言ってもらえたし、普段の入場料も割り引かれるのだから、お得なバイトだと思う。
 とはいえ、今日は失敗をしてしまった。寝坊である。
 慌てて準備をするので手いっぱいで、携帯をチェックしている暇がなかったのだ。
 気づいたのは、いつもの時間の電車に何とか駆けこみ、目的の駅に到着した後だった。液晶に表示されていたのは、点検のために今日は中止という無慈悲な現実。
 やる事がなくなってしまった彼は、仕方なくあたりを散歩していたのだった。
 既にシーズンも終わりなせいか、海水浴客も殆どいない。活気のない海の家は廃屋のような錯覚を誘い、物悲しい気持ちにさせられた。
 少し海を眺めたくなって、戒は密かに営業していたらしい地元の釣具店で釣り竿をレンタルする。それを持って、波の穏やかな入り江の方で糸を垂らした。
「…………」
 潮騒を聴きながら、思い出すのは友人の事だった。正直、まだ自分が泳ぐ事に関して割り切れない部分もある。
 それでも、やはり海はいいと思った。今年はもう無理だが、来年は泳ぎに来ようと思う。
 そして完全に吹っ切れたときには、彼と行った海に花を供えに行こう。胸を張って、自分は今も泳いでいると報告しに行こう。
 くい、と糸が引かれた。しかし軽く竿を上げてみても、伝わってくる感触は軽い。餌はついていたが、魚の姿はなかった。
「……バレたかな?」
 再び糸を垂らす。
「……釣れますか?」
 ぼんやり海を眺める戒の耳に、そんな声が聞こえてきた。彼は小さな悪戯を思いついた子供のように、口の端に笑みを浮かべる。
「釣れたよ……大物が」
 そう言って声の主のいる水面を指差し、そして数週間前の夜のように、どちらからともなく噴き出した。
11/06/28 18:14更新 / 雲凪 蒼

■作者メッセージ
 長丁場な連載物で四苦八苦してるときに降って湧いてくるんぢゃねえよ、という怨念と共に書き上げました嘘です。お久しぶりのazureでございます。忘れられてる気もしますが、しぶとく生きてますw
 夜のプールで語り合う少年と少女、そしてラストの、釣れますか?→釣れたよ……大物が、の場面のイメージだけしかないところから無理やり物語にしたので、あんまりテーマとかはないです。何を言いたいのかも、自分でもよく分かりません。
 実をいうとエロありで書くつもりだったんですが、書いてるうちに何か蛇足な感が否めなくなってきたので、ちゅーだけです。ごめんなさい。
 戒と咲夏の間に恋愛感情があるかどうかは、読んだ方の想像にお任せします――って言うと聞こえはいいですが、実際には作者も決めかねているだけだったりw 
 ていうか、男女の友情もあっていいと思いますよ。あって欲しいと私は思っています。実際にあるかどうかは別として、まあ物語の中でくらい……ね?

 友情で口にちゅーはしねえよ! と、誰かにツッコまれる前に自分でツッコんでおくw いや、でも、そういう形があってもね……魔物娘だしね……(ゴニョゴニョ)。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33