連載小説
[TOP][目次]
@オーガ編
「……ここが、一人目の住んでいる場所か……」

すぐ横に鍛冶場が備え付けられた住居の前で、黒いローブを見にまとった少年ーーライナスが呟いた。

幼いライナス少年は、かつて自分で作った分身薬の効能を甘く見ていた。薬によって引き起こされた性欲を一人で処理しきれず、複数人の自分で魔物娘を罠にはめて、性的な意味で襲いかかったのだ。その「ツケ」を、被害者の魔物娘全員に払うことになったのである。

「(よりによってオーガに手をつけるなんて……今更後悔しても遅いけど……)」

ライナスが最初に訪れることになったオーガは基本的に男に犯されることよりも、男を犯すことを好む凶暴な魔物娘である。自分より明らかに非力な少年に、ましてや痺れ薬で体の自由を奪われた状態で一方的に弄ばれたとなると、あまり良い印象は得られていないだろう。

ライナスは震える手で扉をノックした。が、返事が帰ってこない。

不審に思った少年がドアノブに手をかけると、鍵は掛かっておらず、すんなりと中に入ることができた。

「出かけてるのかな? 不用心だな……」

そう言いながら後ろ手に扉を閉めると同時に、腕が強い力でグイッと引っ張られ、次の瞬間にはその小さな体はガッチリと押さえ込まれていた。

「へっへっへっ……とうとう捕まえたぞ、このエロガキめ」

緑色の肌に、額から2本の立派な角を生やした魔物が、ライナスの体を指一本動かせそうにない程の力で抱きすくめる。その容姿としなやかで筋肉質な肉体から、少年は目の前にいる女性が、以前自分が襲ったオーガであることを確信した。

「てめぇ、この間はよくも私の身体を好き放題してくれたな……?」

「ご、ごめんなさい……」

オーガは少年の青ざめる様子に舌舐めずりをすると、彼の靴と靴下を乱暴に脱がせて、そのままベッドの上に放り投げた。

「今度はこのカスミ様がお前の身体を好き放題する番だ。覚悟しな!」


そう言うが早いか、カスミはライナスのローブの裾をゴソゴソとやって、中から恐怖で縮んだぺニスを取り出した。

「おい、何だこりゃ……フニャフニャじゃねえか。しょうがないな」

カスミが上着をはだけさせると、中から豊満な胸の谷間が姿を現した。ルリのそれとは全く異なるその魅力に、ライナスは思わずドキッとしてしまう。

「男はみんなおっぱいが好きだからな。ほら、どうだ……」

ニヤリと笑みを浮かべて、萎えたぺニスを胸に押し付ける。

「あっ……」

ぷにぷにと柔らかく、温かい感触に少年は声を漏らし、小さくなっていたぺニスもむくむくと膨らんできた。

「よしよし、大きくなったな。それじゃあ挟んでやるから、大人しくしてな」

そう言うとカスミは少年の下半身に覆い被さり、自身の谷間に勃起したぺニスを挟み込む。

「うう……」

「どうだ、気持ちいいだろ? この日のためにわざわざ本を買って練習したからな」

ぎゅっ、ぎゅっと両側から乳圧をかけられて、ライナスは歯の隙間から喘ぎ声を漏らしてしまう。

「そろそろシゴいてやるよ。イキそうになったらちゃんとイくって言うんだぞ」

カスミの本格的なパイズリが始まった。たぷんたぷんと上下に双丘が揺れる度、先端から滲んだ先走り汁がにちゅにちゅと音を立てて、少年の耳を責め立てる。

「あぁ……キモチイイ……」

「全部埋もれちまってるな……これじゃあ挟みながら舐めるのは無理そうだな」

そう言うとカスミは乳でぺニスをシゴくスピードを早めていく。少年は早々に彼女の胸の弾力に溺れてしまい、完全になすがままだった。

「まあいいか。おっぱいだけでイカせてやるよ」

今度は左右の胸を交互に擦り合わせるようにしてぺニスをもみくちゃにしてきた。この動きが少年にとってかなり効いたらしく、ライナスは大きな喘ぎ声を出して腰をビクンと突き上げた。

「あ〜あ。今すごい声出たな。こりゃ長持ちしそうにないか」

カスミは鋭い歯を剥き出しにしてニヤニヤと笑うと、谷間の奥でびくんびくんと跳ねる子供のぺニスを容赦なく乳でシゴいていく。

「ははっ、まるで胸と交尾しているみたいだな。そろそろフィニッシュか?」

カスミはライナスの表情から彼の限界が近いことを悟ると、少年のモノから胸で種汁を絞り出すためのラストスパートにかかった。敏感な先端を中心に左右から強い乳圧をかけて、彼の我慢を食い破るための刺激を与えていく。その姿はまるで、華奢な少年のぺニスを胸で補食しているようにも見えた。

「おら、イけ! このまま無様に乳内射精しちまえ!」

「ああ……イきます!」

ライナスは腰を突き上げながらオーガの谷間の中に精液を注ぎ込んだ。射精が始まっても両側からの柔らかい圧迫が続けられ、脈動が中々収まらない。

「うあぁ……出てる……気持ちいい……」

少年はカスミのおっぱいの柔らかさをたっぷりと味わいながら腰をひくつかせ、先端から一滴も出なくなるまで念入りに絞り出されたのだった。

「へへ……一丁上がりだな」

カスミが胸を両手で寄せたまま少しずつ手前に体を引いていって、少年のぺニスをにゅるんと引き抜くと、先端から溢れた精液が彼女の谷間との間に白い糸を引いた。

「うお……ガキの癖にすげえ量だ。私の胸がそんなに良かったのか? このエロガキめ」

カスミはそう言うと双丘を左右に広げて、少年に谷間に溜まったザーメンを見せつける。にちゃあ……と音を立ててへばりつく白濁液と、緑色の肌のコントラストが、少年にはとてもいやらしい情景に見えた。



「おら、さっさと勃たせろ!」

「まっ、待って……出したばかりだから、あっ、だめ……」

カスミは射精直後で敏感なぺニスを容赦なくシゴいて勃起させようとしていた。

「んなこと言ってもう固くなり始めてんじゃねえか。次は私のマンコの中にたっぷり出してもらうからな!」

カスミはそう言うと少年の目の前で自身の秘部に指を当てがって、濃厚な蜜が滴る内部がよく見えるように押し広げる。

「どうだ? 肌は緑色でも中身はピンク色なんだぞ。今からここで、お前の子供チンポをめちゃくちゃにしてやるぜ……」

ひだひだにねっとりと愛液が絡み付き、別の生き物のように妖しくうねるカスミの膣内を目の当たりにして、ライナスはゴクンと生唾を飲み込み、半勃ちだったぺニスは完全に固さを取り戻した。

「くくく……もう犯して貰いたくて堪らないって感じだな。イッても何も出てこなくなるまで射精させてやるから、大人しくしてろよ……♥」

カスミは少年の手首を押さえつけて動きを封じると、便器に跨がるような格好で彼の可愛らしい勃起をぬるぬるの膣の中に飲み込んだ。

「うわぁ……! 動いて……る……」

ライナスは入れただけでも我慢しきれずに声を上げた。オーガの膣内は敏感なぺニスをぎゅっ、ぎゅっ、と力強く締め付け、カリ首などの弱点を柔らかい襞が、種汁を漏らせと言わんばかりに激しく這い回るのだ。


「腹筋鍛えてるからな。締め付けるのはお手のものさ。これから腰も動かしてやる。別にすぐに出しても構わないけど、私が満足するまで休憩は無しだからな!」

カスミのぺニスを貪り喰らうような腰振りが始まった。彼女の尻と少年の太股がぶつかり合う激しい音が響き、ライナスは早くも悶絶し始める。

「うわぁぁっ! か、カスミさん、激しすぎだよぉ……!」

少年は口の端からよだれを垂らしながら首を左右に振って懇願するが、其のような行動はカスミの劣情をより燃え上がらせるだけだ。首の動きを止めると、自分のぺニスが魔物娘の膣にぐちゅぐちゅと音を立てていやらしく食いつかれている光景を、まじまじと見せつけられる。

「ははっ、可愛い反応するじゃねえか。言っとくけど、今日の私はバリバリ危険日だからな! 妊娠したら何がなんでも責任とってもらうぜ!」

「そ、そんなぁ……!」

カスミは舌を突きだし、か弱い少年を快楽で蹂躙し、屈服させる悦びを味わいながら、恍惚に浸った顔で腰を振り続ける。上下運動の激しさで豊かな胸がぶるんぶるんと激しく揺れて、少年の視覚に自信の体のいやらしさを叩きこんでいく。無論その間も少年のぺニスはしまりの良い膣でぐにゅぐにゅと締め付けられて、欲情の証である白濁液を絞り出されようとしているのだ。

「カスミさん……! ううっ、そんなに激しく動かれたら、もう……!」

手首は既に解放されていたが、ぺニスを貪られる少年は指一本動かすことはできなかった。身も心も完全に犯される快楽に支配されており、もはや彼女の膣の中に為す術もなく精液をぶちまけることしか頭に無い。

「おっ、もう出しそうなのか? よぉし、そのまま中出ししろ! 危険日マンコにザーメン注ぎ込んで、がっつり種付けしやがれ!」

そう言うとカスミは少年のぺニスに止めを刺すための締め付けを始めた。根本をきゅっと締め上げて、亀頭を膣内で揉みしだくなまめかしい動きで精液を搾り出しにかかる。同時に腰を振り乱して、サオの部分を容赦なく擦り上げた。

「ああっ、気持ちいいよぉ……! 出ちゃう……!」

ライナスはその華奢な肉体をブルッと震わせて、柔らかく、温かい胎内で射精を始めた。カスミはあふれだす精液を逃さないように根本までぺニスを誘い込み、牛の乳絞りの要領で少年の子種を絞り出していく。

「はぁ、はぁ……ひいっ!?」

やがてぺニスの脈動が収まったのを確認すると、カスミは膣内に飲み込まれたままのモノを再び腰振りで貪り始めた。

「か、カスミさん! 腰振るの止めて! び、敏感だから、出したばかりで敏感だからぁ……!」

「だ・め・だ! 私が満足するまで休憩無しってさっき言っただろ! 大人しく犯されてるこったな!」

少年は弱々しく腕を振り回して抵抗をしようとしたが、結局射精直後のぺニスを苛められる快感に耐えきれず、そのまま脱力して為すがままの状態になってしまった。



ーーーーーーーーーーー

「……ふぅ……流石にもう出ないかな」

「あ……う……」

何度も膣内射精を繰返し、絶頂してもぺニスが引くつくだけで何も出てこない状態になったところで、ようやくライナスはカスミの膣から解放された。

「よっこらせ……うぉっ、すごい量だ」

カスミが腰を上げてぺニスを引き抜くと、膣口から尋常でない量のザーメンがドロリと溢れだして、少年へその窪みに精液の水溜まりを形成していく。ライナスは文字通り空っぽになるまで、種汁を根こそぎ搾り取られたのだ。

カスミは魂ごと吸い取られたような状態のライナス少年の隣に添い寝をすると、彼の頭の下に腕を潜り込ませて、腕枕をしてあげた。

「……あ……」

間近に迫ったオーガの顔を見て、少年は口を半開きにしたまま、涙目の上目遣いで彼女と見つめ合う。カスミは少年としばらく見つめあった後、ふっと笑みを浮かべると、彼の半開きの唇に自分のそれをくっつけて、舌を潜り込ませた。

少年は既に舌を動かす体力も残っていなかったので、キスもカスミがリードする形になった。ちゅっ、ちゅっ、と小さな音を立てて、子供の無抵抗な舌を吸い上げる。

少年はどうにか寝返りをうって彼女と向き合うような体勢になると、残った体力で柔らかいおっぱいに手を当てて、カスミの母性に甘えるような手つきで指を動かし、乳首を撫でていく。

このようにして二人は、先程の激しいセックスとは打って変わって、穏やかな恋人同士の様な時間を日が暮れるまで楽しんだのだった。

ーーーーーーーーー


「それで? 次はいつ来るんだ?」

「えっ、次って……」

カスミは、帰り支度を始めたライナスの後ろから、さも当然のような口調で、次の機会を問いかけてきた。

「次はいつ私とセックスするんだって聞いてるんだよ!」

「え……えっと……他の魔物娘達にも会いに行かなきゃいけないし……ルリの相手もする必要があるから……一ヶ月後……」

「一週間後だ! それまでに来なかったら、私の方からお前んちにカチコミに行くからな!」

「わ、分かりました……」

カスミの気迫に気圧されたライナスには、もはや彼女の命令を受け入れる以外に選択肢は無かった。






「絶対……来いよ……」

カスミは家の窓からヨタヨタと去っていく少年の背中を見ながら、ポツリと呟いた。


ーーAメドゥーサ編に続く。

16/05/22 15:44更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
どうも、SHARPです。

そもそもセイレーンの話は一日でパパッと書き上げた謂わば一発ネタで、続編の構想などまるっきりなかったのですが、思ったより評判が良かったので、急遽オムニバス形式で続編を作ってみたのですが、どうでしょうか?

次回はメドゥーサ編の予定です。嫉妬深い魔物娘の代表格とも言えるメドゥーサに、少年(のちんちん)は無事でいられるのか! 更新時期は未定ですが、気を長くしてお待ちしていただければありがたいです。……前作の感想欄で「被害者の中に蛇系の魔物娘はいない」と言ってなかったかって? サテナンノコトヤラ

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33