『ツンツン!! トラトラ!? ニャンニャンニャン♪』




「眩しい」
現代ジパング、そこはコチラの世界の現代と全く変わらない文明が息づく世界である。
車もあるし携帯音楽再生機、スマホ、テレビ、機械に限らず義務教育などもある。
ただし違うのは隣に魔物娘がいるという事だけだ。

「まさかの出席日数不足とは」
とある県立中学校前、夏の長期休暇に入ったばかりなので部活の生徒や図書室を利用する生徒ぐらいしかいないこの場所で虎柄の、いや虎がたたずんでいた。一人と言うべきか一匹と言うべきか。
まだまだ昇りたての太陽の光を一身に受けて人には無い肉球付きの大きな猫手で鋭い太陽光を遮る彼女はきちんと制服に身を包んでいるものの薄手のブラウスからは筋骨の筋がはっきりとわかる鍛えっぷりであった。勿論胸だって十分すぎるボリュームである。

「ダメだな、ここで愚痴をしてもなんともならないし」
しかし手をどけた彼女の顔、その目の下には真っ黒と言えるほどの隈がある。余程眠いのか種族上ただでさえ鋭い眼光がキッと吊り上っている。傍から見たらまさに虎に睨まれているように錯覚するほどにだ。

「でさぁ彼氏君の裏筋を……ひぃぃ!? 」
「わかるわか……ひっっ!? 」
「俺、夏の間に彼女へ……うっ!? 」
すれ違う者からもれなく畏怖の目、何も言ってもいないのに勝手にできる花道に彼女の心情は如何なものか。尻尾が少しだけボリューミーになってブンッブンッと不規則に風をきる音が出る程に揺れればまぁ、察するのは容易だろうが。

(〜〜っ! なんなのだ、ただ眠いだけなのにっ! 何、そんなに私が怖いかっ!?)

ほら。
そんなモーゼの十戒よろしく校門を通過し下駄箱のある昇降口まであと少し、門の前から不機嫌極まりない彼女に声をかけるものがいた。当たり前だが同じ中学校の制服を着ているがこちらは学ランの男子で、色白でひ弱そうなもやし系、イケメンと言うより女装したら絶対に女と思われるような顔立ち、小脇に鞄を抱えている。
迫りくる虎の前にさっと立ち、空いていた片手をあげて何の恐れもなしに彼女へフレンドリーに挨拶してきたではないか。

「や、おはよう。んー、眠いなぁ」
「あっ、君!? なんで学校に!? 」
「出席日数不足で、ね♪ まぁ登校時間ちょっと遅れたけど」
なんと偶然な。
寝癖を直していない彼はぐっと背伸びをし、間延びした声で彼女の質問をさらりと返す。そして笑顔を向ける彼に彼女は胸に何かが刺さる様な感覚に陥った。
幼稚園で隣の席になってからずっと、中学生になった今も家族ぐるみのお付き合いの仲である彼は見た目に反せず病気がちで度々こうして補習を受けることがざらにあるのを彼女は良く知っている。彼女はそんな彼を良い友達と思っているわけだが……?

「逆に珍しいね? 君が補習だなんて。修行のしすぎで日数が――― 」
「関係ないでしょ」
「いやまぁ、そうだけどって、あ、ちょ、ちょっと待ってよっ!? 」
(っっ! なによ、なんなのよっ! この胸のざわめき……もう! 腹が立つっ!! )
幼き頃より武闘家として鍛えてきた彼女は学校公認で深夜の警備のアルバイトをしているのだがそれが原因で授業中に船を漕ぐことが多数あり、いやこの頃は特に頻繁にありその積もり積もった結果がこれである。
幼馴染との会話もそこそこに逃げる様にして手早く上履きに履き替えた彼女は早々に目的の教室目掛けて歩き出し、それを慌てて彼が追いかけた。
何時もなら挨拶しあって肩を並べて歩くような仲なのに、今日に限っては何故か彼女が不機嫌になっているのだ。しかしある程度歩いた彼女は彼に気付かれないように横目でちらりとひとつ後ろを追いかけてくる彼を一見。

「はぁはぁ……ん、何? 」
「っ! な、何でもないっっ!! 」
(うぅ、はっ!? な、なんで私こんなにどぎまぎしてるの!? )
年頃の女子が夢見る「気が付いたら目が合うような、そんな淡い恋でした」とか「気が付いたら♂と♀が合うような、そんな激しい恋でした」とか武道に生きてきた彼女にとってほぼ無縁で興味が無かった。だがあえて表現するならまさに今の彼女がそうなのだろう。ちなみに前者である。
気にした彼が視線に気づいた途端にコレだ、真面に顔が見れないのだ。
彼から声を掛けられた彼女は途端に声を裏返して返事しまうのもその一つだろう。

「何、何々? 気になるんだけど? 」
「っ!?!? う、う、ううう、五月蠅いっ! 」

(―――あぁぁ! もう! なんなのよ、この気持ちっ!!  ウガァァァァ!!!―――)

考え事をしたせいで遅くなった彼女にいつの間にか肉薄した彼は背中越しに彼女へと声をかけるも、ピーンと背筋と耳と尻尾が伸び驚いた様子の彼女になぜか怒られてしまった。
というか睨まれた。
彼女は余程混乱しているようで自分のショートヘアをガリガリ掻いては壁に八つ当たりをするように爪を立てたのだった。それはもう激しく。

「お、おぉい? 」
「っは!? な、なにっ!! 」
「あ、いや、壁に穴空くぞ?? 」
「……ぁ」
睨まれていた彼だが額から汗を一筋流して、ちょっと恐る恐る彼女に対して助言する。
なるほど、我を忘れて壁に八つ当たりしていたようだ。彼女の鋭い爪でガリガリと幾度も砂のように削り込まれたコンクリートの壁はそれはもう見るも無惨な大きな窪みとなっていたわけで。
自分の思考に専念していた彼女は結局、その意味も理由も分からないまま桃色に頬を染めて走る様にして逃げるのだった。しかめっ面して、苛立ちで尻尾を荒々しく振り回しながらも階段を駆け上がってすぐの目的地、教室へと強引に扉を開けて入っていくのであった。
慣れない足取りで追いついた彼も彼女に続いて入ろうとするもドンと何か柔らかいものに行く手を阻まれてしまう。仄かに汗の香りと薄い香水のような不快とは微塵も感じない匂いは彼にとって最も嗅ぎ慣れた肉親以外の匂い、そう彼女が棒立ちして立っていたのだ。
その彼女の顔は教壇に釘ざしだが彼も目で追うことにすると、なるほど誰かいるようである。

「ん♪ はぁ♪ ……あら遅かったじゃない? 二人してチョメチョメでもしてた? 」
「な、ち、ちが、ち、ちがっ!! 」
「残念ながら二人とも寝坊ですよ古里瀬先生 」
「そう? それは残念。と言うことで今日と明日の二日間はこの教室で自習してもらいます」
そこではすでに教卓にて角オナしていた妖狐の先生がいて、彼女らを見るなりにやついた顔で何かを期待する目で挨拶をしてきた。いつもの彼女なら「はい、寝坊しました」などと何のこともなく流せるのだが何時もと様子が違うのでしどろもどろ。
なので彼女の代わりに後から教室に入ってきた彼が答えた。遅刻というほどでもないけれど。
普通の返しにちょっと興味が失せた先生はてかてかに濡れた教卓から身を離して黒板へ振り向くと大き目の字で【自習。】と書き上げてそそくさと教室を出ようとしたので彼は慌ててひとつ声をかける。

「あ、あの、何時まで!? 」
「ん? ん〜 」
人差し指を顎に立てて考える素振りを見せる妖狐先生。開いた手でちゃっかり自慰をしているが彼はあえてナニモミテイナイことにした。
そして先生は「あ♪ 」とどっちの意味か分からない呟きの後にこういったのだ。

「先生が満足して帰ってくるまで♪ 」
「え、あ、はぁ」
「それじゃ。あ、教室は自由に使ってもいいけど掃除はしてね♪ 」
気の抜けた返事を返す彼に先生は尻尾をゴキゲンにふって教室を後にした。
濡れた教卓そのままで。

「あーじゃあ自習しよっか」
「あ、うん、そうだね……ってなんで隣に来るのだっ!? 」
「え、だって二人きりだし教室誰もいないし、ね? 」
「あ、ぅ、ぅぅ、か、勝手にしろっ!! 」
まだ日が昇りきる前、お昼にはもうちょっと。
少し酸味の聞いた匂いが薄ら漂う教室の隅っこ、換気が良いという理由で窓側に二人が陣取ってそれぞれ自習の為の準備をし始める。彼はと言えば鞄からデッサンの道具とスケッチブックを一冊取り出して徐に白紙に鉛筆で絵を描きだし、彼女はと言えば鞄からクリップタイプのヘッドホンと携帯音楽再生機を取り出して自慢のフサフサな耳毛に絡まないようかき分けて適度な位置にカプッとセット。それを両耳の三角の黒い外耳にセットしたところでスイッチオン、安らかな音色のクラシックが流れ出した。でもすぐにそれは止まりこんなフレーズが流れ出す。

『さぁてこの番組は【喫茶店・猫の鈴】のコーヒー日和でしたぁ! このまま次の番組である……』

なるほど、ラジオか。そのラジオは宵ノ宮がある地方では良く流されている地方特化型の番組であった。そんなローカルな番組を聞きながら彼女は一つ「くぁあ〜〜」と大欠伸。本当に眠いのもあるけど彼女の場合はただ単に出席不足故にすることが無いのだ。
彼も同じだけれども。
欠伸の後に一目ちらっと彼を見る彼女はやはり頬が赤い。そんな彼女の熱視線などお構いなしに彼は彼で絶賛デッサン中なのだが。
睡眠不足がたたってか彼女は聞き始めて数分ですっかり机に突っ伏して寝てしまったのであった。
それに気づいた彼は隣で微笑んでいたが、はたして。



そしてどれほどか時間が立ったのかわからないが日が傾きだした時分、赤みを帯びた光に照らされた彼女はビクッと体を痙攣させて飛び起きた。

「はわっ!? あ、あれ??? 」
「ん? やぁおはよう。あ、今は夕方だからこんばんわかな? 」
「え、は、えぇ、うそ!? 」
がたりと大きな音を立て席を後ろに弾いて反射的に立ってしまった彼女はここでちょっとした失態を犯すのだが、まあすでに失態であるが。
クリッブタイブのイヤホンはまだ耳に残っている。携帯音楽機もまだ流れている。彼はとえば笑顔であり、どこも失態を犯したようにみえないが彼の一言で彼女はようやっと理解したのだった

「そういえばさっき、君がいつも聞いてるМCの別番組流れていたよ? 」
「えっ、え?? ……あぁぁ!? 」
そう、未だに流れているラジオは彼にも聞こえていたのだ。いや、ただ単に彼女の手違いでピンジャックをさし忘れていただけだが。
ようは彼女、彼からのおしゃべりを逃れる為だけにヘッドホンで聞いたふりをしていたのだ。

「あ、ぁぁ、あわ」
「ん? どうしたの? 」
(あぁぁ何してるの私っ! 朝からぼうっとしてるからって……で、でも時が経てば忘れる様な
そんなもんでしょ……うぅぅ、ぅぅぅ!! )
朝からずっと何かにつけてモヤモヤした気持ちが今になっても空回り。真っ赤になった彼女は自分に対しての怒りか、はたまた彼に対しての恥ずかしさからか。

「ぇ、あ、いや、あの、な? 」
「ん? ん?? 」
あいも変わらず笑顔の彼に彼女はどうにかして弁明をしたいらしく腕を左右上下に慌てふためいて何かを言おうとする。勿論、ラジオを聞いたふりしていた理由をだ。
変に緊張したのか尻尾まで興奮のせいで膨らんでしまっているが彼女は気づいているのだろうか。
まぁ、現に彼には全く意図が伝わっていないからどうしようもないのだが。

「えっ、何々? ジェスチャークイズ?? 」
「っ!? ば、馬鹿じゃないのか君はっ!! 」
「えぇ? 至って真面目に答えているんだけど」
(あ、彼の膨れっ面……久々に見たな)
難しすぎる彼女のジェスチャーに彼は顎に手をやりむむむと顔を真剣にして話をするも、彼女のナイフのように鋭いツッコミに落胆して顔をそのまま机に伏せて膨れ顔。ブーブー。
彼女が彼のこんな顔を最後に見た時、実は小学校低学年のころの話だ。
あどけなさが残った少年がそのまま体だけ大きくなった彼にとって彼女は数少ない感情をむき出しになれる相手であり、彼女もまた然り。
ただ彼女は早熟型だった為に小学校を出たころにはもう今と変わらない体躯になっていたのだから時の流れとは早いものである。
そんな二人きりの教室でのたった数秒の懐かしいやり取り、そこに彼女は懐古の念を抱いてしまいそうになった。

(なんだろ、この感じが続くのも悪くないかも……)
―――そう思うも一瞬。

(……ふふ、私らしくない随分弱気な考えだな)
―――大人な彼女が邪魔をする。


「お? なんかご機嫌だね? 」
「んなっ?! 腹が立っているんだっ! 見ればわかるだろっっ!! 」
「わっ?! い、いひゃぃ! いひゃいっへ!! 」
実は少し微笑んでいた彼女だった。そこを目敏く見つけてしまった彼はニヒヒといつも彼女を小ばかにするような笑いからの指摘に彼女は一気に逆上、握って振りかざした大きな虎の手は机を真っ二つにし足を拉げさせる致命傷を与えたのちに彼の頬をグイッと摘み上げてしまう。空いている頬にも彼女は追撃の手をすすめ、彼は見事に両頬を不機嫌な彼女に引っ張られるという情けない事に相成った。
彼女の方が長身の為に彼が宙吊りになっている、というのも書き足しておこう。

「そ、そうやって」
「いはぃ! いはいぃぃ!!? 」
「いっつも私の事を馬鹿にしてぇぇ!! 」
(―――その鈍感な態度がっ、気に食わないんだっ!! )
「お、おほっへない!! おほってなぃぃぃ!! 」
「ふ、ふん! どうだ、か……??? 」
むにっむにっと彼の頬を引っ張る彼女。彼が抵抗するたびに彼の汗が気にならない程度とはいえ彼女に飛ばされるのだが、彼女はそこでふと自分の体に変化があるのに今さらながらに気が付いた。

彼に触れるたび、彼の匂いを嗅ぐたび、今日に限ってやたらと頭がクラクラしてくるのだ。

「っぱぁ!? あいたたた、っておい? 」
「な、なんだ? 」
「顔真っ赤だし、息荒いぞ? どうした風邪か? 」
「ま、魔物、が、風邪なぞ、ひ、くか……!! 」
おかしい。日が傾いてもう教室が赤くなりかけているがそれ以上に真っ赤な彼女。虎柄の毛が無い所はほぼ桜色か鬼灯のような赤みをおびて鼻息が荒い。

「な、なぁ保健室行った方が」
「っ! さ、さわ、るなぁ」
「えっ!? ちょ、ちょっと大丈夫か!? 」
彼が蹲ってしまった彼女に心配そうに声をかけても大丈夫と突っ張り、でももう今にも倒れそうな彼女。そのフラフラの彼女に対して彼はそっと肩に手を触れたのだが、触れた瞬間の彼女の心臓は高鳴りを加速する。鼓動がどんどんはやくなり今にも心臓が張り裂けそうである。

(さ、さわるな、ぁぁぁ、と、い、いって、る、のに、ぃぃ…… )
彼の優しさが仇となって彼女は下から彼を睨み付けてしまうわけで。

(あぁ、でも、でもぉ、彼の匂いぃ、はぁぁ、スンスン、はぁぁ〜 )
そして顔では嫌々ながらも心の内はもうトロトロに溶け始めている。


はじめての発情期、来たるっ!!!


「ふわぁぁ、あぁ♪ 」
「お、おぃ!! 」
「っかはぁぁ!? 」
(あ、あつい! 彼の触れた、肩がぁ!! も、もうだめだっ!! )
触れて数秒、彼女は上体をがばっと起こして立ち上がり雄叫びを上げて彼と距離をとった。

「っはぁぁ、あぁぁぁぁぁぁぁ!!! 」
「あ、おぃ!? 」
「す、ぐ戻るっっ!! 」
彼女は教室を疾走、退室し最寄の階が一つ上へ走り込む。目の前に見える女子トイレのドアを蹴破って入り個室のドアを捻り中に閉じこもってしまった。
鍵をガチャリとかけて数秒、「あっ♪ 」「んぁ♪ 」「ぁ、ぉおほぉぉ♪ 」と聞こえてきました。あぁ、えぇぇ……




―――(ピンポンパンポーン♪)暫くお待ちください。―――





「……ふ、ふぅぅ、ふぅぅぅ!! 」
数分後、股座の虎柄の毛をしっとりとさせた彼女が肉食獣の目を爛々とさせてゆっくりと出てきたがしかしまぁ、何とえばいいのか。全身の獣の毛がぶわっと逆毛立ち、尻尾なんて平時の3倍の体積はあるのでは無かろうか、というボリュームに獣耳は忙しなくあちこちに聞き耳を移し、彼女の手には恐らく今まで穿いていたであろう白のショーツが濡れ雑巾のようになって握られていた。汁が垂れるそれは絞れば一体どれだけのジュースが出てくるやら。だが待って欲しい、ショーツを握っているということはつまり彼女は今穿いていない。

そうです、穿  い  て  い  な  い  。
もう一度言いますが、穿  い  て  い  な  い  。

そして息に合わせて上下する胸には薄らとブラが見えるが一緒に真っ赤に充血したポッチも二つ見えている。
上は辛うじてつけている、という感じだ。

「ふ、ふふ、ふふふ……」
間違って今の彼女を見てしまった第三者がいるとすればまず痴女と認識される以前に恐怖心で悲鳴を上げて走り去るだろう闘気と熱気をもっている彼女。ゆらりと一歩一歩背を少し丸めて、まるでネコ科のハンターのように身構えながらトイレを出た。
ブラウスのポケットにパンツを詰め込んで。

「そうか、これが発情期、か……母上」
一言に熱を込めながら歩む彼女。すでにハンティングの体勢に入ってしまったようで彼女からは息遣い以外何も聞こえない。足音もない。いくら獣系魔物専用のシューズを履いていても、だ。

「なるほど。私をこんな雌にしてくれたのは、私の心を満たすのは」
ロフト階へ一足にて跳躍、これまた無音で着地。日頃の鍛錬の賜物である。振り返ってトンッ、宙にふわりと浮く彼女はまさに頭上から襲い掛かる獣のようだ。そしてまた無音で着地、からの歩き出し。

「彼だけ。この思い伝えなくては。ツタエナクテハ。したい、すぐシタイ、イマシたい…… 」
皆さん彼女の顔をご覧ください。恐怖心を抑えてご覧ください。あの縦に割れた瞳に三日月のように割れた口、そこから出てる鋭い犬歯を。見る者に恐怖しか与えない肉食獣の顔をした彼女は全身のバネを使い歩調を早め、いつの間にか走っていた。
そして日が暮れかけ暗くなりだした彼の教室の前についた瞬間、ドアを破壊して……


ああ神様、どうか彼が無事であることを……

【完】

〜閑話・その時のベランダ〜
(や、やだぁ、あの子っ、はげし、ぃぃぃ♪ おな、オナニ、は、はかど、捗るぅぅぅ!!)
彼と彼女が結合している時、外のベランダではその行為を見ながら特大ディルドーで自分を攻めたてる妖狐先生がいましたとさ。


さぁ、答え合わせの時間ですこんばんわ!!
凄く時間があいて忘れられたSS書きです…じゃっくりーです…

コホン、えぇと今回使わせていただいたのは【夕景イエスタディ/じん】という曲でした。某サイクロプス好きさんが好きな曲ですが…くふふ♪
途中どうしても文が作れないところは泣く泣く原曲側を削除して書いてみましたが…

ど、どうでしょうか? 人虎さんのもふもふ感が少しでも伝わればと思いマフ…(ガタガタガタガタ

感想お待ちしております!!!

14/06/16 21:55 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33