『公園にて・・・』


「あ゛〜・・・どうしてこうあなったのかしら・・・」

そう愚痴るのは黒い羽、青白い肌、白い髪、左が紅くて左が緑の瞳、紫色の頭上の輪・・・
彼女、『マーベル』はいわゆる堕天使である。
・・・『元』天使・・・ともいう・・・

「あのとき・・・あんなとこで罠にかからなきゃ・・・あ゛ぁもう!! 腹立たしい!!・・・おかげで火照ってきたじゃない!!・・・今度あの堕天使にあったらタダじゃ済ませないんだから!!」
と、大変ご立腹の様子・・・
実は堕天子討伐のため派遣されたマーベルだったが、あまりに真っ直ぐ過ぎた性格が災いして罠に係り・・・散々魔力を注ぎ込まれたのだ。
そのときの乱れっぷりは・・・もうそりゃぁ・・・よっぽど戒律が厳しかったのか其の反動みたいなものかと・・・

ポツッポツッ・・・

「あら? 」

ポッポッ・・・サァァァァーー!!

「きゃっ!? もうぅ!! いきなり雨なんて!! 泣きっ面に蜂ですぅ!!」

パタパタパタ・・・・

羽をバタつかせながら近くの『公園で』濡れた天使服を乾かそうと脱いでいた・・・
そして『偶々』近くにおいてあった(恐らく子供が置いていったのであろう・・・)雨合羽(黄色)をきていた。

「うぅ・・・ちょっと胸がきついです・・・ね・・・」
いまにもボタンが外れそうである・・・

ぐぅぅぅ〜〜〜〜〜〜・・・

そんなときにマーベルの腹の虫が・・・

「・・・お腹がすきました・・・でも・・・やっぱりこの体ですと・・・食べるのは・・・・・・・・ゴクリ」

・・・タッタッタッ・・・

「っ!? (・・・足音からして男の人・・・ですね・・・・グッドタイミング♪)」
足音を確認するや否や外にあるベンチに『下裸で上に合羽のみ羽織って』顔が見える程度にフードをかぶり静かに座っていった・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その日、配管工の男、『シール』は急いで職場に向っていた。

何故?

サァァァァァァァァァァァーーーーーーーーー!!!!!!!

・・・それは突然の雨の為。

「ちっくしょう・・・どうして朝から急に降るかな〜?!」
と愚痴りながらも走る。

「よし、今日は近道を使うか!!」

そういって近くの公園を横切ることにした・・・
そして公園を中ほどまで進むと・・・

ベンチが点在した広場に出た。

(・・・たしかココって発展場っていわれてんだよな・・・この間なんかオレと同じようなツナギ着たイケメンに「や ら な い か ? 」とかいわれたし・・・もち握りこぶしでO☆KO☆TO☆WA☆RIしたが・・・)

と、物思いにふけっていると・・・

「ん?・・・」
「・・・」
(あの女性・・・こんな雨の中なんで合羽きて座ってんだ?? ・・・背中に黒い羽・・・紫の頭上の輪・・・堕天使か・・・ちょっとしか顔見えないけど・・・中々美人じゃないか・・・胸も・・・大きいし・・・)

と、意識した視線を送ったとき・・・

「・・・(ニコッ」

プツッ・・・プツッ・・・

不意に女性が胸前のボタンを外し・・・

ブルルンッ!!

「っ!?」
閉じ込められていた二つのメロンが待っていましたといわんばかりに飛び出した!!
それを凝視するシール・・・

プツッ・・・プツッ・・・プツッ・・・

なおも女性はボタンをゆっくり外していき、ドンドン下へ進んでいく!!

「・・・ゴクリッ」

シールは興奮のあまりその場に立ち尽くし、女性を凝視していた!!

そして最後のボタンが・・・

・・・プツッ・・・

外された・・・その中は・・・

「裸・・・だとっ・・・」
毛が生えていない縦筋があり、・・・・すでに雨とは違う『ナニか』で濡れていた・・・

女性は徐に左足をゆっくりたたみ、そのまま左足を抱きかかえながら・・・

左の乳房をぐにゃりと変形させながら・・・

テロテロに濡れた秘所を見せ付けるかの用に両手の指先で・・・

漢殺しの・・・

「・・・私と・・・いたしませんか?」

くぱぁ

・・・必殺「くぱぁ」と上目遣いを繰り出した!!

「・・・・」
ふらふら〜と女性によっていくシール・・・

もうすでに股間は臨戦態勢である・・・・

「・・・さぁ・・・いらしてください♪」
今度は両足の踵をベンチの端に乗せ抱え、両胸の外側から手を回し再び足を抱えて「くぱぁ」をする・・・

『M字開脚くぱぁ』である・・・

・・・ぷちっ☆
シールの理性は粉々に砕け散った!!!!!

「っ!!・・・いただきます!!」
「さぁ・・・お召し上がりください!!」

ズン!!

そのままシールは彼女をベンチの背とサンドイッチするように挿入した!!

「あっ・・・はぁぁん♪・・はいって・・・ます・・・ズ太い・・・肉棒がぁ・・・♪」
「くぉっ・・・なんて締め付けだ!!」

ズリュッ!! ズリュッ!!

「はぅ・・あっ・・・あっ・・・も・・・もっと・・・もっと動いてくださいませぇ!!」
「いわれなくともぉぉぉぉ!!!!」

ニチャッ!! ニチャッ!! ニチャッ!!

「はぁぁぁん♪ ・・・ごりゅごりゅしてぇ・・・しゃいこうでしゅぅ!!!・・・あん♪」
「はぁっ・・・はぁっ・・・くっ!! また締りが強くなりやがって!!」

キューーーッ!!

「らってぇ〜・・・あなひゃのがぁ〜・・・きもひぃ・・・よしゅぎ・・・りゅんでぇしゅぅ〜♪」
「くぁっ!! だ、ダメダ!! もう・・・っ!!」
「な・・・なかにぃ・・アッ♪・・・たっぷりぃ・・ハァァン♪・・しょしょいでぇ〜♪」
「よし!! ・・・フン!! フン!! ・・・っぁぁぁぁぁぁ!!!」
「アッ!! アッ!! アッ!!・・・・っぁぁぁぁぁぁぁぁ♪」
パァン!! パァン!! パァン!!・・・・パァァン!!!!!

ビュルルルルルルルゥ!!ビュル・・・ビュル・・・・・・ゴプッ・・・

互いに絶頂を向えつつ、シールは女性の膣に盛大に射精した。・・・量が凄かったのか結合部からあふれ出てきた・・・

「あっ・・・勿体ないですぅ・・・」

すると彼女は何のためらいも無く結合部に右手を持っていき溢れている精子を救い上げて・・・舐め取り始めた・・・・

「んっ・・・ぁん・・・ぅむ・・・・・・コクン・・・あむっ・・・うん・・・」

・・・非常に恍惚としている。
勿論目の前でそんな痴態を見せられて立たないわけ無い男はいないわけで・・・

「・んぅ・・?・・・あはぁ♪ また膣で大きくなってきたぁ♪」
「・・・そりぁ・・・なぁ・・・」
「それじゃあ今度は・・・よいしょっと・・・」

グリンッと繋がったまま器用に体を回転させて後背位になる彼女。

「あんっ♪・・・そういえばお名前、未だでしたね・・・わたしはマーベルといいます・・・あっ♪」
「オレは・・・クッ・・・シールっていうんだ・・・クォッ!!」

ニチャッ!! ニチャッ!!

どちらからとも無く動き出す2人・・・
「では・・・くふぅっ♪・・・名前も知ったことですし・・・あひゃう♪・・・楽しみましょう? ・・・くひぃ!!」

上から覆いかぶさるようにマーベルの両方の乳房を鷲掴みし、乳首をコリコリするシール。
そしてつづけてピストン運動。

「あひゃーーん♪」
「なんだ? 乳首かんじるのか?」

コリッ!!

「はぁぅぅぅん♪ ち、乳首らめぇぇぇ♪」
とアヘ顔になり抗議の声をあげるマーベル。

「おっぱいばっかりぃ・・・いじらにゃいでぇぇ・・・♪」
「あぁそのつもり・・・だっ!!」
と、後ろから突き上げながらマーベルのクリトリスをつまんだシール。
その瞬間・・・

「あひぃぃぃぃぃぃ♪」
プシャーーーーーッ

と、アヘ顔になり舌を突き出し、涎を垂らしながらイッたマーベル。勿論イッたので膣もキュウキュウに締まるわけで・・・

「うぉぉ!! イイしめつけだっ!! だすぞっ!!」

ビュクッ!! ビュクッ!! ビュクッ!!

「あっ♪あっ♪また膣にでてぇりゅ〜〜♪」
ビクンビクン!!
イッたばかりのマーベルだったが、精を注がれた瞬間にまたイッた。



・・・・それから数発やらかしたのち・・・



「いや〜どうもありがとうございます!! すばらしい『青姦』でした♪」
「・・・」
晴れやかなマーべルに対して、ズンッという擬音が合うくらい位暗いシール・・・

「? いかがなさいました? シールさま? 」
「・・・おれな・・・仕事に行く途中だったんだ・・・それが・・・」

『もう夕焼け沈みかけとか、ドンだけやったんだと・・・』

「いいではないですか〜♪こうしてイイことできたわけですし♪」
「・・・否定はしないけどな・・・」
「・・・そんなに時間がきになるんですか?」
「・・・どちらかというと金銭が不安なんだがな・・・」
「ご家族は? 」
「1人暮らし。」
「ご友人は? 」
「いない。」
「・・・・恋人は?」
「・・・いたらマーベルとやってないよ//」
「あら//」
「・・・とりあえず明日からどうしよう・・・」
「簡単ですよ!!」
「へっ? 」
「『万魔殿』に行きましょう!!」
「・・・なにそれ?」

・・・・・・・・・・マーベル説明中・・・・・・・・・

「・・・よし行こう!!」
「決断早いですね・・・」
「其の為に予め質問聞いたんだろう、オレに。」
「えぇ、その通りです!!」
「・・・じゃ行こうか・・・マーベル?」
「・・・はい・・・あなた♪・・・・でも行く前に・・・ココで最後のエッチ・・・いたしませんか?」

その会話後、駅弁スタイルでぶち犯したのち2人は新婚ホヤホヤのカップルのようにマーブルをお姫様抱っこしながら万魔殿へと旅立っていった・・・



そこに残ったのは黄色い雨合羽と男用のツナギ一着があった・・・

Fin

おまけ



「はっ・・はッ・・はッ・・・どうだい!! マーベル!!」
「はぃぃ♪ ・・・・・あっ♪・・・あなたのがぁ〜・・・しきゅうを・・・あっ♪」
「子宮を? 」
「きゃうん!! つ・・つついてましゅぅぅ!!」

ピュピュッ!! ピピュッ!!
と母乳を垂れ流しながらイキまくっているマーベル。よくみるとお腹が膨らんでいる・・・

「ははっ!! 最初言われたときは吃驚したが・・・こうして妊婦になってもやってヨシとは!!」
「あぁ♪ もっとぉ♪ もっとはげしくぅ〜♪」
「よしよし!! もっと激しく行くゾォ!!」

パァンパァン!!

「ひゃぅぅぅ!! だいしゅきでしゅーー!! あなたぁぁーー!!」
「おれもだぁぁぁーーーー!!」

・・・そうして何百回目かわからない絶頂を迎えたバカップルだった・・・



モフモフが売りのはずのjackryですww
・・・書いてて思った・・・シールもげろとww

11/04/19 14:13 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33