ねぇダーリン

男女の二人暮らし。
同棲生活。
こう聞けば幸せで甘酸っぱいものを連想するだろう。
しかし、同じ道を共に歩むというのは綺麗ごとだけじゃない。
苦味も渋味も含めて味わって、それでも共に歩みたいと思うこと。
だから、結婚というのは難しいのだという。

きっと、それは誰にとっても。




目覚ましのベルが寝室に鳴り響く。
と言っても、携帯電話から鳴り響く電子音だ。
電話の持ち主は音で目を覚まし、携帯電話を手に取って目覚まし機能を停止させる。
寝起きはあまりよくなかったようで、顔をしかめて顔をさすっている。
目覚めたのは床屋で短く髪を切ったばかりの青年。
毛染めを使用していない黒髪は寝起きと言うこともあって、ぐしゃぐしゃに癖がついている。
眠気を吐き出すように深呼吸をした青年は、ベッドサイドにかけているハンガーに近づいて服を着替え始めた。


「おはよ」
「おはよ」
リビングに出てきた青年は、エプロン姿の女性と簡単なあいさつを交わす。
寝癖がついたままの青年に女性が近づくと、クスリと笑ってキスをする。
「相変わらず朝が弱いのね」
「誰かさんのお蔭でね」
「ふふ。私は誰かさんのお蔭で今朝も絶好調よ」
握手の様に舌を絡めた後、女性が離れる。
機嫌よく背中の翼を広げた後、サキュバスである彼女は尻尾をくねらせて自身の口元に先端を寄せる。
ハート型にとがった先端にサキュバスがキスを落とす。
「愛されているって感じるもの」
「朝飯は出来てるか?」
「当たり前じゃない」
「沢庵は?」
「あるわよ」
「ジャムは?」
「イチゴジャム、ちょうどいい具合に出来上がってるわ」
一通り確認してから青年はリビングのいすに座る。
「よし」
今の確認は彼にとって重要なことであったらしく、テーブルの下でガッツポーズをしている。
それを見ずともサキュバスには彼の様子が分かっているようで、おかしそうに笑う。
「もちろん朝のコーヒーは」
「生クリームたっぷりだ」
「りょうかいりょうかい」

テーブルの上に朝食が並ぶと、二人は食事を始める。
スクランブルエッグとお味噌汁にミネストローネと白米。
洋風と和風がそれぞれテーブルに乗っている。
日本人である青年が和風、西洋風な女性であるサキュバスが洋風を食べるのか、というと違う。
青年は湯気の上がる白米にジャムを塗り、その上から味噌汁をかけた。
見る人が見れば顔をしかめる組み合わせにも拘らず、サキュバスは気にしていない。
サキュバスはトーストにマヨネーズとスクランブルエッグを乗せて食べている。
ジャムとみそ汁が混ざったご飯を茶漬けの様に青年が食べる。
一息入れた青年が生クリームの入ったコーヒー、いや、両者の比率からすればコーヒーを垂らした生クリームと呼ぶべきものをスプーンで掬い口に含む。
味が気に入らなかったのか、青年はその生クリームコーヒーにマヨネーズを絞る。
もう一口食べて納得した青年は、マグカップの中身を一息に食べ切る。
あまり一般的とは言い難い青年の朝食だが、彼女には慣れたものだ。
それでも「変だ」とは思っているようで、ため息交じりに笑って彼の食事を眺めている。
「ほんと、何度見てもおかしな食事よね」
「どうせ俺の人生は俺のものなんだ。色々試すのも俺の自由だろ」
自分の自由に生きる。
それが彼なりの信念なのだろう。
おどけることも語気を強めることも無く、ごく自然に彼は返す。
「変わり者ね」
「お前がそれを言うのか。変人サキュバス」
彼はサキュバスを見て心底呆れたようにため息をつく。
それを受けた彼女は気を悪くした風もなく、肩をすくめる。
「そうよね。ほんっと、変わっているからね、私も」

お互いに変わっている。
言外に同意し合うと、二人は楽しそうに食事を再開した。




食事のみならず、何かしら「やっていないこと」を試そうとする青年がいた。
アルバイトは多岐にわたる。
SEの手伝い、土方、新聞紙の配達、コンサルタント、遊園地のマスコット、飲食店の厨房係など。
他にも挙げればキリがない。
彼の経歴を見れば、何一つ長続きしない飽き性な人間だと思うだろう。
あるいはちゃらんぽらんと見るかも知れないし、短気ですぐ手を出す問題児と見るかも知れない。
自分に対する他の人の印章が悪くなっていることを、彼は自覚している。
彼は常識を知っているし一般的にどうあるべきかも知っている。
だが、そう言った当たり前の行動は取れないし、取ろうとも思わない。
ある時期を境に一般的な人間であろうとすることを諦めたのかもしれないが、それは彼本人にもわからない。
彼は20代後半になってなお、定職についたことがないまま新しいバイト先を探している。

自分は一人で生きていくし、老後のことなんて考えていない。
刹那主義ではない。
なるようになる。
今生きたいように生きることが自分の人生だと彼自身が決めたのだ。
悪くなってもそれは自分の人生、自分の決定。
後悔しながら幕を引くのもまた良いだろうと彼は考えていた。
どの道、彼が別の生き方を選ぼうとしても遅い。
この年までこの生き方をして来たのだ。
変えようと思っても変えられない。
だから、誰かと共に生きるなんてことになるとは思っても見なかった。
誰も自分の隣に歩けるなんて思っていなかった。
驚きながらも、彼は隣で笑い合える女性を好ましく思っていた。
全てを好きだというつもりはないし、気に入らないことは山ほどある。
けれど、誰かに合わせるのが苦手な彼にとって、合わせようとしなくていい彼女の隣は居心地が良かった。




あるところに、一風変わったサキュバスがいた。
元々は人間だった。
同級生友人だったサキュバスの手で、サキュバスになった。
本来とは攻守逆転した形で。
彼女は元々、女性が好きな性質を持っていた。
小さな子供の頃からその片鱗はあり、男友達は一人もいなかった。
自分がおかしい、という事は幼心に感じていた。
女子は男子より多感で他人と自分の違いには敏感だ。
彼女は友人のワーウルフやラミアが男子に向けるほどの情熱を男子に持つことはなく、同じ熱量を同性である女子に向けていた。
そして、友人だった女子は彼女の熱い視線に気づいて、多くは距離を取るようになった。
自分が人間だからおかしいのだろうと思った彼女は、中学時代に人間からサキュバスに変わった幼馴染を押し倒した。
人間らしい倫理観が残っていた幼馴染の抵抗も空しく、彼女は幼馴染の性欲に火をつけてそのままサキュバスになった。

人間から変化した後、彼女は男を襲わないサキュバスとして好き勝手に生きてきた。
可愛い女のこと仲良くなるため、サキュバス仲間から男の落とし方のイロハを聞いたり、色恋話をメロウから聞いたりした。
彼女はきっと一人ぼっちだとわかっていた。
一人ぼっちになったのだと、サキュバスになって感じた。
女の子の方が好きなサキュバスなんて、世界中探しても自分一人だろう。
好きになった女の子は気づけばサキュバスになって、どこかにいる旦那様を探しに行ってしまう。
そして変わり者のサキュバスだけが一人残る。
独り身の寂しさを感じ、けれど恋しい女の子が幸せそうに笑うのを見て幸せを感じる。
きっと最期まで自分は幸せな背中を眺めるんだと思っていた。
彼女は幸福感に浸りながら、隣で笑い合える彼を思う。
今でも男性より女性の方が好きだと即答できる。
彼はそれで構わないと言ってくれた。
彼女はその時受けた衝撃を言葉で上手く表せなかった。
ただ、涙が流れた。
それからはずっと彼と共に過ごしている。
悪態をつきながら、喧嘩をしながら、でも最後には笑い合って。




「貴方ねぇ。女物の下着を着るのはいいけど。私のお気に入りが台無しじゃない!」
「お前こそなんだよ。お前が連れ込んだ女(らみあ)のせいで俺の寝る場所がねえじゃないか!」
喧嘩は日常茶飯事。
「この変人! 上半身にブラだけで歩くから、私までマミーの呪いかけられちゃったじゃない!」
「この変態! ラミア相手に遊びまくるから、旦那の銃弾が俺の頬をかすっちまっただろうが!」
彼が振りまいた迷惑から走って逃げて。
彼女がばら撒いた厄介な問題から隠れて。
二人で散々走って走って。
今日も無事に家に帰ったら、二人で顔を合わせて笑う。
「あーもう、あれだ」
「ほんっと。ほんっとにもう」

抱き合い、キスをする。
二人は一人で生きると思っていた。
でも、今は二人で生きている。

いつもの科白を言い合いながら。




「ああ、なんで好きになっちゃったのかな」




二人で人生を歩んでいく。





ある有名な歌を聞いていたら、心臓を槍で刺されたような衝撃を受けて、気づいたら投稿してました(。。

なんでこの二人が付き合っているのかって?
知らんがな。

理由なんてどうでもいいじゃないか。
二人が幸せそうなら(。。

16/07/26 20:22 るーじ

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33