連載小説
[TOP][目次]
変化と結果
スプモーニ家の館に戻ったグナーはグレース達三人に頭を下げて頼んだ。
「自分のために、自分の時間を作らせて欲しい」
シンシアとミニオンは顔を見合わせた。
魔物娘にとって男と交わることが至上の悦びである。
時間さえあればいつまでも交わっていたいほどだ。
それをグナーは遠慮してくれと言っているのである。
戸惑うのは当然だ。
だが、グナーが抱えていた問題点や悩みを出会った頃から見抜いており、またその問題点に向き合えたことを知ったグレースは、彼の頼みを快く承諾した。
「愛しい夫の頼みであれば、私は喜んで受けましょう。さらに、その頼みが夫のためになるのであればなおさらですわ」
第一夫人とも言えるグレースがそう言った以上シンシアもミニオンも、グナーの頼みを無下に断るわけにはいかなかった。


こうしてグナーの目も回るような忙しい生活が始まった。
朝、日が出るか出ないかのうちにグナーは目を覚まし、他にだれも起きていないのなら一人で剣の稽古をする。
朝食を摂ったらすぐに街の大きな図書館に篭もり、勉強をする。
勉強する内容は詩だけにとどまらず、国や世界の歴史、魔法、科学、その他ありとあらゆることだ。
昼になったらグナーのために弁当を届けてくれた妻のうちの一人と、昼食後に彼女のために交わる。
それが終わったらすぐに剣の稽古を日が暮れるまで行う。
手に豆が出来ようがそれが潰れようが、彼は剣を振り続けた。
こんな稽古を続けたのなら彼は日暮れにはへとへとになっているはずだ。
だが彼は、彼のために自分の性欲を押さえつけ、彼の時間を作ってくれた妻達への感謝の気持ちも忘れない。
夕食を摂り、湯浴みをしたらグナーは妻と交わる。
一人だけを相手にすることもあれば、三人同時に相手をすることもあった。
インキュバスになって精力や体力もついたとは言え、かなり無理のある生活だ。
だがグナーは自分を磨くため、そして自分を信じてくれ、慕ってくれている妻のために努力を続けた。


その結果……


「わー! グナーさん、すごぉい!!」
ある日、街の路地の端で。
グナーは以前出会ったソフィに詩を語り聞かせていた。
比較的飲み込みも速いグナーだったうえ、毎日のように勉強していたため、決して付け焼き刃的な実力ではなかった。
彼の詩に感動したソフィはグナーを賞賛し、そして顔を赤らめてもじもじしながら言った。
「も、もし良かったら……私、あなたと一緒に詩を作りたいな……それ以外も一生、あなたと一緒に……ぽっ」
少し婉曲的だが、それは間違いなくリャナンシーからの求婚の言葉、そして彼の創作能力を認めた証。
グナーが否と言うはずはない。
彼はソフィの求婚を受け、また自らも求婚し、彼女をハーレムの一員として、妻として迎え入れた。

「くっ、参った!」
別のある日、街の自警団の稽古場で。
グナーは以前叩きのめされたルイーズと試合をしていた。
今、グナーは尻餅をついているルイーズの首筋に模造刀を当てている。
彼女の二振りの模造刀は離れたところに転がっていた。
グナーの血がにじむほどの鍛練の成果だ。
「元々素質がありそうな身体をしていたが……強くなったな」
ルイーズは立ち上がりながら言った。
彼女の顔は試合が終わってもなお紅潮しており、息も荒い。
それは闘争への昂りではなく、情欲の昂り……
「知ってのとおり、リザードマンは自分を打ち負かした強い男を、その精を、その遺伝子を求める……私を妻にして欲しい。ちゃんと……は、孕ませてくれないと……ゆ、許さない、んだから……」
彼女の言葉にグナーは頷き、ルイーズもハーレムの一員として、妻として迎え入れたのだった。


「ふぅ、みんな満足して寝たか……」
ルイーズを妻に迎えた二日後の夜……グナーはシンシア、ミニオン、ソフィ、ルイーズの4人と同時にベッドを共にした。
今はみんな全身に、特に膣にグナーの白濁液を受け、恍惚とした笑みを浮かべながらベッドに転がって寝息を立てている。
白濁液まみれの妻達を背に、グナーはベッドに腰掛けていた。
しかし、彼の今日の夜はこれで終わりではない。
むしろこれからが始まりだった。
「グナー様……」
グナーの初めての妻、グレースが寝室に入ってきた。
今晩彼女はグナーと妻達の交わりの輪の中には入っていなかったのだ。
これは夕食前にした約束であった。
今夜はシンシア達4人を相手してからじっくりグレースを愛する、と。
「さぁ、約束通り、今からゆっくり二人で愛し合いましょう……」
そう言ってグレースは膝を折り、グナーの前で身をかがめた。
彼女の鼻先に、4人と交わったと言うのに未だに萎えていない剛直が突きつけられている。
その肉棒はグナーの精液と、そして4人の愛液にまみれていた。
「ああ、こんなにたくさんグナー様と交わった人が……ん、れる、んちゅ、じゅるり……」
良家の娘とは思えないくらいはしたない音を立ててグレースは肉棒を銜え、精液と愛液を丁寧に舐めとる。
交じり合った体液を彼女はさらに口の中で転がしてうっとりとした。
「んちゅ……シンシア、ミニオン、ソフィ、ルイーズ……みんなの味が愛液からも、グナー様の精からも……素敵に混じり合って、芳醇で……」
混じり合う、芳醇……どこかで聞いたような気がしてグナーは記憶をたどっていたが、ふと思い出した。
確か、初めてグレースと交わった際、自分が気絶する間際に彼女がそんなことを言っていた気がする。
また、グレースがグナーを母親に紹介する際、グレースと母親は「水」とか「カクテル」とか言っていた。
そのことをグナーは訊ねてみた。
グレースは驚いたように眉を掲げ、よく覚えていましたねと微笑んで答える。
「魔物娘の夫は、魔物娘によって魔力を身体に流し込まれます」
流し込まれた魔力は男の身体に染み付くのだ。
当然、精にも魔力が染み付いていく。
ハーレムを形成している男の精には、妻としているすべての魔物娘の魔力が染み付いている。
このあらゆる魔物娘の魔力が混ぜられたカクテルのような精が、バイコーンにとっての何よりのごちそうなのだ。
「もちろん、他の魔物娘の魔力が染み込んでいない夫の精も、魔物娘であるバイコーンは好物ではあるのですが……」
「なるほど、カクテルと比べて例えるなら『美味しい水』と言ったところなのか……」
「そういうことです」
微笑んだグレースはそう言うや否や、再び肉棒を銜え込み、そのカクテルのような精をねだった。
赤黒い肉塊がじゅぶじゅぶと良家の魔物娘であるグレースの可憐な口を出入りする。
その口内ではグナーの肉棒に彼女の舌がいやらしく絡みつき、亀頭や竿を刺激していた。
「ふ、ぐっ……」
じんわりと腰から射精欲が沸き起こってくる。
インキュバスになったのに、先程四人の魔物娘に何度も精を搾られたというのに、グナーはまた精を放ちそうになっていた。
ペニスがグレースの舌に絡みつかれたまま、口内でぴくぴくと震える。
そこからはあっという間だった。
「くっ、うあっ……!」
どくんと肉棒が脈打ち、先端から白く濁った液が出される。
「んっ、んんー……」
肉棒を銜えたまま、グレースの顔が淫らにとろける。
彼女の舌には5人の魔物娘の魔力が混ざった、愛する夫の精液が乗せられていた。
その味わい深い精液はグレースを恍惚とさせ、身体を、子宮を疼かせる。
グレースは丁寧に口の中で精液を転がして味わい、飲み下した。
「はぁ、ん、んんぅ……グナーさまぁ……」
射精したというのにまだ勃起を保っているグナーのペニスを手で扱きながらグレースは立ち上がる。
そして交わりたいとの意思表示にその先端を自らの前の秘裂に押し当てた。
グナーもすぐに自分の分身をグレースの中に潜り込ませたかったが、今はそうはいかない。
ここではシンシアたち四人が起きてしまう可能性がある。
「グレース、続きは……」
グナーは部屋の奥へ視線を転じてグレースを誘う。
少しだけ名残惜しそうな顔を彼女はしたが、ゆっくりと頷いて彼のくちびるに自分のくちびるを重ねた。



奥に用意された、二人きりで交わるための寝室……
そこでグナーとグレースは改めて愛し合っていた。
先程フェラチオを受けたグナーが、今度はグレースを愛撫している。
「ん、あっ! はふっ……はあぁ、グナー様……」
グナーに片腕で上半身を抱きしめられ、もう一方の腕で愛撫されてグレースは喘ぐ。
何度も身体を重ねたため、グナーは妻のどこがいいところかをかなり知っていた。
しかしそれにかまけて単調に攻めるのではなく、いつもと違う愛撫をしたり場所を変えたりもする。
そしてグレースの様子を観察し、それが良いようなら愛撫のレパートリーに加えていた。
初めて交わったときはほとんどグレースのリードに身を任せ、意思のかけらもないような状態だったが、だいぶ変わったものである。
「はっ、ふわああ……」
長く熱い吐息がグレースの口から漏れる。
グナーの指が彼女の秘裂を捉えていた。
ぬるぬると焦らすように、愛液をのばすように膣口を撫でる。
ときどき指がクリトリスに触れ、そのたびにグレースは身体をピクリと震わせて「んっ」と短い喘ぎ声を漏らした。
つぷっ……
何の前触れもなく、グナーは指をグレースの膣内に二本、潜り込ませた。
「くぅ! 入って来て……んんんんっ!」
ぎゅっと目を閉じてグレースは身体を震わせた。
彼女の良反応を感じ取りながら、グナーはさらに指を動かす。
ぐねぐねと指を曲げ伸ばしして肉壁をゆっくりとこする。
指で愛撫する間、口で胸にキスを落としたり乳首を舌で転がしたりして攻め立てるのも忘れない。
グレースももっとかき回して欲しいと言わんばかりに馬の下半身をくねくねと揺らした。
「あっ、あああっ!? そ、そこは……っ!!」
グナーの愛撫に声を漏らしていたグレースが唐突に大きな声を漏らす。
彼の指が膣内のある一点を捉えていた。
そこはグレースの弱点でさっきまでグナーが避けていた部分だが、無意識のうちに指がそこに当たるように彼女が腰を動かしたため、触れることになった。
一度触れたら彼女が上り詰めるまで一気に攻め立てる。
そう今までのグレースやシンシア達との経験から学んでいたグナーは追い込みにかかった。
ぐちゅぐちゅと卑猥な音を立てながら膣内を掻き回し、グレースのその弱点を攻め立てる。
さらに挿入していない親指は外に露出している弱点、クリトリスをすり立てた。
「だめ、ダメェ! そんなに弱点を同時にされると……ふうぅう! 来るっ、来てしまいますぅ!」
ビクビクと身体を痙攣させながらグレースは叫ぶがグナーは手を休めない。
彼女の前の秘裂から響く水音も大きくなる。
そして彼女の快感は一線を超えた。
「あっ、イク! 何か……何かでちゃいますわっ! くっ、ふわああああ!」
嬌声を上げてグレースの身体が硬直した。
それと同時に彼女の身体からぷしゃっと水が弾ける音がする。
グレースの肉洞から潮がしぶいていた。
吹き出した体液はグナーの手とシーツを汚していく。
飛沫がおさまったころには、シーツもグナーの手もすっかり濡れていた。
「あ、あ、ふわぁあ……」
「グレース、潮を吹いちゃったんだね」
「……っ!? 恥ずかしいですっ!」
グレースは顔を赤くし、両手で顔を覆った。
しかし、片目は指の隙間からグナーを見ている。
その状態でグレースは訊ねた。
「でも、潮吹きなんて初めてですわ……いつの間にこんな技を?」
「つい昨日、ソフィに教わった」
グナーと交わるまで男の経験がなかったソフィだったが、リャナンシー故に知識は豊富であった。
男と交わることを夢見ながら自分で自分の身体を弄って開発し、一人で潮吹きができるようにしたらしい。
そして潮吹きのさせかたをグナーに教えた。
「ソフィのおかげで彼女はもちろん、シンシアやミニオン、ルイーズにも潮吹きさせることができたよ。そして、グレースも……」
「ふふふ……素敵ですわ、グナー様」
自分の体液にまみれたグナーの手を舐め上げながら、グレースは目を細める。
その笑顔は成長を喜ぶ姉のようなものもあり、その成長が返ってくるのが自分であるという女のものであり、そして快感にとろけた雌の顔でもあった。
グナーもそんな彼女に笑い返しながら、彼女の背後に回る。
「グナー様、今日は後ろからなのですか?」
振り返りながらグレースが訊ねた。
ケンタウロス種は前と後ろ、両方に女性器を持ち、どちらでも男と交わることができてどちらでも子どもを孕むことが可能である。
「ああ、今日はそう言う気分なんだ。前はさっきまで愛撫したことだし……」
そして馬の腰を両手で抑えながら、グナーはいきり立っている肉棒を馬体の秘裂に近づけていく。
「行くよ……」
「は、はい……! ん、入って、くるっ……うぅう!」
淫肉をグナーの象徴が押し分けて入ってくる感触に、グレースは背筋を弓なりに反らせながら嬌声を上げる。
一方のグナーも歯を食いしばり、余裕のない顔をしていた。
ケンタウロス種の馬体の膣は、生き物の馬の物と異なる。
人間の男から精を絞りやすいように狭く小さいものに変化しているのだ。
魔王が代替わりした際に変化した男殺しの狭くぬめった肉洞は、ぐいぐいとグナーのモノを締め付け、射精をせがんでいた。
だがここで射精するわけには、妻が満足する前に自分が果ててしまうわけにはいかない。
グナーは腰を動かし始めた。
動きは緩やかだが自分のモノでグレースの肉壁を抉るようにして刺激する。
「あ、んっ、ふぅうっ! すごい……んんっ、深くまで……グナー様、が……あんっ! 届いて、います……」
グレースも目を閉じて言葉にならない声で喘ぎながら、ゆっくりと腰を振って自分とグナーを高める。
寝室にはしばらくの間、くちゅくちゅという水音と二人の吐息が絡み合い、響いた。
「んっ、グナー様……もっと、んぅ、腰を動かしたい、のでは? いいですわよ、動いても……私は、もう……」
喘ぎながらグレースは上気した頬をさらに赤く染めていた。
身体はぴくぴくと震えている。
恥ずかしがって皆まで言わないが、ゆっくりと弱点を攻められて断続的に達しているのだ。
ゆっくりとした動きはもう良いから、今はグナーに気持ちよくなってもらい、その精を受けたい。
また、今度は激しい動きで気持ちよくなりたい……そう、口に出さずに言っていた。
「ああ、分かった……」
察したグナーは彼女の馬の身体を押さえ込み、激しく腰を動かし出した。
二人の身体に、甘美な快楽に変わって激しい快感が回る。
「あっ!? んふあああっ! グナー様、激し……くぅう!」
ベッドの柵にしがみつきながら、グレースは声を上げる。
一方グナーはうわ言のようにグレースの名前を呼びながら、腰をうちつけていた。
互いの性器が激しく擦れ合い、摩擦熱とは違う熱を帯びていく。
「くはっ、グ、グレースの中……熱くてぬるぬるしていて、とろけそうだ……っ! うぅ……」
自分の物が融けてなくなるのではないか、そう錯覚するほどの快感だが、グナーの腰にはズキズキとした疼きが溜まっていた。
射精が近い。
グレースもそれを感じ取っていた。
「あひっ、ひぅ! グナー様のおちんちんが、くぅ! 中で膨らんで……はぅ! 出すのですね?」
「ああ、グレース……! もう、持たない……!」
限界がすぐそこまで迫っており、もうそれを止められない。
射精欲の赴くままグナーは腰を振り続ける。
「いい、のですのよ……んあぅ! 遠慮しないで、グナー様の、ひぅ! グナー様の白いの、一杯ください、ませ……っ! 私も、私もぉ! くぅう! イク……大きいのが来てしまいます!」
身体をビクビクと震わせながらグレースは絶頂の予感を訴える。
特に腰がゆさゆさとグナーの下腹部に押し付けながら揺すられており、彼の射精を促していた。
そのせがみに答えるようにグナーは腰の律動を速める。
「くっ……!」
グナーの快楽曲線が最高点に達し、頭が真っ白になった。
ペニスの先から、もう何度目か分からない、だがそうとは考えられないほどの欲望の白い混濁液が放たれる。
「あっ! イッ、ひぐううぅうう!」
それと同時にグレースも達する。
まるで意識が飛ぶのを防ぐかのように彼女はさらに強くベッドの柵を握り締めた。
身体を硬くしながら自分の身体に吹き荒れるアクメの嵐に耐え、愛する夫の精液を受け止める。
「ああ、もっと……もっとグナー様の精をぉ……」
まるで狂ってしまったかのように舌を突き出して焦点が合っていない目をしながら、グレースはつぶやく。
「くっ、グレース……」
そんなグレースにグナーはさらに腰を押し進めて亀頭を子宮口に押しつけ、精液を肉壷の中にドクドクと注いでいった。



「ん、あむっ……れろ、じゅるり……きれいに、しますわ……んふぅむ」
ベッドの上で状態を起して座っているグナーの股ぐらに顔を埋め、グレースは彼の事後の性器をしゃぶっている。
いわゆる、お掃除フェラ。
彼女は夫の精液と愛液にまみれたペニスを、それは丁寧にしゃぶり尽くしていた。
舌を使って舐めとり愛液と精液を舐めとり、口に含んで吸い立てて尿道に残っている精液を啜る。
グレースの口と舌での刺激によってグナーのペニスは萎えずに剛直を保っていた。
「んちぅううう……うふっ、この味……やはり極上にございますわ」
一方のグレースもグナーの精の味でとろけている。
舐めとり、吸い上げた精液を舌の上で転がしてうっとりしていた。
「さすがはグナー様ですわ」
「さすが? 精液の魔力はお前たち魔物が染み込ませたものだし、そもそもその魔物もグレースの魔力が……んむっ?」
「確かに、私の魔力が最初にあったりきっかけになったりはしました」
妻の言葉に戸惑って否定しようとするグナーの口を、彼女は人差し指でそっと押しとどめた。
「しかし、それだけではソフィやルイーズは得られなかった……そう、二人はグナー様の努力によって得られた女……私の魔力による影響など、微々たる物ですわ」
また、シンシアやミニオンもグナーが努力する姿を見て、改めてグナーに惚れ直しているとグレースは夫に教えた。
そして更に言葉を続ける。
「ねぇグナー様、私たちバイコーンがハーレムを好む理由がお分かりかしら? 精液以外に……」
首を横に振るグナーに微笑みながら、グレースはその答えを明かした。
「より多くの女に自分の自慢で最愛の夫の味を知らしめることができるからですわ」
一度グレースは後始末を中断し、グナーをそっと抱きしめた。
「ああ、グナー様……私にとって貴方様は自慢で最高の夫にございます。どうかこれからもずっとそばにいてくださいまし」
「あ、ああグレース。俺にとってお前は大事な、大事な妻だ」
いろんな人に見向きもされずに腐っていた自分を拾ってくれた彼女。
自分の欠点に気づいており、それとなく誘導して気づかせてくれた彼女。
自分の努力のために無理を強いるというのに、快く承諾してくれた彼女……
グレースがいなければ、今の自分はいなかっただろう。
「ありがとう、グレース」
「ふふふ、では感謝の印として……もう一度、その精をいただけますか?」
グナーの言葉に顔をパッと明るく輝かせながら、だが同時に淫らにとろけさせながら、グレースが訊ねる。
「せっかくお前が掃除してくれたのに……また汚れるぞ?」
「いいのですの! さぁ、今度は前にくださいませ」
前の秘裂を指で押し広げてグレースは誘う。
グナーは苦笑しながらも彼女を正面から抱きしめ返し、その蜜壷に自分の象徴を挿し入れた。


これまで努力をしてこなかったグナー。
だが、バイコーンのグレースに出会い、彼女にさりげなく諭されたことによって変わった。
彼は努力をして新たな妻を得て、また今までの妻からの気持ちもさらに強いものにした。
これからも彼は努力し続けるだろう。
妻たちのため、彼女たちから産まれる子のため、そして自分のため……
12/06/05 19:51更新 / 沈黙の天使
戻る 次へ

■作者メッセージ
はい、そんな訳でバイコーンSS、ついに完成です。
心を入れ替えて頑張ったグナーはソフィとルイーズのハートも射止め、ハーレムを得たとさ、めでたしめでたし。

現実世界でも、努力する人っていいですよね。
そしてそういう人はモテていたり、ある一人の人から愛されたり、また異性からそういうことはなくても、社会に認められたりします。
努力した者が全て報われるとは限りませんが、成功した者はたいてい努力していますよね(漫画『はじめの一歩』にもありましたね)
ちゃんと努力して、成長できるといいなと言う自戒も込めたSSでした。
……そして彼女が欲しいなぁ(ぼそっ)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33