連載小説
[TOP][目次]
第10話「砂漠の水晶@」
「くそっ、暑いな!」

コレールはそう叫ぶと、水筒から景気よく冷水を口の中へと流し込んだ。彼女が手綱を握る荷車は、サンリスタルの街が遠目に確認できる位置まで近づいていた。時間は11時過ぎ、あと数時間で最も暑くなる時間帯である。

「砂漠が暑いのは当たり前だろボス……おっ、エミィ。あれ見てみろよ」

ドミノはそう言うと地面に転がった白骨遺体を指差した。

「側に水筒が転がってる。多分、麻薬か奴隷売買にでも手を出したんだろうな」

エミリアの耳にはドミノの言葉は届いてなかった。彼女は難しい顔をして、サンリスタル周辺の地図を睨み付けていたのだ。

「コレールさん、ちょっといいですか?」

エミリアはそう言うと首だけで振り返ったコレールの前に、丸印を付けた地図を差し出した。

「この地図には書いてないんですけれど、昔、私がお母様のキャラバン時代に使っていた地図を見て遊んでた時、ここら辺に流砂があることを示す印があったような気がするんです」

コレールはエミリアから受け取った地図の、丸印で囲まれた部分をじっと見つめた。今まさに現在進行形で通っている道だ。





流砂とは、水分を含んだもろい地盤に、重みや圧力がかかって崩壊する現象である。

例えば砂漠では、砂が地下の湧水などによって水分が飽和状態になることにより形成され、圧力がかかって崩壊するまでは、一見普通の地面のように見える。つまり、落とし穴のように振る舞うということである。


「くそっ、あの親父、安物の地図を売り付けやがったな。流砂なんかに巻き込まれたらどうなることやらーー」

コレールが再び振り返ると、クリス達三人が真っ青な顔をして荷車の手すりにしがみついている姿が眼に入った。その視界も、よく見ると若干斜めに傾いている。魔界豚のカクニが甲高い悲鳴を上げて、猛烈な勢いで砂を蹴り始めた。

「成る程、こうなるのね……」

コレールは呟いた。




「踏ん張れ、カクニィ! このままじゃ私たちゃ数千年後に化石として発掘されることになるぞ!」

「ドミノ、落ち着いて! 下手に降りようとすると逆に危ないわ!」

コレールは手綱を握り締めてカクニに発破をかける。その後ろでは気が動転して荷車から飛び下りようとするドミノを、クリスが必死に食い止めていた。

カクニは悲鳴にも似た咆哮を上げると、口の中に嵌められた手綱を力任せに食い千切り、荷車の拘束を振り払って自分だけ流砂の外へと這い出した。


「((((速攻で見捨てやがったーー!))))」



「ヒィィ! 何とかしてくださイ! 海の底から出られたと思ったら今度は砂の底なんて、シャレにもなりませン!」

「良い考えがないなら黙っててベント!」

クリスは魔杖を蟻地獄と化した地面に突き刺しながら叫ぶ。ドミノは泡を食って斜面を駆け上がろうとしたが、流れていく砂に足を捕られて、数センチも前に進めていない。

「なんてこった……!」

コレールは怯えた顔で尻尾にしがみつくエミリアを庇いながら、砂の中へと沈んでいく荷車を目の当たりにしていた。



「おい、大丈夫か!?」

せめてエミリアだけでも流砂の外へと放り投げて助け出すしかないと考え始めたとき、上方から男の声が聞こえてきた。目線を上にあげるが、太陽が逆光となって、そのシルエットしか確認することができない。

「掴まれ!」

男が流砂の中に頑丈そうなロープを垂らす。コレールは必死の思いでロープを握り締めると、足の鉤爪で踏ん張ることで体を安定させ、一気に流砂の外へと登り切った。その後から半泣きのドミノが続いて這い出してくる。

「頑張れ! 後少しだ!」

男は最後に残ったクリスが、何とかロープにすがり付いて流砂から脱出しようとしているのを見て、そのたくましい腕を限界まで伸ばして差し出した。

「きゃあっ!」

手を滑らせて、危うくロープから転げ落ちそうになったクリスの腕を、男の力強い手ががっしりと掴む。男はそのまま彼女の体を引き寄せるようにして、全てを飲み込む流砂の魔の手から救い出した。

「ありがとう……」

クリスは肩で息をしながら、命の恩人である男の姿を視界に捉えた。

灰色の髪にワイルドな髭を生やした、壮年の男性だった。左目は潰れており、その上を横切る形で大きな傷痕が残っている。全身に革の鎧を身に纏っており、背中には2本のグレートソードを背負っている。目付きは熟練の剣士らしく、対峙した相手を戦慄させるような迫力を秘めていたが、その奥には確かな慈愛の光が感じられ、クリスは思わずドキリとしてしまった。

「てめぇこのやろうどういうつもりだオイ? ステーキか? ステーキにされたいのか? この薄情者め!」

「ブォォォ……!」

ロマンスの始まりを予感するような光景のすぐそばでは、青筋を立てたリザードマンと魔界豚が掴み合いの罵り合いを繰り広げていた。



ーーーーーーーーーー

「運が良かった。時々この辺りを見回っているんだが、丁度叫び声が耳に入ってね」

コレール達は、流砂の位置を把握しているという男性の案内に従って、サンリスタルまで徒歩で移動することにした。

「本当に助かったわ。……ええと、名前を教えてくれれば有りがたいんだけど……」

男性はクリスに向かって優しく微笑んだ。人生の経験を確かに積んでいった男だけが出来るような、色気のある笑みだ。

「『君の人生で最も興味深い男』……では不満かな?」

「……バカ」


クリスは頬を染めながら男の肩に軽くパンチをする。その横ではエミリアがキラキラした眼でドミノの肩を揺さぶり、ドミノは地面に向かってゲーゲー吐く真似をした。

「さぁ、やっと着いたぞ! 『砂漠の水晶』、サンリスタルだ!」

コレールが大声で叫ぶ。彼女達はウィルザードで最も歴史ある領国の一つである、サンリスタルの城門にたどり着いたのだった。




「待て! ここから先は偉大なる女王陛下の治めるサンリスタルの領地だ! 入国許可証の無いものは何人たりとも足を踏み入れることは許されない!」

コレールはサーベルを帯びた警備兵にアルフレッドから貰った許可証を取り出そうとしたが、男性が「必要ない」というジェスチャーでそれを制した。

「私の友人に、入国許可を出してはくれないか?」

「アラーク様のお知り合いでしたか! これは失礼しました! すぐに門を開けます!」

警備兵は姿勢を正すと、城門の鍵を開けに小走りで門の方へと向かっていった。

「顔が利くんだな」

「まぁ、多少はね」

コレールの言葉に、アラークという名の男はやはり色気のある笑みを浮かべて答えた。


ーーーーーーーーーーーー


サンリスタルの中心部は、「砂漠の水晶」の名に違わない、美しい街だった。白っぽいレンガで造られた住宅が立ち並び、活気の溢れる大通りには人魔問わず住民たちが行き交っている。海沿いの国と言うことだけあって、セイレーンやキャンサーなどの水辺に生息するような魔物娘の姿も多く見てとれた。

「さて、私は女王陛下に見廻りの報告をしにいかなければならない。サンリスタルでの滞在を楽しんでくれ」

カクニを馬屋に預けた後、アラークはクリスとエミリアの手を片方ずつ握りながら笑いかけた。

「後でまた会おう、御婦人達!」

そう言ってアラークは颯爽とした身のこなしで背中を向けて、城への道を歩いていった。

「何だか……凄く、女性に対して慇懃な人ですね、クリスさん……クリスさん?」

エミリアがふと横を振り向くと、うっとりとした表情で握られた手に顔を擦り付けるクリスの姿がそこにあった。

「(握られた……ぎゅって握られた……! まだ温もりが残ってる……!)」

「なぁ、ボス……あいつ、大丈夫か?」

「クリスはああいう歳上の落ち着いた男に弱いんだ。放っておいてやってくれ」

ドミノとコレールのこそこそ話にも、クリスは気がついていないようだった。


ーーーーーーーーーーーー

荷車と一緒に、旅の物資と資金も流砂の中に沈んでしまったが、アラークがまとまった金を貸してくれたおかげで、ひもじい思いをする自体は避けられそうだった。

コレール達は手始めに腹拵えをすることに全員が同意し、「トラトリア」という名前の大衆食堂で昼食をとることにした。



「わぁ、どれも美味しそう……!」

エミリアはキラキラと輝く瞳でテーブルに並べられた料理を見回していた。

・スライストマトとホルスタウロスチーズのサラダ(その名の通り、スライスしたトマトとホルスタウロスの乳から作ったチーズのシンプルなサラダ。オリーブオイルと黒胡椒で味付けしてある)

・ミートソース・スパゲッティ(トマトソースをベースに挽き肉と香味野菜で風味をつけたソースに絡めていただくスパゲッティ。子供に人気)

・サーモンと剥きエビのピザ(珍しいトッピングだが、中々どうしてチーズと合う)

・子牛すね肉の煮込み(これまたトマトベースの牛肉スープ。骨髄までトロトロ。これを見たときのエミリアの顔といったら発情しているも同然だった)



「こら、コレール! トマトを避けて食べない!」

クリスがピシャリと叱ると、コレールのチーズを刺したフォークの先端がビクッと震えた。

「勘弁してくれよぉ。私はヘビもサソリも食えるんだけど、生のトマトだけはちょっと……」

「コレールさん、そのサラダはトマトとチーズを一緒に食べるのが、正しい食べ方なんですよ」

「えぇ……」

コレールは嫌々トマトとチーズを重ねてフォークの上に乗せる。

「騙されたと思って食べてみてください。凄く美味しいですから!」

「うぐ……何と食べてもトマトのえぐみはごまかせ旨いなこれぇぇぇ!」

コレールはトマトの味に対する評価を一瞬で引っくり返した。

「トマトとチーズが、えぐみと臭みというそれぞれの欠点をお互いに補い合いつつ、それぞれの良さを更なる高みに昇華している! 誰がこんな最高の組み合わせを思い付いたんだ!?」

「うふふっ♪ たまらないでしょう?」

「ボふ! そろそろほんできたから、むやひに騒ふのは止しへふれ!」

サーモンと剥きエビのピザをムシャムシャとかじりついていくドミノ。
彼の言う通り、食堂の席はその殆どが腹を空かせた市民達によって埋められている。

「お客様。申し訳ありませんが、店内がほぼ満席となっておりますので、1名ほどこのテーブルに案内させて頂いてもよろしいでしょうか?」

「相席か? いいよ、連れてきてくれ」

ウエイトレスのキキーモラの言葉に、コレールは快く了承した。




「こんにちは。相席させてもらってありがとうね、お姉さん達」

コレール達の前に姿を表したのは、潰れ気味の鍔の短い帽子を被り、肩から小さな鞄を下げた、地味な服装の褐色肌の青年だった。中性的な容姿の為か、大人びた話し方に反して見た目は若く見える。

「どういたしまして。さぁ、私の隣に座りな」

コレールが引いた椅子にサッと座るが早いか否か、青年は前のめりになって話し掛けてきた。

「ねぇ、貴方達、特にリザードマンとケット・シーのお二人は、中央大陸から来たんでしょ?」

「えっ? どうして分かったの?」


クリスは口元にコップを持っていこうとした腕を止めて青年に尋ねる。

「一目瞭然だよ。話し方、言葉の訛り、食事の作法……少なくとも、ウィルザードの土地の者じゃない。ジャーナリストっていう仕事柄、その手の観察力には自信があるんだ」

「『じゃあなりすと』? 『じゃあなりすと』ってなんですか?」

エミリアが口元にミートソースをつけたまま尋ねると、青年は腕を組み、低い唸り声を上げて考え込む。

「うーん。どう説明したものか……一言で言うなら、『金持ちとか権力者とかが自分の持つ力を、自分を育ててくれた社会の為ではなく、弱いものいじめとか、その他もろもろのつまらないことに使おうとしているところに首を突っ込んで、連中の化けの皮をひっぺがした後、ウィルザード中にその正体を宣伝する仕事』……ってところかな」

「あぁ、成る程ね。うっとうしそうだ」

ドミノが溜め息をついて言ったが、青年は構わず自分の話を続ける。

「それよりもさ。さっきこの店にはいる前の貴方達を見たんだけど、アラークさんと知り合いなんだね。なかなか良い人脈を持ってるじゃないか」

「えっ!? アラークって有名人なの? 貴方、彼について何か知らない!?」

「アラーク」という名前にクリスは過敏に反応し、興奮した様子でテーブルから身を乗り出す。

「アラーク=ジョーカーさんは女王陛下の近衛隊の隊長さ。陛下の最も信頼する人物と言われていて、その甘いマスクと腕っぷしの強さから、サンリスタルの外にもその名は知れ渡っているよ」

「他には!? 他には何か知らないの!? 好きな食べ物とか、好みの女性のタイプとか、好きな魔物娘はケット・シーとか!」

「えっ、いや、そこまで詳しいことはさすがに調べてはーー」

「クリスさん、落ち着いて……」

「あっ! ……あぅ……///」

青年はクリスの勢いに若干引いてしまい、エミリアはもはや本音を隠しきれていないクリスを、困り顔で宥めすかす。クリスは自分の言っていることの滑稽さに気付いて、白くて柔らかい体毛越しでもはっきり分かるくらい、顔を真っ赤にした。

「……ええと、ところで、余計なお世話かもしれないけど貴方達、用事がすんだらサンリスタルからなるべく早く出た方が良いよ」

「……どういうことだ?」

コレールが眉をひそめて尋ねる。

「ここ最近、サンリスタルで魔物娘の行方不明者が相次いでいる。この件について調べるために、僕は隣の『ハースハート』から来たんだ。自分がアヌビスだってことはばれないように、男装してね」

ドミノは口元から飲みかけの水をがふっ、と溢してしまった。

「うぶっ……! あんた、魔物娘だったのか!」

ドミノは真っ赤な顔で咳き込みながら叫ぶ。尤も、コレール、クリス、エミリアの三人は青年が同胞である魔物娘であることに気付いており、指摘しなかったのは、ただ単に青年が話題に出さなかったからであった。

ーーーーー第11話に続く。
19/04/21 21:07更新 / SHARP
戻る 次へ

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33