連載小説
[TOP][目次]
第9話「幻肢痛の少年A」
「何が目的だったんだ? 私たちの命だけか?」

「……」

「雇い主は誰だ?」

「……」

「服を脱がしたときに見えたんだけど、その義足は何処で手に入れた? ドワーフ製みたいだったな」

「……くたばりやがれ、アバズレ女……!」


少年は、青リンゴをかじりながら淡々と質問を続けるコレールに向かって吐き捨てた。

服を剥がれた少年は冷たく染みる夜の砂漠の砂の中で、尋問を受けることを強いられていた。首から下まで地面に埋め込まれていては、そう簡単に抜け出すこともできないだろう。

今のところ少年は、コレール達が期待しているような答えを1つも返していなかった。唯一判明した「カーティス」という名前も、「ガキ」 とか「坊主」呼ばわりが気に食わないから嫌々教えてやった、とでも言わんばかりの態度だ。

「コレール……! 子供相手にいくらなんでも残酷過ぎるわ! もっと他にも方法がーー」

「どうするんだ? アンタがフェラチオでもしてやるか?」

見るに見かねたクリスの抗議に、ナイフを弄びながら下品な切り返しを放つドミノ。

「ボス、アンタは甘過ぎだ。ウィルザードの男は動けなくしたぐらいで情報を吐いたりしない。俺にやらせてくれ」

「駄目だよ。お前がやったら死んじゃうかもしれないだろ」

「ちぇっ」

図星だったらしく、ドミノは舌打ちをしてナイフをズボンのポケットにしまった。

「……おい」

カーティスが初めて自分の方からコレールに話し掛ける。

「どうした? 何か話す気になったか?」

「ベルはどこだ?」

その言葉に全員が振り向いて、気を失っているはずのコボルトの少女の姿を目に捉えようとする。だが、そのばに少女の姿はなく、焚き火の明かりの届かない、暗がりの向こうまで足跡が続いていた。

「え……! まさか独りで逃げたの!?」

「クリス、追うぞ! ドミノはここに残ってそいつを見張ってろ!」

コレールは二人に対して的確に指示を出すと、ベルという名のコボルトの少女を見つけるために、クリスと共に足跡を追い始めた。ここは砂漠のど真ん中である。魔物娘とは言え、何の物資も持たずにさ迷って無事で済むはずがない。

ドミノは急いで足跡を辿っていく二人の背中を見送ると、首を左右に振ってからカーティスの方を振り返り、そのまま地面に突っ伏した。

「……? お……! お……!?」

一瞬自分に何が起こったのか理解出来なかった。脳天に激しい衝撃と痛みが走ったと思った瞬間、地面の方から勝手に起き上がってきたのだ。どうにかして視線を上げると、いつの間にか穴から這い出していた少年が、少年自身を生き埋めにしたシャベルを握って立っていた。

「次は必ず出し抜いてやる」

カーティスは頭をシャベルで殴られ、ノックダウンされたドミノに向かってそう宣言すると、下着姿のままその場を走り去っていった。ドミノの方は脳震盪を起こしたらしく、逃走する少年の背中に向かって悪態を吐くことしか出来なかった。


ーーーーーーーーーーーー

キャンプファイヤーの元に戻ってきたコレールとクリスが最初に目にしたのは、エミリアが負傷したドミノを介抱している姿だった。

「コレールさん……!」

「あとで説明するよ、エミィ。ドミノ、あの坊主は?」

「……悪い、逃げられちまった。そっちも同じか?」

「滅茶苦茶な方向に辿らされた挙げ句、途中で途切れてたわ。多分、尻尾で足跡を消しながら逃げたんだと思う」

クリスが答える。

「最初から陽動のつもりだったんだ」

コレールはカーティスを埋めていた砂地の地面を調べながら呟いた。

「ボス。多分、あのガキはドワーフ製の義足で穴の回りの壁を少しずつ掘り進めて、這い出すためのスペースを確保していたんだ。……子供の癖に狡猾な奴だよ」

「そうか」

コレールは苦々しい表情で話すドミノに生返事を返すと、深い溜め息をついてその場に座り込んでしまった。

「……コレール?」

「クリス。私のやり方は間違ってたか?」

沈んだ表情で、先程ドミノのネズミが食い散らかしたサソリの残骸を見つめる。

「私は、お前たちには傷ついて欲しくなかったんだ。手を汚してほしくもなかった。疎まれるのは、私だけで良い」

「コレール……」

「拷問がぬる過ぎたっていう意味なら、まぁアンタのやり方は間違っているよ、ボス」

ドミノは傷を負った頭をさすりながら口を開く。

「死なせたくないっていうなら、爪の2枚か3枚でも剥がしてやるべきだったんだ。大抵の奴はそれで何でも話してくれる」

クリスは全身の毛を逆立たせてドミノに食って掛かった。

「相手は子供よ!? そんな残酷なこと出来るわけ無いじゃない!」

「純粋な残酷さなら大人より子供の方が上さ! オニモッドが復讐屋の仕事で何人の子供を廃人にすることになったか教えてやろうか!?」

「ど、ドミノさん。あまり興奮すると傷が……」

「あ、いてて……」

言い争う二人の声をぼんやりと聞きながら、コレールは夜空を見上げていた。満点の星空とは対照的に、彼女の胸中には淀んだ葛藤が渦巻いていた。




ーーーーーーーーーーーーー


カーティスとベルの二人は、偵察の時に使った岩の陰で合流した。作戦が失敗したときはベルの方が囮になり、バラバラに逃げた後、この場所で合流することをあらかじめ決めておいたのだ。

「兄貴ぃ……しっかりして……!」

「あぁ……くそっ……痛い……!」


幻肢痛。




怪我や病気によって四肢を喪った人間の多くは、喪ったはずの体の一部が、痛む感覚を覚えるという。

カーティスは喪った右足を「元」の足よりも性能の良い義足に換装していたが、彼もまた血の通っていないはずの義足に痛みを感じるという症状に苦しんでいた。

「くそっ……! 寒い……痛い……寒い……!」

そしてその痛みは決まって、彼が寒気を感じたときに現れるのだ。


ベルは自分の体と一緒にカーティスの体をくるむと、下着姿の彼が寒さから逃れられるように、柔らかい毛皮で包み込むようにして抱き締めた。少年が幻肢痛に苦しんでいるときは、いつもこうして痛みの切っ掛けとなる寒さから守っていた。これが、今コボルトの少女にとってできることの全てであった。

ベルはまだ乳離れも終わっていないような時期に奴隷商人に襲われ、両親と生き別れになってしまったコボルトである。成長して生理が訪れ、あわや趣味の悪い金持ちの玩具へという時に、ウィルザードを放浪していたカーティスの手によって奴隷商人の頭はかち割られ、ベルは少年の側に居ることを誓ったのだった。

奴隷時代に着けられた首輪を外していなかったのは、無理に外そうとすると危険だったということもあるが、それ以上に首輪そのものがかつて自分がどん底から救われた身分であることの証明であり、少年との絆の証だったからである。故にベルは、ドミノの手によって外され、コレールに壊された奴隷首輪の残骸をわざわざ回収して手元に残していた。

「……」

カーティスはベルの小さな鼓動を肌越しに感じながら、冷たい義足に温かい液体の様なものが流れ込み、少しずつ痛みが引いていくのを感じていた。

「……お袋……」

少年は、消え入りそうな声で呟いた。




ーー続く。
16/04/15 20:34更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
実はプロット段階ではコレールの拷問は砂に埋めるなどという生易しいものではなく、下着姿のまま延々とシャベルで砂を掘らせるというかなりエグいものでした(一応『Hitman:Absolution』のオマージュです)。流石に魔物娘が子供に対してやっていいことではないと思ったので、没にした次第です。次回以降は比較的明るい話が続くのでご安心ください(笑)

それと、第8話に追記を行いました。

追記された表現:「(こいつ、確か俺の横を走ってたーー!)」








「次回予告」

環境が整えば人が集まる。人が集まれば町ができる。町はやがてあらゆるものを引き寄せ、大きな国となっていく。サンリスタルもまた、あらゆるものを内包する国だった。しかし、国が引き寄せるものがいつも良いものだけとは限らない。

次回、「砂漠の水晶」

クリス……恋に燃え上がるのも良いが、度を過ぎると足元をすくわれるぞ?



TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33