『ワイバーンっ! ゲットだぜっ!!』



『僕はいつかワイバーンに乗るっ!! そして竜騎士になるんだぁ!!』


…そういう夢見た時期が少なからず誰か氏らにもあるはずだ。
勿論、僕も。
元々教会の勢力が強い地域に住んでいた為に魔物を駆逐云々は耳にタコができるほど聞いたが、子供ながらに何故かこの『竜騎士』というものにひときわ憧れていたわけだ。
何故、と聞かれてもはっきりと答えることはできない。
…というよりも本人も忘れた。

「…はぁ」
そしてなぜ僕が溜息を吐くかというと…いたって簡単。
世間の荒波というものにもれなく飲まれ、教会騎士団入団時のワクワクはどこへやら。
都市部で警備隊まがいの仕事をさせられればポカをやらかし、門兵の時には持ち込み禁止のモノを通してしまい、挙句の果てには書類整理をすると逆に収集がつかなくなる始末。

…僕は自他ともに認められたおっちょこちょいらしい。
故にそんな落ちこぼれを都市部にいさせるほど上層部は甘くなく、今や親魔物領との睨み合いを続ける国境…しかも俗にいう【激戦区】という場所に飛ばされるのも無理はない。

「…しかし…これが本当に激戦区か?」
溜息に続いて漏らす愚痴、これにも訳がある。
激戦区、と言ったらアナタ達はどういう風景を思い浮かべますか?
剣戟が激しくぶつかり合って命のやり取りをするとか、巨大な魔法陣の発動合戦とか…多分そんなものを思い浮かんだはずだ。

…しかし、ここの激戦区の意味合いはちょっと違う。

「…毎日定時に宣戦、一度も剣を交えず睨み合い…正午過ぎれば和気藹々と昼食をとり…午後の日没まで会話を楽しむとか…どこが激戦区だよっっ!!」
「隊長うるさいです。今ちょうど本がいいとこなんですから静かにしててください」
「…はい」
何処でどう情報が間違ったのか聞こえた話とは真逆、寧ろほぼ親魔物領だろこれ? みたいな状況です、はい。
このことを上層部にチクろうとした日にゃあ…怒気を含んだ部下たちの【赤い目】が爛々と輝いて僕のことを3日間監禁しやがりまして、はい。
…はい、コレどうみても刑部狸とかリリムとかの情報操作ですね。
本当にアリガトウゴザイマシタ。

と、粗方今の僕がどういう現状かというものを理解していただいたところで部下の【元人間】男衆らの待機場所、詰め所を後にして街中を散歩することにしよう。

…べ、別に居場所が無いってわけじゃないからな!!
…言ってて尚気落ちしたよ…トホホ…

「あれ? 今日は早いのね?」
「…追い出された」
「あ、そ、そうなの…ドンマイっ♪」
歩いていながら周りを観察すればワーキャット、アヌビス、サキュバス、アルプ、マンティス…全く違和感なく【反魔物領】のこの町に魔物娘はなじんでいた。
…ぶっちゃけると、この状況だからこそ僕は今まで思っていた【魔物は悪】という考えが霧散したわけだ。
故に今、僕に話しかけた女性が既婚のワーウルフさんであっても動じることはなくなったのだよ、ワトソン君。
…ワトソンってのは僕の部下で、僕以外で唯一の独身【だった】男である。
…だった、ってなんだだって?
…察してください、お願いしますっ!

「あ、そういえばワトソンがアナタを見かけたら呼んでくれって言ってたわよ?」
「夫が妻に仕事をさせるのははなはだしいが…わかった、ありがとう」
「だって私の方が鼻がきくもの♪ 旦那の休暇増やしてねぇ♪」
なんというか…ちょっと妬ましい気持ちを抱えたまま彼女に言われたポイントまで行くことにした。

…んで目的の場所に着いたんだが、なんだこの状況?

「大丈夫、何もしないから…だから早くおりてきてくれぇ…」
「ふん! いやだよっ! また同じこと聞いて私を誘惑してくるんでしょ!? 知ってるんだからっっ!!」
「…はぁ?」
木の上にいる声からして少女と、ワトソンというヒョロっこい男がその少女に懇願するように降りて来いという声。

…わからんっ!!

僕の溜息が聞こえたのか木の上に向かって叫んでいたワトソンがこっちに顔を向けると、生意気にも手招きしてきた。
状況が呑み込めていない僕は仕方なくワトソンのとこへ足を運べば…あぁ、なるほど。
木の上にいたのは確かに人に例えれば15〜16位の少女だ。
ただし、その両腕は翡翠色したドラゴンの羽根のように被膜が張ってあるものとなり、足や尻尾はドラゴンそのもの。
耳だってそうだ。
髪の毛はライトブラウンの肩口のショートカットという活発さがにじみ出るようなもので、瞳は
トパーズのような黄色。
ただ…幾分風格が丸いので人を見下すようなしゃべり方ではなく、ただ単に怯えて威嚇しているだけのよう。

…あれ? この娘の種族…どっかでみたような…

「隊長、この娘ワイバーンですよ」
「ぇ!? マジで!? ワイバーン!?」
「あ、わ、私のことか!? そ、そうだ! 確かに私はワイバーンだ!!」
よほど僕が声を大きく出してしまったのか、びくついた彼女は僕に負けないくらい大声で返してきた時は僕もびっくりした。
というか…ワイバーンって魔物娘化すると…

「…かわいいなぁ」
「っ!?…な、い、いきなりなんだよぉぅ…///」
「…ぅわぁ…天然コマシ…」
子供の頃に憧れた竜騎士の重要なファクターがまさかこんなにも美化されるとは思わなんだ。
んでついつい声に出してしまったら彼女、あわわと言い出して急に赤くなってしまうものだから尚可愛い。
…何か後ろから聞こえた気もするが?

「ぁぁ…んんっ! とりあえず、どうしてココにいるんだい?」
「ぇ? あ、私は成人したてで…下にちょうど見えたこの町で休んでいたところなの///」
「うわぁ…スラスラひきだしやがったよ、このスケコマシ」

アーアーキコエナーイ!

「それなのに…そこの男ときたら」
「不審人物と思って職質しただけじゃないか!」
「…ワトソン、休暇どれくらい欲しい?」
「では1週間っ!」
よし、懐柔終了。
僕は改めて彼女に降りてくるように頼むと一度コクンと頷いてバサリと一仰ぎの後、ゆったりと砂塵を舞わせて着地した。

…美しい…これが…飛竜…!

「え、えっと…これから私はどうなるの?」
「え? あぁ、自由に街を回ってもオッケ…」
「この後、僕と一緒に街を回らないかい?」
何故かこの瞬間を逃してはいけない、そう思った僕は彼女の翼の先についた鉤爪付きの両手を握って…柄にもないデートの誘いをしてしまいました。
…彼女の顔が見る見る赤くなっていくのを見ると「あ、やっぱり誘って良かった」と安心したのは秘密です。


でも…こんな時に限って凶事は訪れるもので…


ーーー……カンカンカンッッ!! カンカンカンッッ!! カンカンカンッッ!!!


『っ!? 強襲警報っ!? 』
「え、な、何っ!? 何々!?」
この町に対して危機が訪れた時、その緊急時だけ鳴らされる鐘の音がこれでもかと打ち鳴らされてワトソンと共に僕は体を緊張させて注意深く辺りを見回しました。
彼女は状況を呑み込められずに違う意味で右往左往しているようですが…

「いたっ! 隊長っ、どっかから教団本部にリークしたみたいで…1万の軍勢がこっちに向かってきているよ!!」
「何っ!! …く、空いた穴は後で調べるっ! どっちの方角だっ!?」
「向こう…大南門のところですっ!」
っ、よりによって今いる地点から一番遠い場所…っ!?
くそっ…これじゃあ主戦場になる場所まで1時間は走るぞっ!?
どうにかして…前線の指揮をとらなければ…っっ!!

「…ねぇ隊長さん?」
「ん? な、なんだい? ワイバーンちゃん?」
「私はカトナっていうのっ!! …じゃなくて、急いでる?」
そうか、カトナというのか…ってこんなことしている場合じゃないっ!!

「あぁ、でもちょっと距離が…」






「じゃあ、私の背に乗せてあげるっ!!」






「…へ?」
我ながら間抜けな声だと思う。
そんな僕の返事を待たずに彼女、カトナは体中から軋みを上げてドラゴン達ができるといわれる『旧種化』をしていき…

目を見張るほどの美しさを称える一匹のワイバーンになっていたのだ。

『ね、早く乗って! 』
「ぇ、ぁ、あぁ!」
『…よぉし! トばすよぉぉ!!』
…こんな危機迫っている時に考えるのも不謹慎だと思うが、僕は今子供の頃から夢だったワイバーンの背に乗っている。
つまり、今僕は傍目から見れば…『竜騎士』に見えるだろう…

「だ、大丈夫か? 重くないか?」
『大丈夫、大丈夫♪ むしろ軽いよぉ♪…それより、私の背で感じる風はどう? 』
「…すごく早くて…気分が高まるよ♪」
多分カトナも笑っているのだろう『クルルッ♪』、と時折聞こえる。

『ねぇ、隊長さん…私、隊長さんに街を案内してもらいたかったなぁ…』
「…よし、これが終わったら街を案内しよう」
『え? 本当!? わぁい♪』
ははっ、無邪気だなぁ♪
…よしっ! いっちょハデにやりますかっ!!



こうして僕は彼女と共に戦場へと駆けて行った…





































だが、戦闘が始まる前にほとんどの教会軍は魔王軍による挟撃を受けてしまったようで、ほとんど戦意損失状態の2000人ほどしかいなかった。
…あるぇ!? 僕の出番は!?

『…えっと…大丈夫だったのかな?』
「みたい…だね…」
『じゃあ、デートしよっ♪』
なんともうれしそうな声。
空中で華麗に宙返りを決める彼女から振り落とされないようにしっかりと首を抱いていれば、彼女がそれに気づいて慌てて地上へと降り立ち、元の姿になって「ゴメンね♪」と言いながら抱き着いてきた。
…かわいいから許すっ♪

「じゃあ…どこにいこうか?」
「うーん…アナタの隣でゆっくり町を見たいなぁ…♪」
「っ!!? お、オッケィ! まかせろぃ!!」
テンションだだ上がりになった僕は彼女のことをエスコートするために手を出し…

ー…バサッ!

「よっと!」
「うぉっ!?」
「…えへへ♪ここが落ち着くぅ♪」
な、肩車だとっ!?
…あぁ! 首裏に柔らかな何らかが…♪

「…もぅ、興奮してるの?」
「なっ、ち、ちがっ」
「…それはぁ〜、夜まで…ガ・マ・ン・し・てっ♪」
…今夜は激しくなりそうだぜぃ!
彼女を肩車したまま名実ともに親魔物領となった街へと僕はかけていった。

…余談であるがこの日、体が結ばれた僕らだったけど…その時に一発でデキたらしい。
なぜわかったかって? それは…

………

……




「というのが私たちのなれ初めよ?」
「わぁ〜ママかっこいい!!」
「そ、そぅ? …えへへ♪」
それから数年後、僕たちは傷一つ負うことなく平穏無事に今までを迎えている。

そしてその時までのお話を椅子でくつろぐカトナから聞く…愛娘のリトナ。
髪の毛だけ僕と同じアッシュグレーでほかの部分は最愛の妻であるカトナに瓜二つである。
それに…自分の娘に褒められて顔を破顔させるなんて…かわいらしい嫁だな♪


ーーーこうして『竜騎士』は見事に幸せを手に入れました、とさ♪



【完】



早速かいちゃったんだぜ☆
…ゴメンナサイ、調子のりましたっ!! orz

さてさて…外見程度しかワイバーンじゃねぇぞっ!!
とか言わないでください…こんなワイバーンをかきたくなっちゃったジャックリーのピンク脳に免じて許してくださいましっ…(汗

いかがだったでしょうか?
感想などお待ちしています…

12/09/03 23:55 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33