『彼は私の○○で…♪』

「わ、わわっ!?」
「あっはは! どうしたの? まだ初速だよ? ウフフッ♪」
空に真ん丸のお月様が出てしばらくの暗闇を、そのお月様の眼前をあられもない速度で通過する影が一筋。
傍目から観察してみればきっと子供二人が箒に跨っているように見えると思う。
でも…跨っている一人、私がシルエット越しにわかるほど特徴的な服を着ているので魔女ってことがもろバレであろうということ。

「よぅし…≪Vr(ブィアール)≫っ!」
「えぇっ!? あっがぁっっ……」
サバトの時間まで刻一刻と迫る中、さらに加速した箒の上で私に必死になってしがみ付くのはまだ私よりも背が小さな大事な大事な…男の子。
風圧で若干仰け反った、かと思ったらより強く密着してのかすぐに元へと戻りより密着してくる様はとても微笑ましい♪
少し進路を曲げたこととその加速の一瞬で私たちの姿が地上にいる人たちに見えたことでしょう。眩しすぎる月光により色がついた私たちを。

バフォ様から貰った魔女特有の三角帽、先輩魔女から譲ってもらった魔導師ご用達のコート、ニンゲンだった頃からの愛用品で白が基調のフレアスカート、後ろでしがみ付いているオゼが好きと言ってくれた膝まであるなめし皮で作ったシンプルなデザインのロングブーツ。
…まさに魔女そのものの装備であるが使われている布の大半がコバルトブルーなのはサバトの差別化の一端よ♪

「ほらほらぁ! しっかり掴まって♪」
「あばばば…ぐぅ…っっ!」
早めに時間をとったはずなのに急がなければならなくなった原因を作ったオゼにちょっとした悪戯をしたくなっちゃった♪
進路を直線でとっていた…ところをっ!

いきなり箒の先をぐぃっと上にあげてそのまま一回転するループ・ザ・ループ(縦旋回)、続いて進む方向をそのままにまるでドリルのように回転するバレル・ロール(進行方向に対しての横転旋回)、進行方向そのままでの機首上げにより地面と垂直になったまま飛び続けしばらくして戻すコブラ(機首を直角状態にしてすぐに水平に戻す機動)…などなど。

先輩たちの技術を盗み、アレンジし、更にはそれらを高速巡航速度で行えるように曲芸を芸術まで昇華させた私に死角はないのよっ!

「う、うぇっぷ…お゛、お゛ね゛ぇ゛ぢゃ゛ん゛…」
「あ。 …ゴメン♪」
一人テンション高めに曲芸飛行という名の【オ・シ・オ・キ♪】をし続けていると後ろから濁音交じりのオゼの声が…何とか口を塞ぐ様は見ているこちら側も催しそうになる。
ちょっとオゼにやり過ぎた感がある私は曲芸を辞めて本来の軌道へと戻して通常運転に戻り振り向いて後ろのオゼに片目ウィンクで謝ることにしたわ。

「う゛…い、急がないの…?」
「…あぁっ!? そうだったぁぁぁ!!! ゴメンっ! ≪V2(ブィツー)≫っ!!」
「う゛ぅぅ…ぁ…ぁぁ…」
おっと!! ちょ〜っと遊び過ぎた…胸ポケットの懐中時計の蓋を開ければ黒ミサまでの時間が残り五分を切っていたのっ!
ほんの僅かな低速運転を瞬時に最高速まで速度を跳ね上げると同時に私が屈んだ…瞬間。

ーー景色が【風景】から【線】になって私たちの後方へ流れ出す。

箒は魔法行使による煌びやかな軌跡を出しながら最初の頃の三倍近い速度で雲を払い除けて飛び始めると…オゼは声にならない悲鳴とともに拘束具の如く私をしっかり抱きとめたのっ…♪

「…」
「…オゼ? あらら、気絶しちゃったかなぁ?」
うふふ♪ 毎回箒に乗ると面白い反応してくれるからつい調子にのっちゃうじゃない♪

…そういえばもうすぐオゼと家族になって二年、か。
…私が10歳、オゼが8歳。
…月日の流れは早いものねぇ…っと!?まだ私はお婆ちゃんじゃないよ、っと♪

でも思い出すなぁ…オゼがあの一生遊び人の私の父親、その再婚相手の連れ子としてやってきた時を。
じゃなかったらきっと私はまだあの黴と湿気が充満した閉鎖地区、≪教会の大図書館≫に閉じ込められていたと思う。
…うん間違いなく。

私は幼い頃から(…といっても記憶があいまいだけど)魔術の才能があったらしい。
その才能に目を付けた教会のエラい人(名前は…わすれた)が高額な援助をして私のことを親元から離れさせ大図書館にて魔術学漬けにさせられた。
…まだ自我がなかった私はただ出された本を読みこんでその通りに術を発動させるだけで周りが歓喜の声を上げるのにさほど興味はなかったのよね。

そして数年後にはエラい人が「君自身で魔法を考えてくれないか?」とか無理難題を吹っかけてきたのよね…まぁこのころの私は褒められて嬉しかったし、これが何に使われているかもわからなかったけどね。
そんな私は次々と魔法を編み出しては本に書くという終わりのない作業をし続ける内に(というより今の今まで真面に人と接した事なんて無かったから)コミュニケーションが取れない…性格?人格? になった。
…だからと言って研究に支障が出たか、と言われればそうではないから教会の人間どもも放置したんじゃないかな?

歯車人間をしているそんなある時期、風の便りで父親が離婚し再び再婚したとの噂が届いたが私は毛ほども興味なんてなかった。
でも…その折に父親がやってきたのだから噂は本当だったのだろう。証拠に見たことない女性が隣にいたのだから。
そしてその女性の影に隠れるようにして顔を覗かせていたのが…オゼだ。

父親が「元気にしていたか?」と上っ面だけの愛を私に見せてきたがその腐った目は私を金としか見ていないのがありありとわかった。…本当にどうしようもない。
対して連れ子の母子はというと真っ当な目をしていたがどうしてこの男に連れられてきたのか、それを疑ったほどである。
…しかし話を聞けばその親子も実は前夫の子ではなくその前夫の連れ子だという。まったくもってややこしい。

その再婚相手をまじまじと見ているときにふと感じた視線が合ったので下に向けてみれば義母となる人のロングスカートから上半身をほとんど出した男の子が熱い視線を向けている。
…あ、思い出しただけで濡れてきちゃった♪

その男の子の様子をあざとく見つけた父が「お前があずかれ」と半ば強制で押し付けてきたのには流石に人間として大丈夫かと問いただしたくなったが「ノー」とは言えず(というより言う前に)そそくさと帰っていくダメ親の背中を見届けるだけだった。
…あの後どうなったのかな? …まぁいいや。

部屋に残された二人は何かと気まずい空気に最初の頃はなっていたがオゼが意外な特技を見せてくれたことで私たちは今のような親密な関係になることができたのだが、そのオゼの特技とは…

ずばり、料理。
しかも教会が時折持ってくる質素な料理なんて目じゃないくらいである。
…このころの時点で並みの大衆食堂よりおいしかったのは鮮明に覚えているもの。

きっかけがあれば後は歳の近い者同士というのもあって話が少しずつ増えていったのは道理である。
…ついでに私のコミュニケーション障害もずば抜けて改善されたから教会も文句を言わなかったみたい。
ただその状態の中で私…そのオゼといるときに気が付いたの。家族に対する愛情とは違う≪愛≫がオゼに向けていることに。
いつからかはわからない、いつの間にか私の心の根っこに居座るオゼに。
それに気づいてからは研究に身が入らず…上の空になることが多くなった。

…しかしそれがいけなかった。

ある時、いつものように研究をしている私にオゼが得意の卵料理を持ってきたときだ。
入口のドアが乱暴に開いたと思ったら腰に武器を持った男たちがオゼを取り押さえて部屋から引きづり出したの!
…その時、生まれて初めて悲しみと怒りと憎しみを知ったんだけどね。

エラい人が「研究の妨げになる故に然るべき処置です」とかほざきやがったの…
その時はまだこの感情がなんだかわからず混乱していた私は突如叫んで部屋からすべての人を追い出したのはかすかながらに覚えていた。
…部屋の床、オゼが立っていた場所には潰れて足形が付いた卵焼きと粉々に割れた白磁の皿があるだけ。その無機質な空間の中で私は初めて涙を流したの。

その日、悶々とした私は何を思ったか『禁書』と呼ばれる書物にふらりと足が伸び…一冊の本の前で停止した。
それは教会としては忌むべき魔物が書いたものであり…そしてその魔物達の中でも上位の為か僅かながらに本自体に魔力が宿っているものだ。
…研究のため、とか言いながらそれなりの蔵書があるのだからなんとも言えない。

本をその場で開いたそのページを見て私はギョッとした。
…今見ても間違いなく驚くけどね。



『力が欲しいか? 』



たった一行。上も下も空白のページのど真ん中にあるその一行。ランダムに開いたはずのページに書かれたその一行に私は何故か心奪われた。何かにとり憑かれたように私は目を血走らせてその次のページをめくる。



『ここから先は人を辞めることになるが…それでも力が欲しいか?』



ゴクリと固唾を飲んだ私は「人を辞める」という文に躊躇する。
でも…その躊躇は僅かであった。
そのまま次のページを捲った…。



『ならば力を与えよう。手を本に翳すのだ』



書かれたとおりに手をかざした瞬間、私の意識は暗転した…。

体の内側に妙な熱を感じて目を開けると、なんとも言えない感覚で真っ暗闇の中を漂っていた。
足はついていないので浮いている、が正しいのだろう。
上下左右真っ暗な空間。しかし何故かあたたかくて気持ちがいい…。
そして真っ暗な意識の中から道しるべの如く差し込む光が…。
私はただその光めがけて体を進ませていく。



『ようこそ、魔物の世界へ! 魔女・ソロン!』



光の中に入ったその瞬間、そんな声が聞こえたような気がした…。
…あとで今のサバト長に聞いたらあれは『魔物化する呪いのアイテム』だという。教会はきっとそれをわからずにおいていたのだと思うと…ざまぁ! って言いたくなっちろゃう♪

意識がはっきりと戻った私は己の体を確認するため立ち上がると…ぶっちゃけ外見はあまり変わらなかった。
…まぁ元々が十歳だからね。魔女になってもさほど変化ないってこと♪

ただし魔力の量が元々の比じゃないくらいに跳ね上がっていたのは感覚でわかった。
そんな魔女化した私は真っ先にオゼを救うべく大図書館の大扉を吹き飛ばしついでに壁に立てかけてあるオゼがいつも料理の後の日課で使っていた掃除用の箒を手に取り自然と出た魔法で浮遊させるとそのまま箒に跨って高速で移動を開始する。
…いやぁ、我ながらの才能に驚きましたね!

薄暗いはずの廊下を何処にも、誰にもぶつかることなく驚異的な速度で飛び続けた私の目にドアから光が漏れる部屋が見えた。
私は胸に嫌な予感を感じてその扉も図書館の扉と同じように発破したら…

オゼがエラい人に組み伏せられていたの…お互い全裸になってベッドの上でっ!
騎士と見える男たちはベッドすぐ傍で鼻息荒くしてその光景を…誰一人止めることなく傍観していたのっ!!



生まれて…そう生まれて初めて私が感情を爆発させた瞬間だったっっ!!



普段は紙に書き留めたりしていた魔法陣を…空中に即座に描いた私は発動の呪文を唱えることで風の魔力を暴走させ、部屋にいるオゼ以外の下劣な男どもを外へとほうりだしてやったのよっ!

更に追加で男たちの落下点に局所的な魔法陣を描いて…一人一人ランダムに『魔界』へ個別に転位もしてやったわっ!
…その後の男たちのことなんて気にも留めなかったけど後でそのうちの一人に再会した時は心底びっくりしたわね。
でも隣にはラミアの奥さんがいたから…まぁあっちはあっちで幸せそうだったから…まぁ、ね?

部屋のベッドでうずくまっていたオゼに恐る恐る声をかけてみたら…

『…っ! お、おねぇ…ちゃん?』
『うん! そうだよ! オゼ…あいつらには何かされたのっ!!?』
『うぅん…危なかったけど…おねぇちゃんのおかげで…ヒグッ…た、たすかっ…うっぐぅっ!』

よほどの恐怖だったろうに芋虫のように丸くなった状態から私に視線を定めたかと思ったら…最後まで言葉を紡ぐことなく私に抱き着いて泣きじゃくる可愛いオゼ。
…沸々と湧き上がるオゼに対しての不躾な行為をした大人への怒りをちっとだけ緩和したけどね。

でもオゼをこんなに…怯えきった泣き顔にさせてくれやがった教会に何かできんものか、と眉尻を上げて虚空を見つめていたらピンと思い浮かんだのっ♪
私はその究極の『怨返し(おんがえし)』をする為にまずオゼを箒に乗せて、今まで私が生活していた広大な大教会を一望できる上空まで飛び上がりつつ高速詠唱と増幅魔法を最大限に自身へかけて…準備万端っ♪

『…≪大召喚≫っ!』

いやぁ〜実をいうと成功するとは思わなかったんだけど…発動と同時に私たちの足先近辺に超巨大な召喚魔法陣が展開されて中からたくさんのハーピーやサキュバス、オーガやゴーストがぱらぱらと眼下の大教会へと降りていくと数分待たずして敷地内からはそこらかしこから断末魔の…いえ、『人として最後』の悲鳴を奏でだしたの♪
…ただ魔女化した私は相当な魔力持ちだったみたいでね? 召喚魔法陣が予定よりも大きくなっちゃって国境(集落としての境目)ギリギリまで展開されてしまったものだから…あとは言わずもがな♪

そんな阿鼻叫喚の世界を作った張本人は「ざまぁ!」とかいっちゃって後ろのオゼにちょっと引かれていたのはいい思い出よね…うぅ…

でもそこで後ろから声をかけられたの。
それが今のサバトの主、とあるバフォ様なんだけど…私のことをマジマジと見て「ほぅ…」とか一人納得して時折首肯を何度もしてニヤついていた。
…殴ろうかと思った、のは党の本人には秘密で♪

『おぬしのその才能…実にすばらしいっ! どうだ? 私のところへ来ないかのぉ?』
『いきなり言われてはい、なんて言うとでも?』
『研究費に朝昼晩の三食、衣装は保障しよう。あと…』
『あと?』

その次の言葉に私は…



















『二人きりでくんずほぐれつ、愛し愛されの愛の巣はあったほうがいいじゃろう?』

『お世話になりますっ! これからよろしくお願いしますっっ!!』

即答でこの人の部下になることを決めましたっ♪…テヘペロッ!
ちなみにオゼはバフォ様のことを見るや『わぁ、ふさふさだぁ〜♪』とか言ってた。
…あとで獣系魔物娘に擬態できる魔法を開発しようと固く心に決めた瞬間であるっ!


と、思い出に浸っていたらあっという間に目的地が見えてオゼとの楽しいランデブーが終了のお知らせをしてきた。
…実に遺憾であるっ!!




「…っぁぇ? あ、おねぇちゃん! あそこっ! もう見えたよ!!」
「うん、そうだね〜♪…でもオゼ、ここからは私のことをどう呼ぶんだっけ?」

ーーーかなり飛ばしたおかげで少しだけ時間に余裕ができたのでいつも以上にゆっくりと箒を下降させつつ…

「ぁ! ごめん、おねぇち…ソロンちゃん」
「はぁい♪ よく言えましたっ♪」

ーーー弟との他愛もない会話をしながら…

「はい、到着っ! 」
「…ソロンちゃん…そのぉ…」

ーーーもじもじと股をこすり合わせて何かを期待する眼差しを向けられながら…

「まだ我慢して」
「…うん。我慢するよっ!」

ーーー私は…




『流石ね♪ 私のお兄ちゃんっ♪』



ーーー弟で、最愛の人で、料理人で、ショタの…私だけのお兄ちゃんに向き直って…
ーーー微笑んだ♪



【完】

シスコンでブラコン…そんな姉弟の何が悪いっ!(キリッ

おはちわばわー! 久々のjackryですw
…え、知らない? …(´;ω;`)ブワッ

今回のリクは『青の陰謀』さんからで…
・10歳の少女と8歳の少年
・魔女
・箒に跨って女の子にしがみつく様子
の3要素を入れて書いてくださいという…なんともハードル高m(ry
…ちゃんと入っているか不安です(汗


そして私事ですが…

人外2イベント(5/27)から進まなかったSSですが…ようやく再開いたしますっ!!(ババン!
…どうか生暖かい目で見守ってください(汗

あと…自分が寄稿した同人、苗木堂さんが通販始めました!(パチパチパチ!
つ http://alice-books.com/item/show/1114-1
当日これなかった人に…ぜひっ!(宣伝


いかがだったでしょうか?(´・ω・)
感想お待ちしています…

12/06/07 22:10 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33