読切小説
[TOP]
お稲荷さんとお酒を飲もう
 おや、見かけない顔じゃな。この辺りの者ではないようじゃが、旅の者かえ?

 そうかそうか。見たところ一人のようじゃが、連れの者はいないのか?

 なんと、それは僥倖――いや、なんでもないぞ。
 そうじゃ。お主、今時間は空いておるか?

 おお、そうか、空いておるのか。なら、少し付き合ってもらうぞ。

 なに、何処へ行くのじゃと? 酒場じゃよ、酒場。なんじゃ、そんな顔をして。まさか酒を飲んだことがない、などというのではあるまいな。

 まだ陽が出ている、じゃと? お主、分かっておらぬな。こういうのは飲みたくなった時に飲むのが一番なのじゃ。どうせお主も暇なのじゃろう、ついて来るのじゃ。
 安心せい、今日はわしの奢りじゃ。誘ったのはわしじゃからな。

 ……ええい、いつまで抗うか。お主も男なら腹をくくらぬか。安心せい、別に取って食う訳ではないからの。



 ここはわしの行きつけの店でな、色々と顔が聞くのじゃ。こうしてお主と二人でいられるのもそのおかげじゃよ。
 ここは静かに酒を飲むにはうってつけの場所じゃ。下で飲んでも良いのじゃが、何分騒がしくて落ち着かないからの。

 くく、何をそわそわしておるのじゃ。童ではあるまいに、も少し堂々とするがよい。

 ……なに、わしの体が気になるか。そうか、そうか。お主も立派な男じゃのう。わしも女としてみられるのは満更でもないぞ。

 違う、じゃと? ああ、この耳と尾が気になるか。まあ当然じゃろうな。
 わしは稲荷じゃよ。なに、狐の耳と尾があるだけで他は人と変わらぬ。気になるのなら見せてやらんでもないぞ。わしは動かぬから、お主が着物を脱がせて隅々まで見るがよい。

 くく、そんなに顔を赤くして、ほんにお主はからかいがいがあるのう。

 それにしても、そろそろ来てもいいころなのじゃが……おお来た来た。待ちくたびれたぞ。こっちじゃこっちじゃ。
 
 よし、酒も届いたことじゃし、わしが注いでやろう。

 ……なんじゃ、遠慮するでない。手酌でやるよりもわしのようないい女に注がれた方が酒も喜ぶものじゃ。さ、杯を出すがよい。

 そうじゃ、それでよい。……っとと、こぼすでないぞ。

 さて、それでは乾杯といくかの。



 お主もなかなかいける口じゃのう。酒もすっかりなくなってしもうた。

 ああいや、責めているのではないぞ。むしろ嬉しいくらいじゃ。わしは酒を飲むのも好きじゃが、酒を飲んでいるやつを見るのも好きじゃからの。何せ客商売をしているから、相手の顔や動きを見てその癖を見抜くのが楽しいのじゃ。
 そういえば、お主にはまだ言ってなかったかの。わしはこの宿場町で茶屋を営んでいてな……

 なんじゃその目は。まさかわしのことを、陽があるうちから酒場に入り浸る飲んだくれだとでも思うていたのではあるまいな。

 まあよい、続けるぞ。これでもわしが作る甘味はなかなかの人気でな、土産にと買っていく客も多いのじゃ。取り分け人気なのは……、ちょっと待っておれよ。

 あったあった、これじゃ……なんじゃ目を逸らして、ちょっと懐を探っただけではないか。

 飴じゃよ、飴。口に入れると蕩けると評判じゃ。持ち運びしやすいのもよい点じゃしな。
 こうして会ったのも何かの縁じゃ、一つ食べてみるか? なに、お代は要らぬよ。代わりに今後ともご贔屓に、というやつじゃ。

 何を躊躇っておる。安心せい、ちゃんと包み紙があるじゃろう。わしの素肌にくっついていたわけではないぞ。……まあ、まだわしの肌の温かさが残っておるかもしれんがの。

 どうじゃ、美味いか?

 ……そうかそうか、嬉しいぞ。気に入ってもらえて何よりじゃ。
 とはいえ、わしの仕事も楽ではなくての……。こうして休みをとれたのも久しぶりのことなのじゃ。じゃからわしとこうして二人きりになれたお主は運がいいのじゃぞ。なにせ、普段は飴をねだる童共に囲まれているからの……はぁ。

 む、済まぬ。ついため息をこぼしてしまった。わしにも色々とあるのじゃよ。

 ……なに、話せることなら話してみろじゃと? まったくお主も物好きじゃのう。じゃが、そういうのは嫌いではないぞ。

 折角じゃしその言葉に甘えさせてもらうぞ。もうすぐ追加の酒も届くころじゃ。飲みながら話させてもらおうかの。

 覚悟するがよいぞ、わしの愚痴は長いからの……くく、男が一度口に出したことじゃから撤回は許さぬぞ。今日は夜が更けるまで付き合ってもらうからの♪



 ……で、そやつがいうのじゃよ。『お前も早く婿をもらえ』とな。やかましいわい。仕事が忙しくてそんな暇はないのじゃよばーか。わしの下に来るのは甘味を望む童や女子ばっかりじゃ。なーにが『私みたいに素敵な出会いがあるといいわね』じゃ。当てつけか、わしへの当てつけか?
 仕事が嫌なのではないぞ? むしろわしの甘味で喜んでくれるのは嬉しいことじゃ。じゃが夫婦や恋人同士でいちゃつくのを見せつけられるのがうらや――こほん、我慢ならんのじゃ。

 ……んっく、んっく、ぷはーっ。

 酔っとらんわい、このくらいなんてことはないのじゃ。それよりもわしはどーすればいいのじゃ。小童相手に誘惑すればよいのか? それとも童が大きくなるまでわしの手で育てあげればよいのか? 

 ばっかばかしい、そんなことしているうちに童は童同士でいちゃこらしとるわい。こないだ来たあかなめの餓鬼なんかな、小娘の癖に小童の腕を組んでやってきおったのじゃぞ。わしに見せつけるようにな。

 ……なに? そんなことはない? んなわけあるか、あいつはな、去り際にこっちを振り向いてあかんべえしよったのじゃぞ!? ぜーーったい独り身のわしをからかっておるのじゃ! まったく最近の小娘は色気づいてるのう、小娘は小娘らしく人形遊びでもしておればよいのじゃ……なんじゃ、うらやましくなんかないぞ!?

 んく、んく……けふぃ。

 むぅ、空になってしもうたの。どれ、お主の方は……なんじゃ、まだだいぶ残っておるでないか。お主ももっと飲んだらどうじゃ、まだまだ飲めるじゃろう?

 なんじゃと、わしの酒が飲めぬのか? 
 
 なに、もう無理? ええい、言い訳など聞きとうない。ほれ、杯を出せい。っとと、零れてしもうたのう……済まぬな、服にかかってしもうたか。少しじっとしてるのじゃ。



 ――ん、ちゅ。



 ――何をしているのか、じゃと? 決まっておろう。服についた酒を舐めとっておるのじゃ。勿体ないからの。くふふ、雄の匂いがするの。



 はむ、んっ、ふぅ……



 んむ、これはこれで悪くないの。なんじゃ、そんな顔をしよって。

 変? そうでもないと思うがの。何せ女の身体を器につかって食事をする者もいるそうじゃからの。女体盛りやわかめ酒、とかいうのかの? まあ何でもよいがそれと似たようなものじゃ。やってみると意外と悪くないものじゃの。酒としての味は落ちてしまうのは否めんがな。

 どうした、顔が真っ赤じゃぞ? くふふ、そうかそうか酒のせいか。それなら仕方ないのう? さ、まだまだ飲むぞ。



 む、もう外はすっかり暗くなっておる。久々の休みだからといってちょいとばかし飲みすぎたかのう。ま、楽しかったしよしとするかの。
 さて、わしは勘定をすませてこようかの。お主はどうする? このまま帰るか、それとも……ああいや、どのみちお主に選択肢などないがの。

 何故って……外を見てみよ。雨が降っておるぞ。この寒い中を一人寂しく帰るのか? 

 大体、お主は旅の者じゃろ、荷物も持ったまま連れ込まれたのじゃ、宿なぞとっておらぬじゃろう。いまから空いている宿を探すのはちと厳しいぞ? 見つからぬ宿を探すよりは、大人しく泊っていったほうがよいじゃろうな。

 なに、わしにかかれば部屋の一つや二つ、なんとでもなるのじゃ。大船に乗ったつもりで待っておれ。



 ……済まぬな。他の部屋は空いてないそうじゃ。今日一晩は、この部屋でわしと一緒にいることになるな。嫌とは言うまい? それともお主かわしが寒空の下を一人とぼとぼと帰ることになるが、それで良いのか?

 そうか、それを聞いて安心したわい。わしから誘ったのじゃ、この暗い中を帰らせるのはあまりにも後味が悪いからのう。それじゃ、布団の用意をしてもう寝るとするかの……と思ってたのじゃが、なんじゃお主は用意がいいのう。

 違う? 皿の片づけをしに来た店員が出したのじゃと? まあどちらでもよいわ。さ、お主も入るがよい。

 なんじゃ、素っ頓狂な声を上げよって。仕方ないじゃろ、一つの布団しかないのじゃから一緒に入るしかあるまい。夜も更けて寒くなってきたしの、お互いに暖め合うのもよいものじゃぞ。

 それとも一人寂しく畳の上で寝るか? わしは嫌じゃし、お主がそんなことをするのなら引っ張ってでも布団に入れるぞ。自分だけ布団でぬくぬくするなんてことは御免じゃからな。

 さて、明かりを消すぞ。このままでは眠れぬからな。それともわしの体をもっと見たいか?

 これ、そっぽを向くでない。体をこちらへ向けて……そうじゃ、それでよい。こうすればお互いの体が触れ合えるじゃろう? まだ布団は冷たいからの、温まるまではこうしてお互いの熱を分け合うのが一番じゃ。それじゃあ、消すぞ、よいな?

 ……こうして何も見えなくなると、よりお主を感じ取れるような気がするのう。互いの顔が見えなくとも、確かにお主はここにいる。わしを抱く手から伝わる温もりがそう教えてくれるのじゃ。

 震えておるのか。寒いのならもう少し近寄ってもよいぞ。わしは気にせぬからな。

 いや、震えておるのは寒さのせいではないのだな。お主は緊張しておる。お主の背の筋が張っておるのが分かるぞ。そう固くなっては休むこともままならぬじゃろう。どれ、わしがほぐしてやろう。

 こうして触れておると、男の体というものは違うのじゃのう。柔らかな女子の体とは違って、あちこちが固くたくましいものになっておる。

 例えばこの胸じゃな。わしについておる乳房とは違い、固く、しっかりとした胸板じゃ。じゃがこうして身を寄せると……鼓動が聞こえるのはわしもお主も同じじゃな。

 どうした、随分と鼓動が早くなっておるぞ。それでは眠れぬじゃろう。心を落ち着けて、わしに体を委ねるのじゃ。

 くふふ、そうじゃ。こうして抱き合うのも悪くないのう。じゃが、胸に顔を埋めてはいかんぞ、そんなことをされてはくすぐったくて寝ることはかなわんからのう。顔や手で触れるだけなら構わんがの。

 む、なんじゃ手を動かして……おお、そうか。わしの尾を探しておるのか。飲んでいた時から視線を感じてはいたがのう、触れたいのなら言ってくれればよいものを。

 どうじゃ、触り心地は。滑らかな絹のようじゃろう? 童たちにも人気でな、みなわしの尾を触りたがるのじゃ。中にはわしの尾を枕にしたいという者もいるがの、お主もその口かえ?

 ふふ、隠さずともよい。童以外にこうして求められるのも乙な物じゃ。じゃが今は駄目じゃよ。布団が温まるまで、こうしてくっついていたいからの。

 やっと目が慣れてきよったわ……なんじゃ、お主は目を瞑っておったのか。ま、あたりまえかの。これから寝るのじゃから、目を閉じて気を落ち着かせるのは当然のことじゃ。



 ――しかし、お主のここは随分と高ぶっているようじゃがのう。



 ――眠らなければならないのじゃろう? なのにどうしてこんなに張り詰めらせておるのじゃ?



 ――分かっておる分かっておる。暗闇の中、わしに触れられて興奮したのじゃろう?



 ――この溜まった欲望を吐き出したいと、このままわしに身を委ねてしまいたいと、そう思っておるのじゃろう?



 じゃが、わしはこれ以上は何もせぬぞ。初めに言ったはずじゃ。取って食う訳ではない、とな。もっとも、お主がわしを喰いたいというのであれば別の話じゃがな?

 おっと、わしもそろそろ休まねばな。いつまでもお主をからかっている訳にはいかんからの。お主の反応が楽しくて止め時を見失ってしもうたわ。

 どうやらお主はまだ眠れそうになさそうじゃの。ま、構わぬよ。わしが一足先に眠りにつかせてもらうだけじゃからな。布団も大分温まったからの、今日はぐっすり眠れそうじゃ。



 ――何をされても、起きぬくらいにはの。



 さて、それではおやすみじゃ、主様。良い夢が見られるとよいの、くふふ♡



 む、起きたか。目が覚めて隣に誰かがいる、というのもいいものじゃの。わしはずっと独り身じゃったからこうして温もりを感じられるのは嬉しいのじゃ。

 おい、そんなに慌てるでない。布団がはだけてしまうではないか。わしはまだ寒いのじゃ、お主は動くでない。このままわしに抱かれたままでいるがよい。

 何、朝になったからもう帰るじゃと? 一夜を共にしたのに随分とつれないのう。もう少しゆっくりしていってもばちは当たらんと思うぞ。

 それに、耳を澄ませてみよ。何か聞こえぬか?

 そう、雨の音じゃよ。昨日からずっと降っていたのかのう。この様子では迂闊に外には出られんな。たちまちずぶ濡れになってしまうじゃろうな。

 所謂天気雨、というやつじゃな。外が明るいのに不思議なこともあるもんじゃ。



 ――狐にでも化かされておるのではないかのう?



 くふふ、冗談じゃ。そんな顔をするでない。

 どうせ外に出られないのじゃ、この一時を楽しもうではないか、のう?

 そう、それでよいのじゃ。もうちっと体を寄せるがよい……うむ、やはりお主は暖かいのう。

 雨が止むまでずっとこのままじゃ。決してわしから離れるでないぞ、よいな♡
18/02/18 16:45更新 / ナナシ

■作者メッセージ
元々は「人形、狐、菓子屋(茶屋)」の三大噺の予定だったものですが、なんか血迷ってエロ要素をぶちこもうとして中途半端に終わったものです。

夜に何があったかは聞き手の皆様のご想像にお任せします。
決して不埒なことをしたのではないと信じています。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33