『そして堕ちる・・・』


「じゃあ、行ってくるね。アニーパパ、アリーママっ!」
「あぁ、行ってらっしゃい。」
「行ってらっしゃい、しっかり女神様から教わってね?」
広大な畑の中に立つ一軒屋。その玄関先の処、そこでは今まさに空に向かっていこうと羽を羽ばたかせている天使がいた。
その天使と対面するように肩を寄せ合い暖かな目でその天使を見送るように立ている一組の夫婦がいるが、こちらの女性も白い羽を生やした天使であった。

「あ、それから姉さんにも頑張ってと言っておいてくれないかな? パパ、ママ?」
「あぁ、分かった。」
「えぇ。」
そう伝言を頼んだ天使は一際羽を強く羽ばたかせて徐々に高度を上げ始める。

「では・・・いってきまーす!」
「サリューっ! たまには帰ってこいよなっ!」
「体に気をつけてねー!!」
手を振って天高く飛んでいく天使に夫婦は大きく手を振り笑顔でその娘を見送った。
やがてその娘が見えなくなって柔らかい風が夫婦の頬を撫でて行く。

「・・・行ってしまったね。」
「・・・えぇ、また2人きりね。」
そういう哀愁漂うべき台詞を発しつつもその夫婦は互いに微笑んだまま未だに天使の娘が飛んでいった天を仰いでいたのだった。

「・・・さぁ、ウチにはいろっか? アリー。」
「・・・えぇ、アニー。」
夫婦はまるで結婚前のカップルのように手を繋ぎゆったりと、その場を惜しむように歩いて玄関を潜り中へと入っていった。
三人がいた場所では少し強い風が砂埃を伴って横切っていく。




「とうとう娘たちは皆それぞれの道に進んでしまったんだね。」
「えぇ。天界に行った娘が三人、お嫁に行った娘が二人、修道院に勤めるようになった娘が一人・・・・ふふ、本当に色々な道に進んで行ったわね。」
テーブルに座って向かい合う夫婦は過去の話に華を咲かせているようで皮膚に皺が多くなったアニーはいまだ変わらないままの姿のアリーを見てふぅと溜息をついた。

「長女達エニス、カトレア、マーブルを生んで、翌年に双子のグリー、バリス。さらに翌年に末娘サリューが・・・アリー、本当にありがとう。」
ニコっと微笑むアニーはアリーに向けて言い切れないほどの感情を多く詰めた『ありがとう』を立ち上がり、態々向かいのアリーを背中から抱きしめて耳元で囁くようにして言うのであった。

「ううん・・・私からも言わせてよ? ・・・『ありがとう』って。」
自分を包むアニーの腕をキュッと大事に抱えるように抱き込んで少し姿勢を崩して振り向き上目遣いをして微笑んで発したアリーのその言葉にはやはり幾多もの思いが詰め込んであった。

「でも心配な娘がいるのよね・・・」
「マーブルかい?」
微笑んでいた表情が一気に曇りとても心配そうな顔になるアリーを機敏に感じ取ったアニーはすぐにその心配の種が思い当たり我が娘の中で一番の問題児だった娘の名を言う。

「えぇ・・・あの娘のいいところは真っ直ぐなところなんだけど・・・それが裏目に出なければいいんだけど・・・」
「まぁ、一番の武力を持っていることだし・・・大丈夫じゃないかな?」
お互いに苦笑いする夫婦は暫しの沈黙のあとアリーにアニーはこの頃のことについて
聞き始めた。

「・・・アリー。この頃ボーッとしたり体が重そうだけど・・・どうしたんだい?」
「っ!? い、いえ、なんでもな・・・・・ぁっ・・・・」
その質問を投げかけた瞬間体がビクンと跳ね上がりアタフタするアリーに対してアニーはギュッと抱く力を強めて頭をポンポンと器用になで始めた為アリーは落ち着いていき顔を綻ばせながらそれを享受している。

「ねぇ、教えてくれないかな?」
「・・・うん・・・」
観念したようでアリーはアニーに今の自分に起こっているであろう変化を告げる。

「・・・実はね、アニー。アニーと繋がっていないといつも倦怠感が纏わりつくかんじになったの。」
「・・・えっ・・・」
その事実に驚きを隠せなかったアニーだったがアリーは黙々と喋り続ける。

「心配になった私は女神様に相談したの・・・そしたらね・・・『魔物化が進行している』んですって・・・」
「・・・」
アニーは黙って目を瞑って聞いている。

「女神様は更にもしかしたら私の声が天界に届かなくなるかもしれない・・・とも・・・」
「・・・アリー・・・」
アリーが小さく震え始めたのを感じ取ったアニーは優しくギュッとアリーを再び抱きしめる。

「・・・私ね、魔物になるのは怖くない・・・と言えば嘘になっちゃうかな? ・・・でもココでずっとアニーとあの娘達と、それから色々な人達を見て魔物になってしまっても・・・多分私は後悔は無いと思う。」
抱きつくアニーの腕をぎゅぅっ、と不安をかき消すようにして強く握るアリー。

「でも・・・でもね・・・一番怖いのは・・・堕落した私が果たしてこの性格のままの私かどうか・・・そしてアニーに嫌われないかg」
「・・・アリー。君を嫌いになるなんてあると思うかい? 僕は例えアリーが堕落してもかわらず愛し続けるよ。・・・こんな枯れかけののおじさんでよければ・・・だけどね。」
「・・・アニー・・・やっぱり貴方と結婚して・・・子供を作って・・・よかったっ!」
優しく諭すようにアリーの言いかけた不安を打ち消したアニーは微笑んでいた。
その彼の慈愛に満ちた優しい言葉に堪えきれず涙し、アリーはイスから立ち上がり振り向きアニーを力強く抱きしめた。
アニーはそんな彼女の背と頭に抱いたまま手を回して咽びく彼女をポンポン、と愛おしくなでていた。


だが


「・・・うっ・・・」
「・・・え、ア、アリーっ!?」
互いにギュッと抱いていたが不意にアリーから力が抜けることでアニーは大いに焦った。

「ア、アニー・・・多分・・・大丈夫・・・じゃないかも・・・」
「どうしたんだよ?!」
クテッと力なく体を預けた状態でアリーはアニーに心配をかけまいと必死に笑顔をつくろうとするもそれが逆にアニーを心配させてしまう。

「ぅぅ・・・た、多分魔力が無くなったんだと・・・思う・・・」
「た、大変なことじゃないかっ!」
しかしアリーはそれでも笑顔を崩そうともせず、更に額には汗が出てきていた。

「す、少し寝たら・・・だ、大丈夫・・・」
「・・・アリー、ゴメン。先に謝っておくよ。」
「え、な、なにを・・・きゃっ!?」
アリーの力の抜けきった体をお姫様抱っこで抱えて寝室に駆け込むアニーの行動に疑問を持ったアリーだったが、ベッドに服を脱がされて裸にさせられて寝かされてアリーは先の「謝る」の意味が分かった。
服を脱がされている間も力が出ないアリーは悲鳴も上げられないほどに弱っていたようだ。
そしてアニーもまた裸になり2人の交わりが始まった。

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

「アリー・・・そのまましゃぶってくれ。」
「むぐっ!?・・・ジュルッ・・・チュルル・・・レロ・・・アムッ・・・・」
俯けに寝かしたアリーの首を無理なく起こしてアニーはベッドの上で股を開き、アリーの顎を上げさせてアニーの逸物を咥えさせた。
青年の頃と比べて硬さはなくなっていたがそれでも大きなソレをアリーは小さな口を大きくして頬張ると上気した表情でソレを舐めしゃぶり始める。

「うおっ・・・くぅぅ・・・久々な・・ことも・・・あって・・・で、出てしま・・・うっ!」
「んっ!? ・・・♪・・・ングッングッ・・チュルル・・・・ゴクン・・・チュルル・・・レロ・・・・」
サリューを生んでからというもの子供の教育上悪いからと一度も性交をしなかった為にアニーの感度は良かった。
ゆえに早漏ともいえる速さで達してしまった逸物はアリーの口の中で爆ぜた。
その爆発を感じ取ったアリーは最初は驚きはするも、すでに魔物化が始まった身ではソレが吐き出した甘美な汁をもっと吸いたいと意思表示するかのようにトロトロに蕩けきった表情に変わった。
そして貪欲に啜り、舐め、齧る。
その思わぬ快感にアニーはビクッと体を震わせると再び勃起した逸物から生命の素をアリーの顔に発射した。

「はぁん♪ あつぃぃ♪」
「くぁ・・・ぁ・・・アリー・・・」
そのアリーの表情たるや清楚可憐なエンジェルとは程遠く、先程以上に蕩けた表情はもはやサキュバスであった。
白いデコレーションつきで。
愛する妻のその様な淫乱な姿を見て萎えかけたアニーは再び勃起した。

「アリー・・・体は大丈夫?」
「うん、今は普通に動けるよ。・・・・だからぁ♪」
不意にアニーはアリーが手足を動かしたのに気付き声をかける。
対してアリーはその淫魔のような淫乱な笑顔をアニーに向けて答える。
しかし、そんな些細なことと一蹴してアニーは四つんばいになってアニーに対してくぱぁと、とても6人も生んだとは思えないくらいに綺麗に閉じたその場所を右手で開け広げ更に足を大きめに広げて尚のこと淫らに夫であるアニーを誘う。
これには堪らないアニーは剛直と化した己の逸物を激しくアリーへと突き入れた。

「んぁ♪ いぃっ♪ 久々、の♪ アニーのおチ、ンチン♪ 」
「あぁ、アリーの中も、やっぱり、最高の、名器、だよっ!」
最初から激しく突き合う二人の熱気が互いの体の芯まで響くとき、アリーとアニーの体に少しずつ変化が訪れていた。
二人はそれどころではないが。

激しく突き入れるたびにアリーの真っ白な汚れ知らずの翼が先端から少しずつ黒くなっていき、天使の輪も金色の物から段々と妖しく光る紫の物になっていく。
そして体にはポゥッ、と浮かび上がったルーン文字が痛みも無くアリーに記念と言わんばかりに刻まれていく。
白磁器のような透き通るような美しかった肌はすっかり魔に染まった蒼肌になった。
太陽の光を反射して燦燦としていた眩い金の腰まであったストレートヘアーは今ではフワリと落ちてくる月光に優しく輝く銀の髪になった。
 
対してアニーは肌が段々と日焼けしたかのように黒くなっていき、青空をそのまま写しこんだような青い瞳は瞬きをした瞬間に地平線から上りたてのような月のように赤くなった。
更には齢50近くなっていたアニーの皺だらけの肌からだんだんと皺が無くなっていき、ある程度の変化の後に現れたのは若々しい20代の力が漲っていた頃の姿のままのアニーがいた。

「あ、ぁ♪ くるっ♪ おっき、いのがぁ♪ アニーっ♪ い、一緒♪ いっしょにぃ♪」
「あぁ、アリー、僕も、もうっ!」
限界に近い二人は互いの体の変化に気付くことなく絶頂への階段を上っていく。

そして

「んぁ♪ あ、あ、あ、っ♪ っぁぁーーっ♪」
「ぅぁーー」
声にならない声で二人は共に絶頂を迎えた。
暫くはイッた姿勢のままで固まっていた2人であったがアリーがぐるりと器用に繋がったまま仰向けになってアニーに向かって両手を伸ばす。

「ねぇアニー♪ もっと・・・シよっ♪」
潤んだ瞳にだらしなく緩んだ口から涎を垂らすその顔は「勿論するよね?」という強い意思表示があった。

「あぁ、勿論だ♪ 今日は枯れるまで・・・アリーを離さないよっ♪」
そう言うとアニーはアリーの両足の踝を持って高く掲げ、自身も膝立ちになって正常位でアリーを犯し始めた。
先ほど以上に深く、早く、抉るように動くアニー。

「うれしぃ♪ んぁ♪ も、もっとぉぉ♪ もっと深くぅぅぅ♪」
そのアニーの乱暴とも言えるような激しい交わりですらアリーは今、嬉々として黄色い悲鳴を上げてよがり狂っている。

堕天した2人の交わりは妻であるアリーが気絶した3日後まで続いたのであった。

・・・・・・・・・

・・・・・

・・・


「ただいま〜・・・・って!? な、なにママ、パパっ!? その格好っ!?」
「ただいま・・・って、えぇぇぇぇ!?」
アリーとアニーが落ちた日から約半年。
今日は珍しく家族全員が揃う日なのだが、帰ってきた娘たちは2人に顔を合わせるなり行き成り声を上げて驚いていた。




「えっと・・・堕ちちゃった♪」
「あっと・・・人間辞めた♪」




『おぃぃ!? ちょっとぉ!?』
娘たちは揃って声を上げたそうな。

【完】

アリー「あら? マーブルは?」
エニス「えーあー・・・仲間から聞いたんだけど・・・堕天して万魔殿にいったって・・・」

バタァァン!!(←ドアが力強く開いた音

マーブル「ただいまぁ!・・・・・え、ナニっ?! みんなしてコッチ見て!?」
マーブル以外『(・・・お前もか・・・・)』


どうもjackryです。
三部作にするつもりがなかったのになっちゃった作品の完結編でござい(エッ!?

恋をして、愛を知って、堕ちる・・・・
エンジェルタン、マジパネェ・・・ハァハァ・・・

いかがだったでしょうか?(´・ω・`)

13/04/13 21:56 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33