『ある夏の日の・・・』



「あ、あぢぃぃ・・・・」
「ちょっとぉ、翔(しょう)。そんなあからさまに言わないでよ・・・」
尻尾をダラッと力なく垂らした白のキャミソールと青のスカートという涼しげな格好の稲荷が隣で歩いている背が高い男に注意をしていた。

「んなこといったって暑いものは暑いんだよなぁ・・・悠(ゆう)だって暑そうじゃないか?」
「わ、私だって暑いけどガマンしているもん!」
一瞬だけ強く尻尾をふる悠。

「はぁ、そうかい・・・お、見えてきた。」
「あ、園子(そのこ)が手を振ってるよ?」
と翔に釣られて視線を前に移すとそこにはガラスの向こう側から「おーい」と言わんばかりに笑顔で手を振る大親友の姿があった。

カランカラン・・・

「ごめ〜ん、待った?」
「ううん。まだ私達も座って数分だったもの。」
大きなテーブル席に座るはメドゥーサの園子とその彼氏の雅紀(まさき)さんだった。
そして稲荷夫妻は店内のエアコンの有り難味をかみ締めながら飲み物を注文した。

「あれ? そういえば凍(とう)夫妻は?」
「今向かっている、って電話が数分前にあったから・・・あ、噂をすれば。」
夫は夫同士で話をしている中まだ来ていないもう一組に彼女達が話題を出すと噂をすればなんとやら。

カランカラン・・・

「いやぁ、すいません。ウチの妻がちょっとグズってしまいまして・・・」
『・・・??』
夫婦達のテーブルに近づいて挨拶をしてきた筋骨隆々の男、凍の夫の寛(ひろし)が申し訳なさそうに頭を少し下げながらやってきた。しかし肝心の凍が見当たらない。

「えっと・・・凍は何処にいるのかしら?」
園子が皆が思ったことを代表して聞いた。

すると?

「ほら、凍。はやくでてきてくれよ。」
と寛は自身の背に顔を向けてなにやら困った顔をして何かを呼んでいた。するとノソノソとゆっくりと出てきた色白の髪の少女(?)がおどおどしながらに挨拶をする。

「お、お久しぶりです・・・皆さん・・・」
なんとそれは凍自身であった。しかし・・・


「・・・どう見ても25にみえないね。」
「・・・そうね、精々15,6ね。」
嫉妬やら羨望やら可愛い物を見る目やら呆れやら色々な感情が入り混じった目を向ける2人の親友。

「うぅぅ・・・だからこの姿ででたくなかったのにぃぃ!!」
「まぁまぁ、可愛いからいいじゃないか。」
「・・・あなたぁ♪」
この夫婦、朝方からノロケ全開だった。

そして全員揃ったので本題に入るようで?

「園子、一体どうしたの?」
「そうよ。直接話したい、って。」
「うん、ソレなんだけど・・・実は・・・」
顔を寄せて親友2人に告げた園子の言葉はとても目出度いものだった。

「私、雅紀さんと結婚が決まったのっ♪」
その報告をする園子の顔には満面の笑みがあった。

「わ〜おめでとう! 」
「おめでとう! 園子♪」
そしてその祝い事を祝福する親友は本当に嬉しそうだった。

対して夫達はというと?

「寛さん・・・奥さんどうしたんです?」
「そうそう、いつもはもっと背の高いご夫人だったかと・・・」
「実は・・・」
先に結婚報告をさらっと済ませていつもと違う凍についての話題になっていた。

「今日の朝のことなんですが、かなり気温が上がってきたので冷蔵室の設定をし直そうと冷蔵室に向かったらうちの凍が中でぐったりしていまして・・・」
「まぁ、この気温では・・・」
「えぇ。自分もそう思います。」
うんうん、と頷く夫達。

「しかもその状態ときたら・・・●学生くらいにまで縮んでしまいまして・・・でも大きくなるには精が必要で・・・」
『なん・・・だとっ・・・』
驚愕の表情の2人に寛はさらに言う。

「それでいざコトにのぞんでみたら元の身長になる為の量まで全く足りなかったんですよ。そのせいで今の高校生くらいの身長に・・・」
「(・・・ちょっと羨ましい)」
「(・・・奥さん一人でどんなニーズもカバーとか・・・凄いな・・・)」
口をあけて呆けていると横からなにやら凄い冷気がそれぞれの夫に差すように流れてきた。
それを感じ取った夫達は一斉に汗が噴出した。
そう大量の冷や汗が。

恐る恐る横を錆びたブリキの人形のように向くと?

「あら〜随分たのしそうですね〜?」
「ほ〜んと妬けちゃうくらいにね〜?」
「ふふっ、そんな固まってどうしたのかしら〜?」
背景に炎を纏いし妻たちが、それはそれは『綺麗な』笑顔でこちらに語りかけてきた。

その気の例えをそれぞれの夫はこう語る。

寛。
「牛10頭解体すること以上に体力が削られた。」

翔。
「集中治療室に担ぎ込まれた重篤患者をオペするより背筋が凍ったよ。」

雅紀。
「あの気は15R延長の試合より体力が削られる。」

と。

その後平謝りの後機嫌が戻った妻達とそれぞれ談笑し暫くして各々別れたのであった。




そしてココは凍夫妻の寝室。
夜になって熱帯夜と思われるためあらかじめつけておいたエアコンのおかげで凍の体が今以上に小さくなることはなかった。

それでも女子としてはかなり背の高い部類だった凍が今では中学生に見間違えられる位の身長と体つきであった。

そしてベッドの上では互いの裸を晒しあう夫婦がいた。

「貴方、こんな貧相な体で申し訳ないけれど・・・抱いてください。」
「勿論だ。どんな体だろうと凍に違いないんだから♪」
「あなたぁ♪・・・チュルッ・・・チュチュッ・・・アムッ・・・」
寛の上に跨って背が縮んで膨らみかけ位になった胸を寛に押し付けてキスを強請る愛妻を寛は快く受け止めた。
そして互いに口の中を蹂躙していく。
唾液を交換し、飲み込み、再び舌を絡ませあう。

「っぱぁ! ・・・ねえ、貴方。おっぱいも・・・その・・弄ってくださらない?」
「喜んで。チュッ♪」
「んぁぁっ♪ イイ! 乳首ぃ、啜られるのぉぉ♪」
寛は上半身を起こして対面座位の形にして凍のちっぱいを啄ばみ啜る。小さくなったせいか感度が普通のときよりも上がっているようでいつも以上に厭らしく嬌声があがる凍に寛は大変興奮していた。

「んぁ♪ ハァハァ・・・あ、貴方も気持ちよくさせてあげますね・・・ハムッ・・」
「おぅ!? なら・・・ヂュルルル・・・」
「んんんっ!? んん〜♪」
凍は恍惚とした表情で股下からてらてらした液体を太ももに伝わせながら後ろに向き直り寛のイチモツを咥えて愛撫を始める。
それに対して寛も少し首を起こして凍の股上の甘い匂いを漂わせる蜜つぼに舌を尖らせて入れその甘美な蜜液を啜った。
そのバキュームは大層気に入っているのかイチモツを咥えながらも喜びの声を上げる凍。心なしか先より量が多くなった蜜。
ソレを一滴も零すまいと更に強く啜る寛。
その寛に負けじと小さくなって根元まで入れられなかったイチモツを喉を使いしごき始める凍。
その刺激はあまりにも気持ちよく、まさに喉マンコといわれるくらいであった。
そんな強い快感に2人は同時に音をあげた。

「ンプッ・・・ぷぁ! で、でるぞ! 凍っ!・・・・うぉぉぉっ!?」
「ぅんんん♪ んん!! んん♪・・んっ・・・んっ・・・・んん♪」
寛は腰を強く打ち付けて凍の喉の奥、胃に直で流し込む勢いで射精した。
それを喉を鳴らしておいしそうにゴクゴクと飲む凍の表情は酷く卑猥で劣情を更に催す妖艶な笑みを湛えていた。

「っぱぁ! ・・・ふふっ、ご馳走様♪ 次は、コチラに・・・ね♪」
と四つんばいの状態で少し進んだ凍は顔を後ろに向けて右手を前側から股上へ通してくぱぁ、と愛液がしとどに溢れる秘所を寛に晒した。

獣のように息を荒くした寛はそのまま後背位で激しく凍を攻め立てる。動きに間断をつけ、深く突き刺す。
突き刺すたびに凍の口からは気持ちいい嬌声と秘所からはどんどん蜜が溢れてきた。

「ぅ♪ ぁ♪ いぃっ♪ もっとぉ♪ はやくぅ♪ 突き上げてぇぇ♪」
寛はその要望に応えるべくピストン運動の速度を上げていき、突き上げるように肉壁を抉る。そうするとさらに深く繋がり寛のイチモツが何かにあたった。

「あ゛ぁ゛♪ 子宮口ぃ♪ あだる゛♪ きもぢぃぃ♪」
もう凍はあまりの快感に歯を食いしばり白目をむきかけていた。その顔から大量の唾液と涙をベットのシーツに垂らして、更に秘所の蜜の量を増して。
そして秘所の結合部はもうあわ立っていた。
グチュっグチュっ、と激しい水音をさせて。

だが終わりはやって来るもので、2人は限界が近かった。

「ハァハァ・・・な、中に・・・中にだすぞっ!!」
「あ゛ぁっ♪ ぎ、ぎでぇ♪ たくざん♪ そそいでぇぇぇぇ♪」
寛はそう言うと凍の一番奥、子宮口を抉るようにしてイチモツをねじ込んだ。
すると子宮口が口をあけて寛のイチモツの先端が子宮に侵入したところで寛は爆ぜた。

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁ♪・・・・あぁぁ・・・っ・・・」
その快楽に耐え切れず叫び声とも大きな喘ぎ声とも分からない声を上げた凍はベッドに顔と両手をベタッ、と脱力して突っ伏してしまった。
しかし結合部は寛のイチモツが釣っているような状態なので膝が少し浮いていた。
そしてそのまま凍は射精された快感に耐え切れずに白目をむいてアヘ顔で気絶してしまった。

暫くそのままでいると徐々に凍の身体が伸びていき、胸も膨らみとても魅力的な女性になっていた。

「・・・こっちもいいけど・・・大人版もいいな♪」
「っ・・・っ・・・ひぎぃっ!?」
そのプルンッ、とした尻を撫でながら再びイチモツが固くなった寛。それがピクンと子宮で跳ねたとき凍が目を覚ました。

寛は凍の体を起こし両の膝裏から腕を通したわわに実った双丘ごと抱きかかえて駅弁スタイルをとると再びピストン運動を開始した。

「ま゛、ま゛っで・・・イったばかりでぇ♪ 頭がぁ゛♪ と、とげる゛ぅぅ♪」
「じゃあトロトロに溶かしてあげるよ♪」
「あぎぃぃ♪」


その夫婦のアツイ戦いは次の日の昼まで続いたそうです。

【完】

ユキオンナさんは夏のお相手に必須だと思うんだ。(ナニッ!?

どうもjackryです。
夏が終わる前に書きたかったんだ・・・(弁明w)
いかがでしょうか?(´・ω・`)

11/08/24 19:41 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33