読切小説
[TOP]
捨身、ふたつひとつ
昔々の話だ。
ジパングのある山でウシオニが現れた。
ウシオニというのはジパングにいる魔物の中では珍しく人に害をなすほど凶暴な者で、常に男を徹底的に犯し、蹂躙することを考える『怪物』である。
あるときそのウシオニが近くの村を襲撃しようとしたが、たまたまその村にいた旅の女剣士が立ちあがり、その武を持ってウシオニを村から追い払い、さらに追撃をした。
それ以来村には平穏が戻ったが、その女剣士も戻ってこなかった。
女剣士は相討ちでウシオニを退治したのだろう、そう考えた村人は女剣士の魂を慰めようと村の中に祠を建てたそうだ・・・



「何と言うことでしょう。それでは安心できませぬ。ウシオニはそのような甘いものにございませぬ!」
先のウシオニの襲撃および女剣士による退治から1カ月後のこと・・・旅のジョロウグモとその夫が村にやってきてウシオニの話を聞いたのだが、聞き終わったとたんにそう叫んだ。
「な、何ゆえにございやしょうか?」
「ウシオニと言うのは再生力の強い魔物・・・ちょっとやそっとでは退治されませぬ」
「それに・・・」
ジョロウグモの妻の言葉を受け、夫が話す。
「仮に退治できたとしても、ウシオニには非常に濃い魔の血が流れている・・・その血を女子が浴びれば、彼女もウシオニとなってしまうのだ」
夫の言葉に村人たちは震えあがった。
「一か月経ってもウシオニが再び襲撃に来なかったということは、先のウシオニは討ちとられたのでしょう。しかし、その血を浴びた女剣士がウシオニとなり、この村を襲うことでしょう」
この言葉に村人たちは騒然とし、急遽寄合を開いてどうするべきか話し合った。
しかし相手は旅のジョロウグモはおろか、高位の稲荷ですらてこずる化け物である。
人間がどうこうできる相手ではない。
村人たちが絶望しかけたとき、一人の若者が立ちあがった。
「おらに考えがあるだ」
彼の名前は惣介と言い、親や兄弟に皆先立たれ、一人で暮らす者であった。
「先ほどそのたびの旦那と奥方に聞いたが、ウシオニは男を手に入れたら二度と人前に姿を現さず、巣に引きこもって男と交わり続けるらしいだ。だから、俺が行ってウシオニの婿になれば・・・」
「ならぬ、惣介! なぜお前がそのようなことをしなければならないのだ!?」
「そうだ、そんな生贄みたいなことはできないだ!」
惣介の言葉に村人たちは反対したが、惣介の意志は固かった。
「どうしてそこまで・・・」
「おらには分かるだ・・・きっと・・・」
「きっと?」
「いや、なんでもないだ」
惣介は首を振り、そして続けた。
「ともかく、おらには親兄弟ももういなければ妻もいねぇ。みながおらを引きとめてくれるのは嬉しいだけど、行くのはおらが適任だ。村長、許可を・・・」
惣介の言葉に村長は目をつむって考えていたが、やがて苦しげに絞り出すような声で惣介に行くように頼んだ。



数刻後・・・自分が持つ服の中で一番きれいなものを身にまとい、惣介は山の中の洞窟にたどり着いていた。
おそらくここがウシオニのすみかなのだろう。
途中で点々と続いていた魔力が放たれている血の塊をたどればここに着けた。
そしてそこには・・・
「く・・・来るな・・・命が惜しかったら来るな・・・があああ!」
苦しげな声を上げるウシオニがいた。
肌は緑色で頭からはねじ曲がった角が二本生え、黒い毛におおわれた蜘蛛の下半身をもつ魔物だ。
だが、彼女にはあの女剣士の面影があった。
「以前の女子のお侍さんだだな?」
「来るなと言っているだろう! 襲われたいのか!?」
今にも襲いかかろうとする自分を必死で押さえるかのように腕を抑えて身体をわななかせながら、ウシオニは叫んだ。
「今はまだ自分を抑えられているが、やがて私は身も心も完全にウシオニになってしまう・・・村を襲い、男を問答無用で連れ去って犯す、他の魔物と違って共存は相容れられない化け物になる!」
ウシオニの怒号に、恐怖を感じて少しひるんだが、だが惣介は退かなかった。
「本当は私がウシオニに討伐した時点で村の者に避難するよう言いたかった・・・だが、この心と身体で行けば私は村の男を襲うだろうし、村の者も私を攻撃するだろう・・・だから行けなかった・・・さぁ、今のうちに村に帰って・・・」
「お、おらは自分の意思でここに来ただ!」
ウシオニの言葉を遮って惣介は声を上げた。
「村を捨てて新たな生活するだ、やっぱり並み大抵じゃないだ。飢え死にする人もきっと出るだ。だから、お前さんが村を襲わないように、おらがお前のお婿さんになるだよ」
「・・・・!」
惣介の言葉にウシオニは言葉を詰まらせた。
「どうしてそこまで、村人のために・・・」
「村人のためだけじゃないだ。お前さんのためでもあるだ!」
「私の・・・ため・・・?」
ウシオニの言葉に惣介は頷き、続けた。
「このままだとお前さんはひとりぼっちでここで野たれ死んでしまうだ・・・異郷の地で、ひとりさびしく、人間じゃなくなって・・・それじゃあまりに寂しいだ。おらも、村人はいるだが、親兄弟はみなおらを残して死んだから、その苦しさはちょっとは分かるだ」
黙って惣介の言葉を聞いていたウシオニだったが、その目から涙があふれ出してきた。
「だから、おらはお前さんのお婿になるだ。あ〜、こんな田舎っぺじゃいやだべか?」
「・・・私の方こそいいのか? 肌が緑色で、脚が八本もあって、こんな毛むくじゃらの人外の醜い化け物だぞ? 淫らなことしか考えない獣だぞ? それでもいいのか?」
ウシオニの問いに惣介は頷く。
次の瞬間、惣介はウシオニの大きく毛だらけの手によって抱きしめられていた。
「・・・ありがとう。そして・・・後悔してももう遅いからな」
そして接吻と言うにはあまりに激しすぎる口吸いでくちびるを奪われた。



それから激しい交わりが続いた。
ウシオニの性欲は凄まじく、何度も激しく交わり、惣介は何度も白い飛沫を吹き上げ、ウシオニは身体を震わせて膣肉を蠢かし、惣介から精を搾り取っていた。
「少し・・・休ませて欲しいだ・・・」
「いーや、駄目だ。私の身体はこの程度では満足していないぞ。お前も私の血を飲んで魔のものとなったのだから、この程度で倒れはしない。さぁ、もう一度だ・・・」
「ま・・・待ってくれ・・・うひゃあ!」
ぐちゅりと水音が立ち、惣介の一物がウシオニの蜜壺に飲み込まれた。
ウシオニは蜘蛛のようにねちっこく、しかし激しく下半身を動かし、自身と惣介を追いこんでいく。
「んあ・・・・どうだ、いいものだろう? 私は・・・ふぅっ・・・とても気持ちいいぞ・・・」
「いい、おらもいいだ・・・! 我慢できないだよ・・・!」
ウシオニにしがみついて惣介は叫ぶ。
ウシオニも惣介を大きな毛むくじゃらの手で抱きしめ返しながら言う。
「ウシオニの血を浴びてひと月の間・・・んくぅ、どれだけ自分を慰めたことか・・・あはぁっ! 何度も果てたが、やはり今の方が気持ちいい。 人の肌と言う物は何と温かく、心を満たすものか・・・」
恍惚とした表情でウシオニは腰を振り続ける。
動くたびにウシオニの愛液と惣介が何度も放った精液によってぐじゅぐじゅと淫らな音が立った。
「や・・やめ・・・また果てる・・・出てしまう・・・!」
「ああ、出すがいい・・・ほらほら!」
ぎゅぎゅぎゅっとウシオニが膣壁を締めつける。
とたんに惣介に限界が訪れた。
「う・・・うはああああっ!」
身体をのけぞらせ、ウシオニの体内に精液を注いでいく。
彼女の血を飲み、魔の者となったためか、何度も精を放ったはずなのにその量は尋常ではなく、枯れる様子を見せない。
だが流石に疲れてしまったのか、惣介の視界が暗くなっていった。
「おや、気を失ったか・・・情けない。 仕方がないが、すこし休ませてやるとしよう」
ウシオニの声が遠いところで聞こえる気がする。
意識が完全に闇にのまれる前に、惣介はこんな言葉を耳にした。
「まぁ、淫欲の面では不満であるが、こうして横で寝るのも悪くない・・・もう孤独ではないからな・・・くくく・・・ありがとう、惣介・・・」



ジパングのある村には神社や寺とは異なる、祠が2つも建てられている。
誰も神仏のように敬ったりはしていないが、だがみなその祠に頭を下げ、その祠が建てられた者の行動とその気持ちを忘れまいとしていた。
自らの身を顧みず村人を救い、果てにはウシオニとなった女剣士と、村人と、孤独となったそのウシオニを救ったある若者の行為と気持ちを・・・
11/05/24 03:55更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
ぜぇ・・・ぜぇ・・・
他のSSをほっぽり出して、何より睡眠をほっぽり出して何をやっているんだ、私は(苦笑)
6時半起きせなならんのにもう4時になるやないか・・・
2時半過ぎから考えていたものをまとめて・・・寝て次の日からゆっくりやればいい者を・・・おろかなw

まさかのウシオニ更新。
てっきりミノタウロス系と思ったら・・・へぇ、アラクネ亜種・・・
そしてなんて凶暴・・・!
そんな魔物娘のウシオニをどっかの誰かが散々に言っていたので「ならば逆に・・・!」と書いたのがこのSSでした。
いろんな意味で危険で、嫌われそうなウシオニ・・・
だからこそ、たぶん孤独で苦しんでいる・・・
そんな彼女のために身を投げ出した惣介って・・・う〜ん。
私には真似できないなぁ・・・

さて、今後どんなウシオニSSがでるのか、楽しみにしながら私は寝ますぜ、おやすみなさい。

追伸
スピード重視した割りに睡眠時間を削って集中力が落ちている状態での執筆だったので、荒削りどころかミスもあるかと思いますが、ぬるい目で見て訂正を報告してくださいませora

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33