連載小説
[TOP][目次]
後編
今後の期待といささかの不安に心は乱れ、午後はずっと上の空だった。
とにかく真夜さんに会いたい。今すぐ会って色々お話したい。
抑えきれない想いを抱きながらなんとか仕事をこなし、ようやく終業を迎えた。

急いで帰宅しようと会社から飛び出したが…… そうだった。
せっかく祝ってくれるというのに、このまま手ぶらで帰るわけにはいかない。
どうしよう…… そうだ。真夜さんはチキンが大好きだ。チキンを買っていこう。
でも、バフォ様の話からすれば、もっと違うものを買わなければならないかもだけど。
まあどっちにしても準備が足りない。それはじっくりと考えよう。真夜さんと一緒に。
僕は妙な気持ちの高ぶりを感じながら帰路についた。

















「よし…… 大丈夫だ」

僕は深呼吸して気持ちを落ち着かせた。
目の前には見慣れたはずの我が家のドア。
だが、それが見知らぬ家に初めて訪れた時の様に緊張する。

あれからチキンを買いに寄っていたら少し遅くなってしまった。
玄関先は照明も無いので、薄暗い中鍵を取り出してドアを開けようとした。
その途端、かちゃりと音がしてドアが開かれると、中からオレンジ色の光が溢れ出す。

「おかえりなさい!今日もお疲れ様でした」

柔らかい声が僕を出迎えてくれた。
声の主はいつもと変わらぬ優しい微笑みを浮かべている。
もちろんそこにいるのは真夜さんしかいない。

「ただいま帰りました」

ぼくが挨拶を返すと、彼女の純白の蛇体が機嫌良さそうに揺れる。
いつの頃からか僕は真夜さんに合い鍵を渡していた。
彼女は朝晩には必ず顔を出して色々世話を焼いてくれるのだ。
今日もそうだけど、朝は起こしに来てくれるし、夜はご飯を作って待っていてくれる。

「うふふっ。これから楽しいパーティーですよ。あ、でも先にお風呂入ります? 」

「そうですね。お風呂を先に…… あと、これ。一緒に食べませんか?」

家に上がった僕がチキンの箱を差し出すと、真夜さんは大喜びで声を上げる。
可愛らしい仕草で軽く手をぽんと叩いた。

「まあまあ。ありがとうございます!豪華なお祝いになりますねえ」

「いいえ。そんな…… こちらこそわざわざありがとうございます」

真夜さんは本当に嬉しそうににこにこしてくれる。
彼女はチキンの箱を受け取ると蛇体を伸ばして、僕の手にそっと巻き付けた。
すべすべで温かい蛇体の感触は、いつもほっとする心地よさだ。

「もう…… そんな堅苦しい挨拶は抜きですよ。さ、用意は出来ていますから。ゆっくり温まって来て下さいね」

僕も蛇体をそっと握り返す。
真夜さんの笑顔と温かさを感じて、先ほどまでのざわめきはいつしか治まっていた。

















「ごちそうさまです。あの、とても美味しかったです」

「お粗末様です。喜んで下さって嬉しいですよ」

僕がお礼を言うと真夜さんは嬉しそうに微笑み、尻尾を揺らして見せた。

あれから真夜さんが誕生日を祝ってくれた。
いつも以上に豪華な夕食を食べた後は、一緒にケーキを食べて少々お酒も飲んだ。
いまさら年が増えたのを祝ってもらってもなあ。と少々気恥ずかしくもあった。
でも、やっぱりこうしてもらうのはありがたく、心がぽかぽかしてくる。

今は後片付けも終わって、寝る支度も終えた僕は、ソファに腰掛けてくつろいでいる。
真夜さんも隣に寄り添ってきて、蛇体が優しく肩に巻き付いてきた。
はじめの頃は蛇体に巻き付かれて驚いてしまったけど、もうすっかり慣れてしまった。
というか、真夜さんの温もりと柔らかさに包まれて幸せな気持ちになれる。
僕は真夜さんに身を預けながら、何か見ましょうかとテレビの電源を入れた。

「この店うちの近所にあったんですね。真夜さん行ったことあります?」

「ええ。なかなか美味しかったですよ。雰囲気も良かったので今度一緒に行きませんか?」

「ぜひご一緒させて下さい! 今日のお礼に僕がご馳走しますから」

「うふふっ。そんなこと言われると期待しちゃいますよ…… あ。ほら!この洋食屋さん。ついこの間出来たところですね」

僕たちはありふれたグルメ番組を見ながら、ここが美味しそうとか一緒に行こうとかおしゃべりしている。
真夜さんと親しくなる前は、こんなくだらねえ番組と冷笑していたはずだった。
それなのに今では一緒に楽しく見ている自分がいる。

ああ、そうか。この手の番組は仲良く過ごす人と一緒に見るためのものなのか。
それとも真夜さんが側にいてくれるからなんでも楽しく思えるのか。
とりとめの無い思いを抱きながら、僕は真夜さんに身を寄せて温かさを感じる。
真夜さんの蛇体も僕を抱きしめるように絡みついてきた。

柔らかい感触が僕を包み込み、全身の心地よさが頭にも浸透してくるようだ。
その感触で脳内が甘くとろりと蕩ける、そんな気さえする。
僕は大きく息をつくと真夜さんを抱きしめてしまった。

「よしよし…… 今日はお疲れでしょう。このまま休んでくださいね」

真夜さんは優しく労ってくれると、甘える僕をそっと撫でてくれた。
彼女の温かい手を感じると、安堵感と心地よさに支配され、ますます力が抜けてしまう。
いつしか僕は大きく柔らかい胸に顔をうずめていた。

夜、真夜さんと抱きしめあうのは、これも当たり前のことになってしまった。
彼女は愛情深く受け入れてくれ、癒やしと安らぎの中で憩わせてくれる。
僕はそのまま穏やかな心持ちで眠りにつくのだ。

「あの、いつもこんな事してしまって。なんというか…… 」

でもまだ恋人同士ではないので、気恥ずかしさと気兼ねは完全には消えない。
口ごもる僕に、真夜さんは微笑んでかぶりを振った。

「もう…… 遠慮はだぁめ。ですよ…… 」

「でも」

「まだ言いますか? そんな悪い子はおしおきです。えいっ!」

彼女は仕方ないなあといった様子で苦笑すると、僕の頭をぎゅっと抱きしめた。
胸に顔が押しつけられ、蛇体も隙間無くみっちりと巻き付いてくる。
とうとう僕は至福の蛇体布団に包み込まれてしまった。
真夜さんは優しく労るような愛撫を念入りに繰り返す。

「んぅ…… 」

全身を包み込む柔らかさと温かさにますます蕩けるようだ。
思わず変な声が出てしまう。

「よしよし。わたくしはきみとこうしてるのが大好きなんですよ。むしろこちらからお願いしたいぐらい。だから、ね。どうか好きなようにさせてくださいね」

耳もとで真夜さんの声がねっとりと響く。熱い吐息を感じて背筋が震えてしまう。

「きみはどうですか? こうされるの、いや。ですか…… 」

どことなく遠慮がちで悲しげな真夜さんの声。僕は慌ててなんどもかぶりを振る。
「よかった…… 」

真夜さんはほっと一息つくと、いい子いい子するように頭を何度も撫でてくれた。
僕の顔を包む真夜さんの胸。柔らかさと甘い匂いに何も考えられなくなる。

「真夜さん…… 」

「うふふっ。お疲れでしょうから肩、おもみしますね」

そう言ってくれると真夜さんは僕の体を入れ替え、背中に回り込んだ。
そのまま肩に手をやると優しく揉みほぐしてくれる。
ついでというわけではないだろうけど、彼女の蛇体も僕の胴体と足に巻き付き、きゅっきゅと揉んでくれる。

僕は真夜さんに包み込まれて、その柔らかい体で刺激されていた。
心地よい圧迫感が全身に広がり、ますます頭が蕩けそうになる。

「…… 」

言葉も無く真夜さんに身を委ねた。
彼女の大きな胸がおっぱいまくらとなり、両肩と顔が包み込まれる。
情けなく甘える僕だったが、真夜さんはしっかりと抱きしめてくれた。

「可愛い…… いいんですよ。このまま好きなときにおねんねしちゃいましょう…… 」

そのまま甘い声で労るように囁くと、頭をよしよしと撫でてくれる。

真夜さんは温かく、柔らかく、気持ちいい。
天にも昇る心持ちとはこういうことかな。
ああ…… このままずっといられたら。
真夜さんに包み込まれ、蕩けるように一つになっていられたらな……

僕の心はふわふわと漂い、ほとんど何も考えられなかった。
だが、昼間のバフォ様の言葉がふと脳裏をよぎる。
白蛇は執念深く嫉妬深く、好きな男はどんな手段を使っても手に入れる。
男が己に関心を向けなければ、魔力で心を焼き尽くしてでも手に入れる。と……

でも、そんなことはもうどうでも良かった。
真夜さんは僕を受け入れてくれている。優しく包み込んでくれている。
いつも癒され心安らぐ温かさ、それが何よりの答えだ。
仮に真夜さんに無理矢理されてしまっても、決して不幸なことではない。
なんなら頼んで魔力を入れてもらうのもいい。真夜さんが望めばの話だけど……

気が付けば真夜さんの鼓動が伝わってくる。その心地よいリズムが眠りに誘った。
いいんだ。このままずっと抱きしめられていよう……

「ああっ! ごめんなさい。肝心なこと忘れていました! プレゼント差し上げなければっ! 」

今まさに眠りに堕ちようとした僕の耳に、真夜さんの叫び声が響いた。

「えっ!? 」

真夜さんは驚いて声を上げる僕を解放すると、目の前にかしこまる。
何かしら思い詰めたような紅い瞳に見つめられた。
どこか重苦しい雰囲気に、背筋が引き締まり慌てて言葉を返す。

「そんな。もう十分にして頂きましたので…… 」

「いいえ。これは是非もらって頂かなければ。お休みの前に申し訳ないんですけど」

いつもの優しい口調だったが、真夜さんはそう言い切るとかぶりを振った。

「真夜さん…… 」

真夜さんは、言葉か続かずに黙り込んでしまう僕を凝視し続けている。
少し困ったように視線をそらし、また戻して小さく息を吸い込んだ。
そして覚悟を決めたかのように腕を広げて笑顔を見せる

「はいっ! プレゼントはこのわたくしですっ! わたくしを差し上げます」

















「……はいっ!?」

彼女の突然の振る舞いに、僕は何も言うことが出来なかった。
微笑みながら両腕を広げ続ける真夜さんをただ見つめる。

「うふふっ。ですからプレゼントはこのわたくしなのです。本当は裸リボンで告白もいいかなあと思いましたが、それはあまりにもはしたなくて」

真夜さんは顔を背けると恥ずかしそうに赤らめた。

「あの…… それは一体どう言うこと…… 」

「わたくしがきみのモノになれば毎日色々な事が出来ますよ。きみ専用の肉オナホになって、毎日好きなときに好きなだけ中出しセックスもさせてあげられます」

「待って下さい!肉…… オナホって…… 」

肉オナホ。中出しセックス。おしとやかな真夜さんの口から漏れた信じられない言葉。
そもそもこの展開には理解が追いつかない。
僕はたまらず口を挟んだが、真夜さんは構わずに言葉を続けた。

「もちろんオラッ。孕め!って感じで、お〇んこ溢れるまで射精して妊娠させてもいいんですよ。きみの子供なら孕むの大歓迎ですから…… 」

さらに彼女は〇まんこなんて信じられない言葉を使う。
いや。もちろん真夜さんの口から卑猥な言葉を聞きたいと思ったことはあるけど……
真夜さんは夢見るような様子でなおも語り続ける。

「そうですねぇ…… それともきみに保護された元奴隷のメイドさんとか、一緒に住むようになった家出少女とかはどうでしょう?そういう設定も楽しそうですねぇ」

「はいっ!?」

呆然としていた僕だが、今の言葉につい大声が出てしまう。
真夜さんは慌てる様子を見て悪戯っぽく微笑むと、静かに身を寄せてきた。
そのまま耳もとに口を寄せると、甘い声でささやきだした。

「ほかにもこんなこと、できますよ。このままずっと、きみがねつくまでだきしめて、ささやいて、もっといろいろしてあげたりとか…… 」

熱い吐息が耳もとにかかった。
さらに真夜さんは、今朝と同じように僕の耳をぺろぺろと舐めだす。
思わず身震いして振り向けば、愛情深くも蠱惑的な微笑み。
このまま真夜さんを押し倒してもおかしくない状況だが、正直それどころではなかった。

オイナンデソンナコトシッテイル……

棒読みのそんな言葉が頭の中で何度も繰り返される。
だって…… 以前は「デーモンお姉ちゃんに優しくささやかれて寝かしつけてもらう」という妖しげな音声作品が大好きでよく聞いていたし(もちろん耳舐めあり。本物のデーモンさんかどうかは不明) 家出少女とか奴隷メイドのゲームなんかお気に入りだったし、大好物なので中出しシーンは絶対に必要だったし……

つまりはまあ…… 僕のオトナのコレクション知ってるとしか思えない発言なのだ。
もちろんそういったものはクラウドストレージに移してあるし、パソコンの履歴も全て消してあるし、真夜さんが家に来るようになってからは用心深く管理しているはずだった。

「ま、真夜さん…… 」

「なんでしょう?」

「もしかして、何か、見ましたか…… 」

これはヤバいかも…… 
恐る恐る訪ねる僕に、真夜さんは華やかに笑って見せた。

「うふふっ。さあ…… なんのことでしょうか」

だが、真夜さんの尻尾は激しく動いて床を掻いている。
くねくねとまるで床に穴が空く勢いだ。くねくねくねくねと。

「うっ…… 」

ああっ…… いつもの真夜さんの癖。これは絶対知ってる。間違いなく全部知られてる。
僕はうめき声を上げて頭を抱える。顔が熱く真っ赤になっているのがよくわかる。
いったい何でこんな事知られてしまったのだろう。
まあでも、バフォ様の隠蔽工作を見破る真夜さんだ。
僕が何を隠そうとしたところで無意味なんだろうと、変なところで納得してしまう。

「あ。ちなみに今の格好だけじゃなくて、こんな事も出来ますからね」

真夜さんは僕の思いを知ってか知らずか、陽気にそう言うとくるりと一回転してみせた。
その途端、純白の蛇体はかき消え、そこにあったのはすらりとした二本の足だった。
蛇体と同色のフレアスカートが膝上を隠している。

「ね。どうでしょうか。足のある姿見るの初めてですよね? 他にもきみが望むことは全部してあげられますから!」

朗らかにウインクする真夜さんを、僕はあっけにとられて見つめるだけだった。

















「…… 」

僕はなおも言葉も無く見つめていた。
今日は色々な事があって思考がフリーズしている気がする。
だが、そんな僕の様子を見て、真夜さんは不意に表情を曇らせた。

「もしかして…… プレゼント、このわたくしでは、お気に召しませんかっ…… 」

呻くように言うと、何かに絶望したかのように眼差しが昏くなる。
いつしか普段の姿に戻っていた真夜さんの蛇体が、不安げに僕に触れてくる。
あ…… まずい。
今にも泣きそうな様子を見て慌ててかぶりを振った。

「とんでもない!違います。とっても嬉しいですよ!」

「ほんとうに…… 」

「はい! もちろんですよ!」

真夜さんを慰めるように精一杯の笑顔で明るく言う。
ついでに蛇体の先端を、何も心配ないよとばかりにぎゅっと握った。
そして、何度か深呼吸して気持ちを整える。
予想の斜め上の展開になったけど、これが告白するいい機会だ。

「でも、こんな僕が真夜さんをもらう資格あるのかもとも思うんです。もらうとかそんな偉そうな感じじゃなくて、あの、僕とお付き合い、して頂くだけで嬉しいんです」

僕としては想いを込めた告白のつもりだった。
だが、真夜さんはむっとしたように溜息をつくと蛇体でぺしんと床を叩いた。

「いいえ! ちゃんともらうかもらわないか決めて下さい。引き替え期限は今日までなので、今すぐどちらか選んでくれなければダメなんです! 」

真夜さんは腰に手を当て叱るようにそう言うと、今度は蛇体で僕の頭を叩く。
思わず首をすくめたが、それは優しく触れるようなもので痛くもかゆくも無かった。

「でも、今日は決死の覚悟で贈りものしているのですよ。そのわたくしに恥をかかすような真似、きみはしませんよねっ…… 」

真夜さんは冗談めかしてうふふと笑った。
だが瞳の奥にどことなく濁ったような光を宿している。
いつもとは違い強引な真夜さん。これも昼間のバフォ様の件が関係しているんだろうか。
卵焼きの事で色々心配かけちゃったのかな。

「ほんとうに僕なんかで…… 」

「きみ以外にわたくしを差し上げる人などいませんよ。わたくしはきみの為に生きて、きみに喜んでもらって、きみの子を産んで、ずっと楽しい人生を送ってもらうのがなによりの望みなんですから」

自信を持たせてくれるように、力強く肯定してくれる真夜さんだ。
申し訳なくも嬉しく思いながら(少し重いけど…… )僕は頭を下げた。

「はい…… 有りがたく頂きます」

真夜さんがここまで言ってくれるのに、はい以外の返事はあり得ない。
それに当然僕自身の願いでもあるから。

「よかった…… こちらこそよろしくお願いしますね! 」

真夜さんは満面の笑みを見せると僕を抱きしめ、蛇体でぐるぐる巻きにする。
何度もよかったとつぶやき続ける声を聞きながら、心地よさに包まれ続けた。












しばらくそのまま真夜さんに抱かれ続ける。
これからはこの温かさと柔らさにずっと浸って居られるのだ。
自分の想像とは全く違う展開だったけど、彼女と一緒に居たいという願いが叶った。
感激もひとしおだけど、あとひとつだけ言わなければ。僕は真夜さんの方を見た。

「あの。真夜さん」

「ん。どうしましたか?」

先ほどのような焦燥感溢れる様子ではなく、穏やかな眼差しで僕を見つめてくれる。
ようやく落ち着いたようでほっとする

「僕。今まで真夜さんにもらってばかりで何もする事が出来なくて…… 」

「もう。そんなこと言っちゃ、め。ですよ。きみの側に居させてもらうだけで嬉しい事なのに…… わたくしは十分すぎるほどもらってばかりなのです」

静かにかぶりを振ると、真夜さんは慰めるような柔らかい声で言ってくれた。
その言葉はありがたいけど僕はさらに続ける。

「そう言ってもらってすごく嬉しいです。でも、それでは気が済まないので真夜さん。真夜さんの魔力。白蛇の炎でしたっけ。それを僕に入れて下さい…… 」

「え?」

真夜さんは驚いて目を丸くしていたが、何を言われたのか理解したようで慌てて僕を抱きしめてくれた。
そして落ち着かせるかのように優しく愛撫し始める。

「ちょ…… ちょっと待って下さい! 何を聞いたのか知りませんけど、白蛇全員が全員そんなことするわけじゃないんですよ」

わたくしは違いますと言うと真夜さんはかぶりを振った。
でも、白蛇さん的にはやっぱりそれを望んでいてもおかしくない。
色々考えたけど彼女が望んでいる事をしたい。

「でも、そうすれば真夜さん安心しませんか? 」

「それはまあ…… とてもありがたいですけど。でも、そこまでする必要は…… 」

「じゃあ、遠慮しないで欲しいんです。僕も真夜さんが喜んでくれれば嬉しいので」

「ええっ…… いや、あの。ほんとうに? そんな事言われると本気にしちゃいますよ?」

真夜さんは思いとどまらせようとしているみたいだけど、構わずに言い切る。

「僕も本気なんです」

「い、いまならまだ聞かなかった事に出来ますけど? これ以上は我慢できませんよ?」

高ぶる気持ちを抑えきれないような真夜さんだ。
僕はかぶりを振って彼女に身を委ねると、その柔らかいからだを抱きしめる。

「あの…… う〜ん。どうしましょう。嬉しい誤算というかなんというか…… 」

困ったように、でもどことなく嬉しそうに呻く真夜さんだ。
蛇体も興奮したかのようにぎゅうっと締め付けてくる。
しばらく悩んでいたようだったけど、やがて真夜さんは僕の両肩に手を置いた。

「わかりましたっ! お気持ちはとても嬉しいですけど、この事はちゃんと話し合いましょう! それでわたくし達にとって一番良い方法を考えませんか? 」

「真夜さん…… 」

真夜さんの澄んだ朗らかな声で僕は顔を上げた。
そこにあったのはいつもの優しい眼差し。
ああ。やっぱり真夜さんは真夜さんだ。なにも心配することなどなかったんだ。
思わず感動して涙ぐみそうになった時だった。

「それよりもきみのパソコンのエロくて変態で非実在のアレを何とかするのが先ですよ! ああいった物はもう必要ないでしょう。わたくしがいるのですから!」

何を思ったか得意げに真夜さんはそう言う。
そうか。やっぱり見られていたんだな。わかってはいたけど……
まあ、成り行きからすれば当然の結果なんだけどね。
僕は半ば呆然としながらそんなことを思う。

「ええと。真夜さん…… 」

「あ…… ごめんなさい! ついうっかりホントのことを」

真夜さんはしまったと言いたそうな顔をすると、静かに頭を下げた。
困ったように視線をそらし蛇体をくねくねと動かす。

「やっぱり見てたんじゃないですか!」

「あはは…… 」

ごまかすように笑う真夜さんに、僕はつい悲痛な声が出てしまった。

















すっかり夜も更けた。
あれからずっと真夜さんと一緒に布団をかぶって抱き合っている。
いつの間にか真夜さんは自分のラミア用特大掛け布団を持ってきていた。
とても暖かいのでこれで一緒に寝ませんかと、はにかみながらそう言ってくれのだ。
真夜さんの布団と蛇体に包み込まれていると、甘い匂いと温かさでとても安らぐ。

結局僕の 「秘密」 を知った事はうやむやにされてしまったけど。
まあそれは別にいい。のだろう……

「お疲れのところ今日は色々ごめんなさいね」

真夜さんは気づかうように言うと優しく頭を撫でてくれる。

「いいえ。プレゼント、すごく嬉しかったですから…… 」

「何よりのお言葉ですよ。ありがとうございます」

素直にそういうと真夜さんは嬉しそうに微笑んだ。
僕を胸に抱いて耳元で優しくささやく。

「うふふっ。それじゃあお休みの前に何かリクエストはありますか?」

「リクエストですか? 」

「ええ。わたくしはもうきみのものなのですから。なんでも言ってくださいね! 」

柔らかい笑顔の真夜さんを見ると、何を言っても聞いてくれそうだ。
たとえば心の奥底で妄想していた変態じみた事とかも。
でも…… 
僕は少し考えた後に言葉を口にする。

「あの。それじゃあこうしてずっと一緒にいて欲しいんです。いつもぎゅって抱きしめられていたいんです。真夜さんに抱きしめられていると、もう幸せで何も考えられなくなるというか…… 」

「え…… 」

ずっと願い続けてきた。一緒に居たい。蕩けるように一つになりたいと。
真夜さんは意外そうな様子だったが、やがて感極まったように顔をほころばせた。

「それはわたくしのほうからお願いしなければならない事なのに…… 」

そして僕を胸に抱くと願い通りにぎゅっと抱きしめてくれる。
とても柔らかく心地良いけど、もう絶対に離さないという強い情念を込めて。
蛇体もよりいっそう念入りに巻き付き、真夜さんの至福の拘束の中に閉じ込められる。

「真夜さん…… 」

「ありがとうございます。きみが満足するまでずっとこうしていますからね…… 明日も明後日も、そのまた次の日もずっとずっと…… きみはただ気持ちよくなってくれればいいんですよ。後のことは全部わたくしにお任せ下さいね」

真夜さんは耳もとでささやき続ける。
優しくも絡みつくような声。しっとりと熱い蛇体。胸を切なくさせる甘酸っぱい匂い。
全てが僕を包み込み、安らぎの中で憩わせる。
いつしか睡魔が襲ってきて意識が堕ちそうになった。

「明日の朝はもう起こす必要ないですよね? ずっとぎゅーしていますから。好きなときに起きて、そのあとは色々楽しみましょう。それじゃあ、お休みなさい…… 」

優しく寝かしつける子守歌のような声だ。紅い瞳が慈愛深く見つめてくれる。
真夜さんの想いを全身に受け入れながら最後に僕はこう思った。
この様子だとバフォ様への結婚報告はいつになるんだろな。と。















19/01/20 20:54更新 / オダギジョ ・ リー
戻る 次へ

■作者メッセージ
遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。
ようやく完結いたしました。今までお待ち頂き申し訳ありません……
今回もご覧下さいましてありがとうございます。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33