読切小説
[TOP]
私に君を捕らえる能力は無い
 大きな植木の影へと滑りこむと、俺は身をかがめ息を殺した。さすがにこれ以上は走れない。身を隠す場所があったのは幸運だった。
 大雨で崩れた崖から洞窟が現れたと、近くの村から通報があったのが四日前のことだった。関所の警備兵の中から俺の所属する隊が調査を命じられ、洞窟に入ったのが一昨日のこと。中を通り抜けた先にあったのは魔物たちが住む世界だった。
 俺たちは国境警備を担当する兵士だ。そこらの魔物くらいなら余裕で撃退できるくらいには鍛えている。だが、この世界は木の葉一枚から石ころ一つに至るまで魔物たちのために出来ているらしい。投げた石はあらぬ方へ飛び、突撃しようとすれば草の葉が足に絡みつき、振りかぶった剣は木の枝に引っかかる。仲間は一人また一人と魔物に捕まり、隊長ともはぐれてしまった。帰ろうにも来た時に通った洞窟は影も形も見当たらない。兜も盾も逃げる途中でどこかに落としてしまい、今はただひたすら魔物たちから逃げ回っている。
 遠くからたくさんの足音が近づいてくる。大勢の駆ける音が背中の向こうを通り過ぎると、俺は大きく息をついた。
「そこに居たら捕まるよ」
 少年のような声がすぐ近くから聞こえた。不意を突かれて心臓が大きく鼓動を打つ。誰かが話をしてるのかと思い、俺は身を潜めたまま動かなかったが――
「君のことだよ。木の影に座ってる君だ」
 声の主は間違いなく俺に話しかけていた。観念して静かに木の影から出て立ち上がる。
 ここはどうやら庭園のようだった。背の高い植木の数々が視界を遮り、さながら迷路のようである。声は植木のすぐ向こう側から聞こえてきた。回り込んでみると、そこには開けた空間が広がっていた。
 木々に囲まれてほど良く日差しを遮られた庭園の一角に長いテーブルとたくさんの椅子が整然と置かれていた。その端にこちらに背を向けて燕尾服を着た一人の紳士が腰かけている。真っ白なテーブルクロスの上にはティーセットが並べられている。紳士はお茶を楽しんでいたようだった。
「こっちへ来てはどうだい」
 こちらを振り返らず、紳士は自身の右隣の椅子を指さした。
「いや、俺は――」
 答えようとしてすぐ口をつぐみ、俺は辺りを見回した。誰かが来る気配はない。
「魔物たちに追われてるのは知ってるよ。でもそうやって逃げていてはいずれ捕まってしまう」
「仕方ないだろう。戦おうにもこの場所はどうにも勝手がおかしいんだ」
「戦うだなんて――そもそも魔物は何のために君を追いかけるのか知っているかい?」
「人間の男を捕まえて手篭めにするんだろ。それくらい知ってる」
「正確には独り身の人間の男をだね。そこまで知っているなら話は早い。魔物たちから逃げ回るということは、自分は独り身ですって宣伝しているようなものだ。むしろ堂々としていれば意外に気づかれないものさ」
 一理あるかもしれない。現にこの紳士には一人でお茶を楽しむ余裕すらある。逃げる必要が無いと分かり気持ちが落ち着くと、急にのどの渇きが気になり始めた。ここに来てから飲まず食わずで走り回っていたから当然だ。俺は紳士が指さした席に座った。
「歓迎するよ。お茶というものは一人で飲むより誰かと飲む方が美味しいからね」
 紳士の方を見て俺は総毛立った。少年のような声の持ち主は男装の女性だったのだ。魔物たちの世界に人間の女性が迷い込めば、魔物に換えられてしまう。つまりこの女性は――。
「見ての通り私も魔物だ。私の一族はマッドハッターと呼ばれている」
 マッドハッターは、ティーポットを手に取ろうとして俺が固まっていることに気付いた。
「驚かせてすまない。魔物が淹れたお茶を飲むのは抵抗があるかな?」
 俺は黙ってうなずいた。
「では白湯にしておこう。見ての通りただのお湯だ。変なものは入っていない」
 目の前に置かれたティーカップは透明な液体で満たされており、はほのかに湯気が立っていた。手に取って匂いを確かめるが言葉通り単なるお湯のようだった。一口飲んでみると、かなり熱かった。お茶を淹れるために用意されたものだから当然なのだが。
「警戒するのも無理はないか。この不思議の国は魔物の世界で、人間の住む世界とは異なるルールで成り立っている。それに君はついさっきまで魔物に追い回されていた」
 マッドハッターがクッキーの並んだ皿を手に取ってこちらに見せた。が、俺は手で拒否の意思を示した。
「さらに言えば、私に君を捕らえる能力は無い。男性を羽交い絞めにするような腕力は無いし、体をしびれさせる毒も持ってない。幻覚を見せる魔力も無いし、君を追い回すような機敏さも持ち合わせていない。何よりこの服装は走り回るためのものではないしね」
 燕尾服の胸元をほんの少し開けてみせながらマッドハッターがほほ笑んだ。下に着ているブラウスは豊かな膨らみによって窮屈そうに張り詰めている。よく見れば燕尾服も内から押し上げられ、男装では覆い隠せないほどの女性らしいカーブが露になっていた。
「君を捕らえる能力が無い魔物なら、お茶やお菓子に一服盛る可能性はある。だから白湯しか飲まないというわけだ。だが、このままではいずれ君は飢えてしまう。君からの信頼を得るためにも、まずは私の能力を知ってもらわないといけないな。口で説明するより見てもらった方が早いだろう」
 そう言うとマッドハッターは被っていた帽子を手に取った。裏地が俺の視界に入る。
「キノコ?」
 帽子だと思っていた物体の裏側はキノコの傘のそれと全く同じだった。
「そう。私は元々キノコの魔物だった。この不思議の国に来て女王の力によってこの姿になったんだ」
 マッドハッターは持っているキノコの傘を俺の頭にかぶせようとしてきた。イスに深く腰掛けてしまったことを俺は後悔した。即座に立ち上がって逃げることができない。
「大丈夫、絶対に危害は加えない」
 優しくささやく声で、一瞬俺の警戒心が緩んだことも動作を遅らせた。ぎゅっと目を閉じる俺の頭にふわりと何かが被さる。二呼吸ほどじっとしていたが何も起こらない。恐る恐る目を開け頭に被さった物を取ると、それはただのフェルトの帽子だった。香水を染み込ませてあるのかほのかに甘い香りがする。
「これが私の能力だ。帽子を作る。ただそれだけの能力さ。その帽子を被っていれば他の魔物は君が私のパートナーになったと思うだろう。もう追い回されることは無いはずだ。ただし、トランパート――この不思議の国の兵士にだけは気を付けた方がいい。彼女らは少しでも疑わしい点があれば君を尋問しようとするだろう。ぼろが出て君が独り身だと知られたら間違いなくその場で襲われる」
 話に出てきた兵士には心当たりがあった。大きなトランプの中から現れるうら若い少女たちで、制服にはスートと番号の刺繍が施されている。特にスペードのマークを持ってる娘たちは見た目からは想像もつかないほどの体力があり、俺たちを何時間追い回しても息一つ切らさないのだ。
「あいつらか。そのトランパートたちに襲われないためにはどうしたらいい?」
「二三日は私と一緒にいたほうがいい。彼女らは定期的に巡回をしてるから、私と一緒にいる所を何度か見せれば疑われる心配も無くなるだろう。おや、噂をすれば影だ」
 そう言うとマッドハッターはいきなり俺の左の膝に手を置いた。
「なっ」
「静かに。恋人のふりをしなければ彼女らに疑われる」
 ゆっくりと膝を撫でる手を振り払う間も無く、足音と話し声が近づいてきた。
「シャプロンいる?迷い込んだ人間がこっちに逃げ込んだって情報があったんだけど」
 現れた四人のトランパートを見て俺は危うく声を上げる所だった。全員の服にスペードのマークがある。こいつらに追いかけられたら絶対に逃げきれない。
「やあ、パトロールお疲れ様」
「人間だ!」
 俺を見てトランパートたちが駆け寄ってきた。マッドハッターと俺の席はたちまち取り囲まれてしまった。
「一昨日この国に迷い込んできた人間の一人かな」
「彼は私の客だ」
 俺の膝を撫でるマッドハッターの手の動きが大きくなり、膝の付け根のきわどいところまで柔らかな掌が届いた。その動きにトランパートたちがようやく気付いた。
「あーもうシャプロンが捕まえちゃったのか」
「でも見るからに私たちを警戒してるよ。本当は今来たばかりなんじゃないの?」
「彼は初心なんだ」
 言葉と同時に、薄手のシルクの手袋に包まれた細い指が何の抵抗もなく太股の間へ滑り込んだ。
「――っ」
 声はなんとか堪えたが、体は思わず跳ねてしまった。もちろんその姿は魔物たちにしっかりと見られている。
「ご覧の通りにね」
「見せつけてくれるなー」
「ふふっ、気持ち良さそう」
「今日のお茶会は二人だけで落ち着いて楽しもうと思ってね。みんなに彼を紹介するのはもう少しこの国に慣れてからにしようと思ってる」
「それならお邪魔したら悪いね。他を探そうか」
「まだフリーの人間残ってるかな」
 シャプロンの説明に納得してトランパートたちは去っていった。話し声が遠くに消えて俺は大きく息をついた。が、指が走る感触が太股を覆い吐く息は途中で止まった。
「おい」
「何だい?」
「あいつらもう行っただろ」
「まだ静かにしていた方がいい。叫び声なんか上げたら聞きつけて戻って来てしまう」
「そうじゃなくてこの手だ」
「この手が何か?」
 すっとぼけた様子で聞き返すシャプロンを見て、さすがに俺も腹が立った。
「もう恋人のふりをする必要は無いだろ」
「そうだね、もう恋人のふりをする必要は無い」
 そう言いながらシャプロンの手は相変わらず膝を撫で続けている。撫でる動きは遅くなり、指より掌を使った優しい感触になった。
「なぜ撫で続ける」
「なぜって?それは――」
 シャプロンの手が俺の股間の真ん中に覆い被さり止まった。
「私が君のことを気に入ってしまったからさ」
 布地の向こう側から優しく包まれた中で、俺は辛うじて勃起せずにいることができた。目の前の女が魔物であることを頭の中で何度も繰り返しながらという危ういバランスではあったが。
「君はどうなんだい?」
「俺は――兵士だ。人々を魔物から守らなければならない。そしてお前は魔物だ」
「立場を聞いているんじゃないよ」
「何を言われようとこれは変わらん」
「君の口に尋ねるのは止めにしよう。でも、たとえ口先で誤魔化しても男性は誠実だ。心を込めて尋ねれば必ず正直に答えてくれる」
 シャプロンの人差し指が俺の股間を引っ掻いた。膨らみかけていた俺の最も敏感な部分を、痛みにならない絶妙な強さで固い感触がなぞる。
「あっ」
 声が漏れ、みるみるうちに固くなった性器が掌を押し返した。それを合図にシャプロンの手が再び俺を撫で始める。
「君は私の手を振り払わうことができた。私をここに残して立ち去ることもできた。でもそんなことはしなかった。それはなぜ?」
 まんまと魔物の手中に落ちてしまった恥ずかしさに、俺は無言で目を伏せた。衣擦れの音だけが辺りを満たす。
「目をそらさないで」
 一層優し気な声でシャプロンがささやいた。
「君の答えをからかうつもりは無い。私は真剣だ」
 シャプロンはまっすぐ俺を見つめていた。
「正直に答えてくれてありがとう。私はたまらなくうれしいんだ」
 頬に柔らかい唇が触れた。シャプロンの手は太股や性器を絶え間なく撫で続け、その刺激を振り払って立ち上がることはもはや不可能だった。
「女王がこの姿に変えてくれたことは感謝している。どこへでも行けるようになったし、お茶やお菓子も楽しめる。頭脳も明晰になっていろんな遊びを思いつくことができるようになった。ただ一つの不満はこの服装だ。他の子たちは可愛らしい服や毛皮を持ってるのに私だけが男装だ。このままずっと独り身で終わるんじゃないかって思うこともあった。君はそんな私を気に入ってくれた。本当にありがとう」
 シャプロンが微笑んだ。一瞬何の抵抗もなく可愛いと思えたが、股間に与えられる淫らな刺激がすぐに現実に引き戻す。彼女はまぎれもなく魔物だ。
「ところで、見せてもらってもいいかな? その――中身を」
 俺の返答を待たずにシャプロンはベルトを緩めホックを外し、ズボンの前を開けようとし始めた。
「ちょ、ちょっと待て」
「なぜ?」
「屋外ででこういうことをするのは――」
 手が止まり、張り詰めた股間を再び撫で回し始めた。まるでなだめるかのようなゆっくりと優しい感触が広がっていく。
「確かに人間の世界では外で衣服をはだけたら兵士に捕まって怒られるかもしれない。でも、ここは不思議の国だ。女王が定めた法は外で裸になることを禁止してはいない。誰も君のことを怒ったり軽蔑したりはしないさ」
 俺の顔をのぞき込み少し様子を見ると、シャプロンはなおも言葉をつづけた。
「男性の正直な部分が恥ずかしいのかい? でも雄が雌に対して生殖能力があることをアピールするのは鳥や獣も同じだ。自然界でも行われてるごく当たり前の営みだよ」
 今度は同意を求めることなくシャプロンは俺のズボンの前を開いた。抑えつける物が無くなり、固くなった男性器が頭を出す。
「ああ――」
 吐息と共にシャプロンが声を漏らした。シルクの手袋をはめた彼女の手が今度は直に触れる。ひんやりとした感触が玉の裏側までなぞり、その気持ちよさに鳥肌が立った。
「素敵だ。とても素敵だよ。見て、触れてよく分かる。君は女性を力強く奥深くまで愛し、喜ばせ、そして孕ませることができる男性だ」
 シャプロンは右手の手袋を外し、今度は直に触れた。驚くほど柔らかな手肌が吸い付くように秘所を包み込む。
「熱い。こんなに熱いもので愛されたらきっと頭がおかしくなってしまうだろうな」
 執拗に撫でまわされ続けたことで、先走りがシャプロンの手を汚し始めていた。
「これ以上はもう――」
 止めさせようとすると、シャプロンは手を止め、唇を近づけてささやいた。
「気にすることは無いよ、お互い様だから。君の男性としてのアピールを見せつけられて、私の体は犯される準備を整えてしまったようだ。自分の体に触れてさえいないのに不思議だね」
 左手が再び燕尾服の前をはだける。中からはち切れそうな左胸の膨らみが現れた。大きく開かれた燕尾服は胸の端に引っかかったまま戻ってこない。
「中まで見せなくても分かるだろう? 君の唇を待ち焦がれているんだ」
 それ以上の言葉は不要だった。俺は誘われるままシャプロンの左胸に触れ、彼女は俺の首に手を回して引き寄せ、唇を塞いだ。柔らかな舌が侵入してくると、お返しに胸を揉みしだく。時折声と息を小さく漏らしながらも、シャプロンは舌を絡ませてくるのを止めようとしなかった。
 息が切れる手前まで互いに唇をむさぼると、俺はシャプロンの燕尾服を脱がせた。堅い厚手の生地の下から、薄手のブラウスに包まれた柔らかな女性らしい体が現れる。その感触と立ち上る甘い匂いに思わず乱暴に抱き寄せてしまった。が、抗議や批難の代わりに喜びの悲鳴を耳元で聞かされて、俺の心臓がさらに高鳴った。
 お互いにもう待ちきれずに服を脱ぎ捨てると、シャプロンはテーブルの端に腰かけ、手を伸ばして俺を招き寄せた。
 純白のテーブルクロスの上に彼女を押し倒すと、胸の谷間にキスをした。シャプロンが小さな可愛らしい声を漏らす。間髪入れずに仰向けに寝そべってもなお膨らみを主張する胸の頂上、彼女の言葉通り唇を待ち焦がれていた一点に吸い付くと、今度は甲高く長い嬌声が響き渡った。
 シャプロンに頭を鷲掴みにされ引きはがされて、俺はようやく唇を離した。真っ赤な顔でにらみつける彼女から目をそらすと、既に濡れてキラキラと光る秘所が視界に入った。
 再び顔を上げると、シャプロンが不敵な笑みを浮かべている。すると彼女は腰を浮かせ、熱く湿った唇が挑発するかのように男の最も敏感な部分を舐め上げた。気持ちよさに体が震える。寄り道して楽しもうと思っていた気分が吹き飛び、俺は切羽詰まった哀れな雄へと一瞬で変えられてしまった。
 ゆっくりと彼女の中へ侵入する。シャプロンはうるんだ瞳で俺を見つめたまま、今度はのどの奥から低いあえぎ声を漏らした。少しずつ動き始めると、彼女は俺の手を取り指を絡めてきた。
「ああ、思った通り君は素敵だ。女王に着せられた男装から私を解き、力強く奥深くまで愛し、女性としての喜びを教えてくれて、そして――」
 熱く粘るシャプロンの中が締まり、急激に余裕が無くなってきた。身を引こうとすると絡めた指が引き留める。
「外に出したら許さない」
 熱い視線を向けるシャプロンに覆い被さり、唇を塞ぐと同時に俺は彼女の中に精を放った。普段の倍はあるかと思うくらい長く長く。


 終わってみると急に体が重く感じた。腰が抜けそうなくらいに脱力してしまっている。起き上がってシャプロンから離れようとして俺は下半身に違和感を覚えた。
「何だこれ」
 シャプロンの秘所から俺の一物に幾筋もの粘液が糸を引いている。かなり粘り気があり、完全に引き抜くことができない。視線を戻すと、彼女は出会ってから初めて恥ずかし気な表情を浮かべていた。
「その――私の体がまだ君と繋がりたがってるようなんだ。――たぶんもう一回射精すれば溶けると思う」
「俺を捕らえる能力が無いって言ってなかったっけ。まんまと騙されたな」
「故意にやってるんじゃないんだ。これはこういう体の反応なわけで」
「分かったよ。どのみちもう帰れそうにないしお前の好きなだけ付き合うことにする」
 俺がため息をつくと、シャプロンはきょとんとした表情で言った。
「別に帰れないこともない。女王に頼めば不思議の国の出入り口を開いてもらうことはできる」
「そうなのか! なら――」
 シャプロンが俺の唇に指を当てて言葉を遮った。
「女王に妻を連れて帰省したいって願い出ればいいのさ」
 しばしの沈黙の後言葉の意味を理解し、俺たち二人は笑い合って繋がったまま再びキスをした。
18/01/11 07:38更新 / 偽典書庫

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33