読切小説
[TOP]
優しい鳥籠
「ようこそ、私の・・・檻の中へ」

男は戸惑っていた。

何故なら自分は "死んで" この世にはいない。

しかし目の前に女性がいた。
その女性は笑顔で優しく男の頬を触る。

「・・・」

あっけにとられ声が出ない。
 だがしかし男も分かっていた。

      " 彼女は人間ではない "ことを。

「冷たい頬・・・可愛そうに・・・でも大丈夫、私が温めてあげる♪」

いつしか両手を使って頬を触れられていた。
その温かくてまるで "自分を必要" にしているようにも思えてしまう程。

「どうしたの?私の顔に何かついてる??」

「・・・ここはどこだ、檻というのはなんだ俺は死んだはずだが?」

「確かに貴方は死んだわ・・・でも、その御霊・・・魂って言った方がいいかしら?その魂を私の檻の中に入れたの♪」

「・・・よくわからないが、要するにお前は人間じゃないという事か」

「お前じゃないわ・・・私にはパフュールという名があるの」

頭が痛くなると思いながら彼女とコミニュケーションを試みる。
ここで分かったこと、それは死後の世界とは異なる世界という事だけ。

「ところで・・・貴方の名前は?私は名乗ったんだから次は貴方が名乗るのが礼儀なんじゃない?」

「・・・時岡椿姫(ときおか つばき)」

「時岡椿姫・・・いい名前ね椿姫♪」

椿姫、椿姫と何度も何度も名前を繰り返す。
だが当の本人は嫌そうな顔をしていた。
その表情はまるで自分の名前を気に入っていない様にも見える。
パフュールは心配そうな顔で椿姫の顔を見て。
そして椿姫の顔をゆっくりと自分の美乳中へと埋めさせる。

「ん!?ふ、ふん!!」

「椿姫・・・大丈夫、ここには貴方を嫌う者も、拒む者もいない・・・私と椿姫だけ」

ゆっくりと椿姫の顔を持って目と目が合わせる。
そしてそのまま抱きしめて体を触りながら、頭も撫でる。

「ぱ、パフュール?な・・・何を」

頭を撫でられて戸惑うが。
しかし優しく撫でるその姿は何処か "母性" のような優しさとぬくもりがあった。

「大丈夫よ、辛いことは私が全部受け止めてあげるから」

「・・・う、うう」

辛いことがあったのか椿姫の目から涙があふれ流れていく。
ずっとため込んでいたストレスや苦しみに解放されたかのように。



涙を流し数分が経つ。
だが涙を流した椿姫は恥ずかしくなりパフュールから少し距離を離れて心を落ち着かせる。

「・・・ありがとうパフュール、おかげで色々と溜まっていたものが流れた」

落ち着いた椿姫がパフュールに話しかける。
話しかけれたパフュールはゆっくりと椿姫に近づく。

「いいの、だって私魔物娘だから・・・ねぇ、こんな私を椿姫は愛してくれる?」

「あ、愛する?そうか・・・パフュールも1人なんだよな・・・」

自分の事を親身に思う彼女。
もし演技だとしても、自分はもう死んでいる。
だったら、だったら自分を思う彼女と一緒にいたいと椿姫も考える。

「ああ、わかった・・・こんなおれなん・・・!?」

ねっとりと唇が触れて。
そのまま舌が入り込んで来る。
最初はわからなかったが今ならわかる。
自分は・・・今 "キス" をしているのだと。

「ぷは・・・こんな俺なんて言わないで?貴方はもっと誇っていいの」

「・・・そうだな、ありがとう」

再びキスをする。
今度は椿姫の方から、彼女にキスをする。
そして絡みあっていく2つの舌は他者が見ればとても情熱的だろう。

「・・・脱がしていいか?」

「もちろんよ椿姫♪あなたの好きなようにしていいの」

「じゃあ・・・脱がすより肌蹴させる」

ドレス服を肌蹴させて胸を露出させる。
ぷるぷると揺れた美乳をゆっくりと触れて揉み始める。

「ん、ん・・・椿姫の手大きくて温かい♪」

「ありがとう、パフュールの胸も柔らかくて温かい」

胸を揉みながら、ゆっくりと下半身の方にも手を忍ばせる。
そしてそのままゆっくりと下着をずらす。

「もっと、もっと私をめちゃくちゃに犯して?」

「ああ、パフュール・・・綺麗で素敵だ」

片手の人差し指をおまんこに入れてかき回す。
中は温かく、ぬるぬるしている。

「はぁん、んん、いい、もっと・・・おまんこかき回して椿姫」

喘ぎ声も少しずつ大きくなる。
それほど自分の指が気持ちいいのかと思い嬉しくなる。

「いい、椿姫の指、指・・・日も・・・ひ持ちいい!」

体がビリビリと痺れたかのようにビクン、ビクンと痙攣を起こしたその時。
おまんこから何かが噴き出る。
それは紛れもない "潮" だった。

「ああ・・・あああ・・・し、潮・・・出ちゃった」

ゆっくりと指を引き抜いて親指と人差し指を擦り合わせると。
糸がいておりその指を見たパフュールは恥ずかしくなり両手で顔を隠す。

「み、見せつけないで・・・は、恥ずかしい」

「・・・か、可愛い・・・」

恥ずかしがる姿を見て椿姫は興奮する。
その衝動に耐えかねて、押し倒してしまう。

「綺麗だパフュール、そして恥ずかしい姿もまた可愛い」

「・・・本当?」

「ああ、本当だ」

「・・・」

ゆっくりと顔を見せるパフュール。
そして椿姫の顔を見ると本気なのがわかる。
その本気に答えようとドレスの裾をめくって股を開くパフュール。

「は・・・初めてだから・・・優しく、お願いします」

「ああ、わかった」

こちらもズボンを脱いでチンポを露出させる。
チンポを見たパフュールは生唾を飲み込む。
それは "今から犯されて、好きな男と結ばれる" という期待。
もう一つは "だけど、少し怖い" という恐怖心。

「いくぞ・・・パフュール」

そしてゆっくりと椿姫のチンポが挿入される。
ミチミチと "処女膜" が無くなる。
しかし痛み以上に好きな男のチンポを入れてもらえた "嬉しさ" の方が勝っていた。

「ああん、んぁぁ椿姫のおチンポ・・・きたぁぁ」

痛みよりも嬉しさで顔の表情がふにゃふにゃに蕩けるパフュール。
またおまんこに挿入した椿姫自身、パフュールのおまんこに快感を求め始める。

「ぱ、パフュール・・・おまんこ、き、気持ちいい、これじゃすぐに射精しそうだ」

「だ、だめ・・・まだまだ、突いてぇ!私のおまんこもっと味わってから精液出してぇぇ」

ピストン、ピストン・・・ただ、ひたすらにピストンをする。
快感を、快感を求めて・・・犯して、犯される。
二人は何も考えずただ "交尾" という名の性行為を行う。

「はぁあ、ああん・・・つ、椿姫ぃ・・・私、私も、もう限界、だからちょうだい・・・」

「ああ、わかった、お、俺も・・・俺もパフュールの中に!!」

腰を一気に振る椿姫。
そしてパフュール自身も腰を振っていくと。
"ドピュドピュドピュ!ドッピュドッピュ!!"パフュールの膣(なか)に精液を射精して、そのまま力尽きて倒れる椿姫。
そして倒れた椿姫をやさしく受け止めたパフュールはそのまま椿姫の耳元で囁いた。

「椿姫・・・椿姫ぃ・・・もう、二度と貴方を離さないから・・・」

「・・・ああ、離さないでくれ・・・俺を・・・俺の魂はパフュールの物だ」

「じゃあ・・・もう1回Hして?」

甘くつぶやくと椿姫は「ああ」っと答える。
これから始まるのだ。
          "二人の時間が。"
15/03/22 12:00更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
デジモンが・・・デジモンが面白くて投稿が遅れましたぁ!
だって面白いんですよ!!進化 退化 進化 退化を繰り返して新しいデジモンにするのが!!

どうもシャル・ロットです。
最近季節の変わり目のせいか体がかゆくてつらいです
っとまぁそんなことはどうでもいいですねw
えっと前作「BITTERWHITE」は腐的妄想していたらできたんです、仕事中にw
ですが私的にこれはこれでありだろうと思い投稿しました

「反省はしている、だが後悔はしていない」

まぁ元々2次元オタなので・・・仕方ないと思って許してヒヤシンスw
さてでは次作でまたお会いしましょう

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33