『恋の夕立に注意♪』





ジリジリジリジリ・・・

「・・・ふぅ、あついわぁ・・・蝉も五月蝿いし…」
昼下がりの午後、市立図書館と書かれた非常に大きな建物から出てきたのは褐色肌で、腰まである銀髪のストレートをふわりと風が撫でていったプロポーション抜群のモデル体系のダークエルフだった。

「ん〜っ!!・・・・さて、家に帰ってパンナコッタ(砂糖を煮詰めて作ったデザート)でも食べようかしら?」
目を瞑り腕を思い切り天に掲げて伸びをした彼女はそのまま肩に手を当てセルフ肩揉みをしてそういった。

すると前の方から彼女の見知った顔が何かを肩に下げてやってきた。
それを見つけた彼女が腕を小さめに振って自己の存在をアピールした。

「お〜い、ミーディア〜」
「おりょ? ナディ?? どうしてここn・・あぁ図書館帰り?」
「そう。貴女は・・・あぁ、プールに行くのかしら?」
だらしなく開けたYシャツからのぞく大きな胸に汗の珠を浮かばせて長い金髪の髪をお団子ヘアーで纏めた彼女と幼馴染で親友のエルフ、ミーディアが「あれれ?」という顔をして自身をよんだ褐色肌の彼女、ダークエルフのナディアントのもとへ駆け寄る。
そして互いの疑問は良く観察すれば分かるものだった。

「えへへ〜、そうだよ。彼に呼ばれてさ・・・初水着披露なんだよね♪」
「はいはい。ご馳走様。」
「むぅ〜・・・ナディだって彼氏つくんなよ? 今までの価値観かわるよ?」
にへらっ、として口にだらしなく涎を垂らしそうなほど崩れた顔のミーディアに対して冷めた目で少し冷たくなるナディアント。
その反応に今度はムスー、っとして頬を膨らますミーディア。・・・・正直にいうと、かわいい。

「彼氏・・・ねぇ? うーん・・・ビビッとこないのよねぇ・・・」
「あ、ソレ分かる。私も彼に会うまでは今のナディと同じだったもん。」
「・・・・まぁ、きっとそのうち見つかるんじゃない? それより・・・時間は大丈夫なの?」
運命的な出会いを期待する恋する(しようとしている)乙女達は互いに首を「うんうん。」縦にふる。
ふと「あ。」とでも言うような顔になったナディアントが図書館前の広場に高々と掲げてある柱時計に目をやると結構な時間が過ぎていることが分かりすぐさまミーディアに話題を止めて注意をする。

「げぇぇっ!? 遅刻するっ!??」
そういった彼女はコカトリス顔負けのダッシュでプール(学校)方向へ走り出した。
・・・数秒で見えなくなった。

「はぁ・・・相変わらずの体力バカなのね。ミーディアは。」
溜息一つと親友が起こした風で舞う髪を押さえて呆れ顔のナディアントだった。

「・・・私だって恋したいのよっ」
そういうと顔を顰めてしまった。

「はぁ、帰ろう。」
と、しょんぼりして俯いたまま歩き出したナデイアント。

前を見ないと危ないわけで?



ドンッ



「わわわっ!?」
「きゃっ!?」
声を聞くに男の子のようだ。ともかくその子と勢い良くぶつかってしまったナディアントは後ろに尻餅をついて倒れてしまった。

「っつぅ〜〜、す、すいませんっ! 大丈夫で・・・す・・・か・・・・っ!!!」

ピッシャァァーーンッッ!!

その時ナディアントに電撃走るっ!!

「いてて・・・だ、大丈夫で・・・す・・・っ!!」
そして少年にも落ちたようだ。


((や、やばいタイプだ・・・・ど、どう話そうか・・・っ!?))


思考も一緒とは・・・
恋は突然にやってくる、とは言うが・・・

そのまま互いに見詰め合っていると?


「ねぇ? あの人ら恥ずかしくないのかな?」(ヒソヒソ)
「さぁ? でもそういうプレイ中とか!?」(ヒソヒソ)
「てか早く進展しろよっ! もどかしいっ!」(ヒソヒソ)

・・・物凄い周りからヒソヒソ話が聞こえてきた。

「「・・・・・」」
2人は真っ赤になって俯いた。
でもこのままココにいては何かに目覚めてしまうと思ったナディアントは勇気を出して家に誘うことに。

「あ、あのっ」
「は、はいっ?!」
あたりが沈黙する。
空気を読む観客だった。

「(は、はずかしいっ!!)えっと、う、家にきませんか?」

ドヨッ! ザワッ!

「え、えっと・・・は、はい。」

男の子に対してエスコートの意味を篭めた質問に周りがざわめいた。
そして男の子の返事が肯定だった。

すると?



ワァーーーーーーーーーー!


「「っ?!」」
歓声が上がりそれに驚いた二人は周りを見ると・・・


「おめでとう! ・・・夜は激しくね!」
サキュバスのお姉さん。

「おめでとう! ・・・新たな公開プレイの境地をみたっ!」
アマゾネスの親子。

「あらあら、若いわねぇ〜・・・夫に強請ってみようかしら?」
ホルタウロスの配達員。

多種多様の魔物と人に周りを囲まれており物凄い人垣が出来ていた。
周りに気を使わないで自分の世界に浸った結果が・・・

「っ、い、いきましょう!?」
「え、は、はいッ!!」
恥ずかしさの余り急ぎその場を離脱する2人に後ろからは黄色い悲鳴と暖かな声援が送られていた。

やがて走っていた足を徐々に遅くしていき止った先はナディアントの自宅。

「どうぞ上がって。」
「え、は、はぁ・・・お邪魔します。」
少し落ち着いたナディアントとは裏腹に未だにドキドキしている少年。

「あ、そういえば名前聞いていなかったわね? 君の名前は? 」
「ぼ、僕はナユタといいます。」
「そう、私はナディアントよ。言いづらいでしょうからナディでかまわないわ。・・ふふ♪ そんなに固くならないでよ♪」
入り口を潜り三歩進み玄関を開けようとしたところでハッとなったナディアントは後ろに髪をフワッと浮かせながら振り返りお持ち帰りした少年に名前を聞いた。
その時、あまりにも綺麗過ぎて尚のこと緊張するナユタ。
それをみてクスクスと忍び笑うナディアント。

ガチャッ

すると独りでに玄関の扉が開くと?

「あら? ナディ今帰ってきたの?」
「あ、母さん。私ね彼s・・・」
「まぁ♪ 奴隷を捕まえたのね♪ 流石私達ダークエルフの娘ね♪」
薄く化粧をした身長がナディアントより握りこぶし一つ分背が高い母親が現れた。どこかへ出かけるのか外向けようの綺麗な黒いドレスをきていた。
そんな母親についでという感じで紹介しようとした矢先にナディアントは固まってしまった。

「じゃ、じゃあ私たちはコレで!」
「あら、ごめんなさい。じゃあ確りと調教するのよぉ!」
「・・・・・」
ドアノブを奪うように握り大きく玄関を開けて急ぎ中に入る2人にいらぬ後押しをする母。
ナユタは終始無言になって俯いていた。

そしてナディアントの部屋に駆け込んだ。

「はぁはぁ・・・ご、ごめんね・・・家の母親って未だにココになじめていないn」
「ナディは・・・僕を調教したいの?」
「そ、そんなこと・・・・ないともいえない・・・」
ドアを背にして自身をバリケードのようにして張り付く息の荒いナディアントをちょうど見上げるように座り込んでいたナユタ。
良く見れば中性的な顔をしており女の子にもみえなくないナユタ。
そしてその表情は怯えているが・・・何かに期待する瞳もあった。
ナディアントはなんともいえないその瞳にS心が揺らめいた。

「いいよ? 調教しても。」
「っ!」
「でも・・・痛いのはいやだよ?」

ナディはとても興奮した!
だが落ち着きを取り戻した。

「ちょ、ちょっと飲み物もってくるね?!」
「え、うん。」
そういうと飛び出すように部屋を出たナディァント。
その時のドアを閉める衝撃で机の上に積まれた本が雪崩を起こしてその一部がナユタの足元までやってきた。

「おっとと!? あぁ、片付けてあげよ・・・ぅん?」
崩れた本を纏めているときふと気になる本を数冊発見した。
その本を見たナユタは静かにニヤッと微笑んだ。

暫くすると戻ってきたナディアントの両手で持ったお盆にはカップ珈琲と少量のミルク、『大量の砂糖』が乗っていた。

・・・ナユタがソレを見たとき胸焼けが起こったのはいうまでもない。

ある程度飲みながら話をしていると段々2人の興奮のボルテージが上がっていってどちらからともなくキスを始めた。どうやら珈琲にもともとハニービーの蜜を混ぜていたようだ。

「アムッ・・チュチュッ・・・ジュル・・・っぷはぁっ! じゃあ、服脱いで♪」
「チュルル・・・レロッ・・・っぱぁ! はい・・・」
不気味なほど素直に従うナユタに何の違和感も持たないナディアントはナユタが脱ぎ終わるのを今か今かと待っていた。
そしてナユタが自分の下着に手を掛けて下ろした。

ビィン! ビクンビクン・・・

とても体とあわないであろう巨根がナディアントの興奮を煽り、視線を釘付けにした。

すると?

ガシッ!

「へっ? きゃぁっ!?」
なんとナディアントがベッドに押し倒された。

「ちょ、ちょっとなゆt・・・んんん!?」
「ッチュル…ッチュパッ・・・・レロレロ・・・・・ハムッ・・・・」
そしてそのままナユタは彼女の腰上に跨り両手を自身の両手で押さえて深い口付けをし始める。
最初は驚きに対して硬直していたナディアントだったがやはり魔性の性か段々と意識が蕩けていった。

「ッパァ・・・・っぱぁっ! ・・・えっ!? ちょ、ちょっと!? きゃぁぁっ!?」

びりびりびりぃぃ!

そしてナユタはキスを中断した。そのまま彼女の着ていた上着をブラごと破ってしまう!
するとどうだろう? 出てきたその大きな茶色肌に染まったおっぱいの頂点には薄いピンク色の突起がコレでもかと自己主張していた。

「キスだけで感じたの? ナディって変態なんだ?」

ゾクッゾクッ♪

「ち、違うわよ! ちょっとナユタをどう犯そうか考えていt ・・ひゃぁ!?」
自身を変態といわれたナディは底知れぬ高揚感が出てきたが本人は未だにそれがなんなのか分からないので唯たんに変態という言葉を跳ね返すだけだったがナユタは言い終わる前に乳首にしゃぶり付き愛撫を始める。
啄ばんで、舌で転がして、食いつき、歯で挟み、舌先で刺激して、口を離して、両手で只管揉む。
時に乱暴に、時に優しく。

コレをやられているナディアントは?

「あひゅん♪ あ、あぁぁ♪ だ、だめっ♪ くひぃ!? あ、甘噛みしないれぇぇ♪きゃぅん♪ おっぱい揉んじゃぃゃ〜♪」
眉尻を下げまくって口の端から涎を流し、体を時折数回痙攣させつつトロトロに蕩けた矯正を上げ続ける。

「・・・ふふっ♪ じゃあ僕のをご奉仕してもらおうか・・・なっ!!」
「ぅぶぅっ!? ・・・ンクッ・・アムゥ・・・ヂュルルルル・・・チュピチュピ・・・ジュルル・・・」
胸への愛撫が終わるとナユタは腰をナディアントの胸下にもって行きナディアントの首を両手で掴んで起こした状態で胸の谷間とナディアントの口をナユタの一物が貫いた。
最初はあまりの乱暴さに驚いたナディアントだったが何故か苦痛よりも幸福感が出てきていた。
そしてナユタのソレを愛おしく咥え込み自分の両手でおっぱいに力を加えてナユタが気持ちいいであろう動きを考えながら動いた。

ナユタは余り慣れていないナディアントのパイズリフェラを受けながら思った。

『計画通り♪』

と。なぜなら先ほど見つけた本数冊、あれらはすべて被虐思考の本だったからであり一緒に落ちていた日記には「苛めて欲しい」願望が赤裸々に書かれていた。

ならば自分は苛められるより苛めるのが好きなので・・・うまくいくかも?

という感じで考えた計画だったからだ。

「っくぅ・・・だすよ、ナディの口マンコにだすよっっ!!」
「っ! んぶぅ! んぶぅぅぅん!!」
何か抗議しているようだがときすでに遅し。

ビュクン! ビュルルルルっ!

「んっ!? ・・・んぐっ!・・・ん・・・んくっ・・・・♪」
涙目になって驚いていたナディアントだったが少しずつ嚥下していく。おいしそうに。しだいに目もトロ〜ッとさせながら。

「はぁはぁ・・・気持ちよかったよ、ナディ♪」
ポンポンと頭を撫でるナユタに対してナディアントは精子を飲みながら目を細めて嬉しそうに微笑んだ様に見える。
やがて嚥下し終えたナディアントがナユタに対してこういった。

「ンクッ…ぷぁ! ・・・・出すなら、さ? ・・・・し、下のお口に頂戴よ・・・ばかぁ・・・」
「・・・よしきたっ!」
「うぇっ!? きゃっ!? ・・・・っ!! も、もう回復しているの???」
ナユタはその恥らう表情を見て萎えかけたモノが一気に燃え上がった。
そして腰をナディアントの足の付け根辺りに素早くスライドさせナディアントの両足をナユタの腰横に伸ばせて正常位の体位にした。
あまりの早業と早立ちに驚くナディアントに対してユナタは?

「だってナディアントが可愛過ぎるからいけないんだよ!」
真顔で言い放つナユタに林檎並みに真っ赤になりながら両手で顔を隠してしまったナディアント。

そして?

「・・・は、初めてだから・・・や、やさしくして・・・ね?」
と左右の人差し指と中指の部分だけパカッと割れたところから上目遣いでナディアントがお願いをした。
勿論ナユタはこれを見て大興奮した。

「よしきたっ! ・・・・いくよ?」
「(・・・コクン)」
そして互いの凸と凹がゆっくりと合わさり先っぽがナディに進入した。

メリッ・・・メリメリッ・・・・

「あくぅっ! ナユ・・・タっ!」
痛みで顔を顰めたナディアントは涙目になりながらナユタに向けて両手を伸ばした。
すぐにソレを理解したナユタはナディアントの足を持っていた手をすぐにナディアントの手に握り変えた。
安心させるようにゆっくりと力を篭めて、でも傷つけさせない程度で。
互いの両の手を握りナディアントをナユタが見つめる。するとナディアントも決意してこういった。

「・・・一気に・・・してッ!」
ナユタは一度頷くと一度腰を引いて一気にナディアントを貫いた!

メリメリッ・・・・プチュンッ!

「っあ゛あ゛ぁぁ!! ・・・・っひぐっ・・・なゆ・・・た・・・・ひぐっ・・・」
かなりの激痛のようでナユタと握った手に爪が食い込むほど力を篭めて痛みに耐えているナディアント。その目には大粒の涙がありしきりに愛おしい人の名をよんでいた。

「大丈夫、大丈夫だよ。だから落ち着いて、ね?」
「ヒグッ・・・う、うん・・・エグッ・・・ちょっと・・・落ち着かせて・・・ッグッ…」
一体何分立ったろうか・・・繋ぎ目からは赤い処女であった証が流れてシーツを愛液と共に未だに濡らしていた。

そしてナディアントが暫くして・・・

「・・・も、もう動いて・・・いいよ・・」
「え、あ、うん。・・・無理はしないでね?」
ナディアントの声により再び開始される交わりは先ほどまでの動きとは違いゆっくりと緩慢な動きであった。

「っくぅ♪」
「痛いか? ナディ?」
「うぅん・・・気持ちいいの♪ もっと早く動いて、ナユタ。」
そういわれれば動くしかないナユタは腰の動きをどんどん早くする。

「あぁん♪ あぃ♪ いいのぉ♪ もっとぉ♪ かりくびぃぃ♪ ごしごししてぇぇ♪」
「うおっ?! な、なんという締め付けっ!?」
本当にさっきまで処女だったのですか、と言いたくなるくらい扇情的な嬌声を出してカンじまくってるナディアントに驚きを隠せないでいたナユタ。その締め付けに腰が砕けそうになるも必死で耐える。

が、限界はやってくるもので。

「あっ♪ あはぁ♪ お、おちんちん♪ ビクビクッ♪ してりゅ♪ いくのぉ♪」
「う、うん! い、いきそう、だよっ!」
「ぁん♪ わたし、もぉ♪ いきそうぅ♪ い、いっしょにぃ♪ いきゅのぉぉ♪」
イク宣言をしたナディアントは伸ばしたままだった足を絡ませてナユタを思い切り足で締め付ける。俗に言う『だいしゅきホールド』で。
そしてナディアントの中もナユタの精子の発射をキュウキュウ更に締め付けて絶頂を促していた。
勿論そんな中耐えられるはずも無くナユタは陥落した。

「だ、だすぞっ!! 」
「なかにぃ♪ にゃかにぃ〜せいしドピュドピュしちぇ〜♪」
もう呂律が回らないナディアントは止めと外だしはさせまいと一際強く足を締め付ける。そして一番深く繋がったとき、ナユタは爆発した。

ドプン! ゴプゴプゴプッ!

「っぁぁ♪ しぇいし♪ いっぱいぃきちゃ〜♪ ふぅぅぅんんんっっ♪」
ほぼ同時にイッタ2人。ナユタはだらしなく口を開けて天井を見ているのに対してナディアントは快楽に抗うかのように口を噤み大声を殺すようにしてエビゾリにになってソレを享受していた。

「・・・・ナディ。」
「・・・・ナユタ。」
暫くして意識がはっきりした2人は互いの唇を求め合い貪っていた。

「っぱぁ!・・・もう一回やろっか?」
「っぱぁ!・・・うん♪」





結局この交わりは朝方にナディの母親が帰ってくるまで続いたのであった。

【完】

自分の欲望に正直になるとこんな結果だよっ!

どうも。モチベーションが上がらなくて作品が書きにくくなっているjackryですww

今回はマゾ気味のダークエルフというリクだったのですが・・・
うぅ・・・なんかリクどうり言ったか不安です。

いかがでしょうか?(´・ω・`)

11/08/17 13:43 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33