読切小説
[TOP]
素直になれなくて…… なりたくて……
「いるんでしょ。お願い。お願いだから話し合おう…… 」

玄関ドアの向こうから悲痛な声が響き渡る。
わたしは俯いて座り込む。心を切り裂くようなその声を聞くまいと耳を塞いだ。

「小夜ちゃん。なんでなの。どうして何も言わないでいなくなっちゃったの…… 」

外からは激しい雨音が聞こえる。
カーテンを締め切った暗い部屋の中、わたしはただ座り込む。
今にも泣きそうな彼の声。耐え切れずに何度も首を左右に振り続けた。

「ねえ小夜ちゃん。俺が嫌いになったのならそう言って。大嫌いだ。そんな顔二度と見たくない。そう言ってさえくれれば諦められるから…… 」

何かを諦める様な絶望的な声。もう耐えきれなかった。

「お願いもう帰って…… わたしに構わないで! 」

自分の上ずった叫び声を耳にしながら、いやでもあの頃を思い出した……

















魔物娘と呼ばれる存在が、当たり前のように人間と暮らすようになって、いったいどれだけの月日が経ったのだろうか。
当初は衝突や紛争も起こったらしいけど、それは歴史上のことにすぎない。
今では人と魔は共存共栄の間柄だ。

わたしも一人の魔物娘として、ドアの向こうにいる彼とはずっと一緒に過ごしてきた。
ほんとうに優しい子。優しくて思いやりがあって、そしてわたしのことを誰より慕ってくれる。とっても可愛い子……

当然いつしか幼なじみ以上になり、そして友達以上にもなっていった。
本当に幸いなことに告白も彼からしてくれて、天にも昇る気持ちだった。
嬉しい…… 彼とはこの先もずっと一緒に生きていこう。何度そう思っただろう。

でも…… できなかった。

わたしは自分の体を見つめる。
そこには異様に多くの節と足を持つ長く伸びた下半身があった。上半身には毒々しい色の筋が走り、無数の足は波のようにうごめいている。

そう。これがわたし。大百足という魔物娘。異形の体を持つ醜い存在……
湧き起こる嫌悪感を抑えきれず唇を噛む。
魔物娘は当たり前の存在にはなったけど、わたしみたいのは……ダメだろう。

ああ…… なんでわたしサキュバスさんに生まれなかったんだろう。
スタイル抜群のエロい体のサキュバスさんは大人気だ。

下半身が人間っぽくなくてもラミアさんだったらよかったのにな。
艶めかしい蛇の下半身を持つ彼女達は根強いファンが多い。

みんな自分たちが魔物だということを気にもせず、人間達と睦み合っている。
みんな大好きなひとと一緒になっている。
それなのにこのわたしはこんなに不気味な体でこんなに禍々しい色で……そして何よりこんな情けないうじうじとした性格で……

だめ。こんな醜いわたしじゃ彼と一緒になんかなれない……
狂ったように何度も何度も首を振る。

本当のわたしを知られれば彼に嫌われちゃう。絶対に嫌われちゃう。
でも好き。大好き。とても気持ちを抑えきれない。いつか無理矢理彼を襲っちゃう。
けれど、それでいいの?そんなことで彼を幸せに出来るの?
こんなわたしと一緒で彼を幸せに出来るの?

無理よ。絶対に……

うちの父母はとても仲良く、素敵な夫婦だったけど、静かにひっそり生きてきた。
母も周囲には大百足であることを隠しており、私みたいのは表に出ちゃいけないとよく言っていた

ふたりとも諦めちゃダメだ。私たちも力を貸すからと励ましてくれたけど、空虚な言葉にしか聞こえなかった。
父さん母さんは運が良かっただけ。わたしには絶対に無理だ。と。

もういい。消えよう。このままじゃお互い不幸になる。消えて一切を忘れよう。
長い間の懊悩の末、わたしは人知れず故郷から……彼のもとから去って行った。

見知らぬ街でわたしは隠れて生きてきた。もう誰とも関わるつもりは無かった。
わたしは誰を愛しても、(万が一にも無いだろうけど)愛されてもいけない。
このまま静かに滅びていかなければならない……

いつしかこんな生活にも慣れてきたのに。それなのに、彼はわたしを探し出した。
いまもドアの前でわたしに呼びかけている。
その懐かしい声でわたしの心を揺さぶっている。
まだくすぶり続けている気持ちを燃え上がらせようとしている。

ああ…… なんでなの……

いつしかわたしは両手で顔を覆い、苦悶の声を上げていた。
暗い衝動に身を任せて声を上げ続ける。
声に気が付いたのか、ドアの向こうにいる彼が気づかってくれた。

「小夜ちゃんどうしたの。大丈夫?」

「いいから帰って! 放っておいて! 」

「そんなことできるわけ無い!」

わたしの叫びを打ち消すような強い声が聞こえる。
 
「小夜ちゃんがこんなに苦しそうにしてるのに、それなのに放っておける訳ないじゃないか…… 」
  
「…… 」

言葉を失うわたしに、彼は優しく語り出した。

「ねえ。小夜ちゃんはずっと俺と一緒にいてくれて、困ったときや苦しいときはいつだって力を貸してくれたね。俺が遠慮すると、わたし達は家族同然なんだからそんなこというなって言ってくれたね。」

「タカくん…… 」

わたしは心から渇望する人の名を呼んでいた。

「俺だって小夜ちゃんとは家族のつもりなんだから、できることは何でもするよ。あ、でも小夜ちゃんがもう家族なんかじゃないっていうなら、俺は、このまま…… 」

タカくんはためらいがちに言う。
その言葉を最後まで聞くのが怖い。諦めたつもりだけど聞くのが怖い……
わたしは思わず声をあげていた。

「待って。わかったから…… とりあえずあがって。 」

わたしは精神を集中し、人化の術を発動させると、ひとの姿を身にまとう。
深い溜息をつくと目の前の重苦しいドアに手をかけた。
ガチャリと音がしてドアが開かれ、雨音がよりいっそう大きく響きわたる。
目の前には幾度となく夢見てきた愛しい人の姿があった。

















「小夜ちゃん。俺…… 」

「いいのよ。適当に座って。」

「ん…… 」

遠慮がちに周囲を見回してるタカくんに、わたしは座布団を差し出した。

「何か飲む?」

「ううん…… 」

わたしがそのまま畳の上に座ると。タカくんも対面の場所に腰を下ろした。

「…… 」

「…… 」

わたしたちは無言で見つめ合っている。相変わらす激しい雨音も響いている。
タカくんは何か言おうとしてるみたいだけど、言葉が出てこないみたいだ。
さっきまでの雄弁さが嘘みたい。

でも、何年か会わないうちにタカくんますます素敵になってるな。
幼さを感じさせていた顔は引き締まり、大人びた雰囲気を醸し出している。
優しい眼差しは昔のままだけど、そこには凜とした強さも感じさせる。
姉ちゃん姉ちゃんってくっついていた昔が嘘のよう。

タカくんたくましくなったな…… ついつい微笑ましくなる。
でも、そんな想いに耽る間もなかった。
いつしか彼からかぐわしい香りが漂ってきて、わたしを取り巻いたから。

魔物娘にしかわからない、生涯を共にするべき男から生じる魅惑の香り……

その香りは嗅覚が麻痺するほど強く香り。凍り付いた心を溶かそうとしている。
わたしを魔物娘の本能のままに動かそうとしている。
ああ…… なんて心地よいの。こんないい匂いのタカくん滅茶苦茶にしたい。
思う存分犯して犯されて毒液を注ぎ込んで精を注がれて彼の子を孕んでそれで……

ダメ!そんなのいけない!

想いが溢れ出そうになる寸前。わたしはなんとか意識を保ち、欲望を抑え込んだ。
このままじゃダメだ。タカくんに酷いことしちゃう。タカくんに嫌われちゃう。タカくんに醜いわたしを知られちゃう。そんなの、嫌だ!

「小夜ちゃん。あの…… 」

「まって。わたしから言うわ。」

私の異様な様子を察したのだろうか。タカくんが口を開こうとしたが強引に割り込む。
驚いた様子の彼を無視して言葉を続けた。

「あのね、タカくん。何を言うにしてもまずはこれを見てからにして…… 」

わたしは冷たく言い放つと静かに立ち上がった。
もういい。こうするしかない。とっくにわかり切っていた事じゃない。
タカくんに酷いことしちゃうぐらいなら。そんなことするぐらいなら……

わたしは目をつぶり呪文を呟くと、この身を縛り付けている人化の術を打ち消した。
その途端、抑え込まれていた力が一気に解放される。
窮屈に縮こまっていた肉がむくむくと膨れ上がり、着ていた服は破れ裂ける。
体は地を這うように伸び、あまたの節と足を作る。
頭には2本の触手。上半身には禍々しい模様の毒腺が刻まれていく……

「うああああああっ!」

わが身に満ちる力を抑えきれず、気が付く間もなくわたしは吠えていた。
思い切り手と背筋を伸ばし無数の足をうごめかせる。

大百足。いつわりのない、でも憎むべきわたしの姿がそこに完成した。

「小夜ちゃん…… 君は。」

タカくんの呆然とした声が聞こえたけど、わたしは彼を見る事ができない。
そんなことできるわけない。
彼から目を背けて、無理やり絞り出すように声を発した。

「わかったでしょ。わたしは魔物娘。大百足という種族なの。見てのとおりの……化け物だから…… タカくんと一緒にいる事なんか、できないよ。」

タカくんは何も言わない。相変わらず聞こえる雨音。

「ね。だからもうここには来ないで。わたしのことなんか忘れて。きみにふさわしい素敵な子を見つけなさい…… 」

言葉を終えたわたしは、同時に彼とのすべてが終わった事も悟った。
ため息をついておそるおそる顔を上げようとする。
最後に彼の顔をこの目に焼き付けようとする。
見たくない。彼が私を見て蔑み、怯えて、恐れている顔なんて。そんなの見たくない。

でも、それでいい。彼の嫌悪感に満ちた顔を見ればあきらめがつく。未練を断ち切ることが出来る……

「嫌だよ。小夜ちゃんは小夜ちゃんだから。とっても綺麗なのに。」

「え…… 」

その時、タカくんの朗々とした声が響き渡る。あまりにも予想外の言葉に私も反射的に顔を上げてしまった。

ああ…… こんな。こんなことありえない。あるはずがない……

目の前にあったのはいつもの穏やかな眼差しのタカくんだった。
タカくんは優しく微笑むと静かに私の手を取った。

「ちょっと待ちなさい!こんなことしちゃダメだから。」

慌てる私にかまわずにタカくんはそっと手を握ってくれた。

「ううん。だって小夜ちゃん可愛いんだもん。もっとこうしていたいよ。」

「タカくん…… 」

「小夜ちゃんは素敵で綺麗で魅力的で、いつまでもずっと一緒に居たいから。家族になりたいから。」

タカくんはわたしをぎゅっと抱きしめてくれた。温かい。タカくんがすごく温かい。
温かくて心地よくて蕩けそう。ああ。わたしバカなことしてたかな……

「つらかったね小夜ちゃん。もう大丈夫だから…… 」

タカくんは労るように言ってくれると優しく頭を撫でてくれた。
もういいや。タカくんを抱きしめよう。今までの分までずっと抱きしめていよう。
ごめんなさいしてきみのことが大大大好きって言おう。
わたしは両腕を広げて、タカくんをぎゅってしようとした。

「うっ…… 」

見たくないものが目に入り、わたしは呻き声をあげる。
嫌でも目に入る。私の腕に走る黒々とした筋。大百足の証である忌まわしい毒腺が……

そうだ。何夢見ていたんだろ。

逃れられるわけがないじゃない。
わたしがわたしである限り、大百足である定めからは逃れられない。

駄目…… ダメ。絶対に……

「嘘よっ!きれいごとはやめてっ! 」

わたしは刺々しい声で叫んでいた。

「全っ然信じられない。どうせわたしを憐れんでるんでしょう?心にもない事言ってるんでしょう!」

「そんなこと無い!」

「いいえ。あるわ!わたしは大百足なのよ。わかってるの?わたしはきみを犯したいだけの醜い化け物なのよ!」

わたしは彼を長い体で拘束するとしっかりと締め上げた。

「ぐっ!」

呻き声をあげるタカくんを無視して、尻尾の先端の顎肢を目の前に突きつける。

「ふふっ。この顎を君に突き立ててね。毒をいやってほど注ぎ込んで無理矢理発情させてね。君が壊れてもボロボロの廃人になっても、ずっとずっと犯し続けてやる。」

タカくんは言葉も出せずに苦悶の表情を浮かべてた。
そんな様子を見てると嗜虐的な興奮が抑えきれなくなる。
ああ。苦しんでるのはタカくんなのに。心から想う人なのに。わたしって、醜い……

「ねえ。苦しいでしょ?怖いでしょ?私の事軽蔑したでしょ?いいのよ。大嫌いだ。お前みたいな化け物絶交だって言いなさいよ。そうすれば逃がしてやるから。ねえ。どうなのよ?何とか言いなさいよっ!」

わたしはどろどろとした想いを吐き捨てると、さらにタカくんを締め付けた。

「そ……そんなことできるわけないって、いっただろ…… だって、小夜ちゃん、泣いてるんだよ。泣いている小夜ちゃんほっておける訳……ないじゃ、ないか…… 」

「えっ…… 」

息絶え絶えに発したタカくんの言葉に愕然とした。
思わず手をやれば涙で濡れた頬。

「俺の事家族って言ってくれただろ。家族なんだから……小夜ちゃんの力にならせてよ…… 」

タカくんは微笑んでいた。その切ない笑みを見た瞬間、何かが決壊するのを感じた。
力が抜けたわたしはその場にへたり込み、いつしか泣き声を上げていた。
拘束から抜け出したタカくんが、そんなわたしを優しく慰めてくれる。
雨音はいつまでもいつまでも止まなかった。

















「ごめんね…… ごめんね…… タカくんごめんね。 」

「大丈夫。俺は大丈夫だから!」

あれから落ち着いたわたしだが、タカくんに何度も何度も謝っている
彼には先ほどきつく締め付けた跡がはっきりと残ってしまっていた。
大好きなひとにあんな酷いことしてしまうなんて、わたしは、馬鹿だ…… 

「ううん。全部わたしが悪いの。本当にごめんなさい。 」 

タカくんに申し訳なくてわたしはもう一度頭を下げた。

「全然痛くないし本当に大丈夫だから。もういいんだって。」

「ほんと? お願いだから我慢しないで言ってね。なんでもするから。」

わたしの言葉に彼は悪戯っぽく微笑んだ。

「えーと。それじゃあまたさっきみたいにぐるぐる巻きにして欲しいな。なんか温かくて良さそうじゃない?」

タカくんの温かい言葉に目を潤ませてしまう。ほんとはわたしだって彼をぐるぐる巻きにしたい。そのままずっといたい。

「ありがとう。」

彼に恐る恐る体を触れさせる。乱暴にしないよう気をつけてそっと巻き付けた。

「ん〜。やっぱり温かい。気持ちいいよ…… 」

タカくんうっとりしてわたしに身を預けてくれる。
わたしのこの醜い体を受け入れてくれてる。嬉しいし、ほんと、可愛い。
そういうわたしにも彼の体温が伝わってきて心地よい。
かぐわしい香りもますます強くなって蕩けそうになる。

「タカくん…… 」

そのままタカくんをぐるぐる巻きにして、優しく柔らかく包み込んだ。
ぎゅって抱きしめると、心に温かいものが満ちてとっても幸せ。

「タカくん…… 」

「ん、小夜ちゃん…… 」

「タカくん…… 」

「小夜ちゃん…… 」

お互いに抱き合い名前を呼び合って微笑み合う。こんな事ずっと夢見てきた

「タ〜カくん。えい!」

「ちょ、ちょっと。それダメだって! 」

可愛すぎて頬をすりすりすると、タカくんはくすぐったそうにする。
そんなしぐさをみるのも久しぶりでますます可愛くなる。
ああ。ずっとこうしていたい。こんな甘い日々をずっと過ごしたい。
ううん。もうダメ。したいじゃない。するしかない。
でも、ほんとにそれでいいの? 

もしタカくんがこれ以上わたしに優しくしてくれるのなら、わたしは彼の優しさにつけ込んでしまう。タカくんを永遠に縛り付けてしまう……
わたしは一つ溜息をつくと、これが最後だよいわんばかりに語り出した。

「ねえ。わたし我慢できなさそう。このままずっとこうしているよ。もうタカくんを離さない。ずっとタカくんをぎゅっとしてる。ずっとずっと抱きしめてる。そうしないと気が済まないの。もし嫌ならそう言って。」

「俺だって小夜ちゃんとこうしていたいのに。」

「ほんと? 今ならまだ間に合うよ。さっき言ったみたいなひどい事は絶対にしないけど、タカくん抱きしめてずっとおうちに閉じこもりっぱなしとかはあり得るんだよ? それ以上の事だってしちゃうかもよ? もしこんなわたしじゃ嫌だっていうなら、気が変わったのなら…… 」

わたしはタカくんから目を背けていた。
外から聞こえる雨音に合わせるように、自分の暗い思いをうじうじと吐き続ける。

「もう。小夜ちゃん!」

タカくんは叱るような声を上げると、わたしの頭を抱く。
その途端、彼の唇がそっとわたしの唇に触れられた。

「えっ…… 」

「これが俺の答え。かな。」

あまりに突然のことで何も言えない。
っていうか何をされたかすらよくわかっていなかったと思う。
それはわたしだって魔物娘なので、タカくんとあんなことしたいこんなことしたいは、暗記するほど予習済みだったんだけど。

「前に小夜ちゃんに言った事。もう一度言わせて。俺は君と家族になりたい。家族になってずっと一緒に生きていきたい。」

タカくんはわたしの目を見てはっきり言ってくれた。以前言ってくれた告白の言葉を。
でも、今回のタカくんはわたしが大百足と知ったうえで言ってくれた。
そう。こんなわたしがいいって言ってくれたんだ……

「ええと、あの。タカくん。あの時はそれで終わっちゃったけど。それってつまり 」

とっても嬉しいんだけど、でも、なんか不安で念押しするわたしに、タカくんは微笑んでうなずいてくれた。

「うん。結婚して欲しい。二度と離れないように小夜ちゃんにぐるぐる巻きにされたい。君がいなくなって寂しい思いは二度としたくないんだ。 」

タカくんはもういちど私にキスしてくれた。
今度ははっきりとわかる。彼の柔らかい唇の感触。
それを意識するると同時に、なぜか強い快感と高揚感で頭の中がいっぱいになった。
心の中が沸騰するように熱くなり、つまらない拘りや歪んだ思いが溶けていく……

こんな簡単な事だったのに。わたしはなんてバカな頑固者だったんだろう……
沸き上がる想いが言葉となってあふれ出た。

「うん。わたしも一緒に居たい。タカくんと結婚して一緒に居たい。もう我慢なんかしないよ。タカくんにたっぷり中出しセックスして孕ませてもらって、たくさん子供作ってずっとずっと幸せになるんだから!」

唖然とした顔で顔を赤らめるタカくんが可愛い。わたしは彼をためらわず拘束する。
長い体を巻き付け、両腕でしっかりと抱きしめた。

「好き。大好き。タカくん大好き。本当に大好き。一番大好き。もう離さない大好き。絶対に大好きずっとずっと一緒…… 」

パパとキスしてるとなぜかすごく興奮するの。母から聞いた言葉を思い出しながら、わたしはタカくんを胸に抱いて愛の言葉をささやき続けた。

「う…… うん。俺も大好きだから小夜ちゃん落ち着いて…… 」

タカくんが驚いてわたしをなだめてるけどそんな言葉耳に入らない。

「大好き。タカくん…… 」

「あっ、小夜……ちゃん。 」

暴発しそうな想いは抑えきれなかった。
タカくんの首筋に口づけすると、そっと歯を立て、欲望のままに甘い毒を注ぎ込む。
わたしたちはいつしか一つになり、甘い交わりに溺れていた。



















「あの。小夜ちゃん。今さらだけどこれからよろしく。」

「はい。こちらこそよろしくお願いします。」

ずっと抱擁しあってたけど、急に頭を下げてはにかむタカくんだ。
わたしも神妙に頭を下げた。わたしたちは互いの姿を見て微笑みあう。

あれからタカくんとはずっと一つになり続けた。蕩けるような心地よい時間。
もう絶対に離れられないな。そのことは改めて自覚する。
タカくんに後悔だけはさせない。何があっても……
わたしがつい険しい顔をしてしまうと、タカくんが陽気に話しかけてきた。

「あ、ほら!いつのまにか雨止んだんだね。」

彼が指さしたほうを見れば、陽光がカーテンの隙間から差し込んでいた。

「ほんとだ。」

わたしたちは起き上がると重い遮光カーテンを一気に開ける。
その途端、日差しが差し込み、部屋はまぶしい光で満ち溢れた。
わたしは窓の外に広がる大空に目をやる。
昨日までの曇天とは打って変わった清々しい空の色。

「ほらタカくん、空があんなに…… 」

感動を抑えきれずに声を上げると、タカくんもうなずいた。

「そうだね…… 」

季節外れの空は青く澄み渡り、どこまでも高かった。













18/06/17 10:52更新 / オダギジョ ・ リー

■作者メッセージ
少々こじらせてる大百足ちゃんって可愛くないですか?元気づけてよしよししたいです。

今回もご覧下さりありがとうございます!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33