『仕事よりも・・・』



それはいつもの朝。
コカトリスさんの悲鳴と走り出す地面の擦り音とセイレーンさんの朝の唄が聞こえてくる。

しかし・・・・

「・・・えっ? な、なんで・・・なんで枕が・・・・」




『僕の倍以上にでかいんだぁぁーーーー!!』




その日、彼の欠伸代わりの第一声がコレだった。
自分より大きくなった枕の上でアタフタしている彼の慌てようを上から見ている視線があった。
その様相はというと・・・

フェアリーのようなサイズと羽。
サハギンと似たような服。
オーガやアカオニの様なツノ。

・・・諸兄らはおわかりであろうか?

「きゃははっ! やっぱりカイのリアクションは面白いわぁ! ぷくくくっ・・・」
「っ!! なっ、お前かっ? ウィナぁぁっ!」
カイと呼ばれた青年は怒りを露にして腕を振り上げて感情を主張するも、その行動を見て更に笑いが止まらなくなるウィナと呼ばれた彼女。

「くっそぉぅ・・・この頃毎日じゃないかっ! いい加減やめてくれよっ! 毎回大変なんだぞっ」
「いいじゃな〜い♪ 滅多にできない体験をほぼ毎日出来るんだから♪」
「くっ、あぁ言えばこう言う・・・・っ」
カイは苦情を言うもサラリとイイ笑顔で流され、さらにはニヒルスマイルでもって皮肉を上乗せするウィナ。
カイは毎回の事ながらグゥの音も出ないのであった。

「だけどもう流石に職場へ遅刻するのは・・・」
「いいじゃない♪」
するとスゥーッ、とカイのもとへ降りてくるウィナ。
ポスッと小気味良い音をさせて着地した。

「ぅぅ、毎回起きたらウィナと同じサイズって・・・なんか変な気分。」
「きゃははっ♪ その顔いいっ!」
今度は面と向かって笑われた。

「んで、またヤんなきゃならないのか・・・」
「そんなに・・・嫌?」
ハァ、と一つ溜息をしてサラッと流しジトッとした目でウィナを見るカイ。
そのカイの表情を見てハッとなったウイナは笑いが止んで、今度は不安げな目でカイを見つめる。

「・・・嫌だったらそもそもしないよ。・・・今日こそは言わせてよ。」
「な、なにを?」
カイは首を左右にフルフルと振って目をしっかりと開けてウィナをジッと見つめる。
その迫力に一歩後ずさるウィナ。



「幼馴染じゃなくて・・・恋人にしてよ? ウィナ。」
「っ!! ・・・な、ななな、何言ってっ・・・」
顔が徐々に林檎の、否。それを通り越して夕日のように赤くなってしまったウィナ。

「だってウィナってさ、毎回言おうとする度に犯すんだから・・・こ、告白ぐらい・・・い、言わせろって・・・」
「・・・っ・・・・・っっ・・・!」
つられてカァーーッ、と赤くなるカイ。
そして二人とも俯いてしまった・・・

「・・・こ、恋人として・・・考えてやらなくも・・・ないよ?」
どもりながら視線を斜め下にずらして喋ったウィナはそのまま黙ってしまった。

「・・ぷっ。それって・・・イエスだろっ?」
そのウィナの表情を垣間見て噴出してクスクスと笑うカイ。

「っ! ば、ばか・・・・」
「じゃあ・・・初めての繋がりだね。恋人として。」
もうコレ以上ないくらい赤くなったウィナにさっきの意趣返しと言わんばかりのニヒルスマイルになるカイ。

「・・・調子のるなっ・・・ンッ・・・」
「ははっ・・・ンッ・・・」
そしてそれに耐えかねたウィナがキスという口封じをカイに敢行し、カイもそれに甘んじた。

・・・そして二人は幼馴染としてでなく恋人として新たに繋がっていったのであった。

・・・・・・・・・・

・・・・・

・・・

「・・・んで結局今日も仕事が・・・」
「・・・えへへ♪」
事後の余韻に浸るウィナとは対象的にカイは物凄く憂いのある表情をしていた。

「もう流石に部長とか、副部長がくるんじゃないかな・・・」
「大丈夫でしょ? ・・・それより♪」
抱きつく力を更に強めて下からキラキラ目線でカイに何かを訴えるウィナ。

「・・・はぁ、わかった。『また』付き合うよ・・・はぁ・・・」
「よぅし♪ そうこなくっちゃ♪」
その視線に根負けして一体何度目かわからない『お付き合い』にカイは溜息を持って、少し意気消沈しつつも顔は微かに笑っていた。

対してウィナも一番いい笑顔で答える。それだけで、どれだけ嬉しいかがわかるくらいにニッと笑う。

「・・・の前に戻してくれない? 」
「おっと、ゴメンゴメン♪」
やがてカイはもとの大きさに戻るとクローゼットから服を取り、着こんで外出の準備をする。
やがて準備が整い玄関近くまで行くとウィナが直ぐ近く、いやカイの肩の上にパタパタと飛んで来てチョコン座るウィナ。

「やっぱり昔から変わんないね。・・・うん。やっぱりこれが一番落ち着くや。・・・ね? ウィナ?」
「う、うるさいっ! ・・・・・・・ばかっ・・・」
「えっ? なんか言ったかい?」
ウィナに対してニッと微笑むカイに対してそういうとプイッ、とそっぽを向いて赤くなり頬を膨らませてしまったウィナ。
・・・ウィナの最後の呟きは聞こえなかったようだ。

「さて、と。今日は何処行きたいんだい? ウィナ。」
「えっとね、今日は・・・」

二人は互いにニコニコと微笑みあいながら家を出た。







が。そうは問屋がおろさない。





ガチャッ・・・





「・・・タイミングばっちりだな・・・」
「げぇっ!? ハジメ部長っ!?」
「うぇっ!? ラスターっ!?」
玄関を開けた瞬間、目の前には今まさに扉を開けようとした格好で止まるカイの上司であるハジメ・ロッカード警備部部長と、その横でニッコリと笑顔だが黒いオーラが漂っているハジメの妻の一人であるウィナの上司であるラスター副部長が腕を組んで立っていらっしゃった。

「フフ・・・カイ? ウィナ? これで遅刻と無断欠勤は何度目かな?」
笑顔なのに笑っていないラスターは背景からゴゴゴッ、とでも聞こえそうだ。

「まぁ、そのぉ・・・なんだ。ピクシーのウィナ君を幼馴染から一歩関係を進ませたいというのは・・・まぁ分からないでもないが・・・仕事はきちんとしろっ、といいにきたんだが・・・」
左手を腰に手をあて、困った顔をして右手で頬をポリポリと掻くハジメ。

「と言うわけで。・・・・カイ。あとウィナ。」
『は、はひぃぃぃ!?』

ビシッ、と直ぐに直立になり命令待ちの状態になるカイ。
そしてカイの肩の上で同じように直立になるウィナ。
その状態のカイ達へ死刑宣告するラスター。







「カイ。二週間休みなしで護衛任務行って来い。あ、拒否権はないからな? ついでにウィナはカイの無断欠勤の原因作ったから罰として警備部で2週間雑用な。・・・イイヨナ?」


『は、はぃぃッッ!!』


この日より二週間、お互いに身体が真っ白になるまで働かされたとか・・・







教訓:仕事はきちんとこなしましょうっ!!

【完】

仕事はきちんとこなしましょうww

どうもjackryです。
CGI復帰後に即投稿ww

いかがだったでしょうか?(´・ω・`)

11/07/27 02:34 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33