読切小説
[TOP]
ある日の朝
「ん……」

まだ日も登っていない早朝の薄暗闇の中、私は寝室に置かれた二人用サイズのベッドの上で目を覚ました。
よくよく自分の「妻」兼「使用人」という立場を考えてみれば、これはあまりよろしくないことなのかもしれない。当然ながら、愛すべきご主人様が目覚めるまでに朝の家事をこなし、最高の目覚めを提供する準備がある自分の起床時間と、彼のそれにはあまりにも差があるのだから。
――でも、この幸せそうな寝顔を、目覚めと共に見ることができる。それは私を動かす大切な原動力の一つだ。
この寝顔を、もっと幸せなものにしてあげたい。いや、私がしてみせる。毎朝繰り返しても褪せる事のない、誓いの儀式。
その気持ちは今日も変わらない事を確認して、心の中で呟いた。

おはようございます、ご主人様。




―――――――――――――――――――――




ご主人様を起こさないように寝室から出た私は、まず別室で自分の外見を整えます。
こんなに早く起きるのは、主にこの時間を確保するため。どんなにサービスが完璧だったとしても、それに身だしなみが整っていなければ意味を為さないのが、ご奉仕というものなのです。
それに、どうせご主人様に見て頂くのならば、常に最高の状態の私をご覧になって欲しいですからね。うふふ。
顔を濡れタオルで拭き、串とブラシを使って頭のてっぺんから尻尾の先まで全身の毛を整えます。これはとっても大事です。髪型や毛づくろいがひとつが違うだけで、その人物に対する印象はガラッと変わってしまうのですから。
並行しながら、顔に様々な表情を次々と作る事によって表情筋を起こします。ご主人様が目覚めて最初に見る私の顔が、強ばっていたら失礼ですからね。また、口輪筋はご主人様をお起こしするのに重要な筋肉ですので、その準備運動も兼ねています。
……しかし、鏡の中に映るそんな自分の姿はちょっとお間抜けです。人にはあまり見られたくない姿ですね。
毛並みが整ったら、前日のうちにアイロンかけをしておいたエプロンドレスに袖を通し、軽くお化粧。あくまで添える程度です。ちょっと細部を誤魔化すだけです。
最後に、鏡の前で最終確認。うん、いつもの私の完成です。

身だしなみを整え終わった後は、食事の準備。
魔術で竈に火を灯し、鍋とフライパンをセットします。私は魔術がそこまで使える訳ではありませんが、家事に関するものは大抵マスターしているのです。
今日の朝食はパンとベーコンエッグ、サラダにホルスタウロスのホットミルク。ごく一般的なメニューですね。ついでに、ご主人様が職場で小腹が空いた時に食べる用の、サンドイッチも作ってしまいましょう。
パンは昨日私が愛情込めて焼いたそれを温め直したもの。それ以外の食材は、友人のホルスタウロス夫婦の牧場にお手伝いに行って分けて貰ったものです。彼女の所の農作物は、街の料理屋や宿屋でも非常に評判が良く、実際とても美味しいのです。
あ、もちろん彼女のミルクも絶品ですよ。友人とはいえ、他人の母乳をご主人様に飲ませるのは、ほんのちょっとだけ嫉妬してしまいますが……。

フライパンの中で固まってゆく卵を横目で確認しながら、さくっ、さくっと小気味いい音を立てて野菜をカットしてゆきます。
たとえ、それが簡単なものであったとしても、並行して料理を仕上げてゆくのは楽しいものです。何だか自分かとてもデキる魔物娘になったような気がしますよね。
あ、いえ、実際に私はデキるキキーモラなんですけども。ええ。
丁度ベーコンエッグとサラダが同時に出来上がりました。ミルクも温まりましたね。
フライパンとお鍋を火から下ろし、必要分をお皿に盛り付けてミルクをコップに注ぎます。
今度はパンとハムを温めます。香ばしい焼き色が付き始めたら、火から下ろしてそれぞれスライス。
朝食分のパンをお皿に盛り付けたら、残りを手早くサンドイッチにしてバケットに詰めて……
はい、美味しそうな朝食と、軽食の完成ですね。
でも、この子達がご主人様のお口に入るまでにはもう少し時間がかかるので、ひとまず保存の魔術をかけて、作りたての状態を維持しておきます。
ええ、サンドイッチだけではなくて、朝食の方もです。

今から起こしに行く私のご主人様は、とっても寝ぼすけさんですから。




――――――――――――――――――――




再び寝室です。
私が朝の準備をしている間に、カーテンの間から明かりが差し込み始める時間になっていました。
ご主人様に最大限の睡眠時間を確保しつつ、朝を忙しく過ごさせない、ちょうどいいタイミング。我ながら完璧なタイムキーパーっぷりです。
一通り自画自賛してから、ベッドの上のご主人様にかかっている布団を剥がしてしまいます。
そして現れたご主人様の体は、裸です。昨晩も遅くまで愛して頂いていたので、当然ですね。
そして、昨晩さんざん私を鳴かせたソレが、朝勃ちでかちかちになってしまっています。

苦しそうです。――そして、美味しそうです。

それでは、私の朝ご飯を頂く事にしましょう。
私はご主人様の体に体重をかけないように注意しながら、両手で逞しい剛直をそっと包んであげます。
顔を近づけると、その独特の香りに、ついつい息が荒くなってしまいます。そして、思いっきり喉の奥まで咥え込みたくなる自分の本能を、必死に押しとどめて、まずはぱくりと亀頭を優しく咥えてあげます。

「んっ……」

朝勃ちを起こしている男性は、特に気分が昂っている訳でもないのに、体の方は敏感になってしまっているという、通常のセックスではあまり起こらない状態になっています。
そのため、気持ちよく目覚めて頂く為のご奉仕には、気をつけねばならない、いくつかのコツがあるのです。
まず、舌の先や喉の奥で亀頭を刺激してはいけません。寝起きの意識に、あまり強すぎる刺激は射精を遠ざける結果となってしまうからです。
亀頭は舌の腹や、頬の内側の粘膜を使って、優しく、包み込んであげるように刺激してあげなければなりません。
そして、なによりも大切なのが竿への愛撫の仕方ですね。あまり唾液でぬるぬるにし過ぎて、口や手で扱く速度で相手をイかせようとしてはいけません。それをするのは、相手が絶頂を迎える本当の直前、最後の後押しをしてあげる時だけなのです。

「ちゅぅ、はぁっ……」

竿へは、ゆっくりと、そして強すぎず、弱すぎない刺激を心がけてあげます。唇の締めは強め、手の力は弱めといったところでしょうか。それを、ゆっくりと上下に動かしてあげるのです。
これは、目覚まし奉仕の他に、まだ大きくなりきっていないおちんちんを相手にする時や、スローセックスを楽しみたいときにも有効な手法ですね。
と、うっとりとした顔で目覚まし奉仕を行っていた私の頭に、暖かい手が置かれました。

「……おはよう、シルヴィアさん。今日も気持ちいいよ」
「おふぁひょうごまいまふ、ごひゅひんひゃま」

髪がくしゃくしゃにならない程度に優しく私の頭を撫でてくれるその手に、思わず尻尾がゆらゆらと反応してしまいます。
これが私のご主人様であり、私の旦那様です。彼に頭を撫でられると、私は幸せな気分でいっぱいになってしまうのです。

彼の意識がしっかり覚醒したのを確認してから、私は左手で陰嚢を刺激し始めました。
この刺激の仕方も、気をつけねばなりません。
まず、ある程度相手の意識が昂っていない時には刺激しないこと。
そこは男性に、私達に注いで頂くための精液を作ってもらう大切な場所で、とっても敏感で、触られるだけで危機感を覚えてしまう場所です。悪戯につんつんしたり、もみもみしたりするのは、これまた男性の射精を遠ざける結果を招いてしまうのです。
では、どうすればいいのか?
下から、4本の揃えた指で優しく持ち上げて、ゆっくり、優しく揺すってあげるのです。いい子いい子、怖くないよーって、してあげるのです。

「っ、シルヴィアさん、そろそろ……っ」

ほら、怖くないって分かった精子さんたちが、ここから出してー、ってなっていますね。
私は陰嚢へのやわやわとした刺激を続けながらも、先程とは逆に唇の締めを弱め、手で握る力を強めにして、上下する速度を早くしてあげます。
私の頭を撫でる彼の手に力が入り始めました。分かっていますよご主人様。全部、私にごっくんして欲しいんですよね?

心配しなくても、大好きなご主人様の、朝一番絞りの特濃おちんぽみるくを――そんな何よりのご馳走を、キキーモラの私がこぼしたりする訳ないじゃないですか。
口の中で、ご主人様のおちんちんが一際強くびくん、と震えました。
私はやや深めにペニスを咥え、射精に備えて鈴口に舌を添えます。

「―――――っ!!」

私の口の中に、どくどくと、大量に。とても濃くて粘っこいご馳走が放たれました。私の頭をくらくらさせる匂いのそれは、嚥下しようとしても喉に引っかかり、ともすれば口から溢れてしまいそうです。
ですか、そんな勿体無い事を許す訳にはいきません。私は涙目になりながらも、必死に喉を動かし、精液を飲み干します。

「はぁ、はぁ……っ。シルヴィアさん、大丈夫……?」
「っ、はい、ご主人様……けほっ。今日も朝一番の精液をご馳走して頂き、ありがとうございます……」

少し咳き込む私の頭を、ご主人様が労わるように撫でてくれます。こんなに幸せでいいのでしょうか。
さて、射精が収まれば、次は残った精液の吸い出し。そして最後のお掃除奉仕が待っています。
少し柔らかくなった、敏感なそれを刺激しないように、優しく根元までくわえ込んであげます。先端に直接唇をつけて吸い上げる方もいるそうですが、一体何を考えているのでしょうか。
美味しい精液を出してもらった後の、敏感なおちんちんの亀頭に、そんなひどいことをするなんて許せません。きっと、おちんちんへの感謝の心が足りないのでしょう。

「はぁ、はぁ…………っ」

ほら、こうして口の中で優しくマッサージしながら、丁寧に吸い出してあげると、ご主人様は射精の余韻を味わいながら、幸せそうな表情で私の頭を撫でてくれます。
ここでもまた一つポイントです。最後の一滴まで精液を吸い出したら、即お掃除フェラへ移行してしまう女性が、世の中には意外と多いと聞きます。行為の本質を取り間違えてしまっているのですね。
精液の吸出しもそうですが、お掃除フェラは、肉体的な刺激ではなく視覚的、精神的に男性を満足させる為の、後戯に分類される行為です。
掃除をしているように見えるからその名前がついたのであり、実際にべっとりと精液がついているような、射精直後の敏感極まりないおちんちんに、鋭い刺激を与えて男性を悶絶させているようではいけないのです。
本来それは、男性に余裕と、征服感を抱かせてこその行為なはずなのですから。

ですから私は、しばらくは咥えたまま。ちゅうちゅうと、おしゃぶりを咥えた赤子のように、しゃぶってもミルクが出てこない事を切なく思いながら、おちんちんが落ち着くまで待ってあげます。
それを確認したら、いよいよ、しっかりとおちんちんを見ながらのお掃除フェラです。
美味しい朝ごはんをご馳走してくれたご主人様に感謝しながら、一つの汚れも残さないようにペニスを舐め上げ、代わりに唾液でぴかぴかにコーティングしてあげます。

こうしてご主人様への目覚まし奉仕を終えた私は、名残惜しさを感じながらも肉棒から口を離し、足元に用意していた、シワ一つないご今日のお召し物を抱えて、ご主人様に一礼をしました。


「改めまして、おはようございますご主人様。朝食の準備が出来ております」
18/08/29 01:39更新 / オレンジ

■作者メッセージ
メイドさんと言えば目覚ましフェラだよね!(力説)

本当はキキーモラさんの華麗なる一日を書こうと思ったのですが、途中からどうにもうまくいかなくなり、でも朝のシーンは割と力作だと思ったので投稿してみました。

きっと、おちんちんへの感謝の心が足りないのでしょう。
↑自分で書いておいてアレですが、ここ大好きです。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33