連載小説
[TOP][目次]
第35話「叫び」
ウィルザードの砂漠地帯において砂嵐はありふれた自然現象であり、多くの地元民はその危険性も熟知している。

しかし、赤黒い砂煙を巻き上げながら旅人やキャラバンに襲い掛かる「赤い砂嵐」の危険性は、通常のそれとは比べ物にならない。

この砂嵐に巻き込まれて生還した者は極僅かであり、人々が彼らから得た教訓は非常に残酷なものであった。

「赤い砂嵐に遭遇した時の選択肢は二つだけ。一人を残して他の物が生き延びるか、全員で死ぬか」

―――――――――――――――――――――

「駄目だ、私はここに残る」

ゼロは、コレールが差し出した手を弱弱しい力で振り払うと、鋼鉄製の腕で砂煙の向こう側を指差した。

「『あれ』が見えるか……? 生贄を欲している。誰かが残らなければ、『あれ』はどこまでも追って来るそうだ」

コレールたちが目を凝らすと、血煙のようにも見える砂塵の奥から、巨大な人型のシルエットが、ぼんやりと浮かび上がってきた。

「やべえぞボス……! その爺さんを置いて早く逃げよう!」

「駄目よそんなこと! 見殺しにするなんて、魔物娘の倫理に反するわ!」

「その通りだ」

ドミノの主張に反対するクリスにそう答えると、コレールは身に付けていた銀の髪飾りを取り外して、馬車の荷台の上にいるパルムの手に押し付けた。

「……!」

「死にたくないし、死にに行くつもりはないけど……今回ばかりは、保証は出来ない。さぁ、行ってくれ」

その姿を目にしたエミリアの瞳に、みるみる涙が溢れていく。

「コレールさん……」

ゼロの体を持ち上げて、荷台に積み込むのを手伝いながら、アラークも呟く。

「今生の別れというのは大抵、心の準備が出来ない内に訪れるものだ。……さようなら、コレール」

彼女の自己犠牲を目の当たりにして、今回ばかりはドミノも皮肉や軽口が思いつかないようであった。

「ああ、その……何て言うか、世界があんたみたいな奴ばかりだったら、俺も復讐屋なんてやらずに、平凡に生きていけたんだと思う」

「もう手遅れみたいに言うな。……クリス、後は頼んだ」

クリスは目を伏せたまま唇を噛み締めていた。純白の体毛に覆われた体が小刻みに震えている。

「さぁ、行くんだ!」

発破をかけるコレールと最後まで目を合わせないまま、クリスは手綱を握りしめて、魔界豚を砂嵐の外へと走らせていった。


――――――――――――――――――――――――

「さぁ、来いよデカブツ! 私の命が欲しいんだろう!?」

コレールは両腕を広げて叫びながら、砂塵の奥に潜む巨躯の影へと歩み寄っていく。

もうかなり近づいているはずだが、深紅の砂煙に隠れた巨人の全貌は、把握出来そうにない。

「……」

少しの沈黙の後に、砂煙の奥から姿を現した巨人の拳が、コレールの全身を掴み上げた。

「ぐっ……!」

苦悶の声を漏らすコレールに、巨人の顔がゆっくりと近づいてくる。

その顔を間近で目にした瞬間、コレールは心臓に氷柱が突き刺さったような
感覚を覚えて、目を見開いた。

「何だ……これ……」


巨人の顔の輪郭そのものは、砂嵐と同様深紅の砂粒で構成されていた。しかしそこには、太古の時代の土偶にも付けられているような目や口、鼻といった記号は無く、その代わりに無数の人間の顔が蠢いていたのだ。

「嘘だろ……一体……どうして……」

コレールの目には、ハチの巣に群がる働きバチの様に蠢く無数の顔全てが、助けを求めて叫んでいるようにも見えた。


そして次の瞬間、青白く光る矢が巨人の顔面を貫いていた。



―――――――――――――――――――――――――

――時間は少し遡る。

「砂煙で何も見えない! みんな、はぐれていないか点呼して!」

クリスはカクニが引く荷馬車を全速力で走らせ、赤い砂嵐からの脱出を図っていた。

「ドミノはここにいるぜ!」

「アラークもいる! ゼロ=ブルーエッジは声を出せないが、私の隣にいる!」

「エミリアもいます! パルムさんも隣に――とな、り……」

「エミィ? パルムは?」

クリスは恐る恐る訊ねた。

「え、嘘……さっきまで隣にいたはずなのに……」

―――――――――――――――――――――――――――

光る弓矢に顔面を貫かれた巨人は、その表面に浮かび上がる全ての顔面におぞましい叫び声を上げさせながら腕を振り回し、そのままコレールの体を地面に叩きつけた。

「……!」

クリスたちの目を盗んでコレールの元へ駆けつけていたパルムは、すぐさま彼女の元へと走り寄る。

コレールは完全に意識を失っていた。鍛えたリザードマンの強靭な肉体でも、砂地に激しく叩きつけられた時の衝撃の全てを、和らげることはできなかったのだろう。

気がつけば巨人は姿を消しており、赤い砂嵐も若干勢いを失っているようであった。自分が今しがた放った弓矢の鏃は、賢者の森に点在する鉱石から作られたものであり、巨人の存在に呼応するかのように光り始めていたのだが、何か関係があるのだろうか。

だが今はそれよりも、クリスたちと合流することが優先だった。コレールは見た目よりも重傷を負っている可能性もあるし、何よりあの巨人が再び姿を現す可能性も十分にあり得る。


「……ム……! ……い……か……?」


吹きすさぶ砂嵐の轟音の向こうから、クリスたちの声が僅かに響いてきた。砂嵐の勢いが弱まったのを見て、探しに来てくれたのだろう。

パルムは必死に両手を振ってアピールするが、こちらの姿は見えていないようだ。

「駄……だ! ……らない! 後一分……! それ以上……危……!」

こちらには向こうの声が殆ど聞こえている距離まで近くにいるのに、自分が喋れないばかりに一向に気づいてもらえない。

パルムは横たわるコレールの姿を見降ろした。顔からは血の気が失せており、唇の端から一筋の血が流れている。

「……」

パルムは目をつぶり、口元を覆うバンダナの端にそっと指をかけた。

頭の中に物心ついた時から大好きだった父親の背中と、始めた会った時から大好きだった女性の背中がよぎる。

決断をしなければ、ならなかった。

深紅の砂煙の中を、同じ色のバンダナが舞っていく。

「ここだ!! みんな、助けて!! 僕たちはここにいる!!」

パルムは、力の限り叫んだ。

「おい、今、声……聞こえた……!」

「ここだよ! コレールが怪我をしている!! こっちに来て!!」

もう二度と、本当に喋れなくなっても良い。そう思えるほどの力を込め、大声で助けを求める。

やがて、砂塵の奥からクリスたちを載せた荷馬車が姿を現した。



「大丈夫……手当ては間に合いそうです!」

エミリアがコレールの体を優しく荷台に担ぎ上げ、傷の具合を確かめながら話す。

肩で息をしながら乗り込むパルムの両手を、クリスの肉球がぎゅっと包み込んだ。目は伏せられ、背中が震えている。

「ありがとう……もう、会えないかと思ってた……」

目を丸くするパルムの肩を、拳がコツンと小突いてくる。

「良い声だせるじゃねえか。チビエルフ」

「ここから抜け出す! 全員しっかり捕まってろ!」

手綱を握るアラークがそう言うと、馬車は猛スピードで赤い砂嵐の外へと走っていった。


――――――――――――――――――

馬車の周りから赤い砂煙の残滓も見れなくなったのを確認すると、パルムは一度は返された銀の髪飾りをコレールの手にそっと握らせた。

「コレール……」

少年が彼女の名前をつぶやくと同時に、その掌はしっかりと髪飾りを握りしめる。

それを見た瞬間、パルムの瞳に大粒の涙が溢れた。

――第36話に続く。
19/01/26 22:04更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
パルムが髪飾りを渡したタイミング(第何話か)を忘れてしまった……やっぱり長期連載は、弊害も多いですね。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33