読切小説
[TOP]
持ち込まれてしまったイベント
【異世界のイベントが熱い!!】

 バレンタインデーというイベントをご存じだろうか? 知らなくて当然。これは異世界のイベントなのです。
 しかし今、このバレンタインデーが各地で大流行なのである!
 では、いったいどんなイベントなのか?
 内容は単純明快。2月14日に、好きな人にチョコレートを渡そう、というだけの話。
 ただこれだけの話なのだが、なかなかに奥が深い。
 女性が、好きな男性に渡す、というのが唯一のルール。
 ただ、相手が恋人である必要は無く、これから気持ちを伝えたい……! という相手に渡しても良いのだ。
 また、渡すチョコレートも様々で、高級チョコレートを渡すも良し、手作りのチョコレートを渡すも良し、とろけたチョコレートを自分にかけて『私を食べて☆』するのも良し。
 なかなか勇気が出せない女性も、既にラブラブな相手のいる女性も、この異世界のイベントに便乗して、思い人との仲を縮めてみてはいかがだろうか。

  +  +  +

「…………」
 ほーう……本当にあったんだ、このイベント。
「都市伝説かと思ってた」
 何度か聞いたことはあったけれど、誰かの妄想が噂になって駆け巡っているのかと。
 こうして新聞で紹介されるってことは、本当に存在するイベントだったんだなぁ。
 もしくは、
「チョコレートを売りたいお菓子屋の陰謀ってね」
 まあ、話の出所はともかくとして。
 バレンタインデーというのが各地で流行っている、というのが本当だとすると。
 ここしばらくのバフォ様(それとその他魔女たち)のそわそわっぷりと、このサバト支部局中に漂う甘ったるい香り(と空気)は、
「……そういうこと、なんだろうなぁ」
 ニヨニヨと、思わず笑みが浮かぶ。
 そうだよなぁ、そういうことだよなぁ。
 鼻歌を始めてしまいそうなのをなんとか押し殺しつつ、俺は朝食の準備を始めるのだった。

「……兄者が筆舌に尽くしがたい表情をしている……」

  +  +  +

 そして2月14日。
「あ、あにじゃ……」
 うちのバフォさん、フィオネが、ドアの陰からもじもじと顔を出した。後ろ手に何かを持ち、顔を真っ赤にして。
 よし、クッソかわいい。
 俺は出来るだけ何でもない風を装いつつ、フィオネに声をかけた。
「ん? どした?」
「あの……その……」
 もそもそと、じれったいスピードで寄ってくる。
「こ、これを……! 受け取って、ほしい……」
 そっと差し出されたのは、綺麗にラッピングされたハート形の箱。
「開けても?」
「う、うむ」
 丁寧に包装紙を剥がして、蓋を開ければ漂ってくる甘い香り。
 ハート形のチョコレートだ。
 嬉しくて、笑みが抑えきれ無くて、思わず口元を手で覆う。
「え、ええと、その、もしかしたら兄者は知らないかも知れぬが、バレンタインデーと言ってじゃな」
「知ってるよ。恋人にチョコレートを贈るイベントだろ?」
 恥ずかしいのか、しどろもどろなフィオネの説明に、俺が後を続けた。
「う、うむ……その、恋人に……じゃな」
 兄妹として、なら、いくらでもエッチなことはしてきたのだが。
 恋人として、となると、何故だか知らないがフィオネはとっても恥ずかしがるのである。
 かわいい。
「ありがとう、フィオネ。早速いただくね」
 ぱきんと、ハートの端っこを一口。
 俺がチョコを味わうのを、フィオネははらはらと見守っている。
「ん、おいしい」
 良かった普通においしかった。これで『妹はメシマズ☆』だと話にならない所だった。今までカッコつけてきたのが道化になる所だった。マジでマジで。
「ほ、ほんとか?」
 パッとフィオネが顔を上げる。嬉しそうで、安心したような表情。なんだかんだで心配だったのだろう。
「ああ、おいしいよ」
 俺はもう一口チョコを食べて、

 ちゅっと

 フィオネにキスをした。
「――――!?」
 びくりとフィオネが体を跳ねさせるが、逃がさずに唇を重ねる。
 舌を入れて、二人の口の中でチョコレートを舐め溶かした。
 チョコレートが溶けてしまった後も、たっぷり舌と舌を擦り合わせてから、口をはなす。
「な?」
 おいしいだろ? と。
 フィオネはしばらく口をパクパクさせていたが、
「……あにじゃ……」
 俺の服の裾をきゅっと掴んで、
「今のでは、わからなかったのじゃ……だから――――」
「じゃあ、もう一回――――」


 そんな、とろけるように甘い、バレンタインデー。
14/02/14 00:28更新 / お茶くみ魔人

■作者メッセージ
じんぶつしょうかい
フィオネ:バフォメット。サバトの支部長をしている。つよい。すごい。かわいい。
「サバト会員全員で、チョコレートの作り方講座をしたのじゃ」「道理で支部局全体が甘ったるかったわけだ」

兄者:フィオネのお兄ちゃん。何でもできる万能お兄ちゃん。秘密も多い。
「あのあと滅茶苦茶セックスした」「ホワイトデーを待つまでも無く真っ白にされたのう」


 図鑑世界に、聖人バレンタインはいたのだろうか。いなかったら他所から持ち込むしかないね!
 というわけで、いなかった場合に異世界から持ち込まれた場合の世界の話。
 図鑑世界には、チョコが貰えなかった系男子は存在しないのかな……。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33