連載小説
[TOP][目次]
第32話「メメント・モリ」
――魔王軍第七ウィルザード遠征部隊野営地、救護所。

「あっ、コレールさん……」

救護所のテントの中へと足を踏み入れたコレールは、真っ直ぐにベルの治療を引き受けているエミリアの元へと向かった。

ベルは冷水で冷やした布巾を額に置いた状態で、ベッド代わりの毛皮の上で目を閉じていた。
高温で焦げた後が残る、耳先の毛が痛々しい。

「エミリア。ベルの具合は……」

「火傷と、少し煙を吸っているけど、そこまで酷い怪我ではありません。ただ、心の負担が大きくて、さっきからひどくうなされています……」 

「……そうか」

コレールは重苦しい表情で答えた。コボルドの様な温厚な魔物娘、ましてや子供があのような光景を目にしたら、トラウマになるのは当然だろう。

「それと、先程こんな書き置きを残して、カーティスさんがいなくなってしまって……」

コレールはエミリアから、一枚の羊皮紙に乱雑に書かれた手紙を手渡された。


「俺の血は呪われている。これ以上ベルと一緒には居られない。魔王軍にベルをよろしく頼むと伝えてくれ。助けに来てくれてありがとう。あんたのことは忘れない。 ――カーティス」


「……分かった。私は井戸で顔を洗ってくるから、何かあったら呼んでくれ」

コレールはそれだけ言い残すと、その後は一言も喋らずに救護所を後にした。

「エミリアさん……兄貴、どこ……?」

「えっ、あっ、ベルさん、起きて……」

「兄貴とお話ししたい……探しにいく」

エミリアは起き上がろうとするベルの肩を掴み、強引に毛皮の上に押し戻した。

「あの、カーティスさんは……ベルさんが元気になったら、戻ってきますよ! だから、今は体を休めて……!」

今の状況でカーティスが去ったことを話すのは、精神への負担が大きすぎる。エミリアは自信の判断が正しいはずだと考えつつも、胸を刺す罪悪感から逃れることは出来なかった。



――魔王軍第七ウィルザード遠征部隊野営地、本部テント。

「作戦は失敗だ」

デュラハンのマルガレーテは、そう呟いて机の前で俯いていた。

彼女とクリス、アラーク、パルム、救護所にいるエミリアは、クァラ族の集落で起こったことの全てを、コレールの口から伝え聞いていた。

「でも、最悪の結末は防げた。クァラ族の人々は全員無事だ」

「インファラードの兵士たちは全滅だ」

アラークの励ましに、マルガレーテはきっぱりと反論する。

「インファラードの国王はこのことを口実に、魔王軍に戦争を仕掛けるだろう。ここまで事を大きくしてしまったのは、判断を見誤った私の責任だ」

「戦争なんて起こらねえよ」

クリスたちが振り向くと、灰と土汚れにまみれたドミノが丁度テントの中に入ってくるところだった。

「ドミノ! 貴方は戦争の引き金を――」

「だから戦争は起こらねえっていってるだろ。インファラードはおしまいだ」

ドミノはクリスに胸ぐらを掴まれながら、生気の感じられない表情で答える。

「連中に手を下したのはオニモッドだ。あいつの容赦の無さは、俺の想像を越えている。インファラードはもう二度とクァラ族を迫害することなんて出来なくなるだろうよ」

ドミノはそう言ってから、地面の上に直接、仰向けに寝っころがった。

「……外でボスと会ったよ。怪我は軽いのに、酷く打ちのめされていた。ありゃいったいなんなんだ?」 

ドミノの疑問を聞いたクリスがアラークとパルムの方を振り向くと、二人も同じような感想を抱いたらしく、問いかけるような目でクリスを覗きこんでくる。

「そうね……皆には話しておくべきかもね……」

―――――――――
コレール=イーラの人格形成の大部分は、父親であるトーマス=イーラの影響を受けていると言っても過言ではないだろう。

心身の強靭さと思慮深さ、そして正義感を兼ね備えた人間だったトーマスは、魔王軍の諜報部隊に所属していた。

人々を圧政で苦しめる反魔物国に潜入し、魔王軍の侵略が円滑に進むよう、様々な工作活動を行う――トーマスの仕事は危険を伴う割りに陽の目の当たらないものであったが、彼自身はその仕事に遣り甲斐を感じており、コレールもそんな父親を誇りに思っていた。

だが、トーマスに幸運の女神が微笑み続けることはなかった。

ある反魔物国に潜入していたトーマスは、内通者の裏切りに遭い、部下の魔物娘共々衛兵たちの手で捕らえられてしまったのだ。

トーマスはせめて部下だけでも逃がそうと考え、自分が囮となることで部下の全員を国外へと脱出させ――引き換えに、自身はその命を散らした。

トーマス=イーラの死は魔王軍全体に衝撃と哀しみをもたらしたが、コレールとその母親が感じた苦痛の比ではなかった。

勇敢な魔王軍の戦士であった母は、夫の死を受け止めきれず、元の住居から遠く離れた地での療養を余儀なくされた。

既に魔王軍の一員として多くの功績を重ねていたコレールは、復讐心に燃え上がり、父を陥れた内通者を必ずこの手で捕まえることを誓った。

だが、ここで事態は彼女の予期しない方向に傾いた。父が潜入していた反魔物国家が形勢不利と見るや、あっさりと魔王軍に白旗を上げ、親魔物国家へと転身したのだ。

ある日、振り上げた拳を降り下ろす先を見失ったコレールが、魔王城の中を宛もなく散歩していると、寝室の扉越しに父の名前が聞こえてきた。

思わず扉越しに耳を当てると、何と言う運命の悪戯か、中にいたのは父を裏切った内通者だったのだ。その男は祖国の転身の後上手く立ち回ったため、魔物娘の嫁を手に入れて悠々自適な生活を手に入れていた。

男は自らの過去を恥じるどころか、その言葉からは愚直に生きた父の生きざまを嘲笑う態度が透けて見えていた。

男の妻が彼の態度を咎める間もなく、コレールは寝室のドアを蹴破ると、呆気に取られる妻を無視して、その拳で男を叩きのめした。

コレールは魔物娘の夫であれば、甦ることが出来る可能性があることを、知らないわけではなかった。だが、それでも父が殺されたという事実は彼女の心に深い傷を残しており、何より父の高潔さを侮辱されたことが、コレールには許し難かったのだ。

無論、魔物娘の本能はコレールに殺人を犯すことなど許すはずもなく、男が気絶した時点でコレールは取り押さえられ、本人が一言も反論しなかったこともあって、一時的に魔王城の牢屋に勾留されることになった。

本人の事情を考慮したコレールの上司は、一言でも謝罪の意を示せば彼女を解放するつもりだった。しかし予想に反して彼女は一言も謝罪の言葉を口にしないどころか、出された食事に一切手をつけないという、所謂ハンガーストライキを行い、自身の遣り場のない怒りを示し続けた。

結局、魔王軍の兵士としての立場をなげうつ覚悟で、魔王に直談判を持ちかけたクリスの努力もあり、コレールは牢屋から解放される運びとなった。

しかしその代償として、魔物娘の入植が進んでおらず、未だ政局が不安定な地域も多い、ウィルザードへと左遷されることとなったのである。

―――――――――――――――――

「……貴方たち、何よその顔は」

コレールの半生を語り終えたクリスは、三人の反応を前にして怪訝な表情を浮かべた。

言い様のないやるせなさを滲ませているマルガレーテとは対照的に、ドミノたちの頭にはいくつもの疑問符が浮かんでいた。

「結局……その内通者ってのは死んでないんだろ? 俺だったらその男の結婚式とか、子供が産まれたタイミングで嬲り殺すけどな」

「ええ、そうよ」

クリスはドミノの呟きに静かに頷いたが、後半の内容に関しては反応しないように努めた。

次に口を開いたのは、アラークだった。

「それならコレールが何に対して謝罪を求められたのかという部分が理解できないな。事情は考慮されたという話じゃなかったのか?」

パルムも自身の意見をスケッチブックに書き記してクリスに見せる。

[コレールはお父さんの仇を取ろうとしただけなのに、どうして許されないことをしたみたいな扱いを受けてるの?]

三人の意見を聞いたクリスは、その時点でピンときた。
何よりも身内を大切にして、復讐を美徳と考えるウィルザードの文化の中で育った彼らにとって、コレールが受けた処遇は理不尽とも言える物なのだろう。

「あのね、魔物娘は人間を傷つけることを何よりも嫌悪する生き物なの。例え相手が悪人であろうと、卑怯者であろうと、無抵抗の人間に必要以上の暴力を加えた時点で、コレールは魔物娘の不文律を犯したと見なされたのよ」

クリスの丁寧な解説を聞いてなお、納得いかないと言わんばかりに首をかしげるドミノたち。

その光景を見て、クリスは文化の違いと、それによって生ずる価値観の差異の存在をまじまじと思い知った。

――――――――――

未だ夜の闇が支配する時間帯。コレールは煤と土で汚れた自分の顔を、井戸水で念入りに洗っていた。

「……ふぅ」

「やはり私と君はコインの裏と表だったな、コレール」

「!?」

背筋が凍るような声色に振り向くと、そこには夜の闇に溶け込むような、帽子とコートを着込んだ怪人が立っていた。

「オニモッド――」

「落ち着けコレール。今の私は、君の頭の中に在る負の感情や思考が具現化した存在に過ぎない。言ってしまえば、実態の無い只の幻覚だ」

コレールが周囲を見渡すと、そこはいつの間にか巨大な複数枚の鏡に囲まれた空間となっていた。Mr.スマイリーがいるのは、鏡の奥に映し出された空間の中である。

「君は誤解されがちな女性だなコレール。君は人間に対して他の魔物娘たちと同様に、いや、それ以上に深い愛情を抱いている」

Mr.スマイリーの姿が少しぶれ始めたかと思うと、次の瞬間にはコレールの周囲を大勢のMr.スマイリーが取り囲んでいた。

「だがその愛情故に、君は人間の残酷で愚かな一面を、人一倍憎悪している。
その葛藤こそが、君を苦しめている諸悪の根源なのだろう?」

Mr.スマイリーが手を上げると、懐かしい面々の姿が鏡に写し出される。

ホブゴブリンの女の子を絞め殺そうとしている少女、忠臣を盾にして、邪魔な存在を消し去ろうとする女王、部下にアヌビスの少女の腕を炙り焼きにさせようとしている小男、そして、上から命令されたからという理由で、一つの村を村人ごと焼き払おうとした男――。

「ドミノの様に、世界を善と悪に二分し、悪人を人として扱わないという生き方もあるだろう。だが、魔物娘として産まれた以上、君には決してそのようなことは出来ない」

鏡に写った人間たちが姿を消し、代わりに顔に白い布を被せられた男の遺体と、その横に佇むリザードマンの女性の姿が現れる。

「母さん……?」

コレールの呼び掛けにも女性は応じず、ただポツリと独り言を漏らす。

「トーマス……君は、生き返ることを望んでいるのだろうか。君はただこの世の悪意から離れて、静かに眠りたいだけなのではないか?」

唇を静かに震わせるコレールの肩に、手を置くオニモッド。

「命の価値というのは実に不平等だな、コレール。無理をして全ての命に情けをかける必要が、果たしてあるのだろうか?」

「私は人は殺さない」

「だが人は人を殺すぞ、コレール。今この瞬間も、君の預かり知らないところでな」

「黙れ!」

振り向き様に放たれた拳がオニモッドの顔面に直撃する。

コレールの腕に手応えは感じられず、Mr.スマイリーの幻覚は無数の鏡の破片となって空間に飛び散っていった。

「君がこれからも不殺を貫き通すつもりなら、好きにすればいい。『人間は誰もが愛され、守られるべき存在』だと、信じられるならな……」

小さな破片に映し出された無数のMr.スマイリーの姿が、コレールにそう囁きかける。

散らばった破片の全てが地面に落ちると同時に、Mr.スマイリーの幻覚は影も形も完全に消え失せる。後に残されたのは、井戸の前で呆然と立ち尽くす一人のリザードマンだけだった。

―――――――――

「……」

就寝用のテントの中で、横になっているコレールの姿を、パルムはじっと見つめていた。クリスの話が終わったあと、コレールは本部のテントの中を覗きに来たが、ドミノが先程からずっとテントの中にいたのかどうかを確認しただけで、そのまま言葉少なに床に入ってしまったのだ。

パルムは彼女が目撃したものと同じ光景を見たわけではないが、普段はドンと構えた心強い存在感を纏うコレールの憔悴振りを見れば、彼女が見てきた光景の内容も、推測するに難くはなかった。

本来であれば彼女に好意を抱く者として、何か心強い言葉の一つでもかけてあげるのが当然だろう。だが、言葉を失ったパルムにとって、それは容易いことではなかった。

「……」

エルフの少年は顔に巻いた赤いスカーフをぎゅっと握りしめ、自分の心の中に未だ巣食う恐怖と不安、そして愛する人が苦しんでいる状況でなお、それに打ち勝てない自分の不甲斐なさに耐えることしかできなかった。

―――――――――

「――ねぇ、起きて! コレール、起きて!」

「うっ……クリス?」

コレールが呻き声をあげながら目を開くと、テントの出入り口から差し込む朝日と、それに照らされたクリスの小さな顔が飛び込んできた。

「コレール、クァラ族の人たちが、皆で村に戻っちゃったの!」

「何だって……? あそこはもう人が住めるような場所じゃない!」

コレールは急いでコートを羽織ると、テントを飛び出してクァラ族の集落へと向かっていった。

――――――――

「墓を……作っているのか? 連中のために?」

クァラ族の集落に着いたコレールたちが目にしたのは、黙々と燃え残った瓦礫を片付ける人々。そして、そこから少し離れた場所で、オニモッドに惨殺された「スコーピオン」の兵士たちのために、墓穴を掘っている人たちだった。

「正気かよ爺さん? ベルがいなかったらあんたたち全員、奴等に生きたまま焼き殺されていたんだぜ?」

墓作りの作業を見守る長老に、ドミノはそう話しかける。

「その通りだよ。若いの。だが、既に死んだ人間のことを恨み、魂を失った肉体をないがしろにしたところで、何かが良くなることなどないだろう……」

長老の言葉を耳にして、コレールはハッとした。

彼らは、政治的に微妙な地域での工作活動を使命とする特殊部隊であった可能性が高い。そうなるとインファラードの政府は恐らく彼らが自国に所属する兵士であることを認めず、彼らの遺体を葬ることができるのは、クァラ族の人々だけということになる。

「亜人の娘さん。貴女は人間の恐ろしい所業を目の当たりにしたと聞いている。だが、どうか人間に失望しないで欲しい」

コレールが覗いた長老の瞳には、うっすらと涙が浮かんでいた。

「魔物娘と違って、人は不完全な存在だ。だから過ちを犯す。だが、我々も不完全な人として生きる以上、人の過ちを赦し、憎しみを次の世代に受け継がない努力をしていかなければならない」

長老はそれだけ言い終えると、それ以上は一言もしゃべらなかった。

「お前たち……墓作りを手伝うぞ」

コレールもまたそれだけ言うと、地面に置かれていたスコップを手にして、作業の手伝いを始めた。クリス、アラーク、エミリア、パルムの四人もそれに続く。

「理解できねぇな……俺は自分たちの出発の準備をさせてもらうぜ、ボス」

ただ一人ドミノだけが背中を向けて、クァラ族の集落を後にした。

そして、この集落にいる人々の誰一人、遺体の数が一人分少ないことに、気がつくことはなかった。


―――――――――

――二週間後の深夜、インファラード城の国王の寝室にて。

「……?」

インファラード国王は寝室内の妙な気配を感じ取ったことで、浅い眠りから目覚めてしまった。

「曲者か!」

咄嗟にベッドの上に置いてある刀剣を手に取り、身を守る体勢に入る。しかし、暗がりから現れたのは国王の見知った顔であった。

「スレイマン……? 部隊は壊滅したとの報告が……」

「……」

「……まぁ生きていたのならばそれで良い。こちらはクァラ族の件について、色々とたてこんでいてな。詳しいことは明日はな――」

そこまで話したところで、異常に気が付いた国王の言葉がプツリと途切れる。

目の前に立っている男の目は白く濁り、焦点が合っていない。それだけではなく、顔色は死体のように蒼白で、体はかくかくとおかしなリズムを刻みながら震えていた。まるで、人間ではない何かが、人間の振りをしているかのような――。

「お前は……スレイマン……では……」

「ぶくぶくぶく……」

奇妙な音と共にスレイマンの口が開かれ、その口内から幾匹ものネズミやムカデが飛び出してくる。

寝室に男の悲鳴と、鮮血が床に飛び散る音が響き渡った。







一週間後。国王の住む城から誰も人が出てこないことを不審に思ったインファラードの一部の民が、魔王軍の兵士の助力を得て、城の内部の調査を行った。

城の中から出てきた彼らは、即刻城の周りに強力な結界を張り巡らして城内に誰一人足を踏み入れられないようにすることを決めると、インファラードの行政機能が既に停止していたことを他の民草に告げた。

難民となったインファラードの民の大部分は魔王軍の助力によって新たな生活基盤を手にいれたが、歴史ある国家であるインファラードは、こうして余りにも呆気ない形で滅亡した。

しかし、更にその数年後、怪物たちの巣食う死の国と化したインファラードの跡地に、何者かが潜んでいるという噂が、まことしやかに流れ始めるのであった。

――第32話に続く。
18/08/28 22:39更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
暗い展開が続いて自分でもうんざりしてきたので、次話にはこれまで溜め込んできたコメディ要素を詰め込もうと思っています。

ちなみに最後の展開は決して無駄に後味の悪い展開を書こうとしたのではなく、(いつ書けるかも分からない)次回作以降の伏線となる予定です。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33