『戦って、育てて、○○になる。』



「ふぁ〜ぁ・・・・だりぃなぁ〜」
行き成り大あくびをかますこの女性・・・背に大き目の片刃の大剣を背負い、太陽の下で赤々と光る髪色をした少女が道を歩いていた。

「む、【バッカス】?・・・まぁ面白そうだからいってみるか。」
ちょうど分かれ道に突き当たりその股割れのところに立っていた案内板に【バッカス→】と書かれていたため何気なくそちらへ歩いていた。

「はぁ〜ぁ・・・誰かあたいの胸をアツくするようなヤツァいないもんかねぇ・・・」
ユラユラと燃えている尻尾を振りながらテクテクと歩いていくのだった・・・

そして幾ばくか歩くと・・・

「・・・いいねぇ、鉄の溶ける匂いだ。・・・・相手より先に剣がみつかるかな?こりゃ・・・」
目の前からいくつモノ大きな建物からてつの溶ける匂いとカンカンとハンマーでなにか打ち付ける気持ちのいい音が。
遠くでは色々な種族の人々が大きな岩山を掘っていた。

ゆえにだろうか?
ドワーフ、サイクロプス、ゴブリン、ワーウルフ、オーク、オーガ、ミノタウロス、ゴーレム・・・
パワー系の魔物が多いのは・・・

女剣士は近くにあった無料の案内冊子を一枚引っこ抜いて広げる。
「・・・・鉱石と鍛冶の街、工業都市【バッカス】か・・・」
ちなみにお土産は純鉄鋼(99.999%)のネームプレートで海水や風雨に晒されても輝きが衰えないとか・・・

「なるほどね・・・ん?【大衆食堂が多い】?!・・・・よし腹ごしらえだ。」
・・・パンフレットの一文に引かれて直ぐに動こうとするも・・・

(・・・なんだ? さっきから視線を感じる・・・)

・・・街に入ってからというもの背中にじっとりとした視線を感じていた女剣士はあたりを警戒する・・・と・・・?

「うりゃぁぁぁぁ!」
「おっと!」
・・・いきなり子供に襲われた。子供に不釣りあいな大人の膝までの長さのあるサーベルを上に掲げて力いっぱい振り下ろす子供をバックステップでかわし、振り下ろしきった子供の手首を手刀でうち武器を落とさせて片腕を掴みグイッと持ち上げた。

「行き成りなんだい? それに奇襲ならもっと気配を殺して声を上げずにやりな。」
「うぐ・・・ぅ・・・」
注意だけすると女剣士は掴んでいた腕を放し子供を解放する。・・・と、同時に子供は自分の武器を回収して走り出して距離を置いて振り返り・・・

「・・・またくるぞ!」
と台詞を吐き捨てるとどこかへいってしまった・・・

「・・・なんだったんだい? ありゃぁ・・・」
・・・呆然として立っていた女剣士であった。

大衆食堂にて腹を満たして街を回っているときも数回襲われ、其のたびに追い返す・・・夜になると何事も無く宿屋についたのでそのまま就寝した。



が。



次の日・・・
宿屋を出た瞬間。

「しょうぶだぁぁ!」
再び少年が女剣士を襲う。

「しつこいね、坊やっ!」
昨日と変わらぬ太刀筋で上から綺麗に縦一文字に切りかかるも、今度はバックステップで避けずに懐に潜り込み剣を持った手首を掴むと・・・

「そぉい!」
「あがっ!?」
・・・その手首を捻りこみ、ぐっと手首を寄せて女剣士の肩を支点に背負い思い切り少年を地面めがけて投げ飛ばす。受身を知らない少年は地面に叩きつけられて肺にあった空気が一気に抜けて・・・気絶した。

「・・・ったく、なんなんだい・・・」
女剣士は少年から武器を取り外すと宿屋の一室を貸してくれと宿主に断りをいれチェックアウトしたての宿に再び入るのだった・・・

部屋の一室のベッドに少年を寝かして自身はどこかに行ってしまった女剣士・・・
ドアを出て暫くすると・・・

「・・・う、う〜ん・・・・あれ? ・・・ココ・・・は・・・?」
少年が目覚めた。途端に・・・

ガチャッ

「お? ちょうどいいタイミングだったか。」
女剣士がちょうど帰ってきた。ソレを見て少年は・・・

「っ! サラマンダーっ・・・・あ、あれ? ・・・武器が・・・ない?!」
臨戦態勢をと・・・ろうとするが武器が一切合財なくなっていることに今気付く。

「アホか? わけも分からず襲ってくるようなヤツに武器を持たせられるかっての・・・」
女剣士は腕を組んで入り口近くの壁に凭れ掛かり溜息を吐く。

「・・・んで? 二度も襲撃したんだ。其のわけを聞こうか? もしツマラナイ理由なら・・・正当防衛として・・・わかるな?」
問いかけつつ女剣士はゆっくりと大剣の柄を握る動作をする・・・とはいえ、ただの脅しなので本当に切る気はさらさら無いようだ。
それでも凄みを入れると・・・迫力があった。
そしてその大人ですらビビる迫力の中で観念したかのように・・・

「俺・・・強くなりてぇんだ。」

ピクンっ!

・・・女剣士・・・サラマンダーの少女は反応する・・・

「強くなって・・・貧乏な家族に楽させてぇんだ・・・」

ピクンピクンっ!

・・・サラマンダーの尻尾の炎が強くなる・・・

「だからサラマンダーやリザードマンみたいな・・・生粋の武人に勝てるように強くなりてぇんだっ! ・・・・でも、奇襲位しか勝てそうに無いから・・・」
少年がそう吐いてシュンとした瞬間・・・

「馬鹿だなっ! お前はっ!!・・・鍛えればいいじゃないかっ!!!」
サラマンダーが吼えた。
・・・尻尾はメラメラと燃え上がっている。
・・・サラマンダー胸熱っ!

「お前の太刀筋・・・・磨けばまだまだイケる!・・・よしっ!」
そう呟いたサラマンダーはズカズカと少年の前まで来ると右手を差し出した・・・

「あたいが鍛えてやるっ!・・・といっても、あたいも修行中の身だけどな。」
あいた左手でポリポリとバツが悪そうな顔をして頬を掻く・・・

「・・・本当に?」
少年の目には活力が宿っていた。・・・サラマンダーの尻尾に呼応するかのように揺らめいていて・・・

「あぁ! よし・・・えぇと・・・」
サラマンダーは言葉を濁す。ソレも其のはず・・・互いの名前を知らないからだ。

「俺はセリム。6つだ。」
瞳に宿した炎は激しさを増していた。

「よし、セリム。あたいはユウグリッド=レオ。11さ。だがっ!」
八重歯をチラつかせるやさしい笑顔から一変してキリッと厳しい顔になり・・・

「これから・・・あたいのことは【師匠】とよびなっ!」
アツく叫ぶユウグリッド。
・・・バックに炎が燃え盛っているのは気のせいか?

そして・・・

これに応えないものは、共鳴しないものは男子にあらずっ!


「ハイッ! 師匠っ!」
・・・無事ユウグリッドのアツいハートを受け取ったセリムは『漢(おとこ)』に違いないっ!

そしてここからキツい修行が始まった・・・

あるときは・・・

「どうしたっ! まだ街を20周しか走ってないぞっ! それでも男かっ!?」
「はぁはぁ・・・はいっ! 師匠っ!!」

あるときは・・・

「どうしたどうしたっ! まだ私は一本もとられて無いぞっ! 体術を甘く見ているのかっ!?全ての武の基本中の基本だぞっ! わかっているのかっ!」
「うくっ・・・・・はいッ!! 師匠っ!」

・・・基本セリムはアツいハートとガッツでユウグリッドのキツい修行についていった。
勿論、続ければ続けた分成果が出るものである。


1年で同年代どころか3歳上の武術家の家の子ですら勝てるようになり・・・

2年で鉱山の仕事に顔を出すようになれるくらいまで筋力が増強され・・・

3年で近隣の青年までの武術大会で優勝を幾度とはたし・・・

4年・・・10歳で警邏隊入隊という異例の快挙を達成。この頃にはもう並みの魔物娘(ゴブリン、オークなど)はあしらう程度朝飯前のレベルだった(勿論丁重に『嫁』はお断りした)・・・

5年でリザードマンと戦えるレベルになり(勿論丁重に『嫁』はお断りした)・・・・

6年・・・12歳で警邏隊隊長というこれまた異常なまでのスピード出世。そしてこの頃にはもうワーウルフやワーバットなどのより野生に近い魔物娘も一人で倒せる位になっていた(勿論(以下略)・・・

7年でギルドに入って難易度の高い依頼をユウグリッドとともに消化していき・・・

8年でギルドの高額依頼専門ハンターに抜擢され・・・

9年でギルド・ローレライ支部の幹部になることでより高い難易度(ドラゴンへの退去勧告や、サキュバスの追い返し、問題を起こすパワー系の魔物娘の逮捕など)をこなす・・・



そして10年・・・・

セリムは華奢だが無駄の無い体格の青年になり、もう周辺地域で彼に敵う者はドラゴンかヴァンパイアか、はたまたバフォメットか・・・上位の魔物位であった。
そして彼は来年から・・・

なんとギルドのローレライ支部長に就任することが決まった。
通常であれば支部長になるには最低でも20歳ぐらいといわれている中で・・・である。
これも偏にユウグリッドとの修行のおかげである。


かくいうユウグリッドはというと・・・


これまた見目麗しい女性になっていた。10年前に比べて断然大人びたユウグリッドだが背がのび、胸が膨らみ、女性らしい柔らかな肉質でありながら・・・しなやかな筋肉を持つという人間の女性からしたら羨望の権化であった。

そして普段はセリムとともに修行に励み、ギルドではセリムと一緒だったり単独で高難易度の依頼をこなしていた為にユウグリッド自身もギルド幹部になっていた。

そしてこの日・・・ちょうど修行が始まってから10年目になるこの日。
ユウグリッドは今まで溜めていた思いを吐き出すべく・・・

其の日は快晴で、まだ朝日が昇る前で空が白みかかっているくらいの時間帯。
小高い丘の上で二人は各々の鍛錬をしていたが急にユウグリッドの動きが止まり・・・

「セリム。」
「はい? なんですか? 師匠。」
準備運動の町内10週フルスピードランニングと腕立て腹筋背筋を100回、サーベルの素振り1000本を終えたところだった。
・・・軽く汗を流すくらいなのだからセリムはもう人間ではないかもしれない・・・・(汗

「・・・これより『最後の修行』を行う。・・・剣を抜け。」
「っ・・・・・はい・・・・師匠・・・」
ユウグリッドは背負った大剣の塚を握り・・・鞘から抜く。
その人間がもてば絶対に地を引き摺ってしまうであろう超重量の大剣を両手で軽々ともち・・・構える。
・・・斬撃に特化した上段の構えだ・・・

対してセリムは腰に佩いたロングサーベルを抜く。
斬撃に特化して作られた切っ先が若干丸くなり幅広の刃を下に向けて両手を横に軽く広げて・・・構える。
・・・自然体からのカウンター狙いの構えだ・・・

・・・二人ほどの域に達すると勝負は一瞬で片付くというが・・・はたして・・・

「・・・最終課題は・・・【あたい】を満足させろ・・・だ!」
言葉を発し終えるとともにセリムへ突進しつつ剣を鈍い風きり音をさせて振りおろす。

「・・・むずかしい・・・課題です・・・ねっ」
空かさずセリムは右足をすばやく左足の後ろへ引き体全体を左へずらして回避する。
そして紙一重でよけた大剣が腰まで振り下ろされた瞬間に右手のロングサーベルを思い切り、自身の出せる最大速度で横なぎに振る。

「っと・・・」
ユウグリッドは攻撃を予想していた。なので柄から手を離し一気に後ろへ飛ぶ。数コンマ前に自分の腹があった場所にセリムの刃が通過した。

「っち・・・・っとぉっ!?」
通過した刃を返し刀で再び切り込みかつ一歩前へ踏み込んだが右ヒジを左手で押さえ込まれユウクリッドから強烈な右ストレートがセリムの顔めがけて飛んできた。
顔と右肩を捻り左肩を思い切り地に落とすことで回避し、あいた左手を地面にあてソレを軸にして・・・

「っとと・・・・へへっ・・・やるじゃないか・・・」
ユウグリッドの左顔面めがけて回し蹴りを放つセリムだったがバックステップされてかわされた。かわすついでに自分の獲物を引き抜き・・・・

・・・二人は再び最初と同じ様に・・・でも最初より距離が詰まった状態で対峙していた。

「くそぅ・・・相変わらず力強いな・・・師匠の技は・・・」
「何を言うか・・・セリムの技はキレも速度もあって・・・結構危なかったぞ?」
・・・二人はニコっと笑みをたたえていた。

だが・・・

「・・・次で仕留める。」
その言葉を言った瞬間、そこには無表情で獲物を水平に構えるユウグリッドが・・・
背後に殺気と闘気をあふれ出させて立っていた・・・

「・・・いつでも・・・どうぞ・・・」
こちらも無表情になり同じ様に水平に構えるセリムの背中は・・・
・・・ユウグリッドに負けないぐらいの殺気と闘気をあふれ出させていた。

・・・・周りの時が止まった・・・・

・・・・・暫く音の無い世界が続いて・・・

・・・それに耐え切れなくなった鳥が一羽・・・



羽ばたいたっ!



「うぉぉぉぉぉぉっ!」
「せぇぇぇぇぇぇぃ!」
其の瞬間、重々しい金属音が響き渡り・・・


ビキッ・・・・


・・・互いの武器に皹が入り・・・


ビキビキ・・・


・・・皹が広がり・・・やがて・・・






ビキッ・・・・・・キャリィィン!!






・・・ともに武器が砕け散った・・・・



暫くそのままの状態で止まっていたが・・・

「・・・引き分け・・・か?」
「・・・・いや・・・」
互いに砕け散った武器を互いに引いて・・・
セリムが鞘にいれようとした・・・・其のとき・・・・

ガシッ

「・・・へっ?」
自身の武器を投げ捨てセリムの両肩を掴み・・・セリムを押した。
勿論力を入れてたわけではない・・・完全な不意打ちに対処しきれずセリムはなすがまま押し倒される。

「ってて・・・・あ、あの? 師匠?」
「・・・合格だ。もうお前は弟子じゃない。」
顔が・・・ユウグリッドの顔がセリムと目と鼻の先にあり・・・ユウグリッド自慢の髪がセリムに雨のように差し込んでいた。

「だが・・・・これからは相棒として一緒にいたい。・・・・ずっと好きだった。だから・・・・結婚してくれっ!!」
「あの、えっと・・・師sy・・・じゃなくて・・・ユウグリッド? いきなr・・・ムグッ!?」
・・・セリムの反抗は・・・ディープキスでふさがれた。
・・・チラリと見えたユウグリッドの尻尾の炎は最高潮だった・・・

「アムッ・・・ンッ・・・ぷぁっ・・・」
銀の架け橋を作って唇が離れる・・・

「・・・いままで我慢してたんだ。

初めて私から一本取ったときの笑顔・・・
初めての警邏で隊員と仲良く必死になろうとしていた表情・・・
隊長就任で照れていた顔・・・
初めてのギルド依頼のとき私に見せた微笑・・・・

・・・いつからか分からない。
・・・好きだ。大好きだ。どうしようもなくセリムが好きだ。

だから・・・・結婚してくれよっ!!」
・・・ユウグリッドの目からは・・・涙が出ていた・・・

「・・・やっぱりサラマンダーであるユウグリッドは感情がストレートなんだな・・・ははっ」
セリムは困った顔をしてユウグリッドを見上げていた・・・

「・・・ぅ・・・・そ、それで・・・返事はd・・・んぐぅっ!?」
・・・こんどは逆にユウグリッドが言葉を食われた。
・・・デイープキスで。

「ハムッ・・・ン・・・チュル・・・・っぱぁっ・・・・これが答え・・・じゃだめか?」
ふふっ、と微笑んだセリムは真剣な顔になり・・・

「・・・コレからは師匠としてでなく・・・妻として傍に寄り添ってくれないか?」
「っ!! よ、喜んでぇっ!」
尻尾がこれ以上ないくらい猛々しく燃え上がり、歓喜のあまりボロボロと涙を流すユウグリッド。

晴れて結ばれた二人の初夜はとても情熱的で・・・
交わりは次の日の夕刻まで続いたのだった・・・・・

【完】

もっとアツくなれよぉぉ!!
・・・どうもjackryです。

今回はサラ娘で源氏ものG・・・ゲフンゲフン・・・イイオトコ物語でした。
いかがでしょうか?(´・ω・`)
感想まってまーす!

11/06/22 23:32 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33