『悲劇を喜劇に・・・』




ここは図鑑世界がそのまま近代化した現代。
かつてジパングと呼ばれたこの国の一角、とある中学校から物語は始まる・・・

「起立っ、気をつけっ・・・ありがとうございましたっ」
『ありがとうございましたっ』
どこかの教室で挨拶がする・・・

「ふぅ・・・なんで夏休みの午前中に来なきゃならないのかな・・・」
「だよねぇ・・・園子(そのこ)の頭の蛇達もダラッとしているわよ?」
「そういう凍(とう)だって・・・髄分とまぁ・・・その・・・縮んだよね・・・」
・・・挨拶が終了し皆が帰り支度をし始め、中には先のメデューサやユキオンナのように駄弁っているものもいる。

「あ、翔(しょう)君。」
「ん? はい、何ですか? 由良(ゆら)先生?」
「悪いんだけど・・・また悠(ゆう)さんのところへ書類を届けてほしいのよ・・・」
翔と呼ばれた少年を呼び止めたのは今にも教室を出ようとドアに手を掛けた状態だった妖狐の女性だった。

「わかりました。・・・どこで受け取ればよろしいですか?」
「いつもどおり職員室前で渡すからちょっと待っててね。」
「はい。」
彼は慣れた受け答えで聞きうけ帰宅準備を整えて職員室へ向かった。
職員室前で様々な人が過ぎ去るのを横目に・・・
翔は腕を組みバックを床に置いて壁に凭れ掛かって待っていた。

「はい、おまたせ〜」
「いえ、いつもよりチョット早いくらいで大して待ってませんでしたよ。」
「ふふ」
何分か廊下にて待っていると職員室の引き戸が開き先ほどの由良先生がいくつかのファイルに数枚のプリントを挟み込んだものを翔に手渡した。

「・・・いつも本当にありがとうね。・・・本当は私が行きたいんだけど・・・」
「いえ、由良先生は学園祭の準備担当とかで忙しいんですから無理しないでくださいよ。それに僕は家が隣ですから何のそのですよ。」
「・・・本当にありがとう・・・ね・・・」
ふふっ、と微笑む由良先生の顔には微笑みの中に悔しそうな顔が見えた。

「それじゃあ、悠ちゃんにお元気でと・・・あと無理して来ないようにって伝えて頂ぅ〜戴ぃ〜」
「はい、分かりました。・・・それでは失礼しますっ」
軽く頭を下げて会釈をし、振り返って下駄箱の場所まで早めに歩く。
後ろからは由良先生が手を小さく振っていた・・・

翔の姿が見えなくなると・・・

「・・・ごめんなさいね・・・翔君・・・」
・・・もうそこにはいない翔に・・・顔を俯かせて謝る由良先生がいた・・・


====================================================================

其の頃の翔はというと、正門で親しい友人数人と別れた後真っ直ぐと自宅へと向かう・・・かと思いきやすぐ隣のうちの門を呼び鈴も押さずに潜り・・・

「すいませ〜ん、翔ですけど・・・・おばさ〜ん、いますか〜?」
ドアを半開きにして顔を突っ込みそう呼びかけると・・・

「あら、翔君いらっしゃい。悠なら上で寝ているわよ?」
「分かりました。・・・あ、これ由良先生から渡すように言われてきました。」
鞄を弄り取り出したファイルをついさっき小走りでやってきた悠のお母さんに渡すとお邪魔しますと挨拶して靴を脱いで上がり【翔】と書かれたスリッパに足をいれて其のまま二階へとゆっくりと上がっていった。

そしてそれを微笑みながら見送り、翔が見えなくなったのを確認すると翔から渡されたファイルを見始める悠の母がとあるページにて動きが止まった・・・

「・・・やっぱり・・・駄目だったのね・・・」

・・・それは診断カルテの模写だった。カルテの片隅に小さな文字で・・・

≪ーーーお力になれなくてすいません・・・。  由良外科医院院長 由良 美紀≫

・・・母親は静かに涙した・・・・







そんなことは露知らず、翔は廊下をある程度歩いて目的の部屋の前に着く。其の部屋には可愛らしい狐の木の表札に【悠】と書かれていた。
そして翔はコンコンと軽く握った拳を裏返しその表札の部屋の主に語りかける。

「お〜い、悠ぅ〜・・・おきてるか?」
「あ、翔ちゃん? おきてるよ。はいっていいよ。」
確認を取りドアのノブを押し下げゆっくりと押し開きながら「お邪魔します」と漏らす。
そしてドアの先・・・光の射す窓際のベッドでこれまた可愛らしい寝巻きを着た女の子がこちらをみて微笑んでいる・・・
それを見た翔もドアを閉めて振り返り微笑返してゆったりとした動作で歩み寄り、ベッドの直ぐ脇にあった丸椅子にトサッと腰を下ろした。

「よかった、今日も元気そうじゃないか。」
「ふふっ、今日は朝から調子がいいんだよ。それで・・・今日はどうしたの?」
上体だけ起こして眠っている悠に翔は楽しげに今日あったことを話す・・・

「・・・でさ、あまりの暑さで凍が縮んじゃっててさ。みんなの第一声は【・・・小学生がなぜ来た?】だったんだぜ?」
「ぷぷっ・・・凍、可愛そうぅ、ふふふっ・・・っくっく・・・っぐぅ?!」
話し込んでお互いに笑っていた二人だったが笑っている途中で悠の様子がおかしくなった・・・

「っ! 待ってろっ・・・・・・あった、ほら吸って。」
「ングッ・・・スゥーハァー・・・スゥーハァー・・・・」
胸を押さえて珠のような汗を流す悠を見て直ぐに翔は悠の持病が発症したことを悟りなれた手つきで直ぐ近くの机の上にあった喘息患者へ渡されるような医療用の吸引機を悠の口へしゃぶらせて深呼吸を促す。
・・・暫くして呼吸が落ち着いた悠。

「・・・っぱぁ・・・・・ハァ・・・ハァ・・・ご、ごめんね・・・翔ちゃん・・・ハァ・・・」
「いいさ、いつもの事だしな。・・・にしても悠、なんか前よりひどくなってないか?」
落ち着きを取り戻した悠に最近の発作周期が短いことに気付いた翔は問う。

「うん・・・なんか・・・このごろ・・・ね・・・ふぅ・・・・・」
「・・・そっか、じゃあ今日の夏祭りは中止n」
「嫌っ! 絶対いくっ!」
・・・先ほどの落ち着いた様子はどこへやら。涙を溜めて頬を膨らませて懇願する様子はとても同年の幼馴染とはとても思えない。精々・・・妹だろうか?
そんな我侭娘は一度言い出したら梃子を使っても意思を変えないほどの頑固者というのは長年の付き合いで承知済みであった。

「・・・はぁ・・・わかったよ、悠。今夜迎えに来るから。」
「うん! だから翔ちゃん大好きっ!」
太陽のような微笑を向けられ見惚れてしまっていた翔だが直ぐに意識を戻して帰宅準備を始める。
「じゃあ、またな。」と右手を上げて挨拶し部屋を出て廊下を歩くとちょうど二階に上がろうとしていた悠の母親とかち合った。

「あ、どうもお邪魔しました。」
「・・・あ。・・・あ、あらもう帰るの? お茶でも飲んでいったら? 」
「・・・? いえ、夜に祭りに行くのでソレの準備で早く帰ろうと思いまして・・・」
「そう・・・」と切り返す悠の母。何か変だと疑問に思いながらもその小さな疑惑は翔の中で掻き消え、翔は何事も無く家に帰宅するのであった・・・


一方・・・


「うふ♪・・どの浴衣にしよっかな♪」
翔が帰った直ぐ後、ベッドから這い出てクローゼットを肺に負担を掛けないようにゆったりとした動作で漁る悠。そうこうしていると・・・

「悠・・・ちょっといいかしら?」
と、先ほど翔がすれ違った悠の母親の声がドア越しに、心なしか元気が無い声で呼びかけられた。

「ふぇ? どうぞ?」
「・・・悠、------------------------。」
「・・・えっ・・・・ど、どう言うことなの?」
部屋に入って悠を見据える母から思いもよらぬ言葉を聴き・・・悠は自分の耳を疑った。

====================================================================

そして時間は進み・・・悠と約束した時間通りに悠の家まで迎えに来た翔。

「こんばんわー。翔です、悠は準備は・・・」
また呼び鈴を鳴らさずに玄関を開け、中に入ると・・・

「・・・へへっ、似合う・・かな?」
紺色の生地にアクセントとして金魚が足元で泳いでいる柄、普段は流したままの長髪を纏めて後ろで小魚のデフォルメされた柄のピンで綺麗に整えてある・・・俗に言う浴衣結いというヤツなのか?・・・それに帯が少々きついのか普段は寝巻きを着ているせいで無いように見られがちな胸がコレでもかと強調されていた。

「・・・すっごい・・・美人・・・」
「っ! ・・・ふふ、ありがと。さぁ、いこうよっ! 翔ちゃん!」
放心していた翔を引っ手繰る様に腕に腕を絡ませて強引にその場を後にする悠。
・・・その顔に翔は少し違和感を感じていたが気のせいだろうと自分を納得させて祭りを楽しむことにした・・・

さほど歩かない距離にある普段は少々廃れた神社が今では・・・・随所に出店が立ち並び、行きかう人の群れとその熱気、飛び交う売り子の声。
そこは活気に溢れていた。

そこへ悠と翔はやってきた。

(なんだろう・・・普段の悠と違って大人びていて・・・ドキドキする・・・)
(・・・翔ちゃん・・・私のこと意識してるのかな?・・・ふふっ)

手をつないで歩く其の様は紛れも無くカップルにしか見えない。当初悠は「腕を組んでいたい」と、いっていたが翔に「それは勘弁してくれ」といわれ不満たらたらだったが、今は満更でもないと思った悠だった。

(・・・あ、悠のヤツシャンプー変えたのか・・・いい匂いだ・・・)
(・・・気付いてくれたのかな? 翔ちゃんが前好きだって言ってた匂いだよ♪)

紅くなった翔の顔を下から覗き込み満足な表情の悠だったが、不意に手を強く握られる。

「は、はぐれたら大変だからな。・・・は、はなれるなよ?」
「・・・うん♪」
その翔の照れ隠しにただただ嬉しくなる悠だった。

神社の参道の真ん中ら辺まで歩いていると・・・

「あ、翔ちゃん。金魚すくいだよっ!」
「え?・・・やってみるか? 悠。」

子供みたいに人差し指刺して金魚すくいの出店を指差す悠。その如何にもやりたいですといわんばかりのキラキラの瞳に苦笑しながら翔は懐からお金を出して・・・

「じゃあ、お願いします。」
「はぁい、まいどあり〜・・・・はい、ポイですね。彼女のために一枚オマケしておきますね。」
そのお金を金魚すくいの出店のところに座って(?)いたマーメイドさんに渡してポイを貰う。・・・しかもサービスしてもらってしまった。

「悠。」
「ふふっ、よぅし・・・でっかいのいくぞぉ〜」
・・・結論から言うと一匹もとれなかった。
金魚が悉くポイから落ちてしまった。翔が変わりにやろうとしても・・・

「いいから翔ちゃんはみててっ!」

の一喝で手出し無用と・・・・

一匹も釣れない変わりに袖をビショビショに濡らした悠は気分がかなり沈んでいたが翔が気を利かせて綿菓子を買ってきたのでご機嫌になった。

そして神社まであと少しというところまで歩いていた時・・・

「あれ? 悠に翔?」
「あら? 本当ですね?」
・・・園子と凍が浴衣姿でこちらに歩いてきていた。

「っ!」
「っ!」
悠と翔は互いに何か気恥ずかしくなって手を離した。・・・顔は赤くなっていることに気付かずに・・・

「おや?おやおや〜?・・・・ふふっ、ご馳走様です。」
「えっ? 何? 二人ってそういう関係だったの? ・・・あー・・・・ご馳走様。」
凍はそれを見逃さなかった。そしてからかい、それに便乗して園子も笑う。だがその笑いには誹謗などは含まれておらず、むしろ親愛や祝福の類の暖かいものだった。

「じゃあ私たちは・・・ふふっ」
「邪魔しちゃ悪いものね・・・ふふっ」
そし直ぐに去っていく二人であった・・・

「・・・・い、いこか?」
「・・・・う、うん・・・」
・・・かなり気まずい空気になったが・・・それでも手をつないで歩き始めた。




≪ピンポンパンポーン≫
--あと、30分で打ち上げ花火を打ち上げます。関係者の方々は至急定位置へ。繰り返します・・・・・--




そしてとうとう神社のところまで来た。
もうソコまでくると回りに賑やかな音はすれども・・・その周りには提灯の小さな明かりのみが照らす閑散とした場所だった。

そんなところへ休憩のため石段に腰を下ろす二人。

「ふぅ・・・久々にお祭りにきたけど・・・何年ぶりだろうな・・・」
「うんと・・・私の記憶だと・・・3年前の小学6年生のときだね。」
・・・・不意に会話が無くなった。

・・・・沈黙する二人。
・・・・どれだけ時間がたったのだろうか・・・意を決して・・・

「あ、あのさ・・・」
「あ、あのね・・・」

「「あ・・・」」
・・・タイミング悪く重なってしまった。

「悠から、どうぞ?」
「う、うん・・・」
翔が折れて会話を進ませる・・・

「翔ちゃん・・・実は私ね・・・」
・・・・遠くで「打ち上げ花火、打ち上げますよ」と聞こえる・・・



『引っ越すことになったんだ・・・・』

どぉぉんっ!

「・・・・え・・・・」
翔は二の句がつげなかった・・・

「私の肺、ここら辺じゃてのうち用が無いんだって・・・それでね、都市部に専門機関のある大病院に入院することになったの。手をうつなら出来るだけ早いほうがいいってコトで・・・明後日に出発になったんだ・・・」
・・・翔は黙って聞いていた。

ドォォォンッ・・・ドドォォン!

「明日まではここにいるけど・・・ね・・・でも・・・わたじ・・・ヒグッ・・・やだよ・・・グッ・・・翔ちゃんと・・・グズッ・・・離れたくないよっ・・・・ウグッ・・・ヒグッ・・・」
・・・ふいに悠の肩に手が置かれ・・・翔に引き寄せられた。

「・・・泣くなよ。僕だって・・・出来れば離れたくないんだ。・・・でもそれが悠のためなら・・・我慢するよ。元気な悠が見れるなら・・・僕待ってる。ずっと・・・ずっとここで待ってるっ!
そしてまた・・・・祭りを一緒に回りたい。」
「っ! ・・・・うん・・・うん! 絶対・・絶対私ここに戻ってくるっ! どんなことしてでもっ!」
・・・悠は抱き合った翔の胸の中で・・・声を上げて泣いていた。

ドドォォン・・・ドォォン!

・・・空に消える大火輪を背景にして・・・

====================================================================

・・・祭りから2日後。
まだ空がしらけ始めたくらいの時間に翔は悠の家の前であまりメンテナンスをされていない自転車を支えて待っていた。

あの祭りのあと泣きつかれた悠を負ぶって届けたとき耳元で囁かれた最後のお願いを聞くために・・・

「ごめんね翔ちゃん・・・まった?」
「いんや、全然。」
白いワンピースがすごくよく似合っている悠。さながら深窓の令嬢のようだった。

「しかし・・・ほんとにいいのか? 昨日おばさんと一緒に行けばよかったのに・・・」
「いいの、最後までこうして翔ちゃんと居たかったから、ね。」
ニコリと微笑む悠に浴衣のときとは違う時めきを胸に感じる翔だったが・・・

「は、はやく行くよ。じゃないと始発に間に合わないよ。」
「うんそうだね。・・・じゃあ翔ちゃんお願いね?」
二人はそれぞれ自転車に乗り、駅に向かって出発する。


ギリギリと油の切れ掛かったチェーンを回して進む。
長年の風雨に晒され錆びだらけの車輪を回して進む。
後ろから寄りかかる悠の温もりを感じながら進む。
ちょっとキツイ上り坂も悠の励ましで踏ん張り乗りきって進む。
上りきった坂の頂上で日の出を迎えて目を細めながらも進む。

その細めた目から涙が零れても・・・それを悠に悟られないように拭い、翔はただただ進む。

そして駅に着き、悠はすでに買っておいた切符を用意した。
翔は券売機の前に立ち・・・もっとも安い入場券を購入した。
発券されたソレを・・・大事に、大事に握って改札口へ向かう。

翔が改札を潜り次に悠の番・・・だったが・・・

「あ、あれ?」
「・・・横にしたらとおれないだろう・・・」
・・・バックの向きが悪くて改札口に突っかかってしまった。さらにはその鞄についていた飾り紐が変な風に絡んでしまっていたので翔は直ぐに歩み寄りからまりを解いて外した。
駅のホームに着くとちょうど電車も着いたところだった。
悠はそれに向かって歩いていき、乗り込み・・・振り返る。
翔も歩み寄り、しかしドアの前で止まり・・・悠を見る。
電車の発車を知らせるベルが鳴り響きドアが閉じる・・・
閉じた瞬間、どれだけ重いか分からない何千、何万より距離のある一歩を悠は踏み出しドアに張り付き・・・

「約束だよっ! 絶対・・絶対に逢いにいくからっ! 」
「っ・・・まってる・・・待ってるからなっ! 」

・・・ドアにちょうど逆日があたり中の様子は見えなかったが・・・翔は・・・悠は・・・
互いに泣いていたことを知っていた・・・・

電車はゆっくりと走り出す・・・
翔は自身が出せる最大速度でホームを、改札を、駅を後にし・・・
自転車を強くけりだし・・・
最短路を通って・・・
ちょうど電車と併走するところに出た。

手前の下り坂を利用して一気に加速して文字通り電車と併走する翔。

「悠ぅ! 祭りのとき言えなかったことがあるんだぁぁ!」
翔は叫びながら自転車を扱ぐ、そして何事かと電車内の数人しかいない人々が翔の方を見る・・・
その中には両手を顔の前で交差させて口を押さえ・・・涙を流す悠もいた。
しかし、電車は加速していき・・・どんどん距離が開いてくる・・・

「おれ・・・おまえのことが・・・・すきだぁーーーー! だからっ・・・・おれば・・・」
息も絶え絶えになりながらも・・・・

「こ゛こ゛で! こ゛の街で! お゛前を! まって゛る゛ぞぉぉ!!」
涙で顔をぐしゃぐしゃにして・・・

離れていく電車を見つめつづける翔は手を振って・・・悠を送り出した。

・・・・・・・・・
・・・・・
・・・

「・・・」
暫くして、泣きはらした顔を拭い、翔は自宅へと戻った。

・・・その背に悠の微かな温もりを感じながら・・・

====================================================================

・・・ソコから数年がたった。

あのあと悠からの頼りは一切来ることが無く、高校受験の年を向かえた。

翔は約束どおりココに居たいがために自分を苛め抜き、県内で最難関といわれている地元唯一の高校に見事合格。

ソコから更に時間が進み・・・

「・・・もう夏か・・・悠はどうしているかな・・・」
高校2年の夏。翔は夏が来るたびに悠を思い出していた。
あの約束の日以来、悠を思い続けてココまで来た。


そんなことを考えていると・・・

≪ピンポーン≫

「ん? 誰だ?・・・・はいはい、いまでます、っと。」
机に向かって医術の資料等と向き合っていたが、突然の来訪者のせいで中断し待っているであろう来訪者の元へ行く。

玄関まで赴き扉の曇りガラス越しに確認する翔。

(背が低い・・・)
「はーい、どな・・・・・た・・・・・・」
ドアを開けてソノ姿をみた瞬間・・・・時間が止まった。













「・・・えへへ・・・お待たせ・・・翔ちゃん・・・」
・・・悠がいた。
ただし・・・・













ミミと尻尾を生やしていたが・・・・
だがそんな些細なことは翔にとってどうでもよかった。

「悠っ、悠っ!」
「うわっ!? ちょ、ちょっと翔ちゃん?!」
翔は再び逢えたことに感激のあまり涙を流し抱きついた。

「悠っ・・・お゛がえ゛り゛・・・ヒグッ」
「翔ちゃん・・・う゛ん゛・・・だだい゛ま゛っ・・・グスッ」
悠までもらい泣きをして暫しその家の前で抱き付き合い泣いていた二人であった・・・


-------君が居なかったあの夏は遠い記憶の中・・・・-------



【完】

作者自身・・・涙腺はゆるいです・・・
どうもjackryです。
今回のこのSS・・・お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが・・・

【夏祭り/ホワイトベリー】
【車輪の唄/バンプ オブ チキン】

の2曲をSS風にしてつなげてみました。そういう意味ではほとんどインスパイア作品になってしまいましたが・・・(汗

そして悠がモフくなったのはリリムさまのお力です、といっておきます。

さて、最後のところ・・・あえて種族は決めていません。皆さんは何になりましたか?
モフくなったユウは・・・・さぁ、想像という名の妄想を膨らませてみてくださいww

あと、続かないし続かせない。完全読みきりです。そこんところよろしくです。

・・・いかがだったでしょうか? 感想等待っています(´・ω・)

11/06/21 13:18 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33