連載小説
[TOP][目次]
第30話「救難信号」
サンリスタルを出発したコレールたち一行が次に目指しているのは、「賢者の森」と呼ばれるウィルザードで唯一にして最大の森林地帯だった。

賢者の森には魔王の代替わりより更に古い時代からエルフたちが住んでおり、ヴィンセントたちが調べたところによると、「魂の宝玉」の起源もそこに在るのだという。

――――――――





「ふぅ……やっぱりこの時間帯は相当暑いな……」

コレールはそう呟くとタオルで頬に滴る汗を拭き取り、手に持ったケバブ――サンリスタルで調達した、ヨーグルトなどで味付けした鶏肉とサラダを、パンで挟んだ携帯食である――を豪快に頬張った。その横では、既に三人前のケバブを平らげたエミリアが、パルムの小さな肩に寄りかかり、すうすうと寝息を立てている。

賢者の森が近くなるにつれ、これまでは岩と砂ばかりだった旅の景色にも、ようやく草木の賑やかさが現れ始めていた。俗に「サバンナ」と呼ばれるこの草原地帯を渡る途中で、コレールたちは昼休憩をとっていた。

「本当にやだわぁ、よりにもよって罪もない女の子を手籠めにするために、私の魂が使われるところだったなんて。何百年経っても男って、そういう生き物なのね」

「マダム・リンキング。君を襲った災難には同情するが、その手の愚痴を私の耳元で話すのは礼儀にかけているといわざるを得ないな」

「あらやだ。貴方にも私にも、もう耳なんてないじゃない」

「言葉の綾だ!」

彼女たちの側ではヘリックスと、ハースハートで砂の王冠から解放されたリンキング――正確に言うと、彼らの魂が封じ込められた2つの宝玉――が頑丈な革袋の中でおしゃべりをしている。

コレールが汗でびちゃびちゃになったタオルを放り投げると、パルムはすかさずそれをキャッチして、ちらちらとコレールの顔色を窺いながら首に巻く。
それを見たコレールは満更でもなさそうに、苦笑いを浮かべるのであった。

――――――

「ふう……これだけあれば十分よね」

コレールたちのいる場所から少し離れたところにあるオアシスで、クリスは荷車に積める分だけの水瓶に水を溜め込んでいた。サバンナを渡る旅人にとって、飲み水は生命線と言っても過言ではないだろう。

「アラーク、こっちも終わったわよ!」

「まぁそう焦るなクリス。どうせすぐには出発はしないんだ」

クリスと同じように水瓶をいっぱいにしていたアラークはそう言って靴と靴下を脱ぎ捨てると、そのまま爪先を慎重にオアシスの泉の中へと差し込んでいく。

「おっ、冷たくて気持ちいな……さぁ、君も来てみろよ」

「……もう、しょうがないわね!」

クリスは呆れつつも嬉しそうな笑みを浮かべてアラークに倣い、靴を脱ぎ捨て冷たい泉の中へと足を踏み入れる。

「そらっ、こいつはどうだ?」

アラークが泉の水面を足で蹴り、冷たい水しぶきをクリスに浴びせる。

「きゃっ、やったわね!」

クリスは笑いながら水面を掬って、アラークに水しぶきを浴びせ返した。

「おっと、やってくれたな?」

「あはっ、悔しかったら捕まえてみなさいよ♪」

クリスとアラークはしばらくの間、泉の中で子供のように追いかけっこをしてはしゃぎまわっていた。

「きゃっ!」

水底の泥に足を取られて転びそうになったクリスの腕を咄嗟に
掴み、彼女の転倒を阻止するアラーク。

「大丈夫か?」

「うん、ありがとう……」

クリスが甘える子猫のような目でアラークの顔を見つめると、アラークは優しく微笑んでクリスの体を抱き寄せる。

しばらくの間無言で見つめあった後、どちらからというでもなく、ゆっくりと上気した顔を寄せていく。

そして、恋という名の炎に燃え上がった男と女の唇は、太陽が見守る下で静かに重な――




ジョボボボボボボボボボボ……


すかさず二人が振り向いた先では、ドミノ=ティッツァーノが惜し気もなく「モノ」を晒し、泉に向かって豪快に放尿する光景が繰り広げられていた。

「あ〜……漏れるかと思ったぜ全く……あ? 何やってんだお前ら? 水汲み終わったんなら早く皆のとこに戻れよ」

―――――――

「むにゃ……あれ? ドミノさんは何処ですかぁ?」

「ドミノならお腹の調子が悪いみたいよ。用を足してから戻るって言ってたわ」

「……?」

一切の感情が見られない表情で返事をするクリスの様子に、事情を知らないエミリアは首をかしげるのであった。

―――――――

「ドミノの奴、どんだけ長いう○こしてるんだ……ちょっとオアシスの方を見てくる」

ケバブを食べ終えて腰を上げると同時に、コレールの背後――南の方の空にピンク色の花火が打ちあがった。

「コレール、あれは……!」

青空に桃色の花を咲かせた花火を目にしたクリスの顔が、急に険しいものへと豹変する。

「みんな、荷馬車に乗れ。すぐに出発するぞ」

後ろを振り返ってクリスと同じ光景を目にしたコレールはすぐさま他の4人に指示を出すと、自分はカクニの鞍に跨り、深刻な様子で手綱をしっかりと握りしめた。

―――――――

「あぁ……頭が痛い……俺はオアシスで小便をしてて……それから……」

コレールはまずオアシスの泉に水死体のごとく浮かんでいたドミノを馬車に回収すると、そのまままっすぐ先ほどの花火が打ちあがった方角へと魔界豚を走らせていた。

「……そうだ、思い出してきたぞくそったれ! 確か両側から毛むくじゃらの変態化け猫女とともうろくズーフィリアの拳が――」

「コレール。今のはもしかして魔王軍の信号か何かか?」

ドミノの言葉を遮ってアラークはコレールに確認する。

「その通りだ。あれは魔王軍の『救難信号』。実際に打ち上げられたのを見たのは初めてだけどな」

「基本的に余程切羽詰まった状況でもない限り、あの信号が打たれることはないわ。アラーク、貴方もいつでも戦えるように準備をしといて」

そう言って自身の得物である魔杖の状態を確かめるクリスの顔は、いつになく緊迫感に満ちていた。


―――――――――

――魔王軍第七ウィルザード遠征部隊野営地。

野営地の奥に本部として設営されたテントの中で、デュラハンのマルガレーテは唇を噛みしめたまま腕を組み、座り込んでいた。

状況は悪くなる一方であり、残された時間からして他の部隊からの救援が間に合うのを望むことも難しい。唯一の希望は先ほど打ち上げた救難信号を目撃した近場の魔物娘が手を貸してくれることだが、このような僻地まで来てくれるかどうかは正直疑わしいところだった。

「マルガレーテ隊長! 救難信号を確認したという一団が先ほど到着しました!」

テントに飛び込んできたサラマンダーの報告を聞いて、マルガレーテの眼にわずかな光が戻ってくる。

「そうか、来てくれたか! どのような者たちだ!」

「そ、それが……」

「私だよ、マルガレーテ」

そう言ってテントにぞろぞろと入ってきたのは、仲間たちを引き連れたコレールである。

「う……いや、この際贅沢は言えないな……」

「なんだ、私じゃ不満なのか? 隊長」

コレールはずかずかとマルガレーテの目前まで歩み寄ると、お互いに厳しい目つきでにらみを利かせ合う。

「左遷された身分であるお前に頼らなければいけないという事実については我慢できる。問題は、お前がさも当然のように魔王軍との接触が禁じられた男を連れてきたことだ」

「おお悪いな隊長。それじゃあ今からあんたたちが掘り出した地雷の上でタップダンスをしてくるわ。そうすりゃ接触云々の問題はないし、悪党にはお似合いの末路だろ?」

うなり声をあげてドミノを叩き出そうとするマルガレーテを、肩を掴んで止めるコレール。

「そいつはわたしの連れだ。ドミノの行いの責任は私が持つが、こいつを放り出すっていうなら私も帰らせてもらう」

マルガレーテは鬼のような形相でコレールをにらみつけていたが、やがてあきらめたように首を振って机の方へと歩いて行った。

「今はこんなことで言い争いをしている場合じゃないな。こっちに来てくれ。今の状況を説明する」

―――――――――――――――

今から少し前のことだ。ウィルザードにある都市国家の1つである「インファラード」が、国政の方針を親魔物側に変えると公言し、その一巻として魔王軍を通じ、魔物娘たちとの相互不可侵条約の締結を提案してきた。

交渉は順調に進むものと考えられていたが、ある日我々のところに一人のクァラ族の使者が訪れたら時から流れが変わってきた。

クァラ族とはウィルザード大陸に古くから生きてきた少数民族の1つだ。

彼らは自然信仰、あるいは精霊信仰の影響を受けた独自の宗教体系を持つ白い肌の民族であり、その平和的な在り方故にウィルザード人から長年迫害をされてきた悲劇の民族でもある。

クァラ族の使者の目的は告発だった。インファラードは過去のザムールで禁止されたはずのクァラ族への迫害を、今でも続けているという。

我々は詳細の調査に乗り出したが、インファラードの政府に先手を取られた。連中は一週間ほど前に国内で起きた自爆テロの主犯が、クァラ族の集落で匿われていると主張し、インファラードの兵士たちがあっという間にその集落を制圧してしまった。

幸い完全に制圧される前に、結婚して間もない女性だけは救出することが出来たが、それ以外のクァラ族は皆村の中に軟禁されている状態であり、現在も予断を許さない状況が続いている。

―――――――――

「……説明はここまでだ。何か質問は?」

マルガレーテの言葉にクリスはすかさず手を挙げる。

「『結婚して間もない女性だけ』救出できたってどういうこと?」

「ああ……そこなのだが、なぜか連中はクァラ族の人質を、結婚して間もない女性とそれ以外の人間とにわざわざ分けて収容していたんだ」

マルガレーテは憎々し気に首を振った。

「連中は訓練されていて、その上狡猾だ。魔物娘が人を殺せないことを熟知していて、魔界銀製の武器は武器庫ごと爆破されてしまった。魔物娘が得意とする色仕掛けもなぜか連中には通用しない。人質も大勢いる上に、内政干渉の誹りを受ける可能性もある以上、下手な手は打てないということだ」

本部が重苦しい空気に沈む中で次に手を挙げたのは、他でもないドミノだった。

「俺にいい考えがある。これでも昔は軍学校で学んでいたんだ。……だからそんな目で睨むのはやめてくれ!」

マルガレーテの汚物か何かを見るような視線にたじろぎながらも、話を続けようとするドミノ。

「いいか、真正面からぶつかるだけが闘いじゃない。連中が魔物娘に詳しいっていうなら、そいつを逆に利用するんだ。例えば捕虜を疫病に感染させて両手両足をへし折り、村の近くに放置する。体の下に爆弾を仕掛けてブービートラップにすれば、助けようとした兵士は疫病に侵された血肉を浴びることになるな。そうだ、あらかじめ井戸に毒を仕掛けておくのもいいかもしれない。毒が用意できないなら人糞でも代用が可能だ。それと夜通し騒音を鳴らし続けて連中を眠らせないというのはどうだろう。待てよ? それなら手っ取り早く俺の黒魔術で幻覚を見せるっていうのも悪くはないな。奴らが勝手に殺し合ったことにすれば、後始末のためのカバーストーリーを作るのも楽だろう。いずれにしても残虐であればあるほど、魔王軍が関わっていないという説得力が増すはずだ」

「ははは! 成程、お前は優秀な戦略家だな、ティッツァーノ」

「そう? 少し照れくさいな」

「この男を拘束しろ。 魔術封じの結界の中に閉じ込めて、私の許可が出るまで絶対に解放するな」

マルガレーテの指示を聞いた魔物娘たちが、ドミノを縛り上げてテントから連れ出す間、ドミノは唾を飛ばして叫び続けていた。

「あんたらは人の命を重々しく扱いすぎなんだ! 魔物よりずっと弱くて、しかも醜悪な人間が1人や2人死んだところで何だっていうんだ! 守りたいものがあるんなら手段を選ぶんじゃねえよ! 敵は徹底的に追い詰めて、嬲り殺しにしろ!」

ドミノの怒号が聞こえなくなると、クリスは苛立たし気に尻尾を地面に打ち付けた。

「『命を軽々しく扱うな』って聞いたことはあるけど……本当にどうしようもない男ねあいつは……」

「『民族浄化』だ」

「え?」

今まで沈黙を守っていたアラークの発言に驚くクリス。

「連中が結婚して間もない女性とそれ以外の人間とにわざわざ分けて収容していた理由だ。子供を産める女をレイプし、生まれた子供は加害者、この場合はウィルザード人として育てられる。忌み子として生まれた子供たちは迫害され、やがて迫害される理由である少数民族の血を憎むようになり、過激な民族主義に染まる者も少なくない。何より問題なのは、『妻を強姦されて、異民族の子を孕ませられた』という事実が民族間の融和を決定的に不可能なものにしてしまうことだ。時に集団レイプは、国からの指示によって行われる、れっきとした『戦略』として為されることも有る」

「そんな……」

エミリアは口元に手をあてがい、真っ青な顔で絶句する。魔物娘、それも彼女のような温厚な女性にとっては、理解も共感も出来ない領域の話だったのだろう。

アラークは机に両手を置き、マルガレーテの眼を見据えて口を開いた。

「マルガレーテ。君たち魔物娘が人を殺せないということは分かっている。だが、ドミノの言い分にも一理あると私は考えている。幸い私は人間で、それも決してきれいな手をしているというわけではない。だから……」

「……気持ちはありがたいが駄目だ、紳士殿。直接手を下さなければ良いという問題ではない。私たち魔王軍は魔王様の理想に賛同し、魔王様の名を御旗に掲げて戦う以上ーー」

「もういいマルガレーテ。私が行く」

マルガレーテとアラークの会話を遮り、コレールがコートを脱いで出発の準備をする。

「いつクァラ族の連中に危害が加えられてもおかしくないのに、とにかく情報が足りてない。顔の割れていない私一人の偵察なら、最悪捕まっても『通りすがり』で押し通せるかもしれない」

ダガ―ナイフなどの装備を確認するコレールの姿を見ながら、マルガレーテは厳しい口調で呟く。

「死ぬかもしれないぞ」

「覚悟の上だよ。エミリア、良かったら野営地にいる怪我人の面倒を見てやってくれ。クリス、私が戻ってこなかったらその後のことは頼んだぞ」

「……!」

テントを出ていくコレールの背中に向かって、パルムは何かを言おうとする。

だがいうべき言葉は喉元までで止まってしまい、エルフの少年は己の不甲斐なさに、拳を握り締めて俯くことしか出来ない。


コレールがクァラ族の集落に向けて出発した後、クリスは物悲しげな表情でテントの出入り口を見つめていた。

「どうして貴女はいつもそうなのよ、コレール……」


――第31話に続く。
17/12/04 17:41更新 / SHARP
戻る 次へ

■作者メッセージ
ケバブ美味しいですよね。大好物です。

話の流れから薄々勘づくかもしれませんが、ここからしばらくは重い話が続きます。といってもレイプシーンや魔物娘が死んだりとかそういうのはないのでご安心を。

次回は何を更新するかは未定です。



――次回予告

結局、人が人を殺すというのは決して簡単なものではない。でも、もし相手が人間ではないとみなされていたとしたら? あるいは、その行いに大義名分が与えられていたとしたら?

次回、「民族浄化」

この世界から悪魔の皮を被った悪魔はいなくなった。そして、人間の皮を被った悪魔だけが残された。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33