読切小説
[TOP]
トモダチ付きあい
最近、マリハラが大学に来ない。
マリハラ、もとい毬原悠は中学から長いことつるんでいる友達の名前である。
やや内気ではあるが本の趣味で意気投合した仲であり、付きあいも無駄に長いせいかお互い何やかんやと気心の知れた、俗にいう親友とも言えるヤツだ。
バカではないが病弱なクチでもなく、授業をサボるほど不真面目なヤツでもない。
そんなマリハラが講義に2週連続で会わないともなると、さすがに心配にもなってくる。

(インフルエンザの時期だしなぁ……)

最近、お祭りも近所であり、例年の倍以上人が集まったと聞く。
俺の知る限り、マリハラは出不精というわけではない。もしかしたら、祭りにふらっと参加して、迂闊にも風邪なりインフルエンザなりを貰って寝込んでいる可能性は大いにある。
そう思い込み始めると、途端に不安になってくる。
何といってもアイツも俺も地元を離れての一人暮らしだ。ぶっ倒れても介抱してくれる親はいない。
スマートフォンを起こし、マリハラにLINEを送った。

『生きてるかー?』

10分ほど待つも、既読が付かない。
嫌な予感に煽られている自覚はあるが、どうにも不安で落ち着かない。
仕方ない。確か、今日はもう受ける講義はない。
マリハラのアパートは、大学から徒歩5分ほどの近所だったはずだ。

「差し入れでも買ってってやるか」

適当に購買で甘味を買い、俺はマリハラのアパートに向かうことにした。
はははー、友達思いだなー俺は。



そんなこんなで、マリハラのアパートについた。
3階角部屋、何度か遊びに行ったから、普通に覚えている。
念のためと『毬原』の表札を確認し、インターフォンに人差し指を押しつけた。

「マっリハっラっくーん、あっそびっましょー」

ピンポーン、と無機質なチャイム。
手持無沙汰にLINEをチェックすると、一応既読が付いていた。
携帯を見れている、ということは生きているらしい。
疑っていたわけではないが、内心ホッとした。
なんて思っているうちに、インターフォンスピーカーにノイズが走った。

ガチャ

『………………………シノ?』
「おいーっす。来ちゃったー」

独特な呼び名に適当に応え、カメラに向かってひらひらと手を振って見せる。
ついでに、購買で買ったシュークリームを掲げてやった。

「ちょうど季節のフェアやってたから苺シュークリーム買ってきてやったぞー」
『………………………あ、ありがと』
「おー?」

なんだか、妙に沈黙が長い。
おまけにスピーカー越しとはいえ、マリハラの声がどこかソプラノっぽく高く聞こえる。
ひょっとすると、風邪とか以前になにかタイミングが悪かったのだろうか?

「ひょっとして出直した方がいいかー?」
『やっ、だ、大丈夫! い、いま鍵開けるから!』
「おっ、おーう」

食いつかんばかりの勢いに、思わず返事に困る。
しかし、声の調子からなんとなく元気そうなことだけは分かった。
ブツッ、とスピーカーの切れる音とともに、バタバタと玄関扉の向こうから慌ただしい音が響く。
程なくして、ガチャリ、と鍵の開く金属的な音がした。

「………………」

なんとなく、ドアが開くのを待つ。
しかし、開けるかなーと待ってみるも特に反応がない。
仕方なくドアノブに手を伸ばすと、触れる前にガチャリとノブが捻られた。

「やっほ────」

と、呑気に声をかけようとして、固まった。
ギィー、と遠慮がちに開けられた玄関扉の向こう。
だぼだぼの体格に合っていないスウェットを着込んだ、どこかマリハラに面影のある少女が、恥ずかしそうに服の裾を押さえて立っていた。
その見覚えのあるスウェットと、頭に生えたツノと背中のツバサと尻尾に、一つ思いあたる可能性を見出し、なんとか喉から確認の声を絞り出す。

「────……あー、マリハラ、さん?」
「や、やっほー……、シノ」

消え入りそうな声で手をあげる彼女。
見違えるほどにノリ切れていないが、どこまでもその少女の立ち振舞いはマリハラだった。
思わず、キャラ作りが剥がれて素になった。

「え、ちょ、お前マジでマリハラ……?」
「う、うん……。そうなんだけど、と、とりあえず上がって!」

そう言って、マリハラは俺の手を掴んで部屋へと引っ張った。
半ば現実を受け入れられず、されるがままにリビングへと通される。
洗濯物が几帳面に畳まれ、1から順にきちんと本棚に詰められた小説。
見慣れたこの部屋は、間違いなく俺の知っているマリハラの部屋だった。

「え、っと……、まぁ、コタツ入っててよ。紅茶淹れるから」
「お、おう……」

気の利くところと女子力の高い対応は、間違いなくマリハラだ。
といっても、女子力が天元突破して女子になっているせいか、洒落にならないのだが。
呆然としているうちに、マグカップを二つ持って彼女がキッチンから戻ってきた。

「はい、レモンティー」
「ご、ゴチになりやーす」

マリハラの、高くこそなっているものの普段通りの口調に、とりあえず俺も普段通り返す。
マグカップとわざわざ皿に入れたシュークリームを俺の前に置き、彼女もコタツに入った。

「…………………」
「……………………………………」
「………………………………………………………」
「…………………………………………………………………………」
「……………………………………………………………………………………………」

沈黙。
気まずい。

「あ、あー……、その、マリハラ」
「……な、何、かな?」
「あーーーー…………」

とりあえず、で口を開いたはいいが後悔する。
別に何か考えがあったわけじゃないのだ。
気まずい沈黙に焦りながら、勢いで言葉をつむぐ。

「その……お、俺はお前の味方だぜ!」
「…………へ?」

何の味方だ。
内心突っ込みながら、勝手に回る舌に更に焦りはじめる。

「いや、だってその、アルプになったんだろ? 誰かそんくらい好きなダチがいたのかなーって」
「あの、シノ……?」
「安心しろ、大丈夫だ! 俺、別にそういうのに偏見ないから! 愛に性別は関係ないもんな!」

自分でも何言ってんだコイツ、と自分でも思いながらサムズアップ。
当のマリハラは、ぽかんと呆けたようにこちらを見ていた。
何だか、随分と間抜けたことを口走った気がするが、おいそこ、笑うんじゃねえ。
心配して様子見に行った友達が急に女子になってたんだぞ、そりゃ混乱もするわ。

「まぁ、なんだ! 告白とかするなら、応援するぜ!?」
「…………………」
「…………………」

沈黙。
気まずい。
元の木阿弥である。

くっ、慣れないことはするもんじゃない……!!
赤面ものの状況に思わず頭を抱える。
なんだ、いったいどうするのが模範回答だったんだ……!!

「……っあは」

と、不意に噴出すような笑い声が部屋に響く。
顔を上げると、マリハラがおかしそうに、堪えるように笑っていた。

「あははは、て、テンパりすぎだよ、シノ……! あはははは……っ!」

お腹をおさえて遠慮なく笑うマリハラに、ぽりぽりと頬を掻く。
赤っ恥ものだが、とりあえず気まずい沈黙は抜けられたらしい。
この程度の恥で気楽になれるなら、まぁ、別にいっかと思える。

「……笑いすぎだっつの。つか、俺に気遣いとか求めんなバーカバーカ」
「だとしても、アレはないよぉ……! っはー、ははは……!」

涙が出るほど笑って満足したのか、マリハラは目元をぬぐった。
なんというか、心配して損した気分である。

「あははは、ホント、来たのがシノで良かったよ」
「つーか、それよそれ。お前どしたの急にTSしやがって」
「好きでしたんじゃないよボクだって……」

実に嫌そうな顔で返すその態度は、もういつものマリハラだった。
内心ホッと胸を撫で下ろす。
対照的に、マリハラは心底疲れたと言わんばかりに鬱憤を吐きだし始めた。

「先々週、お祭り行ったらインフル貰っちゃったから病院行ったんだけど、そのときに処方してもらった薬が何故かサキュバスの秘薬だったんだ……」
「うわ、なんじゃそりゃ。クレームつけろー、クレームー」
「電話したら軽く謝られて『でも治ったでしょ?』って言われたよ……」

実に魔物娘らしい返答である。
しかしまぁ、うーん……。
もともと、マリハラは中性的な童顔だったが、こうなってしまうともう女にしか見えない。
例えそれが芋いスウェット姿でも、少なくとも憎たらしいことに顔は可愛いのだ。

「まぁ別にいいんじゃね? 今どきよくあることだし」
「いや、ボクも最初はそう思ってたんだけど絶対ムリ……」
「なんで?」
…………野郎に変な目で見られる

何故か顔を赤くして、ぼそぼそと返すマリハラ。
小さすぎて聞こえない声に、あ? と首をひねって応える。

「何だって? 聞こえねぇよ」
いや、だから…………、男に性的な目で見られる、から……
「…………………あー、聞こえんなぁ?」
「〜〜〜ッ、絶対聞こえてるでしょこのクソバカ!!」

いや、聞こえたけどさ。
それ、どんな顔して聞けばいいんだってばよ。

「仕方ねーだろお前、もともと顔はよかったんだから」
「よかないよッ!? シノに分かる!? 顔だけじゃなくて尻やら胸やら男に見られるこの悪寒!!」
「一生分かりたくねぇな……」

いま思い出しただけでも怖気が走る! と線の薄い身体を抱えるマリハラ。
その言い分は分かりたくないが分かる。
偏見ないとか言っちまったけど、自分がそういう目で野郎に見られたらサブイボが出る。
すいません、俺そういう趣味ないんです。としか言いようがない。

「あー……、だから大学休んでたの?」
「というか、もう外にも出てないよ……。買い物行くだけでSAN値がガリガリ削れたから……」
「なんて慰めりゃいいんだ俺ぁ……」

思わずゲンドウポーズで二人して項垂れる。
正直、どうしようもない問題のように思えた。

「つか、さすがに一生ヒッキーさんするわけにもいかんだろ。どうすんのお前」
「実家に帰ってもう親の脛カジって余生を過ごしたい……、どうしよマジで……」
「誰か女友達に事情話してグループに混ぜてもらえば? お前女子受けいいし、頼めばなんかいい意見聞かしてくれるかもよ?」
「絶対オモチャにされるのがオチだよ。高校のとき学際でメイド服着せられたの覚えてない?」
「あぁ、あの無駄に似合ってて逆に笑えなかったアレか……」

恥ずかしがってエプロンドレスの裾を押さえる姿に男子数名が赤面していた始末である。
本人は嫌がっているが、意外と男殺しの才能があるのかもしれない。
というか、その話はあとだ。

「じゃあボディライン出ない、今みたいな芋いのなんか着込んで、マスクにグラサンでもしてけば?」
「根本的な解決になってないよ、夏場どうすんのソレ。ボク死んじゃう」

どないせぇっちゅうねんこの田舎モヤシ。

「あれも嫌これも嫌じゃ前進まねぇだろお前……」
「分かってるよ、分かってる……けど、さぁ……」

けど、という言葉に頭を掻く。
そりゃ、お前が臆病なのはよく知ってるよ。
いきなり女になって、知らんヤツにやらしい目で見られるのに抵抗あるのも分かるよ。
俺が気が強いだけで、同じ立場に立ってないから好き勝手言えてるだけだって分かるよ。

「じゃあもうアレだ。他人の目なんか気にすんな」
「それが出来れば苦労しないよ…………」
「出来ねぇこたぁねーって」

でも、ありきたりな言葉で前向かせるしか俺には出来ねぇんだ。
だから、なるべく真面目に、マリハラの肩に手を置いた。

「お前はお前だろ。女でも男でも。だったら気にすんな」

酷い話だ。他人事だからこんな適当なことが言える。
我ながら無責任だなと自覚しつつ、そうとしか言えない自分が歯がゆい。
なんて思いながら、おくびに出さないように、その肩を叩いてやった。

「俺に出来ることなら幾らでも手伝ってやっからさ、もちっと頑張れや親友」
「あいたっ」

あーあー、と内心自己嫌悪に陥りながらマリハラに笑いかける。
せめて言葉通り、コイツが前を向いたら、出来る限り力を貸してやろう。
拗ねたように口を尖らせて、マリハラはじっとりとこちらを見上げる。

「……そんな言い方されたら、頑張らないといけないじゃん」
「こうでも言わないと頑張らねーだろー?」
「む、ぐぅぅ……、シノのくせに……

何故か頬を赤らめるマリハラにはっはっはと渇いた笑いを返す。
仕方ねーだろバーカバーカ、こうとしか言いようがねーんだよ。

「…………、じゃあさ、手伝ってよ?」
「お?」

耳まで赤く染めて、しかし彼女はまっすぐにこちらを見据える。
それに応えるよう、俺も真面目に見返した。
マリハラの唇が、はっきりと言葉を紡ぐ。

「……明日から、ちゃんと大学行くから────」

◆ ◆ ◆

数日後。
俺は割と死にたくなっていた。

「おっ、シノザキじゃーん。そこ席空いてる? 一緒していい?」

学食の隅っこ、空が青いなぁと窓の外を見上げている俺に、そんな声がかけられる。
ぼんやりと声の主を探すと、ゼミメイトの知り合いがトレイを片手に手を振っていた。
その姿が実に元気そうで朗らかで、なんだか妬ましかった。

「どしたんお前? 目が死んでるぞ?」
「……ぶぇっつにー……、つか、待ち合わせしてるから席空いてねーよ座んなコラ」
「荒んでんなぁオイ、いいじゃんいいじゃん、ケチケチしなさんな」

ケチじゃねぇよ、と力なく反論するがそいつは気にせず居座りやがった。
俺の周りは、どうして知り合い程度の仲で相席したがるヤツが多いのか。
その神経が分からない。

「いやマジでどっか行けよお前。ちょっと、人くるんだよ」
「別にオレ気にしねぇよ?」
「俺が気にするんだよ誰もテメーのこと言ってねーよ」

疲れてるせいかキャラ作りが剥がれる。
が、相手はブーブーとブーイングするだけで立つ気配がない。

「ちいせぇぞーシノザキー、そんなんじゃモテねぇぞー」
「モテなくていいよ平穏ならもうどうでも……」
「枯れてんなーお前はー」

枯れてんじゃねぇよ周囲に枯葉剤撒かれたんだよ……!
と、ここで時間切れになった。

「おっ待たせー♪」

悪魔のように浮ついた声に、あああああと諦めながら項垂れる。
お淑やかに椅子を引く音と座る音がとなりに響き、盛大にため息を吐かざるを得ない。
案の定、俺にブーイングを垂れていたゼミメイトは、ビシリと固まっていた。

「ごめんねーセーヤ、うどんかソバか迷っちゃってー♥」
「あぁ、うん、そうね……」

きゃぴきゃぴるんるんと声を弾ませるその人、マリハラ。
ジャージにハーフパンツと、一見するとシンプルすぎて手抜きな格好だが、無駄に可愛い顔立ちと艶めかしく伸びた素足が周囲の視線を集めている。
なんでそういう目が嫌だって言ってたのにそんなに目立ってるんですかねぇ。
ちなみに、篠崎誠也とは、俺のことである。

「お、おいシノザキ! 誰そのめっちゃカワイイ娘!」
「…………えー、あー、その、コイツはマリーっていう俺の知りあ────」
「セーヤくんの彼女でーす♥」

あああああああああああああああああああああ。
あああああああああああああああああああああ。
あああああああああああああああああああああ。
マリハラてめえええええええええええええええ。

「マジで!? セーヤって……、シノザキお前リア充とかフザけんな!!」
「……………………」

もうすでに何度も聞いた言葉にうんざりして何も返せない。
これ見よがしに腕を絡めるマリハラの笑顔は一見すると愛らしいが、そんな可愛いものではない。
って、オイこら胸押しつけんな、オイ。

(マリーさーん、これ俺が損するだけじゃなーい……?)
(いやいや、こうやってカップルアピールしておけばそういう目で見ないもんでしょー?)

要するに、そういう打算のもとである。
藪を突いて蛇を出そうとするような人間はそうはいない。
ましてや、お手付きどころか現役他人の彼女をそういう目で見る人なんて言わずもがな。
おまけに恋愛を捨てざるを得ないマリハラに次いで巻き添えで俺も彼女を作れないザマーミロ。
というのが、マリハラの考えである。
別に悪い考えじゃないとは思う。思う、が……。

(お前のそのキャラ何よ……)
(あはは、ヤケクソ☆)

初めて見たときは気でも触れたかと思った。
今どきのバカップルでもここまでぶってないだろう。

「人前でアイコンタクトだけで会話しやがって……! チクショー、ゼミ友にシノザキは変態裸族マンだって言いふらしてやる────!!」
「誰が変態裸族だコラ! おい、てめっマジで流したらぶっ殺すからな!?」

とんでもない捨て台詞を残して、ゼミメイトは自分のトレイを持ってどこぞへと逃げた。
そっちがその気ならお前はガチホモだと流してやるまでである。
そんな俺を、マリハラはニヤニヤと見ていた。

「灰色の青春へヨーソロー♪ よろしく、シノ♪」

小憎たらしく言ってのけるお隣さんに頭痛が痛い。
そんな感じで、俺とマリハラのカップルごっこが始まったのであった。
まぁ、マリハラが元気ってんなら、不毛な付きあいの一つ二つも吝かじゃない。
コイツと一緒なら、別に退屈しねーしなぁ。





















「いやいやいやムリムリムリその一線は超えられないって勘弁してシノ────!!」
「うるっせぇよ、遅かれ早かれ必要になんだろーが。オラ、グズってねぇで行くぞー」
「ヤダ───────────!! ボク男だもん───────────!!」
「往生際悪いぞマリーちゃーん」

その後、姉に電話で聞きながらランジェリーやら何やらで女性生活用品を買い込むに苦労したのはまた別の話。魔物娘に生理はないと姉が言っていて、あとでマリハラが殴られることになった。

ザマーミロ。
16/02/29 12:25更新 / ぽんぽんぺいん

■作者メッセージ
なんて、ありそうな現代図鑑世界の青春の1ページ。
なお、魔力的な意味でそのうち初々しく惹かれあいラブコメ始めるとかそんなSSを誰かプリーズ。

やぁどうも、結社(昭和脳)です。
私には書き切れそうになかったので供養の意味も込めて投げました。
恋慕に引きずられてアルプになるのもそそりますが、アルプになってから魔物的思考に染められていって恋慕に引きずられる様を見てみたいという個人的な願望です。
続き? 図鑑世界全土のアルプファンの脳内補正にお任せします。

最近、別名でハーメルンでもSS書き始めたせいか、文字打つのが楽しくて仕方ありません。
その内書くのに飽きてスランプに陥りそうで怖いですわ。
そんなこんなでお粗末さまでしたー。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33