読切小説
[TOP]
嫌な顔されながら見せてもらいたい〜ヴァンパイアさん&ダンピールさん編〜
「どうやったらママが屈辱に塗れた状態でパンツをたくし上げてる姿を見られるのか、パパから何かアイデアとかある?」

ストレートに聞くけどどうしてその考えに至ったの? 

「わたしがダンピールでママはヴァンパイアだからだよ、当然の帰結」

もうちょっと詳しく教えてくれるとパパ嬉しいなあ。

「んっとね、ママっていつもぷりぷり怒ってるでしょ?」

そうかなあ、あれはあれでノロケみたいなもんだし別にパパは何も気にしてないぞそれはそうと昔のママは凄かったんだよいや勿論今もすご――

「そんなママを見てると鼻っ柱をへし折ってやりたくなるんだよね」

一応あなたのママなんだけどなあ、反抗期?

「ううん、ママのことは大好きだよ」

大好きなのに鼻っ柱を折りにいくの? あとパパのことは?

「大好きだから目に余るってのもあるし、むしろ好きだからこそ自分に従わせたくならない?」

その情熱は将来の伴侶となる男の人に向けてほしかったなあ。あとパパのことは?

「ママとパパがイチャイチャしてるのは分かるよ。でも物心ついたころから見てきた身としてはもう少しノーマルなイチャつきになってほしいの」

気持ちは嬉しいけれど愛の形は人それぞれなんだ。あとパパの――

「パパはママのパンツ見たくないの?」

う。それは。

「あの高慢で意地っ張りでわがままなママが屈辱に怒りの炎を瞳に灯しながらぷるぷる震える手でドレスをたくし上げてパンツを見せるんだよ?」

え。あ、あの。

「『くっ、貴様……よくも私にこのような辱めを……』とか言いながらも何もできないママのパンツに鼻先をくっつけてクンカクンカできるんだよ?」

ちょっと。おいこらっ。

「それでパンツの匂いを嗅ぐとそのくすぐったさにママが悶えて繰り返しふんすふんすしてると段々と性器が湿り気を帯びて発情したメスの匂いが漂ってきて気丈なママが顔を赤らめながら悩まし気な吐息を漏らすんだよ?」

ストップ。ウェイト。待って。

「なにさ」

単刀直入に聞くね。どこから覚えたその言葉。

「血筋」

……。

「パパは変態だってママがよく言ってたし、そんなのとくっついたママも同類で、だったら二人の血を継いだわたしはスーパーハイブリッド変態かと」

念のため聞くけど冗談で言ってるよね、そうだよね!? 家族会議ものだよ!? 

「当たり前じゃん」

…………。

「ママを辱めるためならわたしはどんな汚れ役をも厭わない」

そんな姿を見たお前のお父さんは泣いてるぞ。

「別にパパはどうでもいい。知らんぷり」

とうとう娘が反抗期に……。よよよ……。

「べ、べつにパパのことなんて好きじゃないんだからねっ! ただパパをいじめるとママが血相を変えてやってくるからいじめてるだけなんだからね!」

今ママはお昼寝中でよかったね。

「でもちょっと嬉しかったりするんだよね」

ママの説教が?

「ううん、パパがいじめられてるとちゃんと助けに来てくれるところ」

……。

「普段はツンツンしてるけど本当はパパのことが大好きなんだって分かるから」

…………。

「もしわたしがパパとママが愛し合って生まれた子供じゃなかったらどうしようって、不安になるときだってあるの。いつもママがパパに優しくしてくれれば、そんなことも考えなくて済むんじゃないかなって、そう思ってるんだけど」

………………。

「でもパパは今の関係で満足しちゃってるから、わたしがどうにかしなくちゃいけないんだって……どうしたのパパ? 急に泣き出しちゃってさ」

ごめんよ……そんな辛い思いをさせていたなんて気づかなかった……。パパ失格だな……。

「そんな、パパが謝ることじゃないよ。だって悪いのはママで――」

それでもだ。すまなかった。パパからもママに話してみよう。

「えっ、本当?」

ああ、パパに任せてくれ。きっとママも分かってくれるはずだ。

「わたしも一緒に行くよ、パパ一人じゃ頼りないからね」

そうと決まれば善は急げだ、そろそろママが昼寝から目を覚ます頃だろう。早速相談してみよう。

「うん!」





§





ということがありましたので是非とも私たち二人の前で嫌な顔してパンツを見せて下さると嬉しいです。

『死ね』

「ひどい! わたしとパパが一生懸命考えて出した答えなのにそんなのあんまりだよ!」

『お前は黙っていろ! それよりも貴様は何を簡単に丸め込まれているのだ! 家族の仲を取り持つことと私がパンツを見せることにどんな因果関係があると言うのだ!』

私が喜びます。それを見た娘も喜びます。

『貴様を八つ裂きにできれば私も喜ぶだろうな……』

「ママが殺気だってる……こわい……うぅ……」

『な、泣くな! 別にお前の言う事に理がない訳ではなくてだな、ただ私があいつと仲良くするためにそんなことをする必要性がだな……』

(丸め込まれてるのはお互い様だと思う)

『何か言ったか?』

いえ別に。それはそうとどうしましょう。

『どうするとは?』

このままでは私たちの娘も納得しないでしょう。ならば納得させるための他の方法を見つける必要があるかと。

『必要ない』

ですが。

『元来私は貴様を従者として配下に加えたのだ。ならば貴様は私の所有物も同然。己の物を粗末に扱う主は居らんだろう』

「それじゃわたしが納得いかないの!」

『ならば今更私に何をしろと言うのだ……』

「ぱんつ! みせろ!」

『いくら貴様の血をひいていたとしても異常だぞ、この飽くなき執念はいったいどこから来るんだ……?』

(変態のハイブリッドはあながち嘘でもなかったのか)

『とにかく! 私はそのようなことはしない! 例えお前の頼みと言えど……いや、お前の前だからこそそのような色に狂った真似はしないのだ!』

「毎夜毎夜ベッドであひんあひん言わされ」

それ以上いけない。面子丸つぶれ。ちなみにあひんあひん言ってるのは私だからね。主のために泥を被るのは本望です。という訳でそろそろ引き下がろう? 後が怖いよ? 主に私への被害が。

「ふーん……怖いんだ?」

『……なに?』

あの。

「パパに愛を伝えるのが怖いんだ? そうだよね、わたしが聞いた限りだと無理矢理パパを従わせてるように見えるもんね」

『それは……!』

ちょっと。おーい。もしもし?

「そうだよねー、所詮パパのことを所有物としか見てないもんねー、だから自分からパパに何かしようとはしなかったんだよね。好きって伝えようとしても上手く伝わるか分からない。仮にも高貴なヴァンパイアが好意の気持ち一つ伝えられないなんて恥ずかしくて子供にも言えないもんねー」

『違うッ!』

イカン、プライドを刺激されて激おこだ。かたや我が娘はこれまでに見たことのないいい煽り顔をしている。ピンチなのにそのふてぶてしさは流石だと思う。

「どう違うの? ねえねえ、どう違うの、ママ?」

『私はそんな子供じみた考えでこいつに接してる訳ではないッ! きちんとこいつがなどうすれば喜ぶかを考えて――』

「ふぅん――じゃあママ、さっきパパはどうしてほしいって言ったのかなぁ?」

『それは……ぐっ』

「ねぇ、どうすれば喜ぶかなぁ♪ 賢いママなら言えるよね? それともママは配下にご褒美一つやれず、自分の娘のお願いも無碍にする狭量な主なのかなぁ?」

うわ、犬歯剥き出しだ。ギリギリ音が聞こえそう。助け船を出したいところだけど――

『――ッ! いいだろう! そこまで言うなら私も覚悟を決めるぞ! 私が狭量ではないことを教えてやる――おい、お前が言い出したのだからな、しっかり見ているのだぞ!』

船出す前に沈んじゃったよ。ヴァンパイアだからもう助からないぞ。





§





『くッ……何故私がこのようなことを……おい、貴様、それ以上見るな!』

お手本のような即堕ちですね。

「おぉぉ……ママの絶対領域が広がっていく……」

娘の口から聞きたくなかったセリフで何位くらいに入るんだろうこの言葉。

『ええい、それ以上近づくな! それと! 何故ゆっくりたくし上げなけらばならないんだ!』

「ママはムードってものを理解してないねーパパ♪ こうやって見えるか見えないか期待感を煽っておけばいざパンツが見えた時のボルテージが高くなるのに」

オッサンか。

「ママ、手がプルプル震えてるよ? 悔しい? パパと娘の前で無様晒して悔しい? ねえどんな気持ち? ねえねえどんな気持ち?」

『知るかッ!』

それはそうと私は数メートル離れた距離から観察するに留まってるのに対して、何故娘はじりじり距離を詰めているんだろう。

『くっ、貴様……よくも私にこのような辱めを……しかも娘を使うのは卑怯だろう! 早く遠ざけろ!』

さっき遠ざけようとしたら近づくなって言ったの貴女ですよ……。

「すんすん……ちょっとすっぱい匂いがするね」

『やめっ、バカ、か、嗅ぐな! 何を考えてる!?』

「にひひ……ふ〜」

『ひぁっ!? 息、吹きかけ、や、やぁっ!』

「うりうり……ねえママ、ちょっと湿ってきた気がするんだけど気のせいかな?」

『気のせっ、いぁっ、や、やめっ、そこ、いま、さわっちゃっ、ぁ、ぁあぁっ』

「あー、クリトリスここかぁ。ちょっと立ってない? 敏感なんだね」

『ばかっ、やめ、やめっ、おい、きしゃまっ、はやく、とめっ、とめぇえぇっ♡ だめっ、そこ、だめっ♡』

さて。どうすべきか。自分の生まれたところに帰ろうとする娘と、それを押しとどめようと内股になってスカートを押さえる妻とを見て考える。考える。もっと考える。そして浮かんだのは一つの結論。

とりあえずパンツ見せてくれるまで続けるね。

『この大馬鹿者ぉぉぉぉぉお゛お゛ぉっ♡ くるっ、きちゃうっ♡』

「あー今ママイったでしょー♪ スカート押さえちゃダメー♪」



仲睦まじい親子のやりとりは夜遅くまで続いた。
19/12/09 22:04更新 / ナナシ@しばらくお休み?

■作者メッセージ
※某同人ネタ、またはそれをパロディにしたbeanさん著「嫌な顔されながらキキーモラさんに見せてもらいたい」を参考にネタを考慮しました。ありがとうございます。
※各作者様方に罪はないので恨むなら私を恨んでくださいね

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33