読切小説
[TOP]
たくさんもぐもぐキキーモラさん
 秋も深まった今日この頃。二人きりの小さな食卓には随分と豪勢な料理が並べられていた。中央の大皿には色とりどりの天ぷらが山と盛られ、左右には煮物やらきんぴらやら揚げ出し豆腐やらが所狭しと置かれている。

「もぐもぐ……おいしいですね、だんなさま♡」

 並べられた料理に笑顔で舌鼓を打つのは妻のキキーモラ。テーブルからはみ出んばかりの料理は全て彼女一人で作ったものだ。和食も作れるようになりたいです、と気合を入れた結果がこれである。

「だんなさま、これもおいしいですよ♡」

 そう言って、箸で摘んださつまいもの甘露煮を俺へと近づけてくる。口を開けて迎え入れると優しい甘みが広がった。味が染み込んだ、それでいてくどさのない芋を二度三度咀嚼する。

「うん、とってもおいしいよ」
「はい、ありがとうございます♡」

 目を細めて微笑んだ彼女に、お返しとばかりに摘んだ天ぷらを近づける。
 彼女は手皿で差し出されたそれに面食らったようだったが、おそるおそる目を閉じると一口で頬張った。もぐもぐと幾度か口を動かし、やがて飲み込んで表情を変える。

「だんなさま、手皿は行儀が悪いですよ?」

 口調こそ拗ねた風ではあったが、言葉とは裏腹に満更でもなさそうだった。

「ほら、こうやって……はい、あーん♡」
「あーん」

 お手本を見せるように差し出された天ぷらを口で受け取り、じっくりと味わう。ふと、彼女の視線に気が付いてそちらを見やる。彼女は俺の方を見て、クスクスと唇に手を当てながら困ったように微笑んでいた。どうして笑っているのかを聞こうと開きかけた口は、

「だめですよ? お口の中に物を入れたまま喋っては」

 突き出された人差し指で封じられてしまった。子供のように扱われた気恥ずかしさとばつの悪さで、咀嚼の動きを速くする。こちらの慌てたような、むくれたような様子を見て、彼女は隠すことなく穏やかに笑った。

「っく、ぷはぁ……全く、どうして笑うんだ?」
「可愛らしかったからですよ」

 嫌味のない顔で答えられて思わず言葉を失う。可愛いだって? 

「私の作ったご飯をおいしそうに食べてくれる姿が可愛いからです」
「嬉しいとかそういうのじゃなくて?」

 彼女は、勿論嬉しいですよ、と前置きをして居住まいを直した。そして俺の顔を真正面から見据える。真剣な眼差しであったが、その奥にはどこか子供や小動物を可愛がるような色が見え隠れしていた。

「だんなさまはおいしいものを食べた時には、その、何といいますか……子供みたいな顔をされますから」
「だからって子供みたいに扱われるのは困る」
「でしたら、食事のマナーをしっかり守ってくださいね?」

 笑顔で窘められ、反論の言葉を失ってしまう。何も言い返せない俺をクスクスと笑うと、彼女は煮物へと手を付けた。口に含み転がして頬を緩ませる。その姿はまるで。

「きみだって子供みたいじゃないか」
「何かおっしゃられましたか? だんなさま♡」

 いいや、と生返事をして食事に戻る。米を口に運び、汁物で口を潤す。そうして天ぷらに手を伸ばしたところで、同じように伸ばされた彼女の箸と触れ合いかける。手を止めて顔を上げると、彼女はニコニコと屈託のない笑顔で笑っていた。

「……ふふっ」

 思わずつられて笑いを返す。彼女は言葉を発さなかったが、照れ隠しからか別の料理へ手を伸ばすのだった。

「……もぐ、ごくん。だんなさま、もうすぐ煮物がなくなってしまいますよ」
「ああ、ありがとう。頂くよ」

 それからはお互いに言葉少なだった。それは決して空気が悪くなっていたからではない。むしろ穏やかな時間であった。それぞれが料理をつまみ、時には餌付けをし合い、他愛もない話をする。そんな和やかな空間が、そこにあった。

「ごちそうさまでした」
「お粗末さまでした♡」

 山盛りの料理がなくなるまでさほど時間はかからなかった。





§





「だんなさま、食後のおやつはいかがですか?」

 食事を終えてくつろいでいると、彼女はそう声を掛けてきた。振り返ると、手にはトレイが握られている。その上には大きなお皿が一つと、カップが二つ。お皿には一口大の大きさの塊がいくつも積まれている。焦げ目の付いた黄金色のそれからは、香ばしい匂いが漂ってきた。

「今日はスイートポテトにしてみました♡」
「またお芋?」
「はい♡」

 実りの秋ですからまだまだたっぷりありますよ、と言いながらトレイを置く。さつまいもは嫌いではない。ましてや彼女の料理が嫌いなはずなんてない。だが、別に気にかかることがあった。

「食べ過ぎると太らない?」

 ピシ、と空気が凍り付く音がした。楽しそうに一つ目を口に入れようとした彼女の手が宙で止まる。視線を向けるとそっぽを向かれた。だが、動揺は誤魔化しきれていないようで、彼女の背は小刻みに震えていた。尾は言わずもがなである。

「だ、だんなさまは、もう少し太られた方がいいかと――」
「いや俺のことじゃなくて」
「私は痩せているだんなさまよりもふっくらされてるだんなさまの方が安心できますので」
「だから俺じゃなくて」

 彼女は早口でまくし立てると手に持ったいもを口に放りこんだ。そしてすぐさまこちらの口にも一つ放り込む。こんがり焼けた香ばしさと、滑らかなさつまいもの甘さが口いっぱいに広がる。

「今日作った料理ってさ、何人分だと思う? とても大の大人が二人で食べきれる量じゃないと思うよ?」

 二つ目を放り込まれた。もぐもぐとお互いの微かな咀嚼音だけが場を満たす。噛めば噛むほどに甘みが生まれる。それを食べ続けることができれば、さぞかし幸せな気持ちに浸れるだろう。
 しかし、事態ははっきりさせておかねばならない。

「野菜はヘルシーだって思ってるのならそれは違うよ。人参とか南瓜とかの根菜って意外とカロリー高いんだよ? さつまいもだってそうだし、それに加えてご飯やおやつまで食べてるんだから――」

 三つ目と四つ目を同時に放り込まれた。さつまいもは丁寧に潰されているからか、いくら噛んでもむせったさを感じることはなかった。いや、それだけではないだろう。しっかりバターも使っているはずだ。

「おいしいご飯を作ってくれるのは嬉しいし、おやつも作ってくれるのは嬉しいよ。でもね、加減を考えないと――」
「そんなの知らないですっ!」

 突然の大声に、びく、と体を震わせて俯く。怒らせたか、とおそるおそる彼女の方を見て、肩をすくめる。表情こそ険しいが、決して本気で怒っているわけではなさそうだ。怒っていることは確かではある。だが、膨れている頬と両手に持ったおやつが『怒ってはいるけどそれはそれとしておやつを食べたい』と雄弁に語っていた。彼女はもぐもぐと膨らませた頬を動かして口の中を綺麗にしてから、手の中の物を放り込んだ。……大分ペースが早いのだが、これで何個目なのだろうか。

「私は頑張って家事してますから太ったりしないんですっ!」
「頑張ってるのは分かるけどそれ以上に食べてると思うから心配してるんだけど……」
「そもそも魔物娘は太ったりしませんっ! (自主規制)も(自主規制)もしませんっ!」

 おおう、まさかの不適切な発言が。こんな時に聞きたくなかったなあ。聞きたい時があるかと聞かれれば回答には困るのだが。

「だからっ、ご飯もおやつもいっぱい食べても大丈夫なんですっ! おいしいものが体に悪い訳ないんですから!」

 これでこの話題はお終いとばかりにぴしゃりと言いのけられてしまった。これ以上深入りしないほうがいいだろう。
 追及がこないことに安堵したのか、彼女はカップの液体に口を付けた。色から察するに紅茶と思われる。それにもミルクや砂糖が入っているのだろう。
 
「分かったよ、ごめん。せっかくおいしいものを食べてる時に変な事言って」
「分かればいいんです♡ さあ、だんなさまも食べましょう♡」

 足りなかったらまた作りますね、と先の変貌が嘘だったかのように、彼女は慈愛の笑みを見せた。そして再びスイートポテトを二つも三つも手に取る。そんな彼女を見て、こちらは乾いた笑いを返すことしかできなかった。
 ……もはや何も言うまい。これ以上言っても藪蛇だろうし、苦労するのは俺ではなく未来の彼女なのだから。せめてその時が来たら、夫として彼女を支えてあげよう。

「もぐもぐ♡やっぱり秋は最高ですね♡」

 これから堕ちていくであろう最愛の女性を見て、俺は内心嘆息するのであった。





§





「だんなさま大変です大変ですっ! お洋服が入らなくなっちゃったんです!」
「(はぁ、言わんこっちゃない……)何だって!? 大丈夫なのか!?」
「いえ、一応入ると言えば入るんですが、その……」
「(破けちゃったとか言わないよな……?)その……?」



「おっぱいとおしりが大きくなっちゃったみたいでして……下着も買い替えないといけません……はぁ……」
「……お腹は?」
「ウエストは平気ですよ? パツンパツンなのは胸とおしりだけです、ほら、おっぱいのところなんか上から谷間が見えてしまって」
「……マジ?」
「マジです」
「…………」
「だ、だんなさま?」



「ぃいいやーっほっほー! やったぜ! 夢とロマンの塊だな魔物娘って奴は!」
「だんなさま?」
「もっと食べればもっと成長するのかもしれないな! よし! これからもおいしい食事を頼むぞ! 私のためにもな! 安心してほしい! 私はどんな胸だろうと好きだからな!」
「だんなさま? ……だんなさま? 大丈夫ですか?」
「さてどこまで育てるべきだろうか顔が埋もれるくらいあれば十分かいやもっともっと大きい方がいい夢は大きく育てるものだしかし日常生活に支障がでると困るし他の男にいやらしい目で見られては困るええいこの胸も尻も私のだ誰にも見せるものかよし今すぐマーキングしようそうするべきだだがどうやってマーキングする歯形かやはり歯形なのか」
「だんなさまー! しっかりしてください、だんなさまー!!」
19/10/24 18:23更新 / ナナシ?

■作者メッセージ
※体重の増加やプロポーションの変化には個人差があります。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33