連載小説
[TOP][目次]
這い上がる阿呆と堕ち行く阿呆・後編
ヤクザらしき追跡集団を何とか振り切った凱は、またしても自分を助けてくれた二人の女性に二度目の礼を取る。

「もう頭など下げんで良いぞ。兄上」
「へ?」

間抜けな声を出しながら、凱は顔を上げて女性達を見る。
二人はくすくすと笑いながら揃って指を鳴らすと、その姿が歪み、縮小していく。
二人の頭に角が生え、手足が人間のものではなくなる。

「ま、まさか――!」

歪みと縮小を終えた一人は服に埋もれ、もう一人はぶかぶかで動きづらそうにしている。

「瑞姫……、エル……」
「もごもご……、ぷっはぁ! いやぁ〜、ホストクラブっちゅうものは、まるっきり異世界じゃったな」
「わたしには気持ち悪いだけでしたけど」

女性達の正体はエルノールと瑞姫であった。

「な、何で……?」
「ああ、それはのう、豊化の魔法でわしと瑞姫の身体を変え、人化の魔法でさっきまでの姿に化けてたんじゃ」
「じゃあ、昼にいなくなったのは……」
「学園長にその魔法をかけてもらうのと、服を買いにいったからだよ」
「要はあのバカが、協力者を同行させたらどうのと抜かしとったからのう。わし等は無関係の第三者に化けて、お主をつけていた――と言う訳じゃよ」
「姉妹っていうのは、その場の思いつき♪」
「さあ、戻ろう。残った者達も心配してるであろうからな」

種明かしを終えたエルノールと瑞姫は凱の手を引きつつ、転移魔法で学園の特別寮に戻った。

*****

凱は特別寮のリビングに婚約者達を集め、瑞姫にも打ち明けていなかった母親の事も含め、子細を打ち明けた。

母親、姉と信じていた女達に虐待された末に捨てられた事――
その母親の本当の夫はホストであり、世間体と托卵の目的で父に近付き、偶然、凱を生んだ事――

彼のその冷淡な言葉の端々には怒り、憎しみ、悔しさ、怨みが込められていた。

察した婚約者達は、「それ以上話さなくていいから」と凱に寄り添い、負の感情を消す目的で全員による彼との夜伽を決めた。

その夜は外の漏れる事の無い、最下層の開かずの間のような一室で、王魔界とドラゴニアから取り寄せた香を同時に焚き、むせ返るような匂いの中、快楽に溺れる多数の淫声と淫音を部屋中に響かせた。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

翌日、学園長室に電話が入った。
凱の元母・知加子が「凱を出せ」と尊大な口調で言って来たのだ。
やはり来たかと溜息をついた凱は、エルノールから受話器を受け取る。

「何ぞ用か、クソババア」
『グルァ、こんクソガキャァ! てめー、よくもうちの可愛い娘殴りやがったなぁ! クズの分際で何様だゴルァ! てめーは黙って有り金全部出しゃいいんだよ、ボンクラのクズが! てめーに金なんざもったいねえんだゴラァ! んなことも分からんか、こんクソボケがぁ! しかも、言うに事欠いてこのアタシをクソババアだぁ? てめーなんざ産みたくて産んだんじゃねーんだゴミが! とっとと金置いてゴミ処理場にいきやがれってんだよ、こんボンクラのクソガキャァ!』

曲がりなりにも腹を痛めて産んだ子供を悪し様にこき下ろし、堂々と金をむしり取ろうと渾身の罵声を浴びせ、屈服させようとする態度に凱の怒りが爆発した。

「うるせえクソババア! つまらん男と結婚したせいで不幸になっただと? ふざけんのも大概にしろや! テメェもテメェの家族も気持ち悪いんだよ! 二度と俺に近づくな! テメェが俺の父さんを十年以上も騙し、俺にしやがった数々の事は一生許さねえ! ホストなんて底辺クズチンピラの仕事してやがる生ゴミ野郎に股開く汚物の分際で、偉そうに母親面すんじゃねえ! テメェの緩くてヘドロ臭え股から出てきたのが俺の最大の不幸だ! 公衆便所の分際で俺に物をしゃべくるな! 越前だか便所虫だか知らねえが! たかがホストだろが! 産業廃棄物にもならんチンカスホストと一緒にとっとと死ねや、公衆便所っ!!」
『キイイイイッ! gjh$fi☆@1hw#io*e!!!!!』

金切り声を上げて叫ぶ元母を無視し、ガシィッ!と叩きつけるように受話器を置いた凱の表情は憤怒に染まっている。
瑞姫と朱鷺子が揃って傍に寄り添い、他の者達もそれに続く。

「みんな……、ありがとう。少し、一人にさせてくれ。頼む……」

瑞姫達にそう告げると、そそくさと地下基地最下層にある訓練室に入り、全武装を顕現させた。

憎しみのままに、怒りのままに――

リンドヴルムを振るう度、リンドヴルムと魔竜王の鎧衣が唸りを上げる。
母と姉の姿をした醜悪な怪物に憐憫の情は一つも湧かない。
そのまま惨めに朽ち果てる事を望みながら、ただひたすら振るい続けた。
近くには何も無く、ただただ空を斬るだけ。けれど気晴らしに他の命を奪い、破壊する事は人間と同じ。凱はそれだけは絶対に避けた。

自分は人間を超えた身、だからこそ人間を名乗る下劣な生物に成り下がってはならない――との矜持ゆえに。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

数日後、歌舞伎町にあるホストクラブ「ドリームダイヤ」本店ではオーナーとその家族、主要なホストと黒服が集まっての緊急会議が開かれていた。
さおりが凱の財産の搾取に失敗した事で資金調達の見直しを余儀なくされ、報告を受けた夏目会から「払えなければ店も金も差し押さえる」との最後通牒を突きつけられたのだ。

知加子の不倫相手(※当人にとっては本来の夫)にして、さおりの実父であるホスト兼ドリームダイヤオーナー・越前輝(えちぜん・ひかる)は、資金調達の失敗だけでなく、自分を便所虫と扱き下ろした凱に激怒していた。

「この俺を便所虫だとぉ? ホストが底辺チンピラの仕事だとぉ? ガキの分際でホストを舐めやがってぇ! この俺がホストってもんを! 体で教えてやる!」

ホストである事に男としての誇りを持っている彼だからこそ、凱の怨みの篭った侮蔑に怒り心頭となる。越前の言う「体で教える」とは暴力で思い知らせるという意味だ。

「一ノ瀬ぇっ!」

越前は一人のホストの名を呼ぶ。

「はい、オーナー」
「動け。あの竜宮のガキを殺せ!」
「わかりました。あいつのクソオヤジに弟が世話になりましたからね。丁度いい、弟のお礼参りもします!」
「すぐにかかれ。あのガキはミンチにするなり好きにしろ」
「わかりました! すぐに!」

オーナーの越前は本名を越前一八(えちぜん・かずや)と言い、一介のホストだった時に見いだされ、ホストクラブ「ドリームダイヤ」を立ち上げてオーナーにまでのし上がったという。
しかも夏目会の傘下として、関東一帯の飲食店を縄張りにしていた。

だが、ここ数年の魔物娘の急激な台頭に焦り、オラオラ営業を始めとした強引な手法が却って客離れを加速させ、売り上げも全盛期の50分の1にまで激減。
夏目会への上納金も大幅に減り、これを解消すべく、凱の亡父の遺産に目をつける。しかし、奪取は失敗し、夏目会から睨まれるようになった。
後が無くなった越前は、生き残りをかけたリストラに踏み切ったのだが、オーナー一家のワンマン経営に頼り切っていたツケが祟り、資金繰りがますます悪化していたのだ。

店長も兼任していた一ノ瀬遊矢こと一ノ瀬雄也(いちのせ・ゆうや)はドリームダイヤ本店のNo.1ホストであり、オーナー一家からの信頼も厚い。
彼には勝也(かつや)と言う、札付きの不良で悪名高い高校生の弟がおり、その弟を凱抹殺の刺客として解き放とうとしていた。

「勝也。竜宮の野郎に落とし前付ける時が来たぜ」
『兄貴! それホントか!』
「ああ、お前に生意気な口利いたクソオヤジは死んでるが、ガキが生きてる」
『そいつ、ぶっ殺していいんだな!』
「ああ勿論だ。サツがきっちり揉み消すから遠慮なく殺れ。明石がバックに付いてるぜ」
『そいつぁいい! たっぷりお礼参りしてやるぜ! ハーッハッハッハ!』
「銃は明石が夏目のとこから仕入れてくる。またあとでな」
『ああ! 楽しみに待ってるぜ兄貴!』

電話での会話を終えた一ノ瀬は明石に連絡を取り、銃の調達依頼と探偵を動かす旨を伝えて了承を得ると、今度は自分に与するホストを集めて作戦会議を開く。

その二週間後。
探偵が突き止めた情報を基に凱の別荘に奇襲をかけ、財産も女も全て奪い取り、徹底的に破壊するという手筈を整えていた。

そこに警察、それも悪徳キャリア警官のお墨付きまであった――のだが……。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

これに遡る事、二週間前。

知加子とさおりの性格から、必ず報復に来る事を予測していた凱は別の土地に屋敷を建て、そこに住んでいるように偽装する計画を立案、実行に移す。
情報も全てエルノール・サバトが操作・改竄した。
探偵を送り込んで場所を特定してくるのを予測し、逆にそれを利用しようという計画だ。

だが、ダミーの屋敷をただ建てるのでは仕返しにならないと感じた凱は婚約者達に打診し、屋敷内部の作り替えを提案する。
同時にエルノール・サバトの構成員達も動員し、作戦を実行に移した。

そして、一ノ瀬兄弟を頭とする一団の襲撃が開始される当日――

「おるぁー!」

勝哉のナックルダスターによる渾身のパンチが玄関のドアを易々と打ち破ったのが合図となる。

「ハッハァー! こんなオンボロ、軽いぜ! 野郎ども、いけぇ!」

ホストや警官、ヤクザ達が大挙して押し入る……のだが――

「何だこれはぁー! べたべたしやがるーー!」

ある者は鳥黐(とりもち)で動きを封じられ――

「いぎゃあああああ! いでえええええええ!」

ある者は大型獣用トラバサミで脚の骨を砕かれ――

「くせええええええ! 服がーーーーーーー!」

ある者は生ごみや肥溜め入りの落とし穴に落ち――

「あーーっ! 雄がいっぱいいるぞぉー!」
「ほんとだー! あのひとたちのいったとおりだぁー!」
「これは程良く美味しそうな雄だな。ジュルゥ……」
「うわーーーーーー! く……く、来るなーー!」

バブルスライム、ラージマウス、デビルバグ、ベルゼブブ、オークの群れに襲われ、何の抵抗も出来ないまま餌食となっていく――

「あ……兄貴いぃぃぃ! 魔物……魔物娘共がウジャウジャいやがる! 先にカチコミかけた奴らぁ、もうダメだぁっ!」
「何だとぉッ! 話違うじゃねぇか! あの探偵、ぶっ殺してやる! 退けええぇー!」

何とか逃げ帰って来たヤクザと勝也の悲鳴に一ノ瀬は退却命令を出すが、中に入れず不満を持っていた魔物娘にも見つかり、殆どが彼女らに捕獲されてしまう。
一ノ瀬兄弟はどうにか逃げ切った僅かな者らとほうほうの体で逃げ帰り、決行された襲撃作戦は見るも無残な大失敗に終わった。

凱の立案の下、設計をエルノールが担当し、朱鷺子の悪戯心と凱の怒りを満載して作り上げたトラップハウスは襲撃者達をあっという間に無力化していったのだ。
哀れな被害者は凱達の呼びかけで集まった魔物娘の婿となり、二度と人間社会に戻る事は無かった。
警察側も一部の警察官が同じ目に遭っており、しかも誰の許可も得ていなかった為に違法捜査の疑いをかけられ、これらの始末に追われた。

怒り狂った一ノ瀬兄弟は場所の特定に当たっていた探偵の家に即日殴り込みをかけ、怒り狂う勝也の拳を顔と胴に百発以上も浴びた探偵は間一髪で魔物娘に助けられたものの、瀕死の重傷を負い、集中治療室送りとなった。
翌日、勝也は殺人未遂容疑で高校内にて逮捕され、その一時間後には雄也も殺人幇助の容疑と麻薬及び向精神薬取締法(旧・麻薬取締法)違反にて自宅で逮捕された。

越前やその妻子も一ノ瀬兄弟の暴挙を黙認したとして幇助の罪で逮捕され、ドリームダイヤは廃業。
所属のホスト達は一転して路頭に迷う破目になった。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

魔物娘から辛うじて逃れる事が出来た――言い換えるなら、魔物娘に選ばれなかった――僅かな者達もまた、無事では済まなかった。

ある者はコネを使って新たな店でホストを続け、ある者は夜の世界から足を洗って就職活動に悪戦苦闘し、またある者は全てを失った事に絶望して生まれ故郷に帰郷した。
だが、頼るべき親族がいなかったり、親族や仲間から見捨てられた者は夏目会の構成員になったり、犯罪者へ身を落としていく。
夏目会の者達も惨憺たる状態で戻って来たのが幹部の知る所となり、壮絶な制裁を受けた。

夜と裏の世界に喧嘩を売った大馬鹿者というレッテルを勝手に貼られた凱だったが、彼自身は元母・元姉に事実を突きつけただけ。
だが、自滅だったとはいえホストとヤクザにとっては稼ぎと面子を潰されたのは事実であり、彼らが勝手にそうしたに過ぎないのだ。

一方、一ノ瀬兄弟を後押しした明石は兄弟逮捕の報せに状況不利と判断し、即座に彼らを切り捨ててアリバイ工作を行って、どうにか疑いの目を逃れたものの、またしても面目を潰された怒りは凄まじかった。
どう考えても逆恨みだが……。
賛同した警察官も一部を除いて地方公務員法違反で軽くても減給12ヶ月、末端の者は僻地へ左遷されるか免職された。

その一ノ瀬兄弟は、主犯に仕立て上げられた事で明石に切り捨てられた事を知るに至る。
兄弟は凱がサバトと繋がりがある事もサバトの情報力も全く知らず、行状を知った魔物娘の勢力が勢い付いたのも兄弟にとって不幸だった。

一ノ瀬は覚醒剤や違法ドラッグの売人、更には人身売買のブローカーである事も発覚。
弟の勝也は殺人未遂、恐喝、強盗、傷害、性的暴行及び虐待、麻薬及び向精神薬取締法違反で、判明しただけで30もの余罪が発覚。
兄弟揃って刑事事件として起訴され、勝也については死刑になってもおかしくない行状であった。
弁護団はこれらを何としてでも避けるべく、夏目会を通じて必死の裏取引を行うが、結果は二人とも億単位の賠償金支払と無期懲役の有罪判決。
一ノ瀬兄弟は「無罪以外認めない」と判決後に暴れ出す愚挙に出てしまう。

弁護団は慌てて兄弟を宥めて上告するも、「被告は反省という言葉を知らない」との理由で上告を即日却下。
これを受けて弁護団は再上告したが、夏目会総本部にもこの不届きは知られており、夏目会総長は一ノ瀬兄弟の切り捨てを指示。
一ノ瀬兄弟は二度の上告棄却で刑務所送りが確定した。

後日、勝哉は我が物顔で通っていた高校から、書面で放校処分を下された。
私立で中高一貫制の学校に通っていた為、「通常であれば」中卒として処理されるが、勝哉は教師陣や生徒だけでなく、その関係者までも暴力、恐喝、強姦及び性的虐待、麻薬を駆使して内部進学を強要した前科を持っていた。
結局これも発覚し、学校にいた履歴そのものを取り消され、最終学歴も小学校卒業というあり得ない展開となった。

越前についても、計画の立案と主導の立場に自ら立っていた事を一ノ瀬からの証言で明かされ、殺人教唆の罪として無期懲役の判決を受けた。
しかし、知加子・さおりの関与はあくまでも否定し、「自分とホスト達がやったのであって、妻と娘は関係ない」との証言を貫き通した。

一方の知加子とさおりは越前と弁護士の必死の擁護もあって、証拠不十分としてどうにか釈放はされた。
しかし、越前と密通して凱を捨てた過去の悪行が親族間に遺恨を残しており、母娘ともに実家に連行されて農作業に駆り出され、奴隷も同然の生活を送る。
独身の農家に嫁がせる計画も上がっているらしい。

こうして凱は己に付きまとう悪しき禍根の一つを絶つ事が出来た――

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

時は戻って、とある高級マンションの一室――

「なにいぃ! ドリームダイヤが潰れたぁ?!」
『はい……。越前がサツにパクられました。一ノ瀬兄弟もムショ送りは免れないでしょう……』
「おい待て、越前がパクられた? どういうことだ!」
『すいません。こちらもさっき聞いた話ですが、一ノ瀬兄弟の逮捕に関係しているかと……』
「……分かった。店の連中をどうするかは任せる」
『分かりました。失礼します(ブツッ)』
「はああぁぁぁ〜〜〜……。余計なことしおって、越前のクソッタレェェッ!」

机を殴りつけながら、怒声を上げる男の目が血走っている。

「マスコミに知れたらマズい。本部長と能本に連絡せねば」

男の顔に焦りが滲み出ていた。

*****

所変わって、何処か分からぬ、暗く湿った空間――

ぐちょぐちゃと湿り気を含んだ音に混じって、男と女の淫らな声がそこかしこに響き渡っていた。

「あへへぇ〜〜、もうかんにんしてくれへぇ〜〜」

一人の男が弱々しい声を上げながら救いを求めるが、言葉とは裏腹に、身体は自分を凌辱する者を求めている。

「だぁ〜めぇ〜 い〜っぱい、いぃ〜っぱぁい、はらませてほしいのぉ〜」

男の上に乗って腰を振るデビルバグの言葉に、男の腰が自然と上下する。
周囲の男達も同様だ。
ある者はバブルスライムに包み込まれながら、ある者はベルゼブブの命ずるがままに、またある者はラージマウスの集団に……。
逆輪姦を受ける身でありながら、男達はそれを甘受し、やがて魔物娘無しでは生きられなくなる――

それは抜け出す事の出来ぬ、快楽と言う名の阿鼻地獄。

死よりも辛く、殺されていた方がまだ幸せだと言う者もいるだろう。

人間社会、家族、友人と切り離され、時間からも隔絶された世界で、魔物娘との永遠の肉体関係を結ぶのだから。

永遠の闇と僅かな光、そして甘美で爛れた性生活だけが、ホストや警官、ヤクザだった男達が送れる生活の全てと化していくのだ――
19/09/15 12:06更新 / rakshasa
戻る 次へ

■作者メッセージ
【今回の敵設定】
※本来の設定なので無駄に長いです。ごめんなさい。

〇ホストクラブ「ドリームダイヤ」
一介のホストだった越前一八が独立して開業したホストクラブ。
自身もオーナー業だけでなく、一ホストとして活動している。
『「欲しい」が全て、手に入る。』をキャッチフレーズに臨機応変な営業手法を取っていたが、魔物娘の台頭に焦り、オラオラ営業主体の強引な手法で客離れを加速させてしまう。
歌舞伎町に本店を置き、近郊に支店がいくつかあったが、越前の逮捕により閉店、廃業。

〇越前一八
凱の元母・知加子の夫。
ドリームダイヤのオーナーにしてホスト。
ホストであるというプライドは非常に高く、ホストを貶す者は幼稚園児であろうと許さない。
ホスト時は「越前輝」の源氏名を使う。
凱殺害計画を立案したとして逮捕され、殺人教唆で無期懲役となる。

〇越前知加子
凱の元母で、凱が人間社会を憎むようになった発端にして、周囲から孤立するよう仕組んだ元凶の片割れ。
彼の父・隆哉と見合い結婚したが、実際は一八と将来を誓い合い、結婚前から密通していた。隆哉の妻となったのは一八の子(=さおり)を身籠った事を誤魔化す為の、言わば托卵。
凱を身籠った事は当人曰く「人生最大の誤算」であり、親の体面の為に「仕方なく」産んだに過ぎない(自身は中絶する気満々だった)。
この為、凱の事は産んだ時から邪魔としか思っておらず、娘と共に憂さ晴らしの道具にしていた。
その後、密通と托卵がばれて離婚され、一八と共に慰謝料を払わされた為、隆哉と実家に激しい怒りと怨みを抱く。この仕返しとして、家を出る時にハイヒールでの渾身の蹴りを凱を見舞った。
一八の逮捕後、彼の必死の弁明で逮捕は免れたが、娘と共に実家に連行され、農作業用の奴隷にされる。
50を過ぎた未婚男がいる農家に嫁がされるらしいが……。

〇越前さおり
一八と知加子との娘で、凱の異父姉。凱が周囲から孤立するよう仕組んだ元凶の片割れ。
隆哉の事は大嫌いで、幼少から凱をいじめ抜き、彼が母にいびられるのを見て、笑い転げていた。
それ故、凱の事は人間とさえ思わず、憂さ晴らしの玩具としか見ていない。
凱に相続された莫大な遺産に目をつけ、刻み付けた恐怖で隷属させ、遺産を奪い取ろうとするも、第三者に変装したエルノールと瑞姫の妨害、そして凱の怨みの反撃によって失敗。
父の逮捕後、母と共に実家に連行され、農作業に駆り出される。同じように未婚男のいる農家に嫁がされるらしいが……。

〇一ノ瀬雄也/勝也(いちのせ・ゆうや/かつや)
悪名を馳せた兄弟。

兄・雄也は高校卒業後、中学時代から所属していた暴走族の伝手でドリームダイヤに入店。数年後、同店のナンバー1となる。
その裏では覚醒剤や違法ドラッグを売り捌いて利益を得ている。
明石数秀とは知り合いで、依頼に応じて女を調達していた。

弟・勝也は高校生離れした体躯と筋肉、腕力を持ち、持ち前の暴力性と欲望の赴くまま、恐喝や傷害、強姦を繰り返す凶暴かつ短気な性格で、兄以外から指図されるのが大嫌い。
自分に指図する者は教師や警官であっても絶対に許さない。
一度怒れば相手が動かなくなったり屈服するまで、物理的・性的暴力の限りを尽くす、兄と欲望にのみ忠実な狂獣。

二人で凱殺害計画の実行部隊を率いたが惨敗。
逮捕後、弁護団の裏取引で無期懲役となる(本来なら死刑だったらしい)。
因みに勝也のイメージは「餓狼伝説シリーズ」の山崎竜二と「右向け左!(マンガ作品)」の徳山を足して二で割らない。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33