読切小説
[TOP]
私の中で、包んであげる
砂漠を馬で駆ける者たちがいた、彼らは無法者達。
彼らは、街を襲っては金銀財宝、食糧、若い女等を強奪している。

「ははは、今日も大量だ♪お前ら今日も騒ぐぞ!」

「「「「おお〜〜!!」」」

無法者達は、騒ぐ・・・夜の砂漠を。
若い女性達は怯え、恐怖し震えている。
だが・・・無法者達は・・・知らない。



自分達が走っている砂漠には "怪物" がいることを。
それは地響きと共に。
地中から、現れることを・・・。

「か、頭(かしら)!じ、地震・・・っ!?」

一人の男が後ろを振り向く。
それは "地震" ではない。
地中深くから目覚めた化物。


サンドウォームである。


「頭!!さ、サンドウォームだ!」

「こ、このままじゃこ、殺されちまう!」

「っち、仕方がねぇおい、財宝、女は置いていけ!」

馬車から、財宝や女を落とす男達。
まるで自分たちの事しか考えていないかのように。
だが・・その中に、たった1人・・・たった1人だけ無法者達とは違う行動をとった男がいた。

「おい!クーザ何している!?」

「お前死にたいのか!」

クーザと呼ばれた男は1人、たった女性達の元に行く。
そして懐からナイフを取り出し手に持って、女性達の縄を斬る。

「馬を使って、逃げろ・・・俺がサンドウォームを引き付ける」

女性達、無法者達の反対側の方に走りポケットから、照明弾を出して サンドウォーム目掛けて投げる。
投げて数秒後、破裂し砂漠を照らす。

ぐゃぉぉぉ!?

光に驚き、サンドウォームが叫ぶ。
そして、クーザを標的と見なし、追いかける。

「いいぞ・・・こっちだ」

クーザを追いかけるサンドウォーム。
サンドウォームに追われるクーザ。
ただ、心なしかニヤリと笑う。

「いいぞこっち、こっちだ」

だが、痺れを切らしたサンドウォームが体ごとジャンプする。
すると丁度クーザの真上に口がありそのままクーザを食べようとする。

「っち、仕方がない」

別のポケットから、爆弾を3、4個持つ。
徐々に、サンドウォームの口が迫り口の中に爆弾を投げ飛ばす。

「よし!」

口に爆弾が入るのを確認し、クーザ右に全力で走ってサンドウォームの口から逸れようとする。

ぐぉぉぉぎゃぁあああ!!

すると、投げた爆弾が内部で爆発しサンドウォームが体勢を崩しそのまま落下する。
その落下した風圧にクーザも巻き込まるが軽傷ですむ。

「はぁはぁ・・・は・・・はは・・・」

腰が抜けて、その場に座り息を整える。
だが油断はできない、爆弾程度は絶対に死んでいない。
きっとまだ動くはず、と思いゆっくりとその場を歩き離れようとする。

ぐぉぉ・・・ぎゃぉぉ・・・

少し振り返ると、やはりまだ生きていたかと思いながら少しずつ走り始める。
一歩、一歩少しでも距離を取って隠れるか、砂のないところにと考えながら走る。

「はぁはぁ・・・?」

ふと自分を追うだろうと思っていたサンドウォームがゆっくりと地中の中に潜っていく。
1人きりになった、ほっとしその場で息を整える。

「はぁはぁ・・・」

ただ、これがクーザにとって最大の "油断" である。

「!?な、なんだ」

砂がゆっくりと、渦を巻き流砂ができ "砂地獄" が生まれる。

「な・・・い、いきなりな、なんだ!?」

必死に走って、砂地獄から逃げようとする。
しかし、走っても走っても砂に足を奪われてしまい。、
やがて体が砂の中に体が埋まってしまう。

「くそ・・・!?」

身体が埋まり、身動きが取れないままふと下を見る。
下には大きな口を開けて砂を吸い込んでいる。



その口がサンドウォームだと気づいた時。


クーザは・・・。

「は・・・ははは・・・」

自分の運命が決まった・・・と、思いながら。
サンドウォームの口の中へと入ってしまうのであった・・・。



あれからどれくらい経ったのだろう。
自分死んだ・・・未練はない・・・が。
未練はないが・・・おかしいと思い始める。
顔に、水(?)のようなものが体中に当たっている。

「ん・・・ん?」

ゆっくり目を開けるクーザ。
サンドウォームの体内のはずだが、意外と明るいとクーザは思った。
少し眩しいとも思い、ゆっくりと数回瞬きする。

「・・・」

瞬きすると、一瞬女性が映った。
それはきっと幻だと思い気のせいだと思い込む。

「・・・き、て」

声が聞こえた。
再度目を薄く開け右、左と目を動かす。
しかし、自分がいるのはサンドウォームの体内。
人なんていない、否いるはずがない。

「あ・・・ね、ね・・・ね、ないで」

声がまた聞こえた、また今度は少し体を揺らされる。
間違いなく "幻" ではないと確信してしまう。

「・・・う、ん」

三度(みたび)目を開けた。
今度は入念に、自分の辺りを見る。
右から左へ・・・下を見て、最後に・・・上を見る。

「あ・・・お、おき・・・お、おきた?」

「・・・」

上を見ると、若くて綺麗で美人な女性が笑顔でクーザを見ている。
微笑んで、少し頭を撫でられる。

「お・・・おは・・・おは、よう」

数分・・・たった数分クーザの思考が停止した。
そして思考が少しずつ回復していく。

「・・・っ!?」

そして、自分の勢いよく体を起こし自分を見つめてい女性との距離を取る。

「な、なんだお、お前は!い、一体ど、どこから・・・」

懐に入っているナイフを鞘から取り出そうとするクーザ。
だが、その懐に締まっているはずのナイフがない。
否それ以前に鞘どころか、服もなくなって今は何故か裸。

「な・・・服も、ど、道具も・・・な、ない・・・」

っはっと気づく。
自分の前に女性がいる、女性の目の前でチンポをぶら下げて少し恥ずかしくなり手で隠す。

「よか・・・よかった・・・お、起きて・・・し、し・・・心配した」

女性がゆっくりと自分の方へ近づいてくる。
だがここで、その女性に "脚" がないことに。

「お、お前・・・い、いったい」

ゆっくりと後退して一定の距離を取ろうとするクーザ。

「む、むだ♪」

不意に女性らしき体が瞬間移動したかのように、一気に距離を詰められる。
そしてクーザを抱きそのまま押し倒す。
密着し、自分の豊乳を押し付ける。

「お、おい・・・は、離れろ」

何とか・・・何とかに、逃げないと考えるクーザ。
しかし女性は密着したまま離れようとしない。

「わ・・・わた・・・わた、わたしこ・・・怖くな、ない」

「り、理解で、できない、んん!?」

唐突にキスをされて、さらに舌も絡めらてくる。
何が起きたか、理解できないが少なくとも・・・。


少なくともクーザにとっては "初めて" のキスで、戸惑っている。


「ん、んチュウ・・レェロォォレロォォ・・・♪」

「んん・・・んは」

必死に抵抗し、唇を離し息を整えるクーザ。
しかし、女性は何故口を離されたのか理解できずにいる。

「な、なぜ・・・き、キス・・・い、嫌?き、嫌い?」

(。´・ω・)?という顔をしながらクーザを見つめる。

「あ、あのな・・・お、お前のこ、行動はり、理解できないぞ!」

「り、り・・・理解、しなく・・・しなくてもい、いい」

ぎゅっと抱きしめて、再度密着し背中や頭を撫で始める。
まるで優しく、荒(すさ)んだクーザの身も心を癒そうとしているかのように。

「あ・・・あなたは、き、きょう・・・強者・・・わ、私は・・・強いお、男」

ゆっくりと馬乗りになって "欲情した牝" のような視線で、クーザを見つめる。
そしてゆっくりと素股をするようにクーザの股間を素股をする。

「お、おい・・・くぁぁっや、やめろ」

「い、い・・・いやぁ・・・私・・・あ、あなた・・・を、ふ、ふり・・・振り向かせる」

手コキをして勃起を促していき、気持ちよくさせようとする。
優しく、クーザを思うようにただ自分に振り向いてほしいと思いながら気持ちよくさせる。

「っ・・・うぁぁ」

しかしクーザにとっては刺激が強いのか、顔の表情に余裕がなくなっていく。
それを察したのか、少しだけ手コキする速度を弱める。

「だ・・・だめ・・・射精、子胤は・・・こ・・・こっち、こっちに」

1度手を離し騎乗位で、おまんこにチンポを当ててゆっくりと体を落とし挿入していく。
ただ痛覚があるのか、いたのを我慢しているようにも見える。

「い、あ・・・ち、チンポ・・・は、入った・・・お、おまんこ・・・あ、あなた・・・あなたでい、いっぱい♪」

腰を落したり上げたりして気持ちよくなろうとする。
一方のクーザは、自分が襲われているのに、何故か "興奮" してこの女は何故、俺を?と色々考えてしまう。

「はぁ・・・ん、んああ・・・ま、まだ・・・まだき、きづ・・・気付かない?」

一旦腰を動かすのをやめて少し悲しい顔をしてしまう。
そして息を吸って。

「わ、私は!貴方をお・・・襲った、さ、サンド・・・サンドウォームなの!!」

大声で言った。
やや目から涙を流しながら。
ただ、嫌われたとも考えてしまう。

「・・・なんとなく」

少し沈黙した後、声をだすクーザ。
そして真剣な目で彼女と向き合おうとする。

「なんとなく・・・・あ、あんたの正体・・・わ、わかっていたんだ・・・けど」

声で出して、言おうか迷い再度沈黙してしまう。
そして少し目が泳いでしまい落ち着いて、声をだす。

「い、いいお、思いをさ、させた後・・・し、消化す、するつもり・・・何だろう?」

自分は食われた。
ただそれだけ、自分は消化の対象なのだろうと覚悟はしている。

「消化?そ、そん・・・そんなこと、し、しない!!」

騎乗位のままゆっくりと体を倒しクーザを真剣な目で見つめる。

「わ、私は・・・あ、あなた・・・貴方が好き!だ、大好き!だからずっと・・・ここであ、あい、愛する!」

言いたいことを言い終えて、腰を振るのを再開し。
自分のおまんこで気持ちよくなってほしいという思いで、いやらしく射精感を煽がせる。

「ま、まて!お、俺は・・・俺は・・・」


言いたい、自分は罪人である事を・・・。
自分は女性に愛される資格がない事を・・・・。


「いい・・・あ、あなたが・・・貴方が、何者でも・・・」

腰を振りながら、サンドウォームは自分の思いを・・・。

「何者でも・・・わ、わた・・・私は貴方をあ、愛している!」

大声で、自身の体内の中で遠くまで響き渡る。
そして何も言わせないように唇を合わし強引に舌を絡ませながら、射精させようとする。

「んん!レロ・・・レロレロ」

腰を振られて、射精感も近づいていき。
クーザは我慢できずに、サンドウォームのおまんこの中に精液を出してしまう。

「んん!!んは・・・あ、ああ・・・ああ、で、出て・・・出てる・・・あ、あ・・・あついのぉ・・・」

表情が蕩けゆっくりとクーザの体に身を委ね、息を整える。
そしてゆっくりとチンポを引き抜くと濃厚で、熱い精液がゆっくりとおまんこの中から出てしまう。



「はぁはぁ・・・」

SEXを終えて、両者息を整え始める。
すると、 ぐぅ〜っとお腹が鳴る。
誰の腹の音か、それは言わずもがな、クーザの腹の音だ。

「・・・そういえば、腹減ったな」

「お腹減った!?」

息を整えていたサンドウォームが急にガバッ!と体を起こす。
そして、自分の豊乳で谷間を作りクーザの顔を包み込む。

「ん!?お、おい・・・い、一体何を・・」

いきなりの事で、いったい何が?と思いながらぐにぐにと豊乳に動かしていく。
そして自身の豊乳を揉み始める。

「んぅ・・・も、もう少し・・・で、で、出る!」


ビュッビュッビュビュ!サンドウォームの豊乳から、母乳が出る。
そして谷間に包むのをやめて、今度はクーザの口元に自分の乳首を当てる。

「い、いっぱい・・・で、でる・・・いっぱいの・・・のん、飲んで?」

「・・・ごく」

食欲に負けたのか、口を開けて、サンドウォームの母乳を吸っていく。
クーザは確信する。


このサンドウォームは自分に "好意" を持っているのだと。
そしてその好意を体を使って表現しようとし、実践しているのだと。

「お、おい・・・おいしい?」

「・・・ああ」

「よか・・・よかった、も、もっと・・・もっとす、吸って?」

自分で母乳を噴かせて、クーザにまだまだ母乳があることをアピールする。
そしてチラリと相手を見て「わ、わかった」一言と言って。
彼女の "愛" を受け止めるのであった。
17/06/11 17:30更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
最近サボり気味で・・・申し訳ございません・・・

皆さんこんにちわ!シャルロット♂です
最近、モチベーションが上がらないせいで動画の投稿が遅くなり、結果SSの投稿も遅くなりました
本当に申し訳ありません、ただ今回は短編の(気持ち的に)盛りに盛ったつもりです
こんな感じに気長に「ゆっくり実況」「SS」を待ってくださると、私は嬉しいです('ω')ノ
では、次回のSSでお会いしましょう♪

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33