読切小説
[TOP]
熱 烈 歓 迎 勇 者
「ここが……サバト」
 城のような、神殿のような大きな建物を見上げる少年が一人。
 まだ十五にも満たないように見える風貌だが、白銀の胸当てをつけ、やや大振りの剣を背負った、冒険者の恰好をしている。
 しかし、装備に着られているような、剣を持たされているような頼りなげな様子はなく、悠然と構えた一流戦士の雰囲気をまとっている。
 そして、全身から立ち昇らんばかりの神気。
 この世界の主神の加護を受けているであろうことが一目でわかる。彼は間違いなく勇者だった。
 彼が見上げている建物は、バフォメット率いるサバト、その支部である建物。森の奥にひっそりと建てられたそれは、いかがわしいことをするために人目を避けているように思われた。
 少年の目的は一つ。人を篭絡し、堕落させるサバトを壊滅させることである。
 彼は一人であり、またバフォメットは凶悪で強大な魔獣であるが、彼にはその目的を達成させる自信と、実力があった。
 背中の剣を抜きはなつ。剣は輝きを放つほどに磨き抜かれており、少年の顔をその刀身に映し出した。
「……行くぞ」
 誰にともなく呟いて、勇者は走り出した。

  +  +  +

 数十分後。
「……なんなんだ、この建物は……!」
 少年は散々な姿をしていた。
 怪我をしているとか、裸になっているとか、そういうことではないのだが……。
 このサバト支部の建物は、迷宮と化していた。それはいい。彼もそのつもりでいた。
 問題は、迷宮に仕掛けられた、数々の罠、その内容だった。
 建物に入ると同時に、頭からローションを浴びせられた。
 襲いかかってきたゴーレムが、ローションたっぷりのスポンジ製だった。
 魔法禁止の結界が張られた部屋が、ローションプールだった。
 ローションローションまたローション。謎のローション地獄。
 勇者の少年は、今や頭の上からつま先までずぶぬれでぬるぬるの、ローションまみれ。
 ローションを吸った服は、単に濡れた服よりも重く、べったりとまとわりついて体力を奪う。にゅるにゅると擦れる奇妙な感触は、少年から集中力を削ぎ、精神を蝕む。
 無害なだけに、魔法を使って洗浄するという行動をためらわせ、彼はただただ疲労を蓄積させていった。
 ぐったりと、目の前の扉を開ける。
 べ ち ゃ り
 また頭からローション。予想はしていたが、もう避ける気力が無かった。
 深い深い溜め息を吐いて、顔を拭い、前を向く。
 一見、何の仕掛けも無さそうな廊下。一本道の先には、いかにもな感じの大きな扉がついている。扉の上には、看板がついていた。
『おおひろま』
 それを見て、何よりも先に、まず安堵した。
 やっと、か。
 ここなら、やっとまともな戦いが期待できるに違いない。
 大きく深呼吸をし、扉の前に立つ。疲労困憊した体に活を入れ、大広間への扉を開いた。
 そこには――――
『ようこそ! 勇者様!』
 広い空間に響く、轟音の如き歓声。大広間の半分を埋める幼魔の群れ。
 ただし、全裸で。
「……!?」
 その異様な光景に、少年は声を失った。
 魔物が迎え撃つとは思っていたけれど、こんな、全裸で出迎えられるとは夢にも思わなかった。
 しかし、予想してしかるべきだったのかもしれない。何せあんなふざけた迷宮をつくる連中なのだから。
 疲れた体、回らない頭、肩すかしをくらった心。
 がっくりと膝をつきたくなる気持ちを支えていたのは、なけなしの勇者の意地だろうか。
 ――そんな彼が、背後に迫る影に気づかなかったことを、誰が責められるだろうか。
 ぷすり
「――!?」
 首筋に刺さる針の感触、注入される何か。
 危機感に振り向くも、ぐるりと回る視界。その場に倒れてしまった。
 歪んだ視界に映ったのは、一人の男。手には注射器を持っていた。
「あー、サバトへようこそ、勇者くん」
「……なにを……した……ん、ですか……?」
 体が熱い。かすれる声を絞り出して問いただす。
 男はうっすらと笑みを浮かべた。
「君がここに来るまでにたっぷり浴びたローションなんだが、アレにはちょっと特殊なお薬が混ぜてあってな。それ単体では全くの無害だが、別の薬品を加えることで、強力な催淫剤、要するに媚薬に変化する」
「……それ、を?」
「今、注射したのがそれだな。まあ他にも色々混ざってるんだけど」
 熱い。体の奥の方から疼いてくるようだ。じくじくと体の内側から溶かされるような毒に蝕まれている。
 男はちらりと少年の下半身を見やり、媚薬の効果を確かめると満足気にうなずいた。
「よしよし。十分に効いているようで。さて、勇者くん。サバトの目的って知ってるかね」
「……人間を、堕落させる……」
「んー、まあ、それは結果の一つなんだな。サバトの目的は――」
 男はそこで一度言葉を切った。気がつけば、周囲を裸の幼魔たちに囲まれている。
「――幼い少女の体の魅力を世界に広める」
「……まさか」
「そのまさか。ということで、君には可愛い可愛いおんなのこの魅力を、全身で体感してもらおうと思う」
「ちょっと待って……!」
「なあに、大丈夫。死にゃしないさ。気持ち良いし、楽しいし、悪いことは何一つない」
 男は幼魔たちの間を抜けて去っていく。そして寄ってくる幼魔たち。
「待って……!」
 少年の助けを求める声は届かない。
「サバトへようこそ、勇者くん。俺達は、新しい兄弟を心から歓迎するよ」


 こうしてお兄ちゃんが一人増えた。
13/05/12 09:19更新 / お茶くみ魔人

■作者メッセージ
じんぶつしょうかい
勇者:少年勇者くん。一流の戦士である。間違いなく強い。敗因は迷宮探索の経験値の多少。
「…………(レイプ目)」
「死んだような目をしている」「そら(あれだけ輪姦すれば)そう(死ぬ)よ」
「ちんちんいじったら復活しますかね?」「やめたげて」

注射器の男の人:この支部の支部長のお兄ちゃん。支部長のお兄ちゃんなので、一番上のお兄ちゃん扱い。
「今回の迷宮をプロデュースしたのは兄者なんじゃぞ」
「正直勇者くんにはすまんかったと思う」

サバト支部:三人のバフォメットと七人の魔女によって運営される支部。
今回の舞台「城のような神殿のような建物」はイベント用の会場で、黒ミサなどを行う時に使う。迷宮は勇者や教会に襲われた時に起動する。支部局は支部局で別に存在し、こちらは普通に街に設置されている。
「あの建物も、場所を変えようと思えば変えられるんじゃぞ」
「バフォ様と魔女たち総動員ですけどねー」

サバトの教義布教のお話。バフォ様達だっていつも遊んでるわけじゃなくて、ちゃんとお仕事してるんです。可愛いだけが仕事じゃないんです。
タイトルは思いつきというか。図鑑のアマゾネスの項目に「熱烈な歓迎」という一文があって。そこから湧いて出てきたお話。
   _、_
 ( ,_ノ` )   < サバトへようこそ。
(⌒`::::  ⌒ヽ  < 俺達は新しい兄弟を心から歓迎する。
ヽ:::: ~~⌒γ⌒) 
  ヽー―'^ー-'  
  〉 兄 者│ 

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33