読切小説
[TOP]
DARKSUITE
「うふふ、いけない生徒ね・・・明日斗(あすと)君」

とある小学校の保健室。
時刻は夕方、生徒は学校出てを帰宅する生徒や塾や習い事に行く生徒ばかりだが。
八雲 明日斗(やくも あすと)は教師で保健医の魔物娘。

"白蛇"の華鏡 白那(はなかがみ しろな)と2人きりの状況で・・・。



明日斗に密着するように白那が巻き付いている。


「せ、先生・・・は、離してください」

「いやよ、だって君"持ってるでしょう"?」

妖艶に綺麗な声で囁く。
もちろん何を持っているのかを理解できない明日斗。

「も、持ってるって・・・な、何がですか?」

「あら、とぼけるつもり?じゃあ素直になるように・・・ちょっときつく締め付けちゃう♡」

さらに密着するというよりも"本気"で絞め殺すように締め付けていく。
まるで"自分の物"であるかのように。
だが明日斗からすればただ"虐待"だと思い始める。

「せ、せん・・先生、く…クル、苦しい・・・」

苦しそうな顔をする明日斗。
しかし白那、本人はその姿を見てもなお"うっとり"とした顔をしていた。

「ああ、明日斗君が苦しんでるぅ可愛い♡」

頬をペロリと舐める。
もちろん"生徒と教師"の壁などどうでもいいかのように。

「あぁ・・・明日斗君の味、最高ぉ・・・そ・れ・で?素直になって、先生に白状する気になったかな?」

「は・・・はい、は、白状し、ます、白状し、しま・・すからぁ」

若干涙目になるも白状することを宣言する。
すると巻き付くのをやめて拘束を解く白那。

「じゃあ、鞄から出して」

「はぁはぁ・・・は、はい」

1度息を整えて、自分の鞄に手を伸ばし鞄を持ち鞄のチャックを開ける。
そして鞄の中から1つ、あるものを取り出す。

「やっぱり、持っていたのね」

はぁっと溜息を吐く白那。
そのある物とは"チョコレート"・・・そう2月14日この日はバレンタインである。

「これ誰から受け取ったの?」

「・・・よ、吉・・・吉岡さんです」

また締め付けられるのが怖いのか少し小声だがちゃんと聞こえる程度の声量で答える明日斗。
その名を聞いた白那は「っち、あのクソ女(あま)死ねばいいのに」っと明日斗が聞こえない程度に声量で囁く。

「でも、明日斗君もダメじゃない学校でチョコレートをもらっちゃダメじゃない学校での飲食物持ち込み禁止なのわかるでしょう?」

「は・・はいで、ですけど断ったんです、学校だから受け取れないって言いました!」

当然信じられない言い訳。
さも、いま思いついた"言い訳"にしか聞こえない、が白那の眼は輝いていた。

「それは立派な判断だわ明日斗君・・・でも受け取ったチョコレートは没収します」

そう言ってチョコレートを奪う。
そして奪ったチョコレートを持った瞬間、手から"炎"を出してチョコレートを塵も残さず燃やし尽くしてしまう。

「あ・・・ああ・・・」

チョコレートが塵も残らずに燃やされて、流石に涙がポロポロと流れてしまう明日斗。
だが白那はまるで汚物を持ったみたいに両手を振り、アルコール消毒で消毒する。

「さて・・・明日斗君、本来なら反省文とか書いてもらわないといけないんだけど・・・と・く・べ・つに免除してあげる♪」

笑顔を明日斗に向ける。
だがチョコレートを燃やされて立ち直れないでいる。
流石の本人も涙を流す生徒に"同情"したのか溜息を吐いて鞄からある物を出すが本人には見えないように隠す。

「そんなにチョコレート欲しかったの?」

「ぐす、えっぐ・・・は、はいぃ」

涙がボタボタ、ボタボタと出る。
それを見た白那は"可愛い!"っと思ってしまい。



"今渡したら喜ぶ"と確信した。



「もう、男の子がめそめそ泣いちゃダメよ?」

隠していたチョコレートの袋を破り。
チョコレートを明日斗に見せつけ、そして。

「はい、チョコレー・・・」

チョコレート、と、言い終える前に1口サイズのチョコレートを口に入れる。

「え!?せんせ・・・んん!!?」

そしてそのままチョコレートを"口移し"で食べさせる。
甘く苦いチョコレートの味と白那の舌が合わさる。
ゆっくりと唇を離すと糸ができていた。

「うふふ・・・おめでとう、明日斗君1歩大人になって♪」

「・・・」

何が起きたのか、明日斗自身理解できないでいた。
しかし白那は明日斗の反応に喜びを感じていた。

「あら?ひょっとして初めてだったかしら?」

うふふっとわざとらしく唇を舐める。
そしてまたチョコレートを出して明日斗に見せつける。

「ねぇ明日斗君、先生の"本命"もっと・・・欲しくない?」

「ほ、欲しいです!」

即答する明日斗。
それはまるで白那を求めるように。
白那に"依存"してしまったかのように。

「うふふ、気に入ってくれたみたいで先生も嬉しいわ・・・じゃあ」

あ〜んと口の中にチョコレートを入れ。
2回目の"口移し"をするがさっきよりも
                  "情熱的"に互いを
                          "求めるように"
                                 キスをする。
だが・・・キスを終えると明日斗自身に異変が起こる。

「ぷは・・・せ、せん・・・先生・・・なんか変、です・・・体があ、熱いです」

「え!?それは大変!!明日斗君、すぐに服を全部脱いで!体を調べなきゃ」

明日斗に指示を出す白那。
この時白那の口元がニヤリ動く。
そう、あらかじめチョコレートの中に媚薬を入れて。
湯煎に使用した白蛇特有の"魔力の炎"を作ったのだから。
全ては明日斗を手に入れるために仕組んだ。




"自作自演"の計画・・・なのだから。





「せ、先生・・・恥ずかしいで、です・・・」

「我慢して明日斗君・・・ほら下も隠さない!全部見せないと治る物も治らないわ!」

先生として生徒の心配をする白那。
しかしそれは演技というのを知らない明日斗は言うとおり下も隠さずに全部見せる。

「ごく・・・っは」

ついつい演技とはいえ、生唾を飲み込んでしまい変な目で見られたかと思った白那。
だが明日斗は裸なのが恥ずかしいようで、生唾を飲み込んだことに気づいていない。

「それじゃあ・・・体調べるわね?」

「は、はい」

逃げないようにシュルシュルと明日斗の体に巻き付く。
しかし巻き付かれた事に明日斗は戸惑ってしまう。

「せ、せんせぇ・・・な、なんで巻き付くんですか?」

「それはねちゃんと調べたいからよ、明日斗君の体に異常がないかちゃんと知るにはこうやって密着するのが1番なの」

嘘である。
本当は全裸の生徒の体温、素肌の感触を直で味わいたいから。
密着しホールド状態にしている。

「これじゃ・・・わからないわ」

少し巻き付くのをやめる白那。
だがそれは自分も服を"脱ぐ"ためだった。

「せ、せ、せせ・・・先生!?」

流石に先生の行動に戸惑い焦る明日斗。
そしてそのまま裸になる白那。

「どう?先生のは・だ・か」

「・・・ごく」

巨乳とは言えないほどだが丸みのある美乳。
そして体もまた白い素肌をしていた。

「うふふ、それじゃ健診の再開しましょうか♪」

また明日斗に巻き付く。
体をゆっくりと舐めるように触っていく。
上半身からだんだん下へ下へっと触っていく。

「くぁぁ・・・」

そして何時しか。
明日斗のちんぽを触り始め。
そのまま手コキを始める。

「せ、先生ぇぇ・・・や、やめ・・・」

「うふふ明日斗君のおちんちん硬くなってる♪」

手際よくシゴいていく。
また明日斗の体も"ビクビク"と体が震えていく。

「あらあら?ビクビク震えて・・・緊張してるの?」

「せ、先生・・な、何か・・・もう・・・」

「あらぁ?出ちゃう?出ちゃうのかしら??」

シゴくスピードが段々早くなる。
ペロッと唇を舐める白那。

「いいのよぉ?先生の手で出しちゃいなさいそれが原因だから♪」

「え、え、ええ?うぅわぁぁっ」

一気に快感が襲う、そしてその快感に我慢できずに。
"ドッピュ、ドッピュ、ドッピュ"と精液を射精してしまう。
あまりの快感に戸惑い体が震える明日斗。

「うふふ、よく出たわね♪でぇもぉ・・・まだ治ってないわねぇ」

すると自分の手をおまんこを触っていく。
どうやら射精した姿を見て白那自身"発情"したようだ。

「うふふ・・・明日斗君、今度は私の中に悪い物出しましょうか♪」

「はぁはぁ・・・先生、先生ぇ・・・」

もはや快感に負けたのか、はたまた教師に"依存"し始めたのかわからないが。



白那に抱きしめる明日斗。


「あらあら・・・じゃあ」

巻き付くのをやめ、ゆっくりとベッドへ手招きする。
そして手招きに誘いに受けいるように歩んでいく。

「ほらここ・・・ここに、明日斗君のおちんちんをいれるのよぉ♪」

くぱぁぁっとおまんこを広げる白那。
そのいやらしい姿を見た明日斗はゆっくりと近づき挿入しようとするが。

「待って明日斗君、1つだけ守ってほしい事があるんだけどいい?」

「ま、守る?」

あたまに?マークを浮かべる明日斗。
そして不意に真剣な表情になる白那。

「ここに君のおちんちんを入れたら・・・"後戻り"できないからね・・・?それでもいい?」

「あ、後戻り・・・?」

理解できないのはまだ小学生だからだろう。
しかしそれよりも、それ以上に。




"あの快感をもう1度味わいたい"


自分の願望に。
      正直に。
         気持ちよくなりたい。

ただそれだけ。

「あ・・・後戻りとかどうでもいいからぁ!!その中に入れさせてぇ」

「嬉しいわぁ・・・じゃあゆっくりここにい・れ・て」

生唾を飲み込む明日斗。
そして欲望のまま、ただ。



"味わいたい"


明日斗の目が完全に"野獣"になっていた。
そして獣(けだもの)と化した明日斗は白那のおまんこにちんぽを挿入する。

「き、きたぁ・・・きたぁぁっ!」

ちんぽが入っていく。
体に電撃が走ったか、"ビクビク"と体が痙攣してしまう白那。

「せ、せん・・・先生・・・こ、これ気持ちいい・・・きもちいいよぉおぉっ!」

チンポを入れた明日斗も、初めての女性器の中で体が少し固まってしまう。

「ああ、ダメよ明日斗君ちゃんん、ちゃんと動かなきゃ!」

なんとか、チンポを感じるために自分から腰を動かす白那。
そして明日斗もゆっくりではあるが、腰を振り始める。

「ああ、いいわぁ!明日斗君のおちんちん・・・き、気持ちいい♡もっと突いていいのよぉ明日斗君」

「は、はい…先生ぇ」

「先生はいらないのよ、明日斗君・・・し・ろ・なって呼んで♡」

「し、しろ・・・白那さ、さん・・・」

「かわいい♡これからは名前で呼んでいいから、さぁもっとピストンして♡」

「し、白那さん・・・」

今度は明日斗からキスをする。
もはや教師と生徒なんてどうでもいいように。
愛し合う。
    貪りあう。
        野獣の交尾のように。

「ああ、あ、いい、いい・・・明日斗君のおちんちん・・・また1段と大きくなったぁ♪」

「白那さんの穴・・・き、気持ちよすぎますぅぅっ」

腰の振るスピードが速くなる。
どうやら射精が近づいているようだ。

「し、白那さんぼ、僕ま、またで、出ちゃう、出ちゃうよぉ」

「いいのよ、このまま出して!このまま悪いもの私の中に出してぇ!!」

ピストンの勢いが早くなり一気に加速する。
互いに腰を振る、快感を求めて。

「し、白・・・白那さんで、出ちゃう僕また出ちゃう!!」

そして、宣言通り射精する。
1発目と同じくらいの量の精液を白那のおまんこに射精する。

「あ、あぁ・・・あああ・・・で、でてるぅ・・・出てるぅっ♡」

精液に酔いながら。
        熱い精液を受け止め。
                 明日斗を抱きしめ白那は笑い明日斗には聞こえないくらいの声で囁く。









                              計画通り・・・っと。
15/02/14 02:14更新 / シャルロット♂

■作者メッセージ
ヤンデレ教師と生徒です。
2月14日バレンタインにふさわしいSSだと私は思いたい(願望)

皆さんこんにちは、シャル・ロットです

こんかいはちょっと文字数は正直少ない方だと思いますが短編って感じだと自分勝手に思ってますw

さて話を脱線しないうちにまずはお礼を。
私が投稿している作品を楽しく読んでる方、またコメントしてくださる方や私の作品を投票してくださる方、本当にありがとうございます。

今後も皆様によき娯楽作品として精進します。
最後になりますが、皆さんまた次のSSの投稿を楽しみにしてください!!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33