読切小説
[TOP]
魔物娘さんが魔物娘をオススメするそうです
1,白蛇さんが白蛇をオススメするそうです

『僕のハーレム系エロ漫画が!』

(側溝の排水口に吸い込まれていく少年のエロ漫画、拾えないかと排水口を覗く少年。そこへ……)

「はぁい♡貴方様ぁ♡」

(排水口から顔を覗かせる女性、白い鱗の蛇体と尻尾をチラつかせる)

「ラミアはお好きですか?」

(首を横に振る少年、怪訝な顔をする白蛇さん)

「はぁ……あんなにかわいいのに?あの長い下半身で巻かれるロールミーは気持ちいいですよ?」

『そう言ってキツく締め上げるんやろ、騙されんぞ』

「いえ、確かに感極まって強く締め上げてしまうこともあります。ですが図鑑世界だから絞め殺すことはありません」

「それに私は水神である龍の使いです。私に巻かれれば、それはまるで水の中にいるような心地よく安寧な気持ちになりますよ。いかがですか?」

『気持ちよさそう!バニップちゃんに巻かれてくるわ』

「待ちなさい!!」

(立ち去ろうちする少年。それをドスの利いた声で呼び止める白蛇さん)

「ほら……これは何ですか?」

『僕のハーレム系エロ漫画!』

「そうです、可愛らしい女の子たちですね。……好きなんですね、ハーレムモノ?」

『…………』

(黙り込む少年、不敵な笑みを浮かべる白蛇さん、だが彼女の瞳の奥底は笑っていないように感じられる)

「ほほう……否定なさらなくてもいいのですよ?」

「男性が女性に目移りすることはごく自然なのです。ですが私が妻になった暁には世界中のどの女どもよりも献身して差し上げます。貴方だけを一途に深く……」

『束縛とか監禁とかしない?』

「えっ、はい(書き手の裁量による)」

「白蛇はいいですよぉ……♡貴方様を一途に愛しますよぉ……♡さぁ……私に身体を委ねて……」

(ゆっくりと白蛇さんに手を伸ばす少年)

「私だけに恋い焦がれなさい!!」

『アアァァーーーーッ!!』

〜〜〜〜

 ……少年は白蛇さんの婿になりました。彼女の嫉妬の炎に焼かれてしまったのです……
 
 白蛇の彼女は少年に片思いをしていた彼の幼馴染でした。ですがある日、彼がハーレム者の創作ばかりに興味を持っていることを知り、危機感を覚えた彼女は私に相談してきました。
 
 ですから、私が彼女に魔力を授け、白蛇に変えてあげたのです。彼は今日も彼女の嫉妬の炎で炙られていることでしょう……
 
 あっ、因みに白蛇さんを加えたハーレムも可能ですよ(公式見解)。無謀な挑戦者は是非ともお試しあれ♡(byとある神社の巫女兼ご神体の龍)




2,アルトイーリスさんがドラゴニア旅行をオススメするそうです

『僕の旅行ガイドブックが側溝に!』

(側溝に流されていく少年のガイドブック、拾えないかと側溝を覗く少年、そこへ……)

「やぁ少年よ」

(排水口から女性の声が……恐る恐る覗くと……)

「ドラゴニア旅行には興味ないのかい?」

(そこから顔を出す1人の女性。顔の角や背中の翼を見るにドラゴンのようだ。鎧をまとっているらしく体を揺らす度、カチャカチャと金属音をたてる)

(首を横に振る少年。それに驚いた様子のイーリス)

「なんと!興味ないのか?とても良い観光地だぞ?」

『ドラゴニアって竜騎士育成に力入れてる軍事国家やろ?見所なんてあるのか?騙されんぞ』

「それは大いなる誤解だぞ少年。ドラゴニアには『ラブライド』のようなドラゴニア名物を味わえるレストラン、魔界酒を扱うバーといった飲食店が沢山あるんだ。ここでしか買えないお土産もある。」

「それに財宝が眠っているダンジョンもあれば竜仙峡のような体を癒せる温泉地もある。そして年に一度には魔王様も見物に来られる『ドラゴニア大闘技大会』が開催されるぞ!どうだ、興味持ったか?」

『面白そうだね!コート・アルフ行くわ』

「待たぬか!」

(立ち去ろうとする少年を呼び止めるイーリス)

「少年よ。これには興味ないか?」

『ドラゴニア竜騎士団入隊案内?』

「そのとおりでございます!ドラゴニア騎士団は慢性的な人材不足なのだ。少年よ、入団してみないか?」

「……(軍隊ってキツイんやろ……)」

(怪訝そうな顔をする少年。一方のイーリスはこの反応を予想済みのようで、表情を全く崩していない)

「ほう……そのような反応をするのも無理はない。しかしだ、ドラゴニア騎士団は朝昼晩三食と騎士団寮付きなのは勿論、野外訓練と称して街に出かけることができるぞ」

「座学や実技演習の訓練もあるが、義務という義務は3日に一度集合点呼に参加することくらいだ。そして優先事項をしていれば大概のことは全部免除してくれるぞ」

「こんなに緩い軍隊はそうそうないが、どうだ?」

『優先事項ってHなことでしょ?』

「あっ、うん」

「ドラゴニア皇国はいいぞぉ……少年……」

「さぁ、私がガイドになってやるから……」

(イーリスのもとへ手を伸ばす少年)

「結婚を前提に2人で観光しよう!!」

『アアァァーーーーッ!!』

〜〜〜〜

 少年はドラゴニアを旅行した。そしてこの国が気に入ったようで、移住を決意し、竜騎士団への入隊も決めた。そして何より竜の伴侶を得るという大変めでたい結果となった。

 だがその伴侶はイーリスではなかった。イーリスが目を離した隙に、パムムを食べていた少年は独り身のワイバーンに連れ去られたのだ。だが少年は彼女を大層気に入り、彼女との結婚を即決したのだった。イーリスは悔しがった。
 
 だが伴侶を求めているのは彼女だけではない。そのような竜はまだまだ沢山いる。この私もそうだ。私に至っては××××年独身なのは流石に堪えるものがある。
 
 この場を借りて言わせてもらうが、この私……だけでなく、男性に恋焦がれている竜は沢山いる。我こそはと思うものは今すぐドラゴニアに来て欲しい……(by番いの儀で祝辞を述べるデオノーラ女王様)

参列者の1人「(……シルティアちゃんの競争率高そうだなぁ……)」





3,ペニ◯ワイズ+バフォ様
(特別寄稿者:ナナシさん)

『僕の巨乳お姉さんエロ本が!』

(排水口へと流されていく少年、ジョージのおねエロ本、拾えないかと排水口を覗き込む少年。そこへ……)

「のう、ぬしよ、子供の癖にこんな本を読むとはけしからんのう」

『もう子供じゃないもん』

(排水口から姿を現すのは小柄ながらも貫禄のある魔物娘、バフォメット。だが少年は物怖じせず返答する)

「そうか、それはすまんかったな——それにしてもこの本は巨乳の女子ばかりじゃのう、貧乳もよいとは思わんか?」

『男なら一度はおっぱいに挟まれてみたいって、パパがそう言ってた』

「そうか、ぬしのパパはいい性格をしとるのう。欲望に正直じゃ」

「じゃが、挟まれるのは大きな胸だけでなくともよかろう」

「小さな胸で挟まれるのも乙なものじゃろ?」

『確かにね! 十年経ったらまた来るわ』

「待たんかい!」

(立ち去ろうとするジョージ。バフォ様は彼の落としたエロ本をちらつかせる)

「これ、忘れ物じゃぞ」

『僕のエロ本!』

「そうじゃ、おぬしの好きな巨乳ばかりが揃った本じゃ……バスト100越えとかどんだけじゃ」

「巨乳好きなのもいいが、あまり性癖が偏るのはよろしくないぞ」

『(とっとと帰ってオナニーしたいんだけどな……)』

(あからさまに不機嫌な顔をする少年)

「ぬう……そんなに巨乳が好きか」

「むう、ものすごい勢いで首を縦に振りおったわ」

「確かに胸は一つの魅力じゃ、じゃが胸だけに気を取られているようでは他の大切なことを見落としてしまう」

「大事なのは体じゃない、心じゃ。お互いが好きになってこそ本当の愛と呼べるのじゃ、違うか?」

『でも魔物娘って無理矢理襲ってることの方が多いじゃん』

「えっ、うん」

(きょとんとするバフォ様、だがやや取り乱しつつも言葉を紡ぐ)

「そ、そんなものは些細なことじゃ」

「ちゃんと愛しあっていれば何の問題もないのじゃ……」

「まずは手始めとして自分と近い年頃の娘から……」

(エロ本を取り戻そうと手を伸ばすジョージ。だが……)

「かかったな! わしらサバトが男を逃がすと思ったか!!」

〜〜〜〜



 ジョージは嫁を娶った。マルーネサバトのロリホルスタウロスの胸に埋もれて幸せそうに笑っていた。結婚式には多くのサバトの信者が祝いに駆けつけた。その中にはジョージを捕まえたあのバフォメットの姿もいた。

 ぐぬぬと一人悔しがるバフォメットの後ろでファミリアや魔女が必死に笑いをこらえていた。
 性癖ってなかなか変わらないものなんですね、ぷくく。 ——神父役のファミリア





4,サプリエート・スピリカさんがサプリエート・スピリカをオススメするそうです

『まだ読みかけの魔界自然紀行が!』

(側溝に吸い込まれていく魔界自然紀行、それを拾えないかと排水口を覗き込む少年。そこへ……)

「そこのあなた……」

(排水口からか細い声が……そこには眼鏡をかけた女性、その本の著者サプリエート・スピリカ女史がいた)

「私の広告は読んでいただけましたか?」

(首を縦に振る少年)

「そうですか!ならば私の伴侶……ではなく、助手に……」

『伴侶ほしいんなら、そんなことせんでも婚活パーティーにでも出たほうが早くない?』

「…………」

(少年の言葉に唖然とするサプリエートさん)

「……いえ、そこに書かせて頂いたとおり、私は人と話すことが苦手で……」

『そんな受け身だからいかんのやろ。魔物娘なら自分から襲いかかれや。求人広告なんかに頼るなや』

「…………」

(少年の辛辣な言葉に閉口してしまったサプリエートさん)

〜〜〜〜

……サプリエート・スピリカ女史はまた1人でイッてしまった。『魔界自然紀行』の発売から6年、求人広告の効果は未だにないようだ……
 
 というか何でサプリエートさんこんなに人気ないんや。貴重な眼鏡っ娘やぞ。学者キャラなのに頭の中ピンク色のギャップがある可愛い娘やぞ。
 
 何時ぞやのバニなんとかさんみたいにバニーガール衣装とかギャップがあって逆に似合いそうやぞ。メイド服も清楚そうな外見に似合いそうやぞ。
 
 俺やったらこの求人広告呼んですっ飛んでいくぞ。あっ、でも龍さんとヴァルキリーさんもいいよなぁ……
 
 とりあえず何が言いたいかと言うと、サプリエート・スピリカさんもっと流行れ。(by作者)
18/11/23 22:59更新 / 茶漬・ノリス(旧鉄骨州知事)

■作者メッセージ
皆さんこんにちは、茶漬・ノリスです。いやぁ、魔物娘図鑑っていいものですね。

今作はタイトルでも分かるようにニコニコでブームになったペ◯ーワイズネタでございます。
二月ほど前、チャット盛り上がったネタでございます。カイントさんが下記作品で私の名前をあげているのはそういうことでございます。
ですが私のは彼の作品と異なり、ネタ全フリです。あと独身いじりもしちゃってます。
ですが、私、サプリエートさんは当然、ドラゴニアではデオノーラ様が一番好きですよ。

まぁとにかく、細かいことは考えずに勢いよく書くのも楽しいですね。

中編作だとあれこれ考えるので、どうしても時間が掛かってしまいます。
ネタは山程あるのに……
そろそろ連載を再開したいと思ってるところ。中編も書きたいけどどれから書こうか迷っています。最近のマイトレンドは筋肉娘。
最後に3作目を寄稿してくださったナナシさん、素晴らしい作品を投稿し、私の名前を明記してくださったカイントさん、ありがとうございました。

それではまた次回作でお会いしましょう。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

↓カイントさんの素敵な作品
http://kurobine2.sakura.ne.jp/mamonogirllover/sscgi/mtsg.cgi?mode=view&no=29&id=eightkind

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33